000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

如何增強肝功能

【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x

PR

プロフィール

jeck5037

jeck5037

カレンダー

バックナンバー

2024.04
2024.03
2024.02
2024.01
2023.12

カテゴリ

日記/記事の投稿

コメント新着

コメントに書き込みはありません。

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2022.07.18
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類




肝臓、胆嚢、膵臓、脾臓、腎臓は、いずれも腹腔内で濃縮を行い、体にとってかけがえのない役割を担う重要な五臓である。 上記の5つの臓器の機能に何らかの問題がある場合、病院に行って総合的な品質チェックを受ける必要があります心理治療。タイムリーな研究によってこれらの問題を発見し、タイムリーで効果的な解決策は、中国における病気の経済発展を抑制することができるのです。


肝臓、胆嚢、膵臓、脾臓、腎臓 - 人体の5つの臓器、すべてに問題がある場合、どのようにチェックすればよいのでしょうか?


1、身体検査


身体検査は、医師が病気を診断するために、観察、触診、打診、聴診などを行う基本的な技術である。 黄疸の兆候である黄色い皮膚と目は、肝臓と膵臓の問題を示し、一般的な肝不全、重症のA型およびB型肝炎、膵臓の頭部の癌を示します。 次に便の色を見ますが、粘土状になっており、膵頭癌や胆石が疑われます。 脾臓と肝臓の問題についての一般的な情報は、タッチで得ることができます。 肝臓が小さくなったり、硬くなったり、荒れたりすると、通常は軟化して肝硬変になりやすい。 脾臓が肥大していると感じたら、肝硬変やエリテマトーデス、貧血に注意する必要があります。 肝臓や脾臓の大きさは、叩いて推定することができます。 聴診器は、心臓の動脈が狭くなっていると雑音を発するので、腎臓の病気を発見することができます。


2.検体検査


血液検査は肝臓と胆嚢の検査が必要で、肝機能検査、腫瘍マーカー、ウイルス性肝炎検査の3つに大別されます。 肝機能検査では、主にビリルビン、タンパク質、トランスアミナーゼが測定されます。 トランスアミナーゼが上昇している場合は身體檢查


、肝障害に注意する必要があります。 腫瘍マーカーは主にフェトプロテインで、肝がんの診断に重要な指標となる。 ウイルス性肝炎の検査は、血液検査によってウイルス性肝炎であるかどうかを調べます。 血液検査でリパーゼとアミラーゼが上昇している場合は、急性膵炎の可能性があります。 脾臓が肥大すると、脾臓機能低下症で血小板が死滅し、血液検査で血小板数が減少するので、血小板が減少しているときは脾臓に問題がないかどうか注意しましょう。 腎臓に問題がある場合は、腎機能検査と定期的な尿検査が必要です。 前者は尿素窒素やクレアチニンを含み、腎臓の機能状態を見ることができます。 後者には血尿や蛋白尿が含まれ、ネフローゼ症候群、腎炎、尿路感染症、尿路結石などが疑われます。


3、画像処理


主な画像検査としては、MRI、超音波、CTなどがあります。 胆嚢や肝臓の組織については、急性胆嚢炎や胆嚢結石の診断、肝硬変や胆管結石、胆嚢症、肝血管腫の発見に超音波検査はわが国では最も適した検査といえます。 また、超音波検査は肝臓がんのスクリーニングに最適な方法で、1センチ以上の大きさのがん細胞を検出することができます。 肝がんの疑いのある小さな病変が、時間のわからない学生に見つかったときデジタルサブトラクション血管造影を行うことができ、作業の精度を上げることができ、確認されると肝がんの動脈の間に直接塞栓することができ、安全な検査としてだけでなく薬物療法の補助としても使用することができます。 膵臓の超音波検査は、膵臓がより後方に位置し、これらのガスによって生成された干渉のために不明瞭に自分自身を示すことができるので、良いオプションがないわけではありません、時々彼らは唯一の尾とない頭を見ることができることができます。


CTは、慢性・急性の膵炎や直径2cm以上の膵臓がんを発見することができます。内視鏡による超音波検査は非常に正確で、直径約5mmまでの腫瘍を発見することができますし、膵臓の穿刺により膵臓がんを診断することも可能です。胆管造影は、胆管と膵管を検査し、腫瘍や結石を早期に発見するための検査です。脾臓の倍率を測定するには、Bモード超音波検査も有効です。しかし、CTやMRIは脾臓の検出にはあまり有効ではありません。腎臓のX線検査は、尿路結石の有無や胆嚢結石と尿路結石の鑑別に、尿路造影検査は腎臓や尿路の構造を鮮明に映し出すことができます。また、腎体・超音波検査は、腎臓の大きさや位置を見ることができ、尿石や腫瘍、腎臓結石の有無を調べることができます。


温故知新


肝臓、胆嚢、膵臓、脾臓、腎臓に問題がある場合、主にこの3箇所をチェックすることになります。 普段から体調管理に気をつけ、食事は速やかに、タバコやお酒は控えましょう。 薬を乱用しないように、早寝早起きの規則正しい生活を心がけましょう。 満足と安らぎのために、広い心を持つこと。


相關文章:


定期健康診断で確認すべきことは?


體檢一般應檢查哪些項目? 四個不同的群體有不同的需求


最詳細的體檢指南來啦






お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

最終更新日  2022.07.18 16:54:39
コメント(0) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.