000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

日本画家・絵師 高橋天山のブログ

日本画家・絵師 高橋天山のブログ

【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x
2012年07月02日
XML
カテゴリ:大和絵
 これはご存知、源氏物語絵巻。
 
 今では、断簡として残っているだけで、しかも、人気の場面・・ほど、消失してしまっており、国宝指定を受けているとは言え、遺された作品はどれも、少々、メジャーな話題ではない? 場面ばかり・・・・
 
 なぜ??・・・と言うと、これは藤原隆能(ふじわらたかよし)、という名人の作品で、この人は、とにかく当時ダントツの人気絵師。

 しかも源氏物語を描いた巻物は、それはもう、ヨダレモノ・・・。引っ張りだこだった訳です。

 DVDもビデオもない時代。映画もなければ、グラビア雑誌もありません。

 ヴィジュアルな出版物?は、絵しかない。

 写真すらないので、・・・しょうがない。

 宮中のお姫様方は、普段やることありませんから・・・

 お楽しみは、双六とか、扇子投げとか・・・・

 何より好きなのは、読書。そして、最高なのが、絵巻物!

 ということで、取り合いになるくらい、隆能の絵巻は、絶大な人気を誇っておりました、・・・

 中でも、有名な場面ほど、争って見ていたらしく、やつれて、よごれ、やがて磨り減って、見るに耐えなくなって・・捨てられていった・・・・のでありましょう。

 絵が描いてあって、時々、詞書が入ってくる。

 それも、当時の名筆と言われた人達の、それは雅な美しい字、ですから、たまりません。

 当時、姫君たちの大切な修養は、書道。恋文を和歌として、愛しい人に送らねばならないからです。キタナイ子供っぽい字なんか書いてたら、・・・もー、絶対キラワレル!

 つまり、この源氏物語絵巻は、ヤンゴトナイ姫君たちの心をわしづかみにしていた・・・と思われるのです。

 冒頭の桐壺、に始まり・・最初の人気場面は紅葉の賀でしょうか?、・・これは光源氏の君が親友頭の中将と二人で舞うところ・・・超イケメン二人の・・・・

 姫君たちが心ときめかせて・・・飽かず眺めたがるシーン・・・があり・・・他にも、蹴鞠の場面なんか、真っ先にやつれてダメになったんじゃあないでしょうか・・・?

 スポーツマンの貴公子は今と同じ・・・超人気スター!! ですから!!

 【もののあわれ】、は今も昔も変わりません・・・

 それに引きかえ・・・例えばこの【柏木】(かしわぎ)の段、

 これは後半、宇治十条の場面で・・貴公子柏木が若くして病の床に・・・死んでしまうのですが・・・つらい悲しみに暮れるシーンなんです・・・


 IMG_6005.JPG

 
 こんな、悲しいシーンはまだしも・・・・
 こちらの、蓬生【よもぎう】


IMG_6006.JPG

 
 これなんか、気の毒にも一番オヘチャ? とされた、その名も末摘花(すえつむはな)という姫を、昔、一度関係したのをふとしたことで思い出した光の君が、シモベの惟光を先導させて、久しぶりに訪れる・・・・と・・・ブス故に、誰にも構われずさびしく暮らしていた・・・という、ちょっと悲しすぎる話。
 
 このシーンなんか、並み居る姫君たちは、身につまされて、見たくなーーい!・・・・つまり、絵は、汚れなーーい、破損しなーい・・・遺される・・・・

 と言う訳なんですね。

 誠に大らかな時代・・・で


 現在、有名な国宝とされている源氏物語絵巻は、当時の姫君たちが顧みなかったもの・・・なのです。














お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

最終更新日  2012年07月03日 03時34分49秒
コメント(0) | コメントを書く
[大和絵] カテゴリの最新記事


PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール

t_tenzan

t_tenzan

カレンダー

楽天カード

お気に入りブログ

まだ登録されていません

コメント新着

 マルベリー 店舗@ mltkhaxjvuj@gmail.com はじめまして。突然のコメント。失礼しま…
 バーバリーブルーレーベル@ euvolivv@gmail.com 今日は よろしくお願いしますね^^すごい…
 くーる31@ 相互リンク 突然のコメント、失礼いたします。 私は…
 t_tenzan@ Re:相互リンク(08/03) くーる31さん >突然のコメント、失礼い…
 くーる31@ 相互リンク 突然のコメント、失礼いたします。 私は…

フリーページ

ニューストピックス


© Rakuten Group, Inc.