1245821 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

重信川の岸辺から

重信川の岸辺から

【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Favorite Blog

大河ドラマ「光る君… 天地 はるなさん

Welcome to Ichiro’s… Ichiro_Kishimiさん
沖縄でウエディング… 上等沖縄司会屋さん

Recent Posts

2017/03/12
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
かつて、ブッシュはイラクに戦争をしかけた。その際に盛んに使われたのが、イラク人の自由ということだった。だが、結果として自由を満喫したのは、軍産複合体とその仲間たちであり、イラクの人民の自由は狭められた。

今、世界で大企業と富裕層の自由が、広がり続けており、それに反して人民の自由はサバめられ続けている。日本でも、同じで、人民の自由は奪われ、大企業とその仲間たちがしたい放題をしている。

そこへ共謀罪だ。共謀罪といえばすぐ浮かぶのが治安維持法だ。治安維持法は政党内閣によって、提出され、政党議員たちの賛成多数により成立した。その後、検察と司法の連携により、拡大解釈を続け人民は完全に封じられた。

 いま、すでに沖縄の基地活動家が5か月も拘留されており、それに最高裁までが加担していることをみれば、人民の自由がききに瀕していることは明らかである。





お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

Last updated  2017/03/12 11:01:06 AM



© Rakuten Group, Inc.