3498590 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

医療保険のからくり

PR

X

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


保険の異端児・オサメ

カレンダー

お気に入りブログ

「六つ子物語 (5) 家… New! 神風スズキさん

放送ブラックアウト… New! n4316さん

復興から緊急、蔓延… New! lavien10さん

『泣いた赤鬼』の青… New! あんずの日記さん

2021年6月のほしぞら… Hunny15さん

コメント新着

フリーページ

ニューストピックス

2021/05/13
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
私が、集団ストーカー・テクノロジー犯罪の被害を受けていることについて
その原因についてずっと考えています。

そんな中、差別について思い当たることがあり
それらについて時系列で並べてみました。


1)まず、一番最初に受けた差別だと思うことは
  小学校の時、家が近所の友達と帰っている時、
  その1人から一緒に遊ばないように言われている。
  こんな内容のことを言われたのを覚えています。
  そのことについてずっと気になっています。

主に差別されたと感じる出来事は、現メットライフ(当時アリコジャパン)の
コンサルタント社員時です。
2)営業所の社員全員から無視されました。
  1988年だったと思います。
  私は、当時の大阪北エージェンシーに所属していて
  そこには約30人ちかくの営業社員がいました。

  ある日 出勤して挨拶したのですが、その事務所の全員から無視が始まりました。
  出勤して挨拶していたのに、誰も口をきいてくれなくなったのです。
  一言も話しかけられることはなく、あまりにも唐突であからさまな嫌がらせが続きました。

  上司まで同じ対応をされました。
  しかし、仕事の報告が必要なため、報告中にこれはどういうことかと尋ねると

  私が面倒をみていた後輩が扇動し
  私をやめさすか、他の全員を辞めさすかと言われたというのです。

  突然意味不明な出来事だったので驚きました。
  しかし、私がとても忙しく、お客様からアポイントの予約が半年先まで入っていたので
  それに構っている暇がなかったことが幸いしました。

  営業所で私以外の全員の契約高より私の契約高のほうが多かったこともあり
  忙しくて構っている時間がなかったことが幸いしたと思います。
  なので、虐めだという認識が薄かったのです。


3)三冠王になったのに、表彰は1つだけ、しかも表彰式の席が、会場の入口の末席
  メットライフ(当時アリコジャパン)で年間契約高、契約件数、変額保険の3項目の上位3名が表彰
  されるパーティーでの出来事。
  私は、契約高、契約件数、変額保険契約高のすべて1位になり、三冠王として表彰してもらえると
  思っていました。ところが表彰式が始まってその時に、1人で全て1位になっているので、表彰は契 
  約高だけにします。その他は2位3位4位が繰り上げて表彰しますと発表されました。
  突然のことと、私はお世話になった方も同行していたので、何も言わずに終わりました。
  
  また、成績が1位の者は毎年座る席はメインテーブルでした。私だけ末席でした。
  その時は、とても悔しい思いでした。
  なんでこんな酷いことをするのだろうと思いました。
  でも、私は、仕事を紹介してくれたり応援してくれる人が沢山いましたので、忘れることができまし 
  た。


4)代理店業務委託契約を悪用して私のお客様を騙し取られました。
  金銭の支払いは一切ありません。契約書を悪用する詐欺です。

5)裁判でイカサマをされ、財産、仕事、信用全てを騙し取られました。  



6)別れた妻からテクノロジー犯罪の加害を受けていたと思われます。
  結婚して5年くらい経過したときだったと思いますが、
  突拍子もないことを言われました。それは目の前で何か動いているように見えるようになったら
  目と頭可笑しくなってきている照明だから・・・こんな内容でした。

  私は、何を言っているのか意味不明でした。ただ可笑しなこと言っていると思いました。
  そして、何故か家の外壁が2~3ヶ月で黒くなるのです。鉄粉が集まっているように思っていました
  が、当時は私が被害を受けている認識がなかったので、何故我が家だけこうなるのか意味不明でし
  た。それで、3~4ヶ月に1度は外壁を高圧洗浄で掃除していました。
  その中で、窓枠に顔のような画像を書かれていたのを見たことがあり、あちこちにキズが増えていた
  ことも不思議に思っていました。

  寝ているときに、突然息が詰まって飛び起きることがよくありました。肋骨がいたくなり、病院に行 
  くと肋間神経痛だと言われました。また、足の付け根の当たりが時々居たくなり、病院で検査しても 
  らいましたが原因不明、悪いところはないと言われました。
  
  さらに、原因不明の頭痛もありました。突然息が詰まって死を覚悟したときも3度ほどありました。

  これらの痛みは、妻と離婚後は一切起きていないこと、家が磁場で黒くなっていたこと、画像タグが 
  あったこと、これらは、テクノロジー犯罪を強烈に請け出してから分かったことと全て一致するの 
  で、妻に加害されていたと分かりました。


  そうなると、私は生まれたときから、差別される状態にあったと考えました。
  それで、故郷の淡路島の洲本市の部落と言われる所の住所地を探していました。
 
  私は、同和、部落などのことは時々聞いたことがあるので知っていましたが、
  関心はなく、反対に何故そんなことをするのだろうと思っていました。

  
  そんな中で今日、ネット検索で見つけたのは、
  淡路島の洲本市で起きた5人殺害事件のブログでした。

  その加害者は、ツイッターやフェイスブックで電磁波犯罪、集団ストーカーについて
  書かれていたという内容の記事が書かれていました。

  さらに、統合失調症、妄想性障害の患者だと断言していました。
  私は、この筆者も加害者の仲間だと思いました。
 
  何故なら、電磁波、集団ストーカーのことを訴えているのに、その事実確認をされずに
  一方的に決めつけて精神病院に入れるのが犯人の目的だからです。
  私は、そう言われないように、すべてに事実と証拠を揃えて公表しています。


  私もこんなに酷いことを毎日されているので、怒ることもあります。殺してやりたいと思うこともあ
  ります。でも、そんなことをしたら先祖、家族、親戚に迷惑がかかること、そして私自身のプライド
  が壊れるので理性で平常心を保っています。また、犯人の思うツボです。

  だから、5人殺害されたことは悪い事ですが、そこまで思わせた犯人のほうがもっと悪質です。
  そして、容疑者は死刑判決を受けたと書かれています。テクノロジー犯罪を受けていたなら
  犯罪者に仕立てられ病人扱いされ、さらに死刑判決、一生悔やみます。とても気の毒です。

  
  こんなことが国ぐるみで行われていることに憤りを隠せません。
  何もしていないのに、何故、一方的に差別や電磁波で危害を受けなければならないのでしょう?
  適当に自分達が正義があるように理由づけてやっていることは卑劣、陰湿、凶悪犯罪です。

  そして、私が、この犯罪を主導しているのは行政機関で現場の主導は警察官だという所までは、全て
  の出来事と証拠から分かっていることを少し前のブログでも公表しました。
  その中で追記で、自衛隊員も荷担しているかも知れないと書きました。その理由は、
  沸騰ワードを見て自衛隊特集で映っている隊員の顔つきが、私の周囲で加害している者によく似てい
  たからです。組織の顔は、似てくるのです。そして雰囲気も。

  ​それを裏付けるかも知れないコメントがありました。
  代理人として
  テロ対策として、テレパシーによるひきこもりの監視を行っていました。
  自衛隊による犯行である事を知られ、更に拷問を加えたところ
  協力者である近隣住民に多大なご迷惑をおかけする事になりました。
  各地で行われている事件の大半は自衛隊によるものです。
  健全な国家の為、全力を挙げて精神障害者の自殺推進を行っています。
  これ以上は、これらの事件は追わないよう、お願いします。

  このような内容のコメントが下部にありました。
  一方的で自分勝手な言い分です。犯罪を犯しているのです。

  いずれにしても国家に携わっているものが裏でこのような悪質な犯罪をしていることです。

  この国の行政機関に従事している人は完全に精神が破綻しているようです。



偽装裁判被害者の会HP






最終更新日  2021/05/13 11:11:12 PM
コメント(0) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.