3011231 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

医療保険のからくり

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


保険の異端児・オサメ

カレンダー

お気に入りブログ

color ribbon New! lavien10さん

横山秀夫 クライマ… New! あんずの日記さん

ベンジャミン情報 New! n4316さん

海舟と斉彬の友情 (7… New! 神風スズキさん

7/15に記録更新 1500… Lemon♪さん

コメント新着

 保険の異端児・オサメ@ Re[1]:不正はかんぽ生命だけではない!(07/15) New! にゃんこさんへ 広告は気分悪いですが、ブ…
 にゃんこ@ Re:不正はかんぽ生命だけではない!(07/15) New! 日本郵政の不正は簡保だけじゃないよね。…
 にゃんこ@ Re[2]:メットライフ生命から代理店契約の更新拒否を不正にされました(10/25) 保険の異端児・オサメさんへ 本当の被害者…

フリーページ

ニューストピックス

医療保険にだまされるな!
医療保険にだまされるな! この度、医療保険にだまされるな! を出版いたしました。
パンフレットには、何でも保障すると良いことばかり書いているで、その保障をしてもらう為の条件を調べたらその条件を満たせる場合がほとんどないと思うことばかりだった。
不払いの手口にはパターンがある。払ってくれないことになるキーワードを知るには病院の現状や国の制度を知らなければ分からないことばかり。
長年の実体験と幅広い知識がないと分からないことをこの本にまとめました。保険とはこんなものだということを知って頂きたく思います。
                 
納  寛文

ホームページ: www.osame.jp
医療保険のからくりHPでさらに詳しく説明、資料請求、加入申し込みできます!
YouTube: youtube.com/osamethod
ユーチューブで保険の知識を学ぶ
Skype: osame3
Skype、パソコン無料通話で即、保険相談! osame3をクリックしてください!
12/5/2010にラジオ関西の「げんきKOBE」という番組に出演しました。お話の内容は高額医療費対策についてです。[聴く]
日経ウーマン1月・2月号・6月号・7月号、日経マネー4月、5月号’に紹介 ご訪問下さいまして有り難うございます。心より感謝申し上げます。[見る]
 
このブログの特徴
私は保険の仕事を始めるとき、保険会社は困ったときに助けてくれる会社。将来の予期しない出来事で被る損失を補うことができるものが保険だと思っていました。
ところが、顧客目線で保険を考えれば考える程、矛盾が増えてくるのです。その決定打は金融庁から約1千億円もの不払いが指摘され大問題となったことです。
    また国民生活センターに寄せられる苦情の内容を確認すると、思ったように保障してくれないという内容が多いことから、その原因を探ってみると保障条件に「できないと思われることをできたら保障する」「ないと思われるものを出してきたら保障する」と書かれてある保険が少なくありませんでした。これでは思ったように保障されないのは当然のことです。しかし、それらの保障条件は普通に読めば当然のような内容なので、その「からくり」に気付かないのです。保険会社を全面的に信用したらいけないと思った瞬間でした。
    また、入院したときに病院から請求される医療費を補うために保険に入るのに、その為に負担する保険料の総額が補う医療費より多く支払うのであれば保険に入るまでもありません。
    ところが、現状は補う医療費よりはるかに多い保険料負担をさせられる保険で溢れています。保険という名であっても、保険になっていないのです。
そんな保険に入らないようにして頂くために、保険会社が決して語らない部分を詳しく説明したいと思っています。

 
保険選びに必要な「2つの基礎知識」と基本的な考え方
  • 病院から請求される医療費を知っていますか?
  • 入院したら病院から請求される医療費を保障で支払うために医療保険に入るのだから、医療費がいくらになるか分からなければ必要な保障や保障額を決められません。また、支払う医療費が分からなければ保険料の払いすぎを確認することも出来ません。大変失礼ですがいくらの医療費を補うために保険に入るのか分かっていないで保険に入っている。これが問題です。

  • 1入院で保障される日数が、一生涯で保障される日数になると思え!
  • 保険会社が言う「1入院」とは、1回ごとの入院のことではありません。何度も繰り返し入院したときの治療期間の入院を通算して1入院とみなされます。
      何度も繰り返し入院になる入院とは、治せない状態の入院になったときです。そんな入院に一生涯で何度も罹患しません。反対に、治せる病気での入院は病名に関係なく治して退院するので次ぎの入院は新たな病気を発病するまで当分ありません。治せる病気を一生涯で何度も罹患される方は滅多にいないので、結果として一生涯で保障される日数は1入院で保障される日数になってしまう場合が少なくありません。だから、通算保障日数は当てにならない保障日数です。ところが、このようなことになると分からない方は通算保障日数になるまで何度でも保障してもらえると理解されています。何度でも保障してもらえると理解している方と、1度しか保障してもらえないと理解される方が選ぶ保障は正反対になります

  • 医療保険の基本的な考え方
  • 医療保険に入る目的は、病院から請求される医療費を保障で支払うため。その為には、医療費がいくらになるか分かっていなければならない。そして、保障で医療費を支払うために保険料を支払うのだから、保険料の支払い総額は保障で支払う医療費より多くなれば保険にならない。だから、保険に入る前に確認すべきことは、保障でいくらの医療費を補うのか?、保険料支払い総額で補う医療費より多くならないか?の確認が必要です。

             
 
医療保険の入り方/選び方
2019/07/16
XML
テーマ:たわごと
カテゴリ:カテゴリ未分類
​​​​​​​​


日本と韓国が今回の日本がとった輸出規制問題での協議のため
会談する部屋がニュース番組で映っていました。


これが国と国が協議する場?かと思うほど
部屋は、汚く整理されていない状態が映っていました。

床が汚れている、整理されていない折りたたみのイスが並んでいました。
礼の限度を超えた対応を他国から避難される要因になる可能性があると思われます。



その床が汚れているかのように思える床で
韓国側の代表者が座るイスがあり、
その周辺には、アンテナマークらしき模様が見えました。
黒の汚れ、白の汚れでいつもの三角形、:、・の形成





もし、そうであれば、
携帯電話、カード類などのハッキングを目的とすること以外に
何かあるでしょうか?





私は、この協議について
どうこう申し上げるのではなく、
アンテナマークらしき模様があったこと


そうであれば、
商品管理、防犯、個人の監視、電磁波照射、個人情報のハッキングなどにも使えるシステムを国家機関が使っていることになるからです。



そのうち、個人監視、電磁波照射、個人情報のハッキングなどは
人権無視、法令違反になることも含まれていることを排除できないのです。




これらは、他人事ではありません。
まず、公共の場に設置されると、どこに外出してもすぐに居所を把握されます。


今、自分に関係ないと思っていても、何かの拍子でターゲットにされることを否定できません。

また、今は加害者側で個人宅の防犯対策として、玄関までの設置をされている方には

それから先の自宅内の侵入は容易にされます。
指示情報を書き換えれば良いだけだからです。



これらの監視システムは、違法であり人権無視する行為であり
誰も信じられない社会になることを予測できます。



加害者側だから安心と思っていませんか?
友人、知人、家族関係までも断ち切って裏切ることができる関係を構築されているのです。他人事ではありません。

今、関心を持って対処しなければいけないことだと思います。




日韓関係が良くなることだけを考えて対処してもらえることを願っています。






最終更新日  2019/07/16 02:24:01 PM
コメント(0) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.