2741893 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

奇  知  外  記

PR

日記/記事の投稿

バックナンバー

コメント新着

tomy4509@ Re:大変 失礼しました。(09/21) New! 甘えん坊さんへ 責任転嫁、そして、今度…
甘えん坊@ 大変 失礼しました。 私に誤解があったようで、深く謝罪いたし…
甘えん坊@ 引っ掛け問題で リトマス試験紙 tomy4509さんへ あなたが宗教左翼である…
tomy4509@ Re:矛盾はダメです(09/20) 甘えん坊さんへ >今の韓鶴子氏が言う「…
甘えん坊@ 矛盾はダメです 生前の文鮮明教祖は 「韓鶴子氏が第二教…

カレンダー

カテゴリ

キーワードサーチ

▼キーワード検索

全265件 (265件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 27 >

カテゴリ未分類

2019.09.14
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
a.jpg



d.jpg

f.jpg

i.jpg

l.jpg

m.jpg

p.jpg



一休さんのような機知(トンチ)ではありません。

奇知=人とは異なる知恵
すなわち神様の知恵

世界平和を願う奇知の外の凡人が徒然なるがままに書く日記です。
↓↓ にほんブログ村ランキング参加中。応援クリックお願いします。↓↓







最終更新日  2019.09.14 22:12:32
コメント(0) | コメントを書く
2019.09.11
カテゴリ:カテゴリ未分類
サントメプリンシペ、国家の全人口が20万、そのうちの4万名がフェスティバルに集った。




一休さんのような機知(トンチ)ではありません。

奇知=人とは異なる知恵
すなわち神様の知恵

世界平和を願う奇知の外の凡人が徒然なるがままに書く日記です。
↓↓ にほんブログ村ランキング参加中。応援クリックお願いします。↓↓







最終更新日  2019.09.11 06:28:11
コメント(0) | コメントを書く
2019.09.09
カテゴリ:カテゴリ未分類
9月5日6日のサミットと祝福式を終えたサントメプリンシペでは、翌日7日午後3時から午後10時まで「青年学生フェスティバル」のイベントも行われ、4万名が集まった。
40周年を迎えた統一武道のデモンストレーションも行われ、サントメプリンシペ青年学生に大きな感動を与えた。






一休さんのような機知(トンチ)ではありません。

奇知=人とは異なる知恵
すなわち神様の知恵

世界平和を願う奇知の外の凡人が徒然なるがままに書く日記です。
↓↓ にほんブログ村ランキング参加中。応援クリックお願いします。↓↓







最終更新日  2019.09.09 13:02:47
コメント(0) | コメントを書く
2019.08.01
カテゴリ:カテゴリ未分類
PeaceTVホームページ(映像視聴は​こちら​)から。

ビジョン2020勝利のための天地人真の父母様主管 神慶尚国特別集会 真の父母様のみ言 (2019.7.25)





ビジョン2020勝利のための天地人真の父母様主管 神慶尚国特別集会

天一国7年天暦6月23日(陽暦2019.7.25) 釜山教会


11月に私の自叙伝が出ます。その最初の章にこんな場面が出てきます。お父様もみ言の中で、独り娘、母になる方は三代がキリスト教の背景から出なければならないと言われました。1919年「独立万歳」運動が起きる時、私の母方の祖母である趙元模(チョ・ウォンモ)おばあさんは、大母様になられる洪順愛を背負いながら「大韓独立万歳」を叫びました。そして1943年に私が生まれ、1945年に解放になりましたが、その時も趙元模おばあさんは孫娘の私を背中に背負って「大韓独立万歳」を叫びました。ちょっと特殊ではないでしょうか? 天が準備した家門です。

2000年前、天は勝利した人間始祖になることのできる、真の父母になることのできる独り子イエス・キリストを送ってくださいました。

4000年の間、天が苦労して導いてこられ、教育してきたイスラエル民族が、そのように待ちに待ったメシヤを送ってくださったのに、彼らが顔をそむけたならば、どのように考えなければならないでしょうか。

聖書ですべてを表現できませんでしたが、イエス様は33年の生涯を通じて、何度もマリヤに、自分が結婚しなければならないことを話したのです。どうしてヨセフと一緒に生活しながら多くの子供を産むことができたのでしょうか。彼ら(子供たち)はすべて嫁がせ、めとらせたのに、なぜイエス・キリストに対する責任を果たせなかったのでしょうか。すべての環境圏を失ったイエス様は、それ以上進み行く場がありませんでした。十字架の道を通して、せめてもの霊的な救いの道を開かれました。それで、十字架で亡くなられる状況の中で「また来る」と言われました。また来て「小羊の婚宴」をすると(聖書を通して)確かに教えて下さったのです。

どうしてキリスト教の歴史でマリヤが聖母になることができるのでしょうか。キリスト教2000年の歴史は、聖霊の役事によって復活した使徒たちによって出発しました。(新約)聖書が出てくるまで時間がかかりました。キリスト教の歴史は多くの失敗を繰り返しました。そのためにプロテスタントが出てこざるを得なかったし、共産主義も出てきたのです。私が話したように17世紀にヘブライ語(とギリシャ語)だった聖書が英語に翻訳されて一般信徒たちが接するようになったために、宗教の自由運動が起こりました。

その代表的な国がアメリカです。このアメリカを通して、天は「また来る」と言った再臨を準備するようになさいましたが、天が失った人間を尋ね求めてきた路程はあまりにも大変でした。あまりにも痛ましかったのです。キリスト教2000年の摂理は、「小羊の婚宴」をするというイエス様の相対になり得る独り娘を誕生させなければなりません。独り娘が現れなければ、再臨のメシヤが来ても真の父母の位置に進み出られないことを知らなければなりません。

私が1943年に生まれ、1945年に韓国が解放されました。その時、お父様は南韓にいらっしゃいました。南韓にいらっしゃるお父様に、天は「以北に行きなさい」と言われました。それはどのような意味なのか分かりますか。絶対信仰、絶対愛、絶対服従です。独り子の位置を訪ねて行く過程です。

天は、私に成長期間、私が成熟することのできる時間をくださらなければなりません。その時、韓国は共産化され得るような環境でした。解放された時、私は以北にいました。なぜなら再臨メシヤは平壌を通して来られると言われていたし、そのように信じていたからです。神霊と真理によって誰よりも精誠を込めながら、雲に乗って来られるメシヤでなく、肉身をまとって来られるメシヤを待つ団体(教団)にいました。

多くの男性たちは南下しました。なぜなら以北にいれば人民軍に入らなければならないからです。それでも南下する考えを持てないでいたのですが、その時、私の叔父から連絡がきました。日本の大学で薬学を勉強し、解放とともに故郷に帰って来ると思っていたのに、韓国で軍隊に入ったという便りがきました。私たちの家族は再臨のメシヤが平壌を中心として来ると信じていたから南下する考えを持てなかったのですが、一人しかいない息子である叔父が韓国で軍隊に入ったというので、女性三人が、祖母、大母様、私、このように三人が真夜中に南下しました。その時にもドラマのような事実が多かったのです。

私が南下してから2年後に6.25動乱が起こりました。6000年ぶりに天は、失った人類を探し出せる、真の父母の位置に進み出られる独り娘が誕生しましたが、私が私の意志で話せる時まで、天は保護しなければなりません。ここに集まった人々の中で、6.25(動乱)を経験した人は何人もいないでしょう。ところでその時の状況としては、天が共になさった奇蹟のようなことが起きたのです。それで私は、年は若かったけれども、これ以上天を待たせるわけにいかないので、「私でなければならない」と考えて、進み出ました。そのために私に誰も、教育した人はいません。

聖書で見れば、アダムとエバは神様と一問一答しました。私も同じです。私に原理を教えたり、何か教育をした人がいません。私は私が決定しました。

皆さん、(『原理講論』「総序」の最後の部分にあるように)『原理講論』はまだ完璧なものではありません。後編に、「再臨論」だけでなく「真の父母論」が出てこなければなりません。そのように考えませんか。「創造原理」も正しく記述されなければなりません。聖書には6日間創造されて7日目には安息されたとなっています。聖書で「夕となり、また朝となった。第一日である」と言いました。その言葉は、時間の概念ではありません。

夫婦が結婚して赤ちゃんを身ごもるようになれば、10ヶ月という期間を持つようになります。10ヶ月後に誕生します。それと同じように神様の創造も、ただみ言で「(このように)なれ」と言って(創造)できましたか? 過程があるのです。そして、生命が誕生するのは、男性一人ではできません。男性一人では生命を誕生させられないのです。それで、神様の創造は男性・女性です。ところが聖書はそのようになっていません。

お父様の聖和後に、私が待ちに待ってから「私が独り娘である」とアメリカの牧師たちの前で最初に話しました。そのため牧師たちは拍手をしました。どうしてこの正しくてもっともなことを、私たちが分からなかったのかと言ったのです。カトリック教会の「神父(シンプ)」が「新婦(シンプ、発音が同じ)」なのではありません。男性と男性がどのようにして結婚するのでしょうか。「また来る」と言われた再臨のメシヤの前に、独り娘が現れなければなりません。女性が現れなければならないのです。ところが女性を無視しました。それゆえ摂理が完成できません。摂理の完成は独り娘から始まります。


これからは明確にしなければなりません。お父様がここで出発されて準備なさったのは、独り娘に出会うための準備です。それが分かりますか、分かりませんか。1960年、真の父母の位置に進み出ました。その後、一番最初にしたことが、祝福行事です。天の父母様の夢、人類の願い。天の父母様を「父母様」と呼び、その父母様の前に進み出ることのできる、愛を受けることのできる子女となるのを願うのです。しかし堕落によってその道が遮られてしまいました。それを開いて下さる方は、ただ真の父母だけです。

神様を仰ぎ見て、絶対的に一つとなった位置で、わき目を振らずに神様のみ言だけを聞いて成長して完成したならば、その位置が神様と共にある位置です。天の父母様と真の父母が一体となる位置なのです。

長い間、霊としてのみおられた父母様が、見える現象世界の真の父母として、子女たちを抱いて愛されたかったのに、その大きな恩恵を失ったことが堕落です。それを再び探し出してくださる方は、真の父母です。

真の父母は二代、三代ではありません。ただ一人、真の父母です。 ひとえに、真の父母は永遠においてただ一人です。だからわき目を振らずに、独り娘、真の母と一つになって進み行くようになれば勝利します!

真の父母様の前に、天の父母様の前に、祝福の子女としての責任があります。国家の復帰をしなければなりません。神慶尚国は足取りを早くして、包んで捧げなければなりません。そのようにしますか?(はい)

私は皆さんを信じて愛しています。





一休さんのような機知(トンチ)ではありません。

奇知=人とは異なる知恵
すなわち神様の知恵

世界平和を願う奇知の外の凡人が徒然なるがままに書く日記です。
↓↓ にほんブログ村ランキング参加中。応援クリックお願いします。↓↓







最終更新日  2019.08.01 21:04:49
コメント(0) | コメントを書く
2019.07.30
カテゴリ:カテゴリ未分類
​FFWPU(韓国)ホームページから。

ビジョン2020勝利のための真の父母様の神慶尚国巡回最近摂理特別報告会



「ビジョン2020勝利のための真の父母様の神慶尚国巡回最近摂理特別報告会」が天一国7年天暦6月23日(陽7.25)午後2時、釜山教会大聖堂から真の父母様を迎えて神韓国摂理機関長と神慶尚国邑面洞責任者、家族1千人が参加した中、盛況のうちに開催された。

真のお母様は、6月神米国と神アフリカでの大会を大勝利して、その基盤の上に、今月21日、日韓両国の指導者が参加した中で「神忠清ヒョジョン真の家庭希望フェスティバル」を成功裏に終了ました。以後すぐに麗水で精誠をされビジョン2020勝利を196日に控えた時点で、摂理の出発である釜山を訪問された。













一休さんのような機知(トンチ)ではありません。

奇知=人とは異なる知恵
すなわち神様の知恵

世界平和を願う奇知の外の凡人が徒然なるがままに書く日記です。
↓↓ にほんブログ村ランキング参加中。応援クリックお願いします。↓↓







最終更新日  2019.07.30 20:20:11
コメント(0) | コメントを書く
2019.07.09
カテゴリ:カテゴリ未分類












一休さんのような機知(トンチ)ではありません。

奇知=人とは異なる知恵
すなわち神様の知恵

世界平和を願う奇知の外の凡人が徒然なるがままに書く日記です。
↓↓ にほんブログ村ランキング参加中。応援クリックお願いします。↓↓







最終更新日  2019.07.09 05:54:19
コメント(0) | コメントを書く
2019.07.05
カテゴリ:カテゴリ未分類
http://familyfedihq.org/2019/07/upf-delegation-meets-with-pope-francis-at-vatican​/

​UPFの代表団がバチカンの教皇フランシスと会う​









一休さんのような機知(トンチ)ではありません。

奇知=人とは異なる知恵
すなわち神様の知恵

世界平和を願う奇知の外の凡人が徒然なるがままに書く日記です。
↓↓ にほんブログ村ランキング参加中。応援クリックお願いします。↓↓







最終更新日  2019.07.05 19:52:27
コメント(0) | コメントを書く
2019.06.30
カテゴリ:カテゴリ未分類
HJ天宙天寶修練苑ホームページ​>真の父母様フォト

2019 真の父母様 世界巡回 勝利報告大会














さらに多くのフォトは​こちら​から。



一休さんのような機知(トンチ)ではありません。

奇知=人とは異なる知恵
すなわち神様の知恵

世界平和を願う奇知の外の凡人が徒然なるがままに書く日記です。
↓↓ にほんブログ村ランキング参加中。応援クリックお願いします。↓↓







最終更新日  2019.06.30 21:02:06
コメント(0) | コメントを書く
2019.06.24
カテゴリ:カテゴリ未分類
​​​​​​​​​​​​​​​​​真の父母経 -

​第10篇 - 第3章 - 第2節 サンバウロ宣言とジャルジン(Jardim)宣言​



第二節 サンバウロ宣言とジャルジン(Jardim)宣言

サンパウロ宣言

真の父母様は、一九九五年三月三十一日、第三十六回「真の父母の日」を迎え、ブラジ ルのサンパウロにおいて、「世界基督教統一神霊協会」を創立した一九五四年以降の四十年を締めくくり、新たな四十年路程を出発するという意味の「サンパウ ロ宣言」を宣布された。これを基盤とした「ジャルジン宣言」が、八度にわたって発表された。

「サンパウロ宣言文」
真の父母様は、過去四十年間、個人から天宙まで、また僕の僕から神様まで段階を上げ ながら、犠牲と真の愛によって蕩減復帰路程を勝利してこられた。第三十六回「真の父母の日」を期して、全世界の統一教会員たちが真の父母様のこの勝利の基 台を相続し、私たちの責任分担期間となる第二次四十年路程を出発することを宣布する「サンパウロ宣言」を発表された。
み旨の道には「自分」というものがあってはならず、ゼロ、すなわち無の境地に入って いかなければならない。驕慢や個人主義は禁物である。真の父母様の伝統的な生活は、神様のみ旨を成就してさしあげるという一念で、地を愛し、万物を愛し、 人を愛し、神様を愛してきた、すなわち真の愛を投入してきた生活である。このような真の父母様の生活伝統を相続しなければならない。それゆえ、私たちはみ な、地と万物と人と神様を愛しながら、氏族(的)メシヤの使命を完遂する真の愛の実践伝統を継承しなければならないのである。
第二次四十年路程の出発は、第三十六回「真の父母の日」である一九九五年三月三十一 日であり、(これは)二世中心の、また祝福家庭ごとに成就すべき、私たちの責任分担期間である。真の父母様が縦的、横的に勝利された基台を相続する私たち の責任分担は、天宙復帰までではなく、氏族メシヤの使命を完遂した家庭が心を合わせて一体となり、国家を復帰するところまでである。したがって、四十年期 間がすべて必要なのではなく、各自の信仰と責任分担をどのように果たすかによって、四年や七年で成就することもできるのである。
このような時点において、真の父母様が南米で理想村と理想的な国のモデルを造る活動 を始められた摂理的意義は非常に大きい。南米摂理は、神様が立てられたアベル圏の勝利と祝福をカイン圏にまで移し、広げる摂理である。アベルの位置にある 北米のプロテスタント圏の基盤を南米のカトリック圏に移し、一つにする摂理である。その次に、その一つになったアベル圏の勝利をユダヤ教圏に連結して一つ にし、さらに、一つになった広いアベル圏の勝利をイスラーム圏に連結させて大きくし、その大きく広がったアベル圏の勝利と祝福を他の宗教圏にまで連結させ るのが、未来の摂理の方向である。北米をはじめとする世界の統一教会は、精誠を尽くして南米を支援しなければならない。真の父母様の勝利圏を私たちが相続 するように、私たちは、私たちのカイン圏が神様の祝福を受けるように、範囲を広げながら精誠を尽くさなければならないのである。

1 サンパウロ宣言とともに、南米前線に大移動するのです。ですから、「アメリカを離れると発表しなさい」と話しました。父母様はアメリカを離れ、南米に移動 するというのです。ですから、すべての制度と機関を縮小するのです。アメリカに投入していたすべての経済力と人材を南米に投入します。今や、理想的な国を つくらなければなりません。理想的な家、理想的な村、理想的な都市、理想的な国家をつくらなければならないというのです。

ジャルジン第一宣言——絶対信仰、絶対愛、絶対服従​

真の父母様は、一九九五年四月三日に発表した「新しい希望農場宣言」がジャルジン第一宣言であると語られた。この宣言には、絶対信仰、絶対愛、絶対服従を基に、真の父母様の生活に倣い、理想的社会、理想的国家のモデルを立てる方案が含まれている。

「ジャルジン第一宣言」
今日の世界は、性道徳の紊乱(びんらん)と家庭破壊、そして、個人主羲の澎湃(ほうはい)により、深刻な人間危機に直面している。また、一つしかな い地球の環境汚染と公害は、人類の存在自体を脅かしている。全人類は、いつどんな時よりも、他の人と共に協力し合い、愛し合う実践運動を必要としている。 また、万物と自然を愛し、大切にすべき環境保護運動が切実に求められている。特にこの運動は、宗教者たちが率先して取り組まなければならない。真の父母様 は早くから、「人間のために創造された自然万物を愛さなければ、人間を愛しているとは言えず、神様の実子として造られた人間を愛さなければ、神様を愛して いるとは言えない」と教えてこられた。
神様を愛する人が、その神様によって子女として造られた人間を愛するのは、当然のことである。さらには、神様が人類のために造ってくださった自然を 愛することなく、どうして人類と神様を愛していると言えるだろうか。理想的な社会や国は、すべての人が国境と皮膚の色を超越し、互いに協力して調和を形成 し、幸福に生きていく社会である。この社会は、人々が唯一なる神様の息子、娘であることを自覚し、真の父母を中心として皆が兄弟となった大家族社会であ る。そこは、血統と所有権と心情を復帰した祝福家庭が、真の父母の言語、真の父母の文化のもと、自由と平和と統一の世界を実現する所である。
人々は、神様の心情文化の中で共生、共栄、共義の生活をするようになる。それゆえ、この世界は、腐敗や不正、そして、戦争や罪悪と無関係であり、人 類は地球環境に対する公害の要因を取り除き、万物に対しては真の主人として愛し、保護しながら暮らすようになっている。その世界において、生活のための活 動と作業は、他のために生き、愛する心情に基づいた喜びの奉仕であり、実践である。したがって、構成員の生活水準は平準化される。教育は、すべての文明の 利器を活用して受けるが、知識教育、体育教育、技術教育はもちろんのこと、祝福家庭を土台とした心情教育と規範教育を優先することにより、天道に従う善民 を育てる教育となる。このような理想の実践は、真の父母の思想、すなわち、「ために生きる」真の愛の理念でなければ不可能である。
アダムの堕落によって信仰を失い、復帰の道を運命的に行かなければならない人類は、絶対信仰、絶対愛、絶対服従が必要である。神様が宗教を立てて摂 理されるのも、この目的のためである。ノアのような勝利的人物の絶対信仰が貴いのも、このことゆえである。真の父母様は、地上だけでなく、霊界における壮 絶な霊的闘いにまで勝利してこられながら、絶対信仰、絶対愛、絶対服従の実体になられたのであり、その勝利基盤を今や私たちに相続させてくださるのである。私たちは、実践によって真の父母様のこのような伝統に倣い、また地と万物と人と神様を愛してきた真の父母様の生活に倣って、そのごとく生きてこそ、理 想的な国のモデルをつくることができるのである。
新しい希望農場は、正にその実践のための訓練場である。投入し、また投入しながら、地と水と自然を愛し、万国の人々が一ヵ所に交わって兄弟となり、 神の国を創建する実践道場である。ここで成果を収め、万民に示してあげることにより、人類が皮膚の色と文化と国家を超越して、どのように愛の共同体を築く のかを教育するであろう。また、自然万物を愛して大切にする模範を示すとともに、すべての地球環境をこのような思想によって、国際管理しなければならない ことを悟らせるであろう。人類が戦争と飢饉と犯罪をなくし、平和に生きていける手本をここで見せるであろう。世界百六十ヵ国の宣教国から人的・物的支援を 行い、祈りによって声援を送るであろう。世界の青年たちがここで訓練を受け、実践経験を得て自国に帰り、その国を理想的な国につくり上げることの先頭に立 つであろう。まず各大陸別に支援を行い、また、四十ヵ国からは第一次として五人ずつ派遣するが、一九九五年五月一日からそれぞれ二人ずつ先に送り、この歴史的な運動に同参させるであろう。

2 第二次四十年路程を、ジャルジン農場で宣言しました。ジャルジンはこれを宣言した所なので、今まで四十年間に経てきたすべてのことを再編成して、新しい時代に越えていくために、歴史的材料を残さなければならないのです。
お父様を主体として、このジャルジン農場を中心として活動し、この南米で新たに伝統をつくろうとするすべてのことの先頭に立った人々は、スペイン系でもなく、アングロ・サクソン系でもなく、ゲルマン系でもない、東洋人たちです。東洋人たちが来て、このことをするのです。
統一教会は、今まで歴史上、東洋にもなく、西洋にもなかった団体です。
この統一教会は、個人を革命し、家庭、氏族、民族、国家、世界を革命しようとする団体です。堕落した世界とは違う、新しい世界を形成、創造しなければなりません。
創造をするときには今まであったものを創造するのではありません。ないので、再び創造しなければならないというのです。再び創造する材料は、新しいものではありません。今まであったものをつくり直して、再創造しなければならないのです。

3 ジャルジン宣言は、第二次四十年路程で守るべき絶対信仰、絶対愛、絶対服従について発表したものです。エデンの復帰です。エデンに帰ってきたというので す。エデンに帰って、神様の絶対信仰、絶対愛、絶対服従の相対平衡基準に立たなければなりません。そのためには、私たち自身もすべての万物を中心として、 絶対信仰、絶対愛、絶対服従をする自らにならなければなりません。神様に似ることができるように、与えなければなりません。受けたので、完全に、絶対的に 与えなければなりません。絶対的に犠牲になり、与えることができてこそ、この運動が広がるのです。愛は授受作用を続けます。それで、ジャルジンで「絶対信 仰、絶対愛、絶対服従」の宣布をしたのです。それにより、堕落していない万物全体、絶対信仰、絶対愛、絶対服従の上に造られたこの世界をすべて管理するこ とができ、同一圏において接触することができるのです。
統一教会の祝福は今、十二の峠を越えました。三億六千万双まで十二の峠を越え、地上に着陸する時になりました。三億六千万双まですべて行ったので、 サタンの血統を根絶できるようになったのです。それにより、神様が願う理想的な真の家庭、神様と共に暮らせる栄光の真の家庭を築いて、生きることのできる 時代に入ったのです。
ジャルジンでは何をするのでしょうか。祝福を受けた家庭が、縦的には上がってきましたが、横的基準に立つことができていないので、今からは横的基準 で神様と共に生きていける家庭を築かなければなりません。そのために、世界平和のための理想家庭教育センターを造り、今まで祝福を受けた家庭を新たに教育 するのです。神様の絶対的栄光の家庭に同参できる内容を、再び訓練しなければならないのです。それがジャルジンの家庭訓練です。

4 絶対信仰、絶対愛、絶対服従という概念は、神様から生じたのです。神様御自身が、絶対信仰をもって創造しました。また、神様が、他の体としてではなく、一 つの体のように思う一体理想をもって創造したのです。神様御自身が完全に服従したのです。この理想的実体に対して、完全に投入しました。投入して忘れ、永 遠に投入して忘れてしまったのです。完全服従の概念の上に立っていた主体者が、神様だったというのです。
皆さんは、「絶対信仰、絶対愛、絶対服従」と言えば「ジャルジン宣言だ」と言いますが、それは父母様を中心として、皆さん自身が絶対に信じなさいと いうことではなく、そのような主体に、皆さん自身がならなければならないということです。皆さん自身が、絶対信仰の実体、絶対愛の実体、絶対服従の実体に ならなければなりません。そうしてこそ、神様の対象になるのです。それが公式です。神様がそうなので、その相対になる人も、自然にそうならなければなりま せん。

5 ジャルジン第一宣言は、絶対信仰、絶対愛、絶対服従です。神様が天地を創造するとき、この三つの概念の上で創造したのです。
統一教会員たちは、お父様の進むところに対して、どのような疑いももってはいけません。批評をしてもいけません。絶対愛の道です。どのように出発をしても、結果的に答えは一つです。永遠に一つです。昼と夜が過ぎ、季節が過ぎ、生命が尽きても、永遠に神様の答えは同じだというのです。




一休さんのような機知(トンチ)ではありません。

奇知=人とは異なる知恵
すなわち神様の知恵

世界平和を願う奇知の外の凡人が徒然なるがままに書く日記です。
↓↓ にほんブログ村ランキング参加中。応援クリックお願いします。↓↓

​​​​​​​​​​​​​​​​​






最終更新日  2019.06.24 22:00:05
コメント(0) | コメントを書く
2019.06.23
カテゴリ:カテゴリ未分類
FFWPU(韓国)ホームページから。



2019神米国ACLC特別総会Unity Banquet盛況のうちに開催

天一国7年天暦5月20日(陽2019.6.22)土曜日の午前9時30分(現地時間6月21日午後5時30分)「2019神米国ACLC特別総会Unity Banquet」が真の父母様を迎えて真の家庭のと米国内の主要な聖職者と指導者が共に集い、米国ラスベガストロピカーナホテルで盛況裡に開催された。

イベントは、司会を務めた世界平和の宗教連合会職人スタールリンクス大司教の開会宣言を皮切りに、文化公演、世界平和統一家庭連合ギムギフン、世界副会長の歓迎の言葉、神まず教会の創設者アイザック???(Bishop Isaac Idahosa)司教の報告祈り、真の父母様の入場、花束奉呈(Bill and Faye McDonnell仮定)、司会者の勝利祝杯、晩餐、国歌演奏、アフリカ大会の勝利映像上映、サムエルハデべ預言者とノエル・ジョーンズLA逃避教会の司教の証を見て、ダンボタン前下院議員の基調講演の紹介、真の父母様の基調講演、記念撮影、閉会宣言の順に行われた。






















一休さんのような機知(トンチ)ではありません。

奇知=人とは異なる知恵
すなわち神様の知恵

世界平和を願う奇知の外の凡人が徒然なるがままに書く日記です。
↓↓ にほんブログ村ランキング参加中。応援クリックお願いします。↓↓







最終更新日  2019.06.23 02:18:36
コメント(0) | コメントを書く

全265件 (265件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 27 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.