849565 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

はなっぴ♪のモノ日記

PR

全2件 (2件中 1-2件目)

1

家づくり(失敗・後悔)

2009.09.05
XML

ベランダの笠木の上に付けるアルミの手摺りの件なのですが、進展ありました。

結果を先に申しますと、椎葉工務店さんで負担していただける事になりました;;


昨夜、手摺付き笠木の詳細な見積もりと、契約時のベランダ笠木の金額や、
それらの差額など詳細を現場監督さんがPDFで送ってくれたので、それを見てから
椎葉社長さんに連絡をしましょうということになりました。

前回は夫が椎葉社長さんとお話したのを間接的に聞いていただけで椎葉社長さんの様子や
細かなニュアンスが分からなかったので、今回は直接話したくて、私が電話をしました。
なんだか随分お久しぶりに椎葉社長さんとお話した気がしました。


「椎葉工務店サンに頂いた施工事例集(黄色いのん)に載っている家の全てに、笠木の上に手摺が
付いています。手摺付きが標準と思っていたし、標準でないのなら契約前に教えて欲しかったです」

などと前回のブログに書いたことをそのまま椎葉社長さんに言いました。

「えー;そんなことないんですけれど、、、東岸和田の現場には手摺ついていませんし…
デザイン上すっきりさせたくて、わざと付けない場合もありますし。。」
「はなっぴさんもご存知のとおり、椎葉工務店は標準仕様というものがありません。
手摺りをつけたりつけなかったり、壁紙とか塗りにするとか、どれもお施主さんの希望どおりなんですよ」

と、椎葉社長さん。

うんうん…そうでしたね。椎葉工務店には確かに標準仕様はなかったです…。。
ほんとに全てのものを私たちの自由に選ばせてくださいましたから。
←私の心の声デス
夫が先日「手摺なしが標準」言っていたのは、勢いからの夫の創作だったかもなと思いつつ、
「何とか、追加料金なしでお願いしたいのです…」とお願いしました。

椎葉社長さんは、
「言った言わんの話になってしまいますし、お互いのずれを調整しなければいけないと思っています。
今回は追加料金なしでさせてもらいます」
と仰ってくださいました泣き笑い
「ただ、はなっぴさん。これだけは分かって欲しいんですよ。
何でもはいはいー。分かりました。サービスしますー。と言う訳にはいかないという事も分かって下さい」


そうですね。そのとおりだと思います。。
椎葉工務店さんの良心的な値段設定と誠心誠意な対応を以前から重々承知していましたので、
本当に申し訳なくなり、電話を切った後、嬉しさ一杯なのですが何故か胸が痛みました。

椎葉社長さん、本当に有難うございました;;






最終更新日  2009.09.05 17:24:22


2009.09.02

工事請負契約後の追加料金が発生しないように、細心の注意を払ってきたつもりですが、
盲点がありました;;

ベランダの笠木の上に取り付ける、アルミの手摺りです!!

これがないと、布団を干したりする時に布団バサミが挟み込めません。

現場監督さんと棟梁さんから「手摺をつけるなら追加工事費発生になります」と言われてしまい、
昨夜、夫が、椎葉工務店の椎葉社長さんへ問い合わせの電話をしました。そうしましたら…
椎葉工務店さんの標準ではないそうで、標準では笠木だけ。なんだそうです;;

まさか…。。と思い、見積もり書を確認してみますと
「アルミ笠木 運搬取付施工費」として計上されています。 
あああ…「手摺」の二文字がない。。orz


ただ、椎葉工務店さんからもらった施工事例集に掲載されていた家の全てのベランダには
笠木の上に手摺がついています!!
これって標準だと思っていたのに…。。

私、請負契約前に椎葉社長さんにお伺いしていたんです。
「追加料金が発生しないようにしたいので教えて欲しいのですが、
他のお施主さん方の追加料金の主な内容はどのようなものですか?」と。

そうしましたら、「例えば、天井にする予定のものを梁表しの勾配天井にするとかですねー」と
椎葉社長さんは仰っていたのですが、今回の「手摺付き笠木」のことは何も聞いていません。


設計見積もり中にベランダの手摺付き笠木のことは提案してくれても良さそうなものなのに。

そしたら、他のものを削ってでも手摺りを付けてくれるようお願い出来たのに。

私たちは契約金額で目いっぱいなんです。



私たち夫婦が追加料金が発生しないように細心の注意を払い、
事細かに見積書をチェックしていたのは椎葉社長さんもご存知なのですが…。。

本当に残念です。

「何とかサービスでつけて頂けませんか」と椎葉社長さんにお願いしていますが…返事待ちです。
立面図のベランダの所を見てみると、やはり、手摺の表示がありません。
「図面が全てである」と言う夫はこの時点で諦めていますが…

結果はまたここでお知らせしますね。






最終更新日  2009.09.02 17:34:17
このブログでよく読まれている記事

全2件 (2件中 1-2件目)

1


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.