034438 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

電気屋ののちん日記講座

電気屋ののちん日記講座

【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x

PR

Profile

ののちん1974

ののちん1974

Calendar

Favorite Blog

Comments

海のくまさん@ チン型取られちゃったw http://onaona.mogmog55.net/pxxi7cm/ 俺…
ドライブ好き@ 風呂入るのメンドクサイ! http://feti.findeath.net/71p5-nx/ 今日…
開放感@ 最近の大学生は凄いんですね。。 竿も玉もア○ルも全部隅々まで見られてガ…
地蔵@ 驚きのショックプライスw コウちゃんがこないだ教えてくれたやつ、…
バーサーカー@ ヌォォオオ!!!!!! http://bite.bnpnstore.com/0f-v0mm/ お…
2007.05.04
XML
カテゴリ:電気
~~~~~~~~電気屋ののちん日記講座~~~~~~~~
キルヒホッフの第二法則について

キルヒホッフの第二法則
回路網の任意の閉回路において、
電路中の電源の電圧の総和と電圧降下の総和は等しい。


これも分かりにくいので、図で説明すると、
キルヒホッフの法則2
左図において、
オームの法則の時に説明したように、
電池を抵抗(豆電球)に繋ぐと、
電源電圧 E が抵抗 R の両端に発生するので、

E = IR (= V)

が成立します。
これを前提にして考えると、
右図の場合はどうなるかというと、

E = I (R1 + R2 + R3) = V1 + V2 + V3

となります。
すなわち、電源電圧 E と、
各抵抗に発生する電圧 V1、V2、V3 の合計値は同じになります。

これではイメージがわかないという方は、
以下のように書き換えると分かりやすいと思います。
キルヒホッフの法則3
階段のイメージです。

電源電圧 E を全体の高さ、
V1~V3 を各段の高さと考えると、

・階段の一番上の高さは E。
・階段を一段下りると、高さが V1 だけ低くなる。
・2段下りると V1 + V2 だけ低くなる。
・一番下まで下りると V1 + V2 + V3 (= E) 低くなる。すなわち高さは 0 となる。

ということです。

ここで注意しないといけないのは、
上図の回路中に流れる電流 I の大きさは、
どの地点においても同じだということです。

私自身、最初は抵抗 R1~R3 のそれぞれに流れる電流値は
違うようなイメージを持っていましたが、
キルヒホッフの第一法則を考えた場合、
電流は分岐点がない限り、常に同じ値となります。

~~~~~~~~電気屋ののちん日記講座~~~~~~~~
読んでくれた方、クリックして頂けるとありがたいです。
にほんブログ村 企業ブログ 電気・ガス・水道・熱供給へ

ブログランキング・にほんブログ村へ





お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

Last updated  2007.05.27 00:06:04
コメント(0) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.