1045926 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

オ ニ オ ン の つ ぶ や き

オ ニ オ ン の つ ぶ や き

【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Favorite Blog

大相撲 15日目(千… New! ほしのきらり。さん

Comments

ベル玉@ Re:寒いわ。。(04/30) そうですね、バラの花もきれいに咲きます…

Freepage List

楽書の章


追記


シンデレラの母は継母ではない。他3点。


ふざけんじゃないよ


そんなあほな


かまわんとって


いけず、やわ~


あせったら、あきらめたらあきまへんでぇ


力を出し尽くして。。


あほとちゃうか。。


僕らは皆生きているの章


オニオン大好き/(ノンハード)


隣人を愛せよ


確かなことはない


歌うということ


ある日本人女性のことば


叫ぶということ


怒ることも必要


我思う、∴我あり。


そうだ、皆一生懸命生きている


そうだ、オニオンだって生きている


まっすぐな光


見えなかったものが見えてくる。。


昔むかし。。


何も無いから全てある


あまのじゃく


失くしてわかる。。


隠れたトラウマ(1)


トラウマ (2)


生きる意味


(自作)テーマソングの歌詞のみ


last but it's not the last..


生きているで章


「今を生きる」


どんな姿でもいい


流れるままに


誤解されてもいい


変わる瞬間


振り返らない


扉が開く


窮屈になる


延々と続く縁


信じられない話


新月の願い事


心が消える


どんな人生でも最高


一番大事なモノ


扉が閉まる


扉のこと


ひとり


失ってから


変えるチャンス


幻かも


失うモノは何も無い


まとめてみる


これが最後


終わりに章


つきあいを変える


変わるモノと変わらないモノ


宗教ってのは(ホンネを少し)ね


要るモノ


パラレルワールド


ある友達のこと


殻破り


自分っていうのは何か


嵐の時


崖っぷちにて


そんなはずじゃない


意識レベル


果たした時点から始まる


すべてある


レコード


答えのない問い


あるモノを変える


世界に誇れるもの


万事うまく行く


思いあがるな


薄情とか、無情の情


欲とはですねぇ


何かが。。


ふつふつと沸き立つモノ


キリをつけるで章


「今から」でも遅くない。


やるべきこと


失ってもまた得ることができる


やってみなけりゃわかるまい


動き出す時


仕組まれた世界


復活祭


とにかく吐き出す


人は人を裁かない


気にしなくていい


変わらない、変えられない


本当に簡単


幸せは今


・・でも。。


そろそろ終わり。。


明日は明日の風が吹く


思いを持つ時点


そのままでいい。。


人生劇場。。


感じなくなる。。


何かを見落としている。。


元に戻ろうとしている。。


岡潔さん。。


2024.04.25
XML
カテゴリ:音楽、アート
musee drogenbos 3.jpg
covid-19のせいで、もとからあった秋の木曜夜ミューゼのイヴェントが一時休止になっていた。しかし、その後規模を縮小してしかも開催期間をずらして開催されている。

秋の場合は夕方17時からなので、すぐに暗くなる。春だとややもすると20時までは何とか明るいので、庭や景色が眺められるのでいいとオニオンは昔から思っていた。やっとその春に開催なのであるわ。。

ミューゼはインフレだけではないだろうけど、値上がりしてしまった。映画館も値上がりしてるから仕方ないだろうけど、収入が変わらないのに諸費が値上がるというのは。。

とまれ、一か所行くだけで交通に要する時間がかかり、そんなにあちこち行けない。今回は一か所にとどめ、さっさと明るいうちに帰宅した。

ブリュッセルの郊外、南の方でパリから入ってくるところのまだ住宅で密集していない地区にポツンとある↑のミューゼはベルギーの画家フェリックスデュブックという人の名を取ったミューゼフェリックスである。FELIX DE BOECKと検索してください。彼がずっと住んでた家がそのまま残っていて、その土地に新しいエコミューゼを建てたという。

展示は彼の描いた太陽や、アトリエの様子などと共に、今はどのミューゼでも開催されてるウクライナの芸術家たちの展示もあった。ウクライナには芸術家が多いので、作品も多い。ちょっと前衛っぽいモノが目立つが、色はくっきりしているものが多いようである。





お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

Last updated  2024.04.25 00:00:08
コメント(0) | コメントを書く
[音楽、アート] カテゴリの最新記事


Calendar

Archives

2024.05

Profile

ベル玉

ベル玉


© Rakuten Group, Inc.