5992107 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

しろうと自然科学者の自然観察日記

PR

X

全6件 (6件中 1-6件目)

1

2015.07.10
XML
カテゴリ:
☆北海道北見市留辺蘂町(おんねゆ温泉)に、リニューアルオープン(2012年7月7日)から2カ月で入館者が10万人、2年間で入館者が50万人を突破したという「山の水族館」があります。北海道の河川や湖沼に生息する淡水魚を集め、観察できるようにした水族館です。今回は3回目ですが、何度来ても魅力あふれる北の大地の水族館です。
  • 山の水族館01.JPG

  • ☆入口からエントランスホールに進むと、最初に目につくのは、日本初の「滝つぼを見上げる水槽」です。激流に流されまいと泳ぐ美しく力強い姿や、銀色に輝くウロコのきらめきを観察できます。
  • 山の水族館02.JPG

  • ☆激流の中には、アメマス、オショロコマ、ヤマメが生息していると表示されていましたので、観察してみることにしました。
  • 山の水族館03.JPG

  • ☆アメマスです。アメマスは、サケ科イワナ属の魚で、体長は14~70センチ程度だそうです。アメマス(雨鱒)の名は、雨粒のような白い斑点に由来するようです。
  • 山の水族館04・アメマス.JPG

  • ☆オショロコマです。オショロコマもサケ科イワナ属の魚で、体長は20~30センチ程度です。日本では、北海道にのみ生息する魚で、環境省のレッドリストで絶滅危惧種に指定されています。オショロコマの名はアイヌ語に由来するようですが、別名は「カラフトイワナ」で漢字表記は「樺太岩魚」です。
  • 山の水族館05・オショロコマ.JPG

  • ☆ヤマメです。ヤマメは、サケ科タイヘイヨウサケ属の魚で、体長は20~40センチ程度です。ヤマメは、「渓流の女王」ともいわれ、美しい流線型の魚形とパーマークと呼ばれる斑紋が特徴です。ヤマメ(山魚、山女、山女魚)の名は、「め」は魚を表す語尾で山にいる魚に由来するそうです。「女」の文字は、見た目が清楚で美しいことに由来するとのこと。
  • 山の水族館06・ヤマメ.JPG

  • ☆何といっても、この水族館のメインは、サケ科イトウ属の日本最大の淡水魚イトウです。成長すると体長1メートルを超える日本最大級の淡水魚イトウは、現在では北海道の一部でしか生息が確認されておらず幻の魚とも呼ばれています。通常サケ科の魚は一度産卵すると命を終えますが、イトウは一生のうちに何度も産卵することが知られているそうです。イトウは、細長い体で大きな口、両顎にたくさんの丈夫で鋭い歯を持っているそうで、漢字で「𩹷」(魚偏に鬼)と書くのが理解できます。イトウの名は「糸魚」の意味で、サケ類としては体高が低く細長い体型に由来するそうです。
  • 山の水族館07・イトウ.JPG

  • ☆ヤマメは、水位が低くなると上流に向かってジャンプすると表示してあったので20分ほど待っていました。
  • 山の水族館08・ヤマメ遡上1.JPG

  • ☆ヤマメは、水位が低くなると上流に向かい、ジャンプする姿を見ることができました。ジャンプの瞬間の写真は、残念ながら撮り逃がしました。
  • 山の水族館09・ヤマメ遡上2.JPG

  • ☆建物の外側に水槽が作られ、世界初の川が凍る水槽です。この水槽は、自然の川と同じように厳寒期には水槽の水面が凍り、魚たちが厳しい冬を乗り越える逞しい姿を観察できます。
  • 山の水族館10.JPG

  • ☆「山の水族館」は、日本初と世界初がある何度来ても魅力あふれる北の大地の水族館でした。






    Last updated  2015.07.10 04:46:16
    コメント(0) | コメントを書く


    2014.07.23
    カテゴリ:
    ☆ウォーキングコース(玉川上水)では、あちこちでコイを見かけます。また、放流されたものなのでしょうか、様々な色のニシキゴイも泳いでいます。
  • コイ1.JPG

  • ☆コイは、流れが緩やかな川や池、沼などに棲むコイ科コイ属の淡水魚です。コイは雑食性で何でも食べ、その寿命は30~50年、中には100年以上生きるものもいるそうです。コイは別名「六々魚(りくりくぎょ)」と呼ばれるそうですが、これは体側の鱗が36枚あるので「36=6×6」という九九に由来するそうです。
  • コイ2.JPG

  • ☆ニシキゴイは、普通のコイを観賞用に養殖したもので、日本でニシキゴイを育てることは、19世紀に新潟県旧山古志村で始まったと考えられているそうです。山古志村では冬期の非常食用としてコイを養殖する習慣があり、一部のコイが他のものより明るい色をしているのに気づき、それを育てたとされているそうです。山古志村といえば、新潟県中越地震(2004年)で大きな被害に遭い、ニシキゴイの養殖も一時壊滅的な被害を受けたことを思い出します。
  • コイ3.JPG

  • ☆コイ(鯉)の名前の由来については、様々な説があるそうです。
    (1)上顎に長短2対の口髭があることから「小髭(コヒゲ)」の略とする説。
    (2)身が肥えていることから「肥え(コエ)」が転じたとする説。
    (3)味が他の魚より良いことから「越(コエ)」が転じたとする説。
    (4)美味に「恋 (コイ)」したとする説。
    (5)雌雄相恋(コイ)して離れないさまに由来する説。
    (6)餌を欲する時の様子から「乞(コヒ)」が転じたとする説。
    ・漢字表記の「鯉」の「里」は、36枚の鱗があり、36町は1里に相当することに由来するという説があるそうです。(以上「日本辞典」を参考にしました)






    Last updated  2014.07.23 04:50:23
    コメント(0) | コメントを書く
    2014.03.18
    カテゴリ:
    ☆ウォーキングコース(玉川上水)では、コイが集まっているところが2カ所あります。そのうち、下流のところには、ニシキゴイも一緒に見かけます。
  • コイ1.JPG

  • ☆コイは、コイ科コイ属の淡水魚です。他の場所でも、様々の色のニシキゴイを見かけますが、誰かが放流したものなのでしょうか。普通の鯉の寿命は70年、ニシキゴイも20年以上は生存するそうです。
  • コイ2.JPG

  • ☆ニシキゴイは、普通のコイの突然変異種を観賞用に養殖したもので、日本でニシキゴイを育てることは、19世紀に新潟県旧山古志村で始まったと考えられているそうです。山古志村でニシキゴイの養殖が盛んになった背景は、第1に冬期の非常食として休耕田にコイを養殖する習慣があったこと、第2に山間部にあるので隠し田が多く比較的裕福で余裕のある農家の趣味としてニシキゴイの交配と養殖が進んできたことにあるそうです。
  • コイ3.JPG

  • ☆登場した200年前には、「色鯉」「花鯉」「模様鯉」などと呼ばれていたそうです。その後、金を織り込まれた絹織物を錦と呼ぶので、そのような優雅な色の鯉ということで「ニシキゴイ(錦鯉)」と名づけられたそうです。






    Last updated  2014.03.18 05:17:15
    コメント(0) | コメントを書く
    2013.06.11
    カテゴリ:
    ☆北海道北見市留辺蘂町に、2012年7月7日にリニューアルオープンした「山の水族館」があります。北海道の河川や湖沼に生息する淡水魚を集め、観察できるようにした水族館です。昨年10月に訪ね、今回は2回目です。

    ☆日本初の滝つぼ水槽です。激流の中、逞しく生きる魚を観察できます。
  • 山の水族館1.JPG

  • ☆この水族館のメイン、日本最大の淡水魚イトウの水槽にはたくさんの人が集まっていました。
  • 山の水族館2.JPG

  • ☆イトウは、漢字で「𩹷」(魚偏に鬼)と書くそうですが、両顎にたくさんの丈夫で鋭い歯を持っているそうです。
  • 山の水族館3.JPG

  • ☆昨年訪ねた時のブログ記事です。
    2012年10月10日の日記
    http://plaza.rakuten.co.jp/okada1952/diary/20121010/






    Last updated  2013.06.11 05:51:39
    コメント(0) | コメントを書く
    2012.10.10
    カテゴリ:
    ☆北海道北見市留辺蘂町に、リニューアルオープン(2012年7月7日)から3カ月以内で入館者が10万人を突破したという「山の水族館」があります。
    ☆館内での撮影で、しかも動きもあるので、鮮明な写真は限られていますが、紹介することにします。

    ☆何といっても、この水族館のメインは、日本最大の淡水魚イトウです。
  • イトウ1.JPG

  • ☆「最大2mにもなる日本最大の淡水魚イトウは、現在では北海道の一部でしか生息が確認されていない幻の魚です。体長1mになるのに15年かかると言われ、1mを超えるものが捕獲されることはまれですが、ここでは温根湯の地下水で約40匹の1m級天然イトウが育っています。通常サケ科の魚は一度産卵すると命を終えますが、イトウは一生のうちに何度も繁殖します。」(館内の説明文)
  • イトウ2.JPG

  • ☆細長い体で、大きな口、両顎にたくさんの丈夫で鋭い歯を持っているそうです。イトウは、漢字で「𩹷」(魚偏に鬼)と書くのが理解できます。
  • イトウ3.JPG

  • ☆オショロコマです。日本では、北海道にのみ分布する魚だそうです。
  • オショロコマ.JPG

  • ☆ヤマメです。北海道から九州の川の上流に生息しています。海にまで下って遡上するものは、サクラマスと言われ、体型がすっかり変わってしまいます。子どもの頃、北海道では、「ヤマメ」でなく「ヤマベ」と言っていました。
  • ヤマメ1.JPG

  • ☆ヤマメは、水位が低くなると上流に向かってジャンプすると表示してあったので待っていましたが、ジャンプする姿を見ることはできませんでした。
  • ヤマメ2.JPG

  • ☆写真では3種類の魚しか紹介できませんでしたが、他にも、滝つぼを見上げる水槽や、厳しい冬には川面が凍りつく水槽などもあり、魅力的な北の大地の水族館でした。






    Last updated  2012.10.10 04:54:12
    コメント(4) | コメントを書く
    2012.08.03
    カテゴリ:
    ☆7月4日の日記で、玉川上水のコイを紹介しました。普通のコイとともに、ニシキゴイも泳いでいます。
    ☆普通のコイは、橋の近くで人から餌をもらうためか、いつも群れをなしています。
  • コイ001 (2).JPG

  • ☆ニシキゴイは、いつでもどこでも単独行動です。何か、習性の違いがあるのでしょうか。もっとも、普通のコイが単独行動しているのは、目立たないため気づかないのかも知れません。

    ☆よく見かける紅白のニシキゴイ2種。
  • コイ002.JPG
  • コイ003.JPG

  • ☆全身が白っぽいニシキゴイ2種。
  • コイ004.JPG
  • コイ005.JPG

  • ☆全身が赤で黒い斑点のニシキゴイ。
  • コイ006.JPG

  • ☆いつも同じ場所にいる金色の大きなニシキゴイ。
  • コイ007.JPG

  • ☆「しろうと自然科学者」としての素人目で、肉眼で見て最もきれいに見えたニシキゴイ。紅白に加えて背中に黄色も見えます。
  • コイ008.JPG

  • ☆ニシキゴイは、普通のコイを観賞用に養殖したもので、日本でニシキゴイを育てることは、19世紀に新潟県旧山古志村で始まったと考えられているそうです。
    ☆ウォーキングコースで見かけるニシキゴイは、誰かが放流したものなのでしょうか。






    Last updated  2012.08.03 03:51:18
    コメント(0) | コメントを書く

    全6件 (6件中 1-6件目)

    1


    Copyright (c) 1997-2021 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.