4905368 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

のりのりでいこう!香港&海外情報

PR

Free Space

QLOOKアクセス解析

Category

Archives

Keyword Search

▼キーワード検索

Calendar

Rakuten Ranking

Profile


NORI香港

Freepage List

全7件 (7件中 1-7件目)

1

★2012欧州

2017/11/22
XML
カテゴリ:★2012欧州

女子バレーボール 記憶に残るプレー 選手 第1セット
引退した選手、現役選手 10人を選び、更にその順位を付けるのは難しいですが
中でも常に大好きな選手の1人

写真  WIKIより 


Ekaterina Gamova ガモワ様 現在37歳  1980年生まれのガモワ様は 
年齢は違いますが誕生日が一緒なので、勝手に親近感がわいている・
近くでみると本当に背が高い 顔が小さい 凄く綺麗だと思う・
更に生き方がかっこよく尊敬できる方・・


昔の日記からひっぱり出しています・ 

所属していた、DINAMO KAZAN 作成の動画・

​The legend of volleyball Ekaterina Gamova​

https://www.youtube.com/watch?v=oIPkcwgZmCA



年齢的にガモワ様のオリンピックはロンドンで最後かなと思い。

先ず最初にロシア対イタリア戦を見に行く・・・  
その前の試合で日本対英国戦があったがあっという間に終わってしまった。
かなり沢山の日本人及び地元の英国人は帰ってしまった・・・  
ロシアイタリアにもどちらのチームも好きで、沢山の好きな選手がいた・ 


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 

下記のように色んなチームを渡り歩いたのですが、昨年残念ながら引退 
現在もDinamo Kazanの顔であり 
ロシアで今でもスーパースターでバレー界に貢献  
つい最近はモスクワで開催されるチャンピオンズリーグの
抽選会に出る・コメントもこの抽選結果がどのチームにも
アンハッピーでないことを願っています と。。。

現在は2冊目の本を出版するので多忙との事・ 
通訳を通さず、彼女の話を聞ける方は大変幸せなことだと感じる・ 

ガモワ様のお話は続編に・・・ 

写真 FIVBより・・・



所属チーム 
Russia Uralochka-NTMK 2 (1998–2000) Russia Uralochka-NTMK (2000–2003)
Russia Dynamo Moscow (2003–2009) Turkey Fenerbahçe Acıbadem (2009–2010)
Russia Dinamo Kazan (2010–2016) 

写真 Fenerbahçe 公式より ガモワ様とグッチ・ 



個人表彰
2004 Olympic Games "Best Scorer"
2004 Olympic Games "Best Blocker"
2006 FIVB World Grand Prix "Best Scorer"
2007 European Championship "Best Scorer"
2008–09 CEV Indesit Champions League Final Four "Best Scorer"
2009–10 CEV Indesit Champions League Final Four "Best Scorer"
2009–10 Turkish League Regular Season MVP
2009–10 Turkish League Final Series MVP
2010 FIVB World Championship "Most Valuable Player"
2013-14 CEV Champions League "Most Valuable Player"
2013-14 CEV Champions League "Best Scorer"
2014 FIVB Club World Championship "Most Valuable Player"
2014 FIVB Club World Championship "Best Opposite Spiker"
2013-14 Russian Superleague MVP



ロシア代表チーム表彰
1999 World Grand Prix – Gold Medal
1999 FIVB World Cup – Silver Medal
2006 World Championship – Gold Medal
2010 World Championship – Gold Medal



Clubs表彰 
1998, 1999, Russian League Championship – Champion, with Uralochka-NTMK 2
2000, 2001, 2002, Russian League Championship – Champion, with Uralochka-NTMK
2005, 2007, 2009 Russian Championship – Champion, with Dynamo Moscow
2009–2010 Turkish League Championship – Champion, with Fenerbahçe Acıbadem
2009–2010 Turkish Cup Championship – Champion, with Fenerbahçe Acıbadem
2009–2010 Turkish Super Cup Championship – Champion, with Fenerbahçe Acıbadem
2010–2011 Russian Cup – Champion, with Dinamo Kazan
2013–14 CEV Champions League - Champion, with Dinamo Kazan
2014 FIVB Club World Championship - Champion, with Dinamo Kazan







Last updated  2017/11/22 11:20:45 AM
2014/09/10
カテゴリ:★2012欧州
2012年7月 
 17-2-2 
イギリス ロンドンからデンマーク コペンハーゲン・ 
友人に朝 LHRまで送ってもらう・・・ 

今回の日記の内容は下記の動画で
5秒から60秒くらいの所・・・ 




BA自慢のターミナル5    
通常 ロンドン ヒースロー空港はアジアからはターミナル3の 古い空港を使うのが多い・
オリンピックで空港は綺麗になっているわけではなく、
ターミナル3は カートも相変わらず 古いが・・・ 

ターミナル5は何から何まで良い・・・ 

ラウンジとかも勿論最高

調子に乗り ここでは相当食べた・ 

ターミナル5は 搭乗口のよっては ゲートまでかなり遠い・

10分以上かかる勢いだ・ 
連絡電車の乗るのだが、市内まで行くような勢いだ・ 
まあ MADRIDの空港が一番遠いと思うけど・・ 

飛行機はBA812 320 
 0650/0935  1時間45分のフライト・ 

ファーストクラスのチケットを持っているのに勿体無いが
欧州内の飛行機は このロンドン コペンハーゲンもビジネスクラスしかなく
しかも欧州内のCクラスは 非常にしょぼい・
日本で言うと JALのクラスJのほうがまだ良い・ 
 エコノミーのシート横3席 真ん中を空けているだけね・


しかし 食事は普通に美味しい・・ 
 とは言っても、ラウンジで死ぬほど食べたので機内では 殆ど食べなかった・。 


コペンハーゲンの空港傍で機内から大きな橋をみた・ 
 あの橋を自転車で渡りたかったのであるが・・・









Last updated  2014/09/10 09:00:04 AM
2014/09/08
カテゴリ:★2012欧州
2012年7月  
  16-1-1  

香港からロンドン 
 CX257 744 1005/1600   12時間55分フライト

朝 タクシーで200HKDくらいで空港に向かう・ 
 ラウンジで風呂にリラックス・・ 



機内は快適であった・・ あっという間にロンドン到着・

 オリンピックで税関が混雑しているとの事であったが、 
FIRST TRACKを利用したため、1秒も待たなかった 入国審査・



友人が手配してくれている車で友人宅に向かうことになっていた・ 
 しかし 運転手がうまく捕まらず、結果30分くらい待ち合流・ 
 その30分は私のせいではないが、その30分の料金が加算され
車代は35L  まあ そんなもんかな・・・ 

夜は早速 友人にいつものPUBに連れて行ってもらい、  
 ビールを飲む・・・






Last updated  2014/09/08 07:36:07 AM
2012/09/09
カテゴリ:★2012欧州

Pink SUBARU という過去見た映画の前に・

この夏に英国の湖水地方に行き、たまたま飛びこんだホテルで
2泊目の朝、分かった事だが イスラエル パレスチナの方 3組が宿泊していた・ 
そもそも、パレスチナの方って海外旅行で英国に行くのですね。 当たり前か。? 
そんな事に先ず驚いた・

2泊目の夜に、一体この人たちが話しているのは何語であろうか? 
そんな事が僕の第一印象だ・ 1組は超印象的で
家族 孫 から祖父祖母まで 12人くらいの大所帯だ・
祖父年齢推定60歳くらいだろうか。 若い感じだ・
彼は私が貴重な時間をfront付近でwifiを繋いでせこせこしている時に、
いきなり
お前は日本人か? カメラマンか? とまくしたてるように聞いてきた・・・ 
嫌な感じはしなかったが、それがどうしたのかな?? という感じで
その質問には答えなかった程度だ・・・ 

娘がcameraを買ったのだが、1日で壊れたので見てほしいと・・・ 
なにかあっているようで、全然よくわからない話だ・・・ 娘を呼び、
祖父から見ると婿は使えないらしく、パシリのようだ。。。 

アマゾンで購入したと言ったcanonの一眼レフを僕に持ってきた・・・
アマゾン アマゾンというから、僕は真面目に南米のアマゾンで買ったから、
そういう問題があるのでは?? と思ったが・・・発音や前後の話しが南米の感じね・ 
 どうやら InternetでAmazonで2日前に購入した事が10分後に分かり、納得・

同時に色んな事を聞いてくる祖父・・・ 問題はなにか? 
日本人なら直せるだろう? cameraはcanonがいいのかnikonがいいのか? 
どうしてお前はnikonを使っているのか?
問題があるとすれば、何処に言えばいいのか? 思い出しただけでも結構ある・

多分本当に質問の答えを聞きたいわけでもなく ただ言いたいだけなのであろうと・・・
溺愛していると思われる、20代後半の娘にcameraを持ってこいみたいなポーズを取り
僕の前にcanonの一眼レフを差し出された・・・

ここで娘が再度僕に事情を説明するが、僕は日本人であることは間違いないが、
だとしても、またcanonが日本の会社であったとしても、
僕がそれを見る義務はない・ あくまでも僕の好意でhelp出来る事なら
helpしてあげようというスタンスである事を
強調し僕から仕切り直しを入れた・・・ 

そもそも イスラエル人・ 人によっても異なるが、僕が今まで出会ってきた方は、
とにかく自己主張が強いと言うか、図々しい人が多い・・・ 
然しながら、決して悪い意味ではなく、そこまで彼ら彼女らをしらない・・ 
多分旅行で行く分には素晴らしい場所である事は間違いないが、
住むとなるとそれは明らかに ストレスになるだろうという印象がある・・・

さて、祖母は落ち着いていて、言動全てが大人の女性だ
こんな2人の老夫婦をみて、これが不思議に調和のとれたお二人に見える・・

そもそも一眼レフと言っても、小さい奴で そもそもこの手のcameraは
自分で絶対に買わないし、むしろあまりお勧めしない・  
そんなcameraを見せられるのは
僕にはちとストレスだが、どうだ このカメラはいいのか? と祖父が聞かれるが
相手が既に買っているのだから、いいと思いますよ と告げた・ 

問題はオートフォーカスモードがきかないと言う事だと判断・・ 
せっかく購入したのに湖水地方の写真を1枚も撮れないと言っていたので、
そもそも僕はnikon派なのでcanonのcameraはよく分からない
しかし、cameraとしての基本操作は大凡同じであろうと考え、
ちょっと他のモードをいじってみた。。。 
他のモードの時は何故か大丈夫なようだ・
そもそも、僕は一眼レフでフルオートで撮らないし、
フルオートで撮るのならいらねえんじぇねえか? 
娘さんに  違うモードの設定を説明し、基本の使い方も教えた・・

色んな質問に答えた・・・
そもそもcanonでもこのような不良は非常にまれだと言う事。
工場出荷前にこれくらいの最低限度は絶対チェックしている事・ 
amzonにclaimしてもいいと思うが、
londonに明日戻るならnikonのlondonで速効修理して
自国に戻ったほうがいい事など・・・ 

祖母は大変感謝し、娘に指摘した・
祖母の時代はcameraはマニュアルで撮っていたので
マニュアルで撮ればいいじゃないと言う事と

Internetがほんの少し安くて便利だとしても、
手に取ってcameraやで前もって購入すればこういう問題は
起こらなかったわよね・・・ と  
どうやら娘さんは大事な事をいつもぎりぎりにnetで行っているようだ・・・
ポイントは?? インターネットに頼り過ぎない???? 

Olympicをテレビでこの祖母祖父と一緒にみて あーでもない こーでもないと
・・ とっても親近感がわき 色んな話をした・・・
やはり この国の方も日本製の商品は絶対の信頼がある事を感じる・・ 
その後
タブーの世界??? に突入?? ・ あのパレスチナのお話・ 
やはり色んなお話が出てくる・・・  まあ これは別の機会にでも・・・・  

宿のお話になった 何故ここに泊まっているのか?? そんなお話になった・・・
祖母はいくらで泊まっているのか? 私に聞いた。。。 
私の値段を聞いてその安さにびっくりしていた・・
僕は、いやーー 僕の部屋シングルで狭いからね。。 
となんか付け加えてみたりした・・・
そもそも僕はテントを張るつもりだったが、疲れ過ぎたので、
湖水地方に山のようにあるB&Bで
気になったところを飛びこんだ・ BB には空き部屋ありの表示がでているので簡単だ・
そもそも夏の湖水地方ピークシーズン?? 満室を恐れていたが、
結構空室あるBBが多かった・

別のところに飛びこんだが、素晴らしい部屋だったが、
お値段がちょっと高かったので
お安くしてくれた、このBBに決定した僕・・・ 

この老夫婦は今から40年前に??? 湖水地方にきているようだ・・・ 
しかも WINDAMEREの一等地最高に有名な白いホテル・・・ 
僕 中入りましたが いいですね・・ このホテル
そこに過去泊まったようだ。・・・ 

祖母がこのBBをどうやらネットで予約したようだ・・ 
ネットで見たら40年前のうる覚え??
白いホテル 外観が一緒だったのでNETは安いと思い ここを予約したらしい・・・
つまり?? 一番大事な事 ネットに頼っているってポイント ??
娘と同じやん?? 

来てびっくり・・ 全然違う・ ということ・・ しかし。12名の大所帯・ 
価格も抑えられたこと。予想以上に快適であることで。 ここに4泊したと言う・・
40年前に湖水地方で高級ホテル 祖父の命令調な感じ?? 
やっぱり地元では相当稼いでいる臭いがぷんぷん・・・
次回 死海で再会しましょう と 勿論お願いしておきました・・・

さて、、今回 欧州約1カ月では、僕は日本から来ました光線 
出しまくっていました・・
それはOlympicだからか?? いや微妙な日本人としての 
この違い 分かる人なら分かるよね?
だから何? って感じなんですけど・・ね

日本人と聞いてくる 1人の女性・・  何処の方?? イスラエルらしい。。。
おかしい・・ 何故か湖水地方にいるとイスラエルの方が全然検討付かない・・ 
何処にいてもイスラエル人はイスラエル人が直ぐに顔で分かるそうです・・ 
この女性によると、このどでかい湖水地方で同じ宿にイスラエル パレスチナな方が
一緒の宿になる可能性は極めて珍しいらしい・・・

世界は狭いのか広いのか? 一体世界で何が今起こっているのか? 
世界でも隣国同士では色々な課題があるようだ・・・ 

さて、最初のPink SUBARU という過去見た映画 
次回編に







Last updated  2012/09/10 02:01:39 AM
2012/09/04
カテゴリ:★2012欧州
2012EURO 
最近はFACEBOOK中心に友人のみにUPをしていて
現在AUSTRIA辺りを盛んにUP中ですが、
検索でご興味のある方が見て頂けるBLOGも頑張ってUP・


Scotland  Edinburgh
The 2012 Royal Edinburgh Military Tattoo
音楽や欧州に興味がある上品な方は是非見て頂きたいです・



やはりこの地方でRoyalと付いているものは特別な感じがするね

このTATOOに行く前に過去色んな映像を見せて頂いた・
一度生で見てみたいと思っていた・ 
今回は2か所で場所を変えてみる事ができた・・・ 
この動画は最前列で見た時のものです・
僕的には、お城が中央に見える高い位置で見た時も良かった・ 
この動画はまた別の機会にUPします・ 


夏の間、Edinburghは毎日複数回で色んな場所で
音楽関係のeventを行っている・
TATOOも同様で毎日複数回で行っているが、
なにが美しいかと言うと美しいEdinburgh城と一体になる
なんとも言えない独特な会場・
会場へは世界中からこれらを見るために人々が集まる・

年齢層は高いと感じるが、お子様でも楽しめると思う・
お子様がいなければ、僕は最終回の夜20時半開始を見た方が良いと思う・
夜のライトアップと花火が更に美しいからだ・
尚 花火は週末だけしか行っていないと思います・

注意点としては、現地の方は体感温度が我々と異なるせいか? 
薄着をしている方もいますが、
夜の後半戦は結構寒いのでジャンバー等持っていく必要ありだと思います・ 
(僕 ジャンバー来てても寒かった)

演奏はScotland独特のbagpipeの音色と行進
これは勿論1つの見どころですが、
Top Secret Drum Corps 僕は毎年微妙に異なる
パフォーマンスが大好きです・
これらの他に歌、踊りありと素晴らしいです・

来年の夏
もしEdinburghに行く機会があれば
是非生で見てくださいね・

尚 夏の週末Edinburghの宿泊は満室になります。 
1週間前にNETでは10EUROくらいでドミがたくさんありましたが、
急に晴れたせいか?週末の常識なのか? 
どんどん宿が満室になり、2日前には安い宿は
全て満室、郊外かお高い宿だけがなんとか宿確保という状態

翌日のフライトが朝6時頃と言う事もあり、
TATOOが終わって会場のろのろでたのが22時過ぎ? 空港で過ごしました・






Last updated  2012/09/04 09:40:21 PM
2012/08/14
カテゴリ:★2012欧州
Olympic あっという間に終わってしまいました・
なにかすっかり、力が抜けたようで悲しい気もしないでもありません・ 

約1カ月欧州へ滞在し完全に時差ぼけで
閉会式も香港でテレビで目がさえる中見ました・ 
英国でも日本の番組は見なかったですが、何しろBBC様という
私が中でも一番好きな映像が現地で見れ何1つ不自由なし

今回ホームステイさせてもらった形になったご家庭でテレビ番組を見ましたが
DSC_4111

競技全てをBBCは国民にLIVEで中継していたと思います・
テレビのチャンネルをOlympicに合わせると
今行っている競技がクリックできるように
なり、自分がみたい競技をお好みで素晴らしい映像と共に見れるようです・

欧州 英国では日本アジアの方が好む競技と異なっていたように感じます
従いPUB等でも主に英国が出ている試合 
英国人が好きなんだな感じるものを中心に流していたと感じましたが、GOOD・ 
英国の方は外でもiPhone等を使ってLIVEで
自分の好きな競技を見ている方も多かった・

香港へ戻り閉会式・ 私の自宅のテレビはBED ROOMしか繋いでいませんが
調子もわるくないのですが、なにかノイズが多かったのも気になります・
広東語ではなく英語で見たかったのですが、結局 その方法がわかりませんでした
日本でも奇麗な映像でOlympicをみれた方が多いのでしょうね・・

今回 現地の方と話し 気になる事がありました・・・
英国で開催された今回のOlympic・・ 
2020年は東京でお待ちしています。。。と何人かにお話をしました・ 
個人的には現在 TOKYOは開催地として十分残る可能性が高いと感じています・
問題は1つです・ 
その問題について、英国の方は誰1人として触れなかったのが印象的ですが

英国の方が TOKYOに決まらない理由があるとすれば、
国民がOlympic開催に消極的であることらしい・・・
えっ?? そうなんですか??? 
何故 消極的なのか? これが本当だとするとその理由がわかりません・ 

Olympicの経済効果は勿論ですが、Olympicが開催される国 地域では
お金で買えない独特な空気がかならず流れています・

ホスト国としての楽しさ 素晴らしさ は個人としても一生の宝になるはずです・
海外に出れない方が日本国内で世界を体験する一番の近道です・
World Cup等も素晴らしいですが、Olympicまた全然異なると思います・

過去の東京Olympicから一体何年でしょうか?
これだけOlympicを行っていない先進国はある意味貴重でしょうが・

Olympicが東京で開催される事を楽しみにしています・






Last updated  2012/08/14 05:09:44 PM
2012/08/10
カテゴリ:★2012欧州
LONDON Olympicがらみで約1カ月欧州滞在

LON在住のBEST FRIENDSから前回も言われました・
冬じゃなくて夏に来いよ・・ と・・・

水と緑 花が溢れる自然の調和 BRITISH Fabulous
つまり?? ここ香港と正反対??
加工物? 電飾ぎらぎらのHONGKONG EXITING?

どちらが良いというわけではありません・
その国にはその国の独特の良さが異なります・

今回来るのなら、見ておくべきものを彼がリストアップしてくれ 
Wimbledonのcenter coat ROH 等 他 省略
英国の伝統的な場所からまた他たくさん彼が見てきたものを
全て写真でみせてくれました・・・

いや、、さすがに夏は料金がお高いしね・・・
よく考えてみれば温かい時期に行ったのはかれこれ20年前以上?
毎回冬の寒い時期に夕方16時には真っ暗なLONDON欧州


冬の欧州は欧州であって欧州の一番素晴らしいものは見れないと思います・
クリスマス時期の美しい光景は最高ね

卒業旅行で冬の2月頃??旅行代金の安い時期 
凍えながら欧州滞在も初めての経験としてはありありです。
何しろ欧州には美術館がたくさんあり、温かい美術館は寒さ等無縁でしょうが・
これもまた、夏の緑あふれる美術館を一度みると どことなく違う感じがします・


英国
LONDON Olympic cycling 会場にて


僕 遊びで行くわけではありません・ 従い時間との闘いです・
予算的にも限界がありますが、香港で少し節約してなんとか頑張る・
1カ月の間も節約できるところは節約し、使うところは盛大に使ってやろうと。。。
欧州での金銭的比重が高い宿泊代、これにはテントを持ちこみました


さて
最終的にはLONDONをベースにして湖水地方やScotland
他の国ではDenmark  Sweden、Czech、Austriaを回りました・

Hungaryは時間なく現地で諦めました・
後ほどたっぷりと触れますが、
Austriaは観光 美術 音楽 食事 女性の美しさ、

なにしろ人の優しさ もう完璧に僕の理想の国でした・

これらの場所 全てに移動手段として折りたたみ自転車を持っていきました・
わたしく 趣味で自転車に乗っているわけではありません・
日本のお母様方がママチャリを最強の移動手段として使うように
ただ僕の場合 それがちょっと距離が長いというだけの簡単な話です

現在も十分 YEH! WOW! 
vocabulary 2つくらいで現地の生活を表す事の出来ない
文章能力の僕ですがね

僕も年齢的にはもうすぐ?50代 
YEH とかWOWの旅行は若い方にお任せして、
今まで生きてきた上での経験 知恵等をいかして現地に暮らすように
滞在するというテーマが近年マイブーム・


自称Olympic男の僕 前回の北京を含み 
今回でOlympic開催中の現地へ滞在するのは
4回目・・
そうです。 Olympic期間中の独特な空気がこれまた素晴らしい・・・
既に次回のBrazil?? 
おじがBrazil在住なのでこれまた今から行く事を勝手に検討中

近頃FACEBOOKでの写真UPが簡単なのですが、
文章中心 検索楽ちん やっぱりBLOGはBLOGでありありでしょう・

元来 BLOGにUPする事を目的として これらを書いているわけでなく
私の記録として書いていますので、皆様には全く意味がないかもしれませんが
検索で引っかかて間違って訪問してくれた方、
またこれからこれらの国へ訪問を考えている方
その方の参考に少しでもなれば幸いです・

出来ますれば、40歳以上の自称お上品な物知りの方と情報交換をする事
マスコミ関係の方と交わることが出来れば最高です・








Last updated  2012/08/10 07:21:31 PM

全7件 (7件中 1-7件目)

1


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.