3064456 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

nana1451@たぶん日記

PR

X

全64件 (64件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 7 >

PC:CD/DVD/BD

2020.09.13
XML
カテゴリ:PC:CD/DVD/BD
 さて、特に何かに使うわけでもないのですが、BD-R DLを買いました。


PanasonicのBD-R DL オリンピック限定ディスク
5枚組を2つ買いました。片方には「東京2020観戦チケットが当たる!」とありましたが、まあ…。

物自体はPanasonic(日本)製のBD-R DLで、しかも6倍速ですから5枚組で税込1,078円とすればそこそこ安い部類に入りますね。投げ売りでしょうかね。

オリンピック限定ディスクということで

レーベルなども特別仕様です。

今のところ東京オリンピックは一応「延期」ということになっていますから、まあ、出番がないと決まったわけでもないので投げ売りするにはちょっと気が早いという感じもしますが、開催されるとなったらまた新たに出すんでしょうかね。






最終更新日  2020.09.13 07:56:00
コメント(0) | コメントを書く


2020.07.15
カテゴリ:PC:CD/DVD/BD
 さて、何の気なしにAmazonを見てましたら



太陽誘電がDVD-Rの製造をやめてから4年半。一応まだ在庫はあるんですね。
もちろん、1枚100円超えと下手したらパナのBD-Rよりも高いですけれども。

後継であるTYテクノロジやTYコードなんかもありますが、まあ、磁気研では…
となると、バーベイタムですかね?






最終更新日  2020.07.15 18:23:45
コメント(0) | コメントを書く
2020.04.19
カテゴリ:PC:CD/DVD/BD
 さて、手持ちのDVD-DLのストックが無くなりました。
DVD-Rなら山ほど持ってるんですけどね、DLはもともとあまり持っていなかったんです。
まあ、「あまり持っていなかった」のに、使い切ってなくなるまでに10年弱くらいはかかってますから、山ほど持ってるDVD-Rはドラえもんが量産される頃になってもまだ残ってそうです。

今DVD-R DLを買うとなると

すごくざっと調べたところ、三菱(バーベイタム)かHidiscくらいしか見つかりませんでした。
Hidiscの中身が何だかはよく分かりませんが、買うならバーベイタムでしょうかね。
こんな時代になっても粛々とDVD-R DLを作り続けてくれるバーベイタムは頼もしい限りです。

ただ、同じくバーベイタムのBD-Rが50枚で2,280円程度で売られてることを考えるとDVD-R DLはかなりの割高。
別に買わなくてもいいかな。






最終更新日  2020.04.19 06:25:38
コメント(0) | コメントを書く
2019.04.24
カテゴリ:PC:CD/DVD/BD
 さて、こないだ買ったM-DISCのBD-R

価格 6,134円
値引 -2,754円
合計 3,380円

とまあ、決算大セールの大幅値引き!?のような様相を呈していますが、単にネットで取り置きしたらこうなっただけです。
ネットの価格に合わせたんですね。

違う言い方すると、店頭で買う場合はネットの価格も一応確認しといたほうがいいと。






最終更新日  2019.04.24 18:13:23
コメント(0) | コメントを書く
2019.04.21
カテゴリ:PC:CD/DVD/BD
​ さて、


​「データのバックアップには、やっぱり光学メディアだよねぇ」​

などということを突然何の脈略もなく思いつき、こんなものを買ってみました。

M-DISC

「1000年持つ」とか言われてるM-DSICです。
通常の光学メディアとの違いは記録方式にあり、通常が色素の化学変化でデータを記録するのに対し、M-DISCはレーザーで表面に凹凸を作りデータを記録するという、市販されてるDVDやBlu-rayと似たような記録方式です。

どこかのサイトにありましたが、分かりやすい説明として
・通常のDVD-R,BD-Rは石板にペンキで文字を書いて記録
・M-DISCは石板に文字を彫って記録
と考えると分かりやすいでしょうか。ペンキ文字はそのうち消えてしまいますからね。

実際のところ、1000年持つのかはよく分かりませんし、1000年後に光学ドライブというものが存在しているかも、ファイル形式が対応しているのかも、保存されていたデータの内容をその時代の人が理解できるのかどうかもよく分かりませんが、まあ、とりあえず長期保存にはもってこいの光学メディアです。

結構以前からある割にはそれほど普及しておらず、かといって無くならずといった状況です。
まあ、高いってのがちょっとネックですかね?
ちなみに左上のDVD-Rは​何年か前に買ったもの​、んで右のBD-R DL、真ん中下のBD-Rは今回買ったものです。
価格は店によって結構ばらつきがあるのですが
DVD-R 1枚当たり200円ちょい
BD-R 10枚で3,380円 1枚当たり338円
BD-R DL 5枚で4,170円 1枚当たり834円
です。ちなみにこれでも十分高いと思いますが、何年か前にDVD-Rの3枚を買ったときは1枚当たり600円くらいしましたので、これでもだいぶ値下がりしています。

んで、M-DISC BD-R

M-DISC自体はアメリカのMillenniata社というところが開発したものですが、物自体は台湾製です。
三菱化学メディアというところが作っているようです。
事業者名:三菱化学メディアとなっています。

メディア自体にも「バーベイタムのBD-R」的なことが書いてあります。

一方、BD-R- DL

こちらは日本製なんですね。
BD-Rを日本で作っているのは基本パナソニックだけかと思いますが、2層以上のDL、XLなんかだとSONY(よく、宮城県多賀城産ということをPRしてますね)や三菱ケミカルでも作っていますね。

「三菱ケミカルメディア日本総代理店」IOデータ
ということで、IOデータはかなりのM-DISC推しです。

箱を開けますと

スリムケースに入ったBD-R DLが5枚入っていました。
またこちらはBD-Rを異なりレーベル上に文字等はありませんでした。

その他、画像はありませんがM-DISC DVD-Rについては生産国がパッケージに書かれていませんでしたが、RITEKのモノなので台湾製でしょう、たぶん。


その他、各メディアの基本情報など
かなーり久しぶりにDiscSpeedなどを開いてみました。

まずはDVD-R

MID: MILLENIA  001
製造者:未知ってのが怖いですねぇ(先にも言った通り、RITEKだと思いますけども)

それよりずっとDVD-Rかと思ってたんですが、これDVD+Rなんですね。
まあ確かにパッケージに書いてあるのは「M-DISC DVD」であり、それがDVD-RかDVD+Rかなんてことはどこにも書いてありませんでした。
まあ、今となっては±どっちでもいいよって話ですが。

続いて、BD-R

なんか二重になってますねスイマセン
MID:MILLEN MR1
まあ、確かにM-DISCっぽいMIDしてますね。
これに関しては特段何もないと思います。

最後に、BD-R DLですが

MID:VERBAT IMf

とMID自体は普通のVerbatimの2層BD-Rと全く同じっぽいです。
となると、ドライブはこれを「M-DISC」として認識せず単にVerbatimのBD-R DLと認識して書き込む…ということになったりしないんでしょうか?

あとしれっと最高速度が「8倍速」になっていますね。
ドライブはパイオニアのBDR-209XJBKですが速度違反焼きが可能なんでしょうか。
といっても大事なデータを書き込むM-DISCで速度違反はしたくありませんけどね。

ということで、本来であればこのあとテストデータでも書き込んで焼き具合でも…となるんでしょうけどもいかんせん高いメディアですからね。
実際に「1000年間保管しなければならないデータ」を書き込んだのちに調べてみようと思います。
…そんなものがあるのかどうかはこれから検討するところですが。







最終更新日  2019.04.21 18:52:12
コメント(0) | コメントを書く
2017.02.19
カテゴリ:PC:CD/DVD/BD

 さて、最近はめっきり使うことも少なくなってしまったBD-Rドライブですが

UHD BD再生対応の最高級ドライブ「BDR-S11J-X」がデビュー、パイオニア製

パイオニアは頑張りますね。
てか、このご時世BD-Rドライブ出し続けてるのってパイオニアだけでしょうか。
DVR-A07J以来のフロントベゼルもそのまんまです。

ただ値段が安いほうでも2万円強とかなりお高めですが、まあ、BD-Rドライブは安ければ売れるというものでもなくなってしまってますからね。
これでも買う人は買うのでしょう。というかほしいぞ。

ちなみに、UHD BDとありますが、UHD BD-Rなんてものはあるのですかね?
UHD BDは2層で66GBだそうなので、1層なら33GB?
25GBよりは少し増えますかね?







最終更新日  2017.02.19 19:39:44
コメント(0) | コメントを書く
2016.10.26
カテゴリ:PC:CD/DVD/BD

 さて、以前買ったHIDISCのDVD-R TYテクノロジーシリーズ、その焼き具合を調べてみました。
測定に使用するドライブが出てきました。
Buffalo DVSM-X20u2v

ドライブはライトンというかPLDSのDH24AYSとかいうドライブです。
外付けUSB接続です。
焼き品質自体はDISC SPEEDとこのドライブで測れますが、ドライブが違うと結果も全然違ったりもするので比較用に太陽誘電のDVDも焼いてみることにします。

 

ということで、
太陽誘電16倍速 (16倍速で書き込み)
品質スコア:95 

このスコアがアテになるかどうかは微妙なところですが、同じドライブで測定すれば比較には使えるでしょうか?

 

んで、HIDISCのそれ
HIDISC TYテクノロジーシリーズ16倍速(16倍速書き込み)
焼いているとき16倍速が出ず速度が落ちてしまったものです

PIエラー(PIE)、PIフェイル(PIE)とも太陽誘電のそれよりやや高いものの、品質スコアは「97」と太陽誘電よりも良くなってますね、なんででしょ?

 

ついでにもう1枚
HIDISC TYテクノロジーシリーズ16倍速(16倍速書き込み)

こちらは焼くときにちゃんと16倍速が出ました。
PIE/PIFの傾向としては1枚目とさほど変わりませんね。

 


8倍速でも焼いてみました。

 

 

まずは比較用の太陽誘電
太陽誘電16倍速(8倍速書き込み)

16倍速の時とさほど変わりませんかね?

強いて言えば若干値が高いかもしれませんが、気にするほどじゃないかな。

 

続いて、HIDISC
HIDISC TYテクノロジーシリーズ16倍速(8倍速書き込み)

これも16倍速の時とさほど変わりませんかね?

強いて言えば若干値が高いかもしれませんが、気にするほどじゃ(略

 

もう一枚
HIDISC TYテクノロジーシリーズ16倍速(16倍速書き込み)
これも16倍速の時とさほど変わりませんかね?
強いて言(略

 

というわけで、
・TYテクノロジーシリーズは太陽誘電のDVD-Rよりは気持ちエラーの値が高い。
・まあ焼き具合に関してはあんまり問題なさそう。
・でもほかのCMC製メディアでもこんなものかもしれない。
・耐久性は知らない。

くらいの感想でしょうか。
まあ、冒険したくなければこれでいいんじゃないでしょうか。

正直、現状選べるほど種類もありませんしね。







最終更新日  2016.10.26 22:04:52
コメント(0) | コメントを書く
2016.10.22
カテゴリ:PC:CD/DVD/BD

 さて、前回取り上げた

太陽誘電の設備を引き継ぎ製造されたDVD-R/CDメディアが発売

を、実際に買ってみました。

HIDISC(磁気研究所)DVD-R 50枚
日本製 品質を引き継いだ確かな製品 TYテクノロジーシリーズ
お値段は50枚で1600円(税込)、1枚30円くらいと海外製にしちゃ高めの方ですね。
太陽誘電製が溢れかえってた頃は誘電の50枚がそれくらいの値段でしたかね?

 

TYテクノロジーシリーズ、ってシリーズなんですね。
ケースの形は太陽誘電のそれとは違い、ごくごく一般的な形です。
赤い丸は日の丸→日本製をPRしてるんでしょうか。
ちなみに当たり前ですが、日本製ではなく台湾製です。 

開けてみました。

表面に刻印などはなく、普通のワイドプリンタブルメディアですね。 

何はともあれですが、ドライブに入れてMIDを見てみることにします。

MID:CMC MAG.AM3

CMC(CMCの16倍速メディアのID)でした。TYGではないんですね。

ちなみに、太陽誘電16倍速のMIDは

MID:TYG03 

メインマシンについているBD-Rドライブ(Pioneer BDR-209M)で焼いてみました。

あれ、途中で速度が落ちてしまいましたね。
ちなみにもう1枚焼いたら最後まで落ちずに焼けました。たまたまでしょうか。

8倍速でも1枚

こちらは特に問題なさそうですね。

んで、エラーチェックをしたいところなのですが、最近DVD-Rのチェックやってなかったせいか、チェックできるドライブがどっかに行ってしまってるので、見つけ次第やりたいと思います。







最終更新日  2016.10.22 23:08:49
コメント(2) | コメントを書く
2016.10.20
カテゴリ:PC:CD/DVD/BD

 さて、太陽誘電が光学メディアの製造販売をやめてしばらくたちましたが

太陽誘電の設備を引き継ぎ製造されたDVD-R/CDメディアが発売

そういえば、CMCに引き継がれる、そんな話もありましたねぇ。
太陽誘電からの設備を使って作成された、CMCproなんてものもあったみたいですが、販売形式が業務用のような100枚単位とかでそれなりなお値段してましたが、今回のものは至って普通なスピンドルケース入りで、価格も50枚1,500円程度とまあ普通な値段でもあります。

でもHIDISCなのか…








最終更新日  2016.10.20 22:11:26
コメント(0) | コメントを書く
2016.08.21
カテゴリ:PC:CD/DVD/BD

 さて、とあるところでBD-Rを買いました。
4倍速BD-R 中国製
物自体はなんてことはないHIDISCのBD-R、いつもの磁気研扱いなので変なキャラクターもしっかりいます。

販売形態が

5枚シュリンク
1枚じゃ少ないけど、10枚もいらないなぁって人が買うんでしょうか?

あんまり見たことありませんね。

ちなみに量が少なきゃ値段もそんなに安くならないのか、5枚で税抜250円、1枚当たり50円とさしてさす安くもないです。
それにしても…

「THE 中国製」

中国製指名買い!なんて中国人でもしないと思いますが、まあ、自虐ネタという意味では面白いかもしれません。

これ見たときになんか既視感あるなと思ったんですが

ああこれか。


その「THE 中国製」ですが、HIDISC 4倍速 中国製となると、4年くらい前に買った時はPHILIPS(PHILIPR04)だったのですが、

変わらずPHILIPR04でした。
となると特に指名買いしてまで使うようなものでもない気もします







最終更新日  2016.08.21 10:46:30
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全64件 (64件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 7 >


© Rakuten Group, Inc.