700365 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

MY HIDEOUT ~私の隠れ家~

Jun 18, 2009
XML
カテゴリ:映画鑑賞記録
http://lastblood.asmik-ace.co.jp/
"BLOOD: THE LAST VAMPIRE"

監督・・・クリス・ナオン
アクション監督・・・コリー・ユン
原作・・・Production I.G
出演・・・チョン・ジヒョン サヤ
アリソン・ミラー アリス
小雪 オニゲン
リーアム・カニンガム マイケル
JJ・フェイルド ルーク
倉田保昭 カトウ
コリン・サーモン ミスター・パウエル
マイケル・バーン、マシエラ・ルーシャ、ラリー・ラム、他。

・物語序盤・
16世紀、戦乱の時代が続いた頃、流された血を糧に、オニと呼ばれる種族が力を得た。
以来400年、人類はオニとの戦いを続けていた。
しかしその事実を知る人間はごく一部の者達だった…。
1970年の東京。
地下鉄に乗った一人の少女が、乗客の男を日本刀で斬り殺した。
電車を降りた少女サヤを迎えた米国人達は、慣れた様子で遺体を片付ける。
サヤは姿こそ少女だったが、戦国時代から生き続けている。
彼女が殺したのは人間社会に溶け込んだ"オニ"の一人であり、彼女は父を殺したオニの起源である"オニゲン"を倒す為に戦っていた。
サヤをサポートするのは、オニの殲滅を目的に創設された秘密組織。
休む間もなく、サヤはアメリカ空軍関東基地内の高校への潜入を命じられる。
そこでオニに襲われていた同級生で将軍の娘アリスを助けたサヤ…。


アニメーション映画「BLOOD THE LAST VAMPIRE」(2000)を実写映画化した作品。
巷の評価は低かったのですが、個人的には楽しめました。
ただ、「BLOOD」のファンである事が前提の映画という気はしました。
事前に世界観を知っていないと、充分に理解できないかもしれません。
私の場合、自然と脳内の知識で補完してしまったので、全く初めての方がどの程度まで理解できるのか定かではないのですが…。
この映画では"オニ"とされている者達が、ヴァンパイアで"翼手"と呼ばれる種族であるとか、そのような既存の設定は一切解説されていません。
因みにオリジナル音声では"オニ"は"demon"と表現されています。

「BLOOD THE LAST VAMPIRE」を鑑賞したのが随分前なので、細部は忘れてしまいましたが、基本的に流れは、この作品に準じています。
始まりが電車内だったのも同じだったと記憶。
「BLOOD THE LAST VAMPIRE」が50分弱という短さで、基地内の翼手との戦闘シーンで終わり、長い物語の序章という印象だったのに対し、この作品は後半で独自の決着までを描いています。
こちらも約90分と決して長くはないのですが、一応物語として完結させ、コンパクトに纏めたと感じました。

酷評されているアクションですが、演じているのが普通の女優さんですから…。
個人的には、思っていたよりチョン・ジヒョンは良く動いていたし、アクションもカッコよく見えました。
アップが多いのも、止めやスローモーションが多用されるのも、基本的にアクション俳優でない人を起用した場合、見栄え良くする為の演出として仕方の無い処置で。
ただ、血飛沫の表現については物申したいですね。
まるでコーヒー豆でも飛び散っている感じ。笑
色も形状も血に見えないの…。
その点だけは残念でした。
あと一点、時間と脚本の都合上か、サヤの血液の特殊性については完全にカットされています。
何故彼女でなければならないのかという大切なポイントだったので、それは何とか入れてほしかったですね。
私服のアメリカンスクールに、堂々とセーラー服で乗り込むサヤはご愛嬌。(~_~;)
日本刀携帯も見逃されるんだから、ど目立ちセーラー服くらいどうって事ありません。

無国籍風のレトロな街並みのセットや色彩はとてもセンスがあったと思います。
日本じゃないと言えばその通りなのですが、作品そのものが、パラレルワールドを描いている作風なので、返って、無国籍映画っぽい感覚が合っていたと思います。

小雪さんについて触れていませんでした。
チョン・ジヒョンより若干英語に苦しんでいた模様ですが、概ねオニゲン役を好演していたと思います。
特に最後の白い着物姿は凄艶で、魔的な魅力を感じました。
オニの起源=オニゲン(鬼源?)というネーミングは、流石にどうかと思いましたが。笑






最終更新日  Jun 19, 2009 02:09:58 AM
[映画鑑賞記録] カテゴリの最新記事


PR

カレンダー

プロフィール


GATECRASHER

バックナンバー

Dec , 2020
Nov , 2020
Oct , 2020
Sep , 2020
Aug , 2020
Jul , 2020

日記/記事の投稿

お気に入りブログ

■☆■生誕80周年 ジョ… UEKO・f★さん

BLUE ROSE BLUE ROSEさん
KIROMERU’s Web MOVI… kiromeruさん
ひでちゃんの映画の… ひでちゃん77さん
旧い映画を楽しむ。… なでしこ3779さん

カテゴリ

サイド自由欄

設定されていません。

Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.