000718 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

気ままなレーシングダイアリー

PR

プロフィール


Nakatai25

カレンダー

バックナンバー

カテゴリ

日記/記事の投稿

コメント新着

コメントに書き込みはありません。

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2020.07.03
XML
お久しぶりです、Nakatai25です!

忙しくなかなか更新が出来ない日々でした。

本日は、モータースポーツアーカイブ第13弾、2012年鈴鹿1000Kmの様子をお届けします。
2018年より鈴鹿10時間耐久レースになりましたが、当時はSuper GTの1戦だったので久々のGTマシン観戦となりました。

そんな鈴鹿1000kmを振り返ります。


鈴鹿サーキット開設50周年記念展示で、マツダ787Bの前身である767Bです。


NISMOブースに展示してあったXanavi NISMO GT-R GT500です。


ピットの風景です。まだランボルギーニがウラカンの前、名作の一つともいえるガヤルドです。


確かこの年よりデビューした、apr PRIUS GT300です。市販車からは想像できないくらいカッコいいマシンです。このモデルが出たら購入したかったです。


Ferrari 458?のが逆バンクでスピンしていました。


Endless TAISAN ポルシェです。Endlessカラー、意外と好きです。


ランボルギーニ ガヤルドです。現行モデルのウラカンに比べ角ばっている印象です。


KEIHIN HSV-010GTです。NSXの後継モデルとして登場しましたが、私はやはりNSXが好きです。後方排気による甲高いサウンドは芸術作品でした。


このレースよりデビューした MUGEN CR-Zです。短命でしたが、レーシングマシンになったCR-Zは好きでした。ちなみに、今の無限には血走った目が付いていますが、私は目が無い方が好きです。


Motul NISMO GT-Rです。もはやGTの顔の一つであるMotulカラーのGT-R。


初音ミク グッドスマイル BMW Z4です。痛車では最強チームなのではと思わせるほど、毎年上位にいる強豪です。
RAYBRIC HSV-010GTです。


EVA RT 紫電です。市販車ではないプロトタイプカーだったので、すごく印象に残っているマシンです。GT3主流になりつつある時代に勝てなくなり、数年後に消えてしまいました。


DENSO KOBELCO SARD SC430です。個人的にSC430はレーシングマシンっぽくなくて好きではないです。


ARTA ガライヤです。街中で見たことが無く、本当に市販車なのかと疑ったマシンです。


Audi R8 GT3と D'Station GT-Rです。GT300(前)とGT500(後ろ)を見比べると、全然見た目が違いますね。


メインストレートを駆け抜けるHSV-010GT


GTと言えばこのカラー! カルソニック IMPUL GT-Rです。日本のモータースポーツにおいてこのカラーは代表レベルです。


GTで好きな光景の一つがピットに戻る光景です。F1やバイクとは違う迫力を感じることができます。

今回あの振り返りは以上となります。予選のみの観戦でした。

次回は50周年アニバーサリーになります。

ではまた~






最終更新日  2020.07.03 17:28:13
コメント(0) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.