4070763 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

医療保険のからくり

医療保険のからくり

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール

保険の異端児・オサメ

保険の異端児・オサメ

カレンダー

お気に入りブログ

💛 出会い 「道産子… New! 神風スズキさん

「風貌」土門拳・著 New! lavien10さん

鉄拳のパラパラ漫画… あんずの日記さん

本日のポチッ セリメーヌさん
丸くとも一角あれや… 双葉学習院の村松さん

コメント新着

フリーページ

ニューストピックス

医療保険にだまされるな!
医療保険にだまされるな! この度、医療保険にだまされるな! を出版いたしました。
パンフレットには、何でも保障すると良いことばかり書いているで、その保障をしてもらう為の条件を調べたらその条件を満たせる場合がほとんどないと思うことばかりだった。
不払いの手口にはパターンがある。払ってくれないことになるキーワードを知るには病院の現状や国の制度を知らなければ分からないことばかり。
長年の実体験と幅広い知識がないと分からないことをこの本にまとめました。保険とはこんなものだということを知って頂きたく思います。
                 
納  寛文

ホームページ: www.osame.jp
医療保険のからくりHPでさらに詳しく説明、資料請求、加入申し込みできます!
YouTube: youtube.com/osamethod
ユーチューブで保険の知識を学ぶ
Skype: osame3
Skype、パソコン無料通話で即、保険相談! osame3をクリックしてください!
12/5/2010にラジオ関西の「げんきKOBE」という番組に出演しました。お話の内容は高額医療費対策についてです。[聴く]
日経ウーマン1月・2月号・6月号・7月号、日経マネー4月、5月号’に紹介 ご訪問下さいまして有り難うございます。心より感謝申し上げます。[見る]
 
このブログの特徴
私は保険の仕事を始めるとき、保険会社は困ったときに助けてくれる会社。将来の予期しない出来事で被る損失を補うことができるものが保険だと思っていました。
ところが、顧客目線で保険を考えれば考える程、矛盾が増えてくるのです。その決定打は金融庁から約1千億円もの不払いが指摘され大問題となったことです。
    また国民生活センターに寄せられる苦情の内容を確認すると、思ったように保障してくれないという内容が多いことから、その原因を探ってみると保障条件に「できないと思われることをできたら保障する」「ないと思われるものを出してきたら保障する」と書かれてある保険が少なくありませんでした。これでは思ったように保障されないのは当然のことです。しかし、それらの保障条件は普通に読めば当然のような内容なので、その「からくり」に気付かないのです。保険会社を全面的に信用したらいけないと思った瞬間でした。
    また、入院したときに病院から請求される医療費を補うために保険に入るのに、その為に負担する保険料の総額が補う医療費より多く支払うのであれば保険に入るまでもありません。
    ところが、現状は補う医療費よりはるかに多い保険料負担をさせられる保険で溢れています。保険という名であっても、保険になっていないのです。
そんな保険に入らないようにして頂くために、保険会社が決して語らない部分を詳しく説明したいと思っています。

 
保険選びに必要な「2つの基礎知識」と基本的な考え方
  • 病院から請求される医療費を知っていますか?
  • 入院したら病院から請求される医療費を保障で支払うために医療保険に入るのだから、医療費がいくらになるか分からなければ必要な保障や保障額を決められません。また、支払う医療費が分からなければ保険料の払いすぎを確認することも出来ません。大変失礼ですがいくらの医療費を補うために保険に入るのか分かっていないで保険に入っている。これが問題です。

  • 1入院で保障される日数が、一生涯で保障される日数になると思え!
  • 保険会社が言う「1入院」とは、1回ごとの入院のことではありません。何度も繰り返し入院したときの治療期間の入院を通算して1入院とみなされます。
      何度も繰り返し入院になる入院とは、治せない状態の入院になったときです。そんな入院に一生涯で何度も罹患しません。反対に、治せる病気での入院は病名に関係なく治して退院するので次ぎの入院は新たな病気を発病するまで当分ありません。治せる病気を一生涯で何度も罹患される方は滅多にいないので、結果として一生涯で保障される日数は1入院で保障される日数になってしまう場合が少なくありません。だから、通算保障日数は当てにならない保障日数です。ところが、このようなことになると分からない方は通算保障日数になるまで何度でも保障してもらえると理解されています。何度でも保障してもらえると理解している方と、1度しか保障してもらえないと理解される方が選ぶ保障は正反対になります

  • 医療保険の基本的な考え方
  • 医療保険に入る目的は、病院から請求される医療費を保障で支払うため。その為には、医療費がいくらになるか分かっていなければならない。そして、保障で医療費を支払うために保険料を支払うのだから、保険料の支払い総額は保障で支払う医療費より多くなれば保険にならない。だから、保険に入る前に確認すべきことは、保障でいくらの医療費を補うのか?、保険料支払い総額で補う医療費より多くならないか?の確認が必要です。

             
 
医療保険の入り方/選び方
2024/02/22
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類


集団ストーカー・テクノロジー犯罪で使われている技術。

電磁波や超音波は電気、液体、空気、粉などの物質を波と波の間に挟んで好きな場所から好きな場所に移動させることができます。その技術を応用し、主に季節病だと思わせる演出加害をしています。それらの操作をリモコンの代わりに携帯電話やパソコンのほかに音、ジェスチャー、モーションなどがトリガーに使われています。

これらの操作を行うための主要デバイス。

厚さ5ミクロンのパウダー状チップです。

これらのパウダー状チップの動力源として電気を供給するのが音。

音の振動を電気信号に変換する技術。

そして、音の振動を電気信号に変換するために、音を拾うためのマイク機能が室内だけではなく屋外にも設置されていました。

音の振動を電気に変える技術について詳しく述べられている動画を見つけました。

室内や屋外にマイク機能が装備されていることを発見!

偶然、室内で拍手したとき、その拍手音が共鳴することに気づきました。マイクが複数あった時に共鳴する感じです。室外に出て庭で拍手しても同様に共鳴しました。

つまり、マイク機能が装備されていることを発見しました。当時は、音声操作するために設置されていると思っていて、音の振動を電気信号に変換できる技術があるなんて知識がなかったので想像もしていませんでした。

道路、建物内など場所に関係なく、何処で拍手をしても全ての場所で共鳴しました。また、これらの場所を通過中に鼻水、涙目などの演出加害を現在は受け続けています。

従って、これらの共鳴は、パウダー状チップが動作するための電気を伝導するためだと分かりました。また、パウダー状チップを含む同等程度のナノチップはマイクセンサーとしての機能を持たせることができることも確認しています。

自宅でWi-Fiネットワークに表示されるSSIDとその詳細を確認できるアプリ(Wi-Fi Man)で確認するといくつかのSSIDに伝送電力という項目があるのを見つけました。つまり、外部からの電力供給で起動するチップがあり、それらが隠されていることで加害者との関連を見つけにくくするためではないでしょうか?

また、それを隠蔽するために、伝送電力の表示を転送電力とひと文字を変更されました。これらの行為からも間違いないと確信しました。

Wi-Fiネットワークで表示されるSSIDの詳細を確認すると表示された中のいくつかのSSIDに伝送電力が表示されていることを発見しました。

つまり、電気を伝送されることで起動し、動作するSSIDがあることがわかります。

まさしく、音の振動を電気信号に変換して使用されている事を証明するものです。そして、これらのSSIDは、電気を伝導されない限り動作しないので、普通の電波確認ではICチップを確認できないのです。これを確認するには、電力を供給できるリーダライタを使うことで見つけられると思います。

集団ストーカー・テクノロジー犯罪が使っている技術の詳細、全容が分かってきました。

これで、今まで犯人のデバイスを特定できなかったのが特定できるようになったと思います。

次回は、そこに踏み込んで見ましょう。





偽装裁判被害者の会HPを見る

私は保険会社から詐欺請求をされ、それを拒否したら裁判に持ち込まれました。

本来、詐欺請求は犯罪なので裁判所は受理しないハズです。

ところがそれを受理し裁判所という密室で堂々と不正をされました。

裁判では、日常会話が全く成り立たなくなります。

そして、弁護士から手渡された判決書には、「双方に争いはなく、契約に基づく手数料返還請求は正当である」と記載上は敗訴でした。

契約に基づく手数料返還請求とは

保険会社が定めた期間内に、契約者が保険契約を解約または減額した時、それまでに支払った手数料の全額または一分の払い戻しを請求できるという内容です。

判決文には、この規定に基づいた請求なので正当だと述べています。

契約は公序良欲違反

契約書に署名していれば正当な請求と言えるのは、その契約内容が法律に違反していないことが前提です。

手数料払戻規定は詐欺請求

保険契約上の保障期間とは、これらのことを保険料変更や健康診断などの変更条件なしで繰り返しできる期間のこと。

手数料支払いは、保険契約者が保障してもらうために支払った保険料に対して、保険会社が保障を完了した翌月に支払われます。その間に被保険者が亡くなると保険金を支払い契約は終了です。何もなければ、契約者が継続して保障を望む意思表示として保険料を支払います。

従って、手数料は契約者と保険会社双方が契約を履行後に支払われるので確定しています。後からこの支払いに対して返還請求はできません。また、手数料支払い明細書が発行され、それを元に所得申告します。

つまり、手数料(報酬)として確定して支払われているのに、以後に保険契約を解約されたことを理由にそれまでに支払った手数料に対して払い戻しを請求する行為を契約を使った詐欺請求と言います。つまり、優位的立場を使った不正契約です。

払い戻し請求が正当にできるのはその支払いに故意または重大な過失があったことが証明された場合です。

故意とは、騙し取られた。重大な過失とは、間違って支払われた等です。

本件は故意または重大な過失を理由にした争いはありません。従って、支払った手数料に対して後から払い戻し請求ができるという内容を契約書に盛り込むことは公序良欲に反することであり詐欺請求に値します。これをほとんどの保険会社が導入しているのです。

判決書には、契約に基づく請求は正当と記載されていることから

これは、裁判を悪用した詐欺請求だと分かります。

さらに、判決書には、法で定められた裁判官の署名押印がなく、書記官の正本認証書も裁判所の押印が書記官記名の上でなければならないのに、下になっていることから総てが偽造書類だと分かります。

これを裁判所に質問すると、書記官の説明は、署名押印したものと記名だけの判決書を作成し、署名押印がある判決書は裁判所に保管し、記名だけの判決書を当事者に送達していると言われました。だから、それは本物と思って下さい。と言われました。

 

こんな説明が通じるなら、お札をコピーして使ってバレたときに本物はポケットに入れてあるのでそれは本物と同じだと思って下さいと言っているのと変わりません。

その判決書類に裁判所書記官がこれは本物の判決書であるという正本認証書をワンセットにして手渡されました。

つまり、ニセ物の宝石を正規の鑑定機関が本物の証明書を発行して騙し取る手口と同じです。

判決書に関する法令

判決書の作成、言い渡しは裁判官の職権

判決書(民事訴訟法第253条民事訴訟規則第157条

判決期日(民事訴訟法第251条

判決の言渡し方法(民事訴訟法第252条民事訴訟規則第155条

判決の発効(民事訴訟法第250条

裁判官は判決の言渡し後遅延なく書記官に交付する

民事訴訟規則第158条

書記官は言い渡しの日と交付の日を付記し、押印したものが原本として裁判所に保管される。

判決書の保管・交付は書記官の職権(裁判所法60条

訴訟記録の様式(民事訴訟規則第33条

判決書を交付する時、原本を複写し判決書の使用目的に応じた内容を証明する書類を作成し、書記官の記名押印して交付する。

正本、謄本、抄本、裁判の当事者には、これは正本であると記載したものが交付される。

判決書の送達について

交付送達の原則(民事訴訟法第101条

判決書の原本を複写して送達しなければならないため、原本と異なるものが送達されることはない。

判決書の送達(民事訴訟法第255条民事訴訟規則第159条

職権送達の原則(民事訴訟法第98条

送達実施機関(民事訴訟法第99条

特別送達(郵便法第49条郵便法第58条2

送達報告書(民事訴訟法第109条

公文書に関する法令

公務員の書類(刑事訴訟規則第58条

公務員の書類の訂正(刑事訴訟規則第59条

これらの証拠を揃えて刑事告訴しましたが、検察官に不起訴通知だけで事件を隠蔽されました。

私は、この一連の裁判で、財産、信用、仕事、家族等全てを騙し取られました。総額数億円の被害になります。

法曹界ぐるみの犯罪に対してどうすれば犯人を捕まえ、弁済してもらえるのでしょうか?

これらの証拠と経緯は、   偽装裁判被害者の会 HP  に記載して

ありますのでご支援宜しくお願い申し上げます。






お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

最終更新日  2024/02/22 01:10:54 AM
コメント(0) | コメントを書く


【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x

© Rakuten Group, Inc.