10178939 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

おぼろ二次元日記

PR

カレンダー

プロフィール


おぼろ.

キーワードサーチ

▼キーワード検索

日記/記事の投稿

お気に入りブログ

「七つ屋志のぶの宝… らいち♪♪さん

旧:無菌室育ち 入り江わにさん
人に歴史あり yuru3さん
おタコ部屋 ロ サ ロ サ 紫 織さん
蒼い空、藍い海 にゃんたまくらぶさん
真夜中のお茶会 あこやさん
からまつそう yamahusaさん
新緑のオリバー 藤春 泰子さん
気づき★毎日★ダイア… くまこ@yummylife.netさん
◆◇黒衣の貴婦人の徒… なぎさ美緒さん

コメント新着

サイド自由欄

フリーページ

バナー、フリー配布♪&捧げ物


宝物・イラスト


みはるさんよりゲット♪


紫苑巽さんよりゲット♪


瑠架さんよりゲット!


翠嶺さんよりゲット♪


hamukkoさんよりゲット♪


にゃんたまさんよりゲット♪


もるがんさんよりゲット♪


なぎさ美緒さんよりゲット♪


那由さんよりゲット♪


みにくろめろん様よりゲット♪


フル☆マルコ様よりゲット♪


葉月せりあさんよりゲット♪


わに庭さんよりゲット♪


宝物・小説&替え歌


龍華紫織さんよりゲット♪


暴れん坊さんより、浮竹小説♪


暴れん坊さんより、兄様小説♪


暴れん坊さんより、兄様&緋真小説♪


暴れん坊さんより、一護小説♪


Mishelleさんより兄様・緋真小説♪


暴れん坊さんよりラブリーチ三作♪


暴れん坊さんより、兄様&緋真小説その2♪


Mishelleさんより兄様誕生日小説♪


暴れん坊さんより一周年小説♪


暴れん坊さんよりラブリーチ(女性版)♪


暴れん坊さんより緋真小説♪


暴れん坊さんより一護小説その2♪


暴れん坊さんより20万打兄様小説♪


暴れん坊さんより一護小説その3♪


暴れん坊さんより「内科医・朽木白哉」♪


にゃんたまさん、みーさんより兄様ss♪


mamさんより夢小説♪


Mishelleさんより兄様小説♪


暴れん坊さんより400いじり記念小説♪


Mishelleさんよりウルグリ小説♪


mamさんより銀魂、NARUTO小説♪


暴れん坊さんより誕生日記念兄様小説♪


mamさんより20万打銀魂小説♪


八兵衛さんより兄様お誕生日記念小説♪


黄瀬誕生祭☆


緑間生誕祭☆


笠松先輩生誕祭☆


火神生誕祭☆


青峰生誕祭☆


高尾生誕祭☆


黒子生誕祭☆


黒子&森山生誕祭☆


2015新宿駅WC決勝戦広告☆


2015黒バス渋谷WC決勝広告、JW帝光編


ハイキュー!!展


タイガー&バニー、地下鉄コラボ


2013.03.26
XML
テーマ:アニメ!!(3806)
未来を変える。
ここまでやれば・・・そんな生涯も悪くない。



「未来へ -LΛST RESOLUTION-」最終回

あらすじは公式からです。

闇に追われ、闇を貫き、そして終焉(おわり)がはじまる。
そのとき男は託すべき未来のため、最後の決意をする……。

「THE UNLIMITED 兵部京介」最終回。



*********************************



原作の「絶チル」を全部、追いかけるのは大変なので
コンビニで見つけたこちらを購入しました♪




兵部の登場シーンとか薫と関わるシーンとか。(ロリ炸裂ー!!!笑)
7,8話の「超能部隊」の部分まで収録されていて、アニメ派としては
薫、過去話で結構、補完されたと思います。
もう少し見たかったのは皆本たちとの絡みかな。(腐腐腐)


薫を戴き、超能力者たちの安息の場に向かう未来。
兵部はそこに共に行きつく気持ちであったのに身体がついていかない。
一度は覚悟した死。
けれどここまで走ってきた彼を神は見捨てはしなかった。
アンディ・ヒノミヤ。
彼との出会いは僥倖と呼べるものでした。



OPが7色過ぎて少佐が見えないんですけど!(笑)


超能力者との融和政策を推進するノーマン・グリーンが市長に当選した
NY市。
早乙女の狙いは彼を超能力者が暗殺して、管理体制をさらに強固にすること
だったのですね。
あくまでもエスパーはノーマルの僕で。
伊-八号が見た未来にしないためにも。


早乙女の野望は常に歴史を背後で動かす黒幕であること、なんですかねえ。
優秀なエスパーを管理する立場にいればそれは最強の軍隊を自身の手で
管理しているも同じですからね。
合衆国も、同盟している日本も思いのまま。
表舞台に出ず、責任を背負う事もなく、国を動かせるというのは美味しいこと
なのでしょう。


野望をかなえるためには兵部以上の超能力者の手駒を手にしなければ。
狙われたのがユウギリだったのですね。



市庁舎の前の演説に出てきたグリーン氏を狙うユウギリ!
が、やってきたアンディ、さらにそこを援護してくれたのは
皆本と賢木!!!
そういえばバベルの行動に政府は関与しないこと、と宣告して
ましたものね。



ユウギリのところにやってきた兵部。
それを見ている早乙女。


「甘さは捨てきれんか。変わらんんな、君は・・・。」


何歳になっても甘さ故にへまをやらかす兵部が好きですよ♪
(↑いやん、恥ずかしい!って何歳なんだ、自分!)


ヒュプノで兵部の分身を作りだして戦うユウギリ。


「来いよ、亡霊。」


自嘲、とも言えますかねえ。
早乙女も自分も願いのために生にしがみついている。
おまけにこの土壇場、早乙女が仕掛けてきたのは自分、ですものね。


それを自覚させられるようになんと精神攻撃!!!
「君だけが生き続けている?」
ああ、宇津美さんたち!!!


若き日の早乙女の銃口が兵部の額を貫く!!!
意識を必死に保とうとする兵部が見たのは幼い頃の自分。


「もっと高いところに行く。

不二子さん、皆、伊号・・・隊長と。」



今の自分の居場所を否定される兵部。

「さようなら、クイーン。」


自分は限界でも未来を守らなくては!
ユウギリを止める・・・

「解き放て、UNLIMITED」


ユウギリのヒュプノを打ち破る兵部!


市庁舎に立てこもることができた皆本たち。
兵部のところに先行するアンディ。


ユウギリの意識が次第に戻ってくる。
研究施設から始まって王女様と一緒にいた保護施設。
何度も移動して・・・季節は巡り・・・
そして出会った。


「写真で見るよりずっと美人だ。」

ぐはっ!!!
お子様だって女は女!この笑顔には落ちます!!!ダブルハート


船にいる皆は同胞、いや家族。


「僕の名は兵部京介。皆は”少佐”と呼ぶ。」

キミの名は・・・


兵部とユウギリの始まり。
戻ったー!!!
首の後ろの管理バーコードを消す兵部。
「傷を抱えて生きるのはボクだけで十分。」
泣ける!!!


しかし、解き放った力が制御できず肉体が耐えきれなくなって
きている!!!
無理を重ねたツケが来ている。



ユウギリと家族とクイーンの未来がこれで守れたならそれでもいい。
けれど・・・


「やだね!お前の命令なんか聞けるか!」

アンディ、着たーーーー!!!!
エスパーは嫌いだけど、マシな奴がいるってあの船で知った。
突進しようとするアンディをお守りを持ったユウギリも支える。
見たくなった、お前が作るエスパーの未来を!!!


「時よ、止まれ!!!」


「馬鹿な!このボクの力を!!!」
放出される兵部の力を抑え込むアンディ!
一瞬でも兵部の力を凌駕した、ということですね。
左目の力は限界まで使ってしまった!?
倒れるアンディ。
元に戻った兵部は膝を付いてユウギリにお礼を言う。



感じていたのか・・・薫も笑顔を浮かべる。



決着の時。
公園で再会する早乙女と兵部。
責任は回避したが、もうUSEIにも国務省にも居場所はない。
それでも、


「兵部少佐、お前は私のものだ。」


ここで殺されても兵部の心と記憶で一生、消えない傷として生きる。
それでこそ本望。
しかし、兵部の記憶に残っても、早乙女の記憶から消えることを
一生の罰として与えることを選択した兵部。
命は獲らない。


「クィーンが悲しむから。」


今しばらくはノーマルとともにある薫を想って、でしょうか。
早乙女の願いを聞くことは決してできないから。
別れの時。
早乙女の記憶を消す兵部。



パンドラの皆に別れを告げるアンディ。
軽口をたたきながらの別れ。
ユウギリがいたからアンディは救われたところが大きかったですね。
再会を誓う二人。


けど


出口で出会ったーーー!!!(笑)


別の道を行くことを告げるアンディ。
俺にしかできないことがきっとあるはず。
リミッターのペンダントを兵部に渡そうとするアンディだけど


その手を押し戻す兵部。

「名誉会員にしといてやる。」



来たわーーー!!!エンゲージ!!!(腐腐腐!!!)


もう一度、家族の船を探して未来を探しに行こう。
皆で行く、新しい未来へ。



ということで12話・・・もっと見たかったです~!

このシリーズが兵部の過去との決別なら、もう少しアクション、
エンターテイメント性を高めた超能力勝負、みたいな?
まあ、本編ありきのスピンオフならあまりかけ離れたものでは
いけないと思いますが、チルドレンと戦った時みたいなワクワク!な
戦いが見たかったです。


とはいえ・・・
逆に考えてアニメ派の私達にも世界観をあまり拡げないで
コンパクトに楽しめるシリーズを目指したのでは、とも思いました。
つまり序盤、空気と言われていた(ごめーん!)アンディが私達で
いかに兵部に惚れさせるか?


つまり、ここから「絶チル」に触れる視聴者に兵部の魅力を
ドン!と知らしめるシリーズであったのだと思いました。
正義であるはずのバベルの皆がどうしてやっつけてしまわないのか、
ってことですよね。


皆本がアンディに「彼を守ってくれ」と言ったり、新品の学生服を用意したり
と常に情を持って接している理由を私達に知らしめる、兵部に惚れれば
この作品はOKなのだと。
物語もコンパクトだったし、絵も声優さんの演技も素敵でした。
何より、


原作者&アニメスタッフの愛を感じた!

そういう作品はこちらも嬉しくなりますね。
特に椎名先生のブログには毎回丁寧な感想&考察が書かれ、作品やアニメ・スタッフに
注がれる愛情をたっぷりと拝見することができました。


私もつい少佐の応援がしたくなってアルバム&シングルCDを購入!







まだ途中までしか聞いていないですがどれもかっこいい!!!
新しい旅立ちをしたパンドラの皆に思いを馳せながら聞こうと
思います。
スタッフの皆さん、お疲れ様でした♪


fc2サイト記事はこちら♪

TB URLはこちら♪
http://kiraboshi714.blog55.fc2.com/tb.php/1132-5d6897ff






最終更新日  2013.04.05 07:09:45
コメント(0) | コメントを書く
[xxxHOLIC・神のみ・兵部京介] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.