2286219 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

東京・スピリチュアルヒーラーれい華のブログ

全11件 (11件中 1-10件目)

1 2 >

全て | カテゴリ未分類 | セッション | セミナー、ワークショップ | 2008,7 シャスタ | 2007,5 シャスタ | 2008,9 エジプト | 2008 沖縄 | 神社仏閣 東京編 | 神社仏閣 関東編 | 神社仏閣 関西近畿編 | 神社仏閣 中国編 | 神社仏閣 九州編 | 神 女神 マスター関係 | 他セッション | その他 | 日々の暮らし | 2009,1 沖縄 | 2009,2 ハワイ | 2009,3 アーユルヴェーダの旅 | 介護 | 2009,7ハワイ | 出版&メディア掲載 | 2009,11ハワイ結婚式 | 元気文 | 2010,3 エジプト | 2010,5 モンサンミッシェル | 2010,7 セドナ | 2010,9 ギリシャ | 2010,10イタリア | 神事、アセンション | 雑記 | 2011,3ペルー | 2011,4カウアイ オワフ島 | 2011,7 ギリシャ | 2011,8 再びのペルー | 2011,10屋久島 | 2012年1月スリランカ | 2012,3 イースター島 | 2012,5フィンドホーン | 他セミナー、講演会、パーティ | ホームページ | 2013、3エジプト | 2013,7アッシジ | FMテレビ&ラジオ | 光のギフト YouTube | メッセージムービー | 2016,5 ハワイ | 2016,6カルフォルニア | 2017年4月 インドネシア | 豊かになる

2012年1月スリランカ

2012年03月02日
XML

DSCN0405.JPG     DSCN0399.JPG

 

DSCN0400.JPG     DSCN0401.JPG

スリランカの食材は豊富でした

お米も色つきのも数種類あるし 煮干しも写真の通り沢山あるのです

果物も野菜も種類も豊富だし 多分相当安いと思います

街中にはこういう市場があるのですが 田舎の茶畑の脇には今日採れた野菜が山積みになって売っていました

誰もいないので日本のように1つ幾らと決まっているのでしょうか

それとも国民の95パーセントが農業をしていると言うので まさかと思いますが無料?かも

 

ゴールの町から成田に帰る為 首都コロンボへ

コロンボの中でも最も大きな寺院を見学しました

寺院の中に象もいるんですよ!!

DSC03651.JPG

 

IMG_1394.JPG

 

 

ゴールで泊った超お洒落なホテルと同じ建築家が建てた寺院

夜になるとライトアップされて恋人たちが周りに集まるそうです

DSC03664.JPG

 

IMG_1413.JPG

 

山に行く時同じジープに乗った女性と 食事も何回か同じテーブルになったのですが

ちょと見 私と同じ年ぐらいなのかな~と思ったのですが ジープに揺られながら寝てる寝顔を見たら

かなりお年なのだと分かりました

小さくて無口な女性でしたが 食事中彼女の趣味がダイビングだと分かり 

息子と何処の海がいいかかなり盛り上がった時がありました

自分がヒーラーをしているからじゃなくて 私ぐらいな年になるとその人の様子や姿恰好で

どの程度の生活をしていて どんな人生を歩いてきたかおおよそ分かります

 

若い時から相当苦労したんだろうな~と思いました

もう会う人ではないし 根掘り葉掘り聞くのは失礼なので公務員だったかだけお聞きしました

民間の所に勤めていたそうですが忙しい仕事だったと答えてくれました

多分結婚もしないで一人暮らしだと思います

若い頃から一生懸命働いて 今では世界中の海にもぐりに行けるのです 

民間でも退職金をある程度貰ったのでしょう

今は 幸せですか?

しあわせで  しあわせで  

彼女の顔から笑顔が溢れていました

見てる私はちょっと感動でした

 

上の写真の男性達も多分70歳ぐらいだと思います

ちゃんとした企業に勤めて退職金を貰って 今は年金も貰っていろんな国に旅行している様子

年寄りでも恵まれた人達です

若い時に一生懸命会社の為に働いたのに 会社が倒産したり企業年金が貰えない人もいるのです

勿論人間として生きている訳なので人生には山あり谷ありがあったでしょう

でも 今はいろんな国に旅行して楽しい老後を送っているのです

それに趣味で無農薬の畑を作っている人 蜂蜜を作っている人 アイデアでいろんなことにチャレンジしている人もいました

 

70歳で しあわせでしあわせでと言えるのです

この人達はこのままでいいんだ

 3次元魂で生きようと5次元魂で生きようと 自分のしたい事をして幸せを感じているのならそれでいいなんだ と思った瞬間

 

その通りです と言う声

 

地球がシフトアップした時 3次元魂で生きていくのと5次元魂で生きていくのでは

幸福感がまるで違うのです

その為にアセンションライトワーカーと言う人達は クライアントの次元が上がるようにヒーリングしていると思うのですが

後何十年も生きる人達と違い

人生を謳歌し 人生を豊かに楽しんで生きているこのような人達は

幸せなんだからこれでいいのでしょう

なるべく日本人の多くの方を5次元魂へと思っていたのですが、、、、

納得しました

 

シギリアロックで豊かさの女神を救出し 最後の日のゴールの町では津波で亡くなった人達の魂上げをしました

それに気づくように転ばされて痛い思いをしましたが任務完了

足を引きずりながら家に帰りましたけどね、、、とほほ

 

 

スリランカ4.jpg

 

 

スリランカ6.jpg

 

 

スリランカ5.jpg

 

 

"人気ブログランキング"と
"精神世界ランキング" の2つを押して下さると嬉しいです 
    
   air_rank.gif      いつもご協力ありがとうございます

                gift-1__.jpg   

               アマゾンで購入できます

 







最終更新日  2012年04月09日 22時15分31秒
2012年02月23日

DSC03641.JPG

前日は夕方ホテルに入ったのですが そこからは雄大な海が目の前に広がり

本来は夕日を見ながらサンセットカクテルを飲む予定だったのです

でも夕日に間に合わず 夕日が沈んだ海を眺めながら しぼりたての美味しいジュースを頂きました

ガラスもなにも無い広いフロアーの前が海です

写真を撮ると オーブが沢山写りました

また精霊達が挨拶に来たんだ オーブが凄い!凄い!と思っていると

"魂です" と言う声

スマトラ地震の時の津波で亡くなった人達のようです

スリランカでは地震がなくて いきなり津波だけが押し寄せたのです

開放的なホテルの前の海が 巨大な波とかして いきなり迫ってきたのです

現地の人達も旅行者も あ!!と言う間に波に飲み込まれたと一目で想像できる場所です

”明日の朝 光を降ろして上に上げてあげよう”

多分 約束ととられたのでしょう

それか行く前に気づかなかったけど決められていたのかもしれません

よく兵隊さんを上げさせられるので、、、こういう役目もあるようです

 

 

このホテルはとっても素敵で 夕食も洗練された配置と味で美味しかったし

朝起きたら朝食が楽しみで 早く朝食食べに行こう~~って感じでした

他のホテルではスリランカ料理に飽きて 3日間朝食抜きだったのに(笑)

朝食を食べた後 息子はまだ車酔いが少し残っているのでホテルで休んでいると言うので

私はツアーの人達とそのままゴールの町の観光に出かけてしまったのです

上に上げる約束をすっかり忘れていました

観光と言ってもその後 ホテルのシェフにカレー料理を習うので 周りの観光とその後市場で食材を買うのです

私は皆さんが習っている間 息子とヒンズー教の寺院を撮りに出かける予定でした

 

初めにバスを降りて時計台がある高台に登るのですが

時計台の坂でこけて 1回転して背中から地面に落ちてしまったのです

坂の飛び出ていた石に足をかけたのに ズーズーと滑って1回転してちょっと草もある地面に背中から落ちたのです

正面で転んでいたら 石にあったってどうなっていたか、、、、

ひねられて安全に転ばされた?

変な転び方だよな~~  私なにか悪い事をしたかしら?

それでもひねったので足の甲の部分と膝の打撲と 左手の肘をかなりすりむきました

添乗員さんが水で傷口を洗ってくれました

皆と一緒に歩けないので 下まで降りたのですがバスが見つからなくて 銀行の中で座っていました

可哀想に添乗員さんはバスを暫く探してくれたようです

バスが銀行の前に停まったので乗って 

皆のいる場所まで行ってホテルのシェフと合流して市場に買い物にいきます

市場は平坦な道だったので私もびっこを引きながら一緒に行きました

 

歩きながらも

旅で怪我することは今迄ないのと

変な転び方だからなんのメッセージだろうと考えていました

そして やっと気づいたのです

” 魂です ” との約束を!!

 

ホテルに帰ったら 皆はカレー料理を習うけど 私はヒンズー教寺院の写真を撮りに出かけつもりだったので

約束を守らないどころか すっかり忘れてしまうところだったのです

添乗員さんにスリランカのタクシートゥクトゥクをお願いしていたので 行かないからと取り消しました

 

IMG_1371.JPG

 

捕れた魚は船から直ぐに 露天市場で売られています

IMG_1372.JPG

 

 

野菜も果物も豊富です

IMG_1376.JPG

 

 

IMG_1378.JPG

 

 

IMG_1382.JPG

 

 

ホテルに帰ると息子はプールでひと泳ぎしていたようです

添乗員さんが氷を持って来てくれたので 暫くひざを冷やして

光を降ろし ” 魂です ” を光の国に上げました

執着があるから難しいと昨日声がしたので 光で執着が取れてくれたらいいな~と思って光を降ろし

上がりたい人だけでいいかな~と思って光の国へ上げました

 

日本人が日本を愛するのと同じで スリランカ人もスリランカを愛しているのです

しかも日本人のように経済が豊かでないので外国を知らないと思うのです 内戦も続いていたし

その土地で生まれてその土地で生活していたと思います

津波を経験したことがないので津波も知らなかったのです

突然亡くなったので執着が残るのは当たり前です

愛する家族への思いが相当あって辛かったでしょう

少しでも多くの方が 光の国へ行って安らかになってくれたらと思いました

 

DSC03638.JPG

 

 

"人気ブログランキング"と
"精神世界ランキング" の2つを押して下さると嬉しいです 
    
   air_rank.gif      いつもご協力ありがとうございます

                gift-1__.jpg   

               アマゾンで購入できます







最終更新日  2012年02月24日 07時41分42秒
2012年02月20日

DSC03573.JPG

道なき道をす飛ばすバス

バスが悪いのか運転が下手なのか 道が悪すぎるのかバスが飛び跳ねていました

しかも対向車が良く来るのです

紅茶畑にいく仕事の車  子供たちのスクールバス  ぎりぎりに通りすぎます

これが運転手にとってかなりの時間のロスだったのでしょう

普通の道に出ても飛ばしています

なぜ?

夕日が沈むのを見せたいのです

途中で太陽が沈んだ感じだったので もう間に合わないな~無理だな~と思いましたが 

それでも運転手さんは頑張って努力してくれました

ホテルに着いた時 バスの中で添乗員さんが 夕日に間に合わなくてすみませんと挨拶しました

本当にこのツアーは爺さん婆さんばかりで 私は若い方でおこがましかったのですが

”皆さん 運転手さんは大変な道を頑張ってくれました 拍手したいと思います” と私が言うと

皆さん拍手して 運転手さんに”ありがとう”と声をかけて降りられました

 

 

なんと目の前に海が広がっています~~~(上の写真)

やっぱり目の前に広がる海を見て

残念!! と思いました   さぞかし夕日が綺麗だったでしょう

 

 

写真を撮ると 凄いオーブです

また精霊達が挨拶に来てくれたのかな?

” 魂です ” と声

は! は!  そうか

今迄 陸の場所に行っていたので気づかなかったけど スマトラ大地震でスリランカは大津波が来て沢山の犠牲者がでたんだった

しかもこの場所 目の前が海

従業員も海外からの旅行者も ひとたまりもなく波にさらわれたのが一目で想像できる場所だ

明日の朝 光を降ろして その人達を上に上げてあげよう

魂と声がしても嫌な感じはしなかった

ただこの場所が好きで 多分従業員や土地の人達だと思うけど 執着があると言っている

旅人の私だって なんて素敵なところだろうと思う場所だ

 

DSC03584.JPG

 

DSC03601.JPG

 

 

 

世界を代表する熱帯建築家ジェフリーバワの傑作と言われるライトハウスに今日は泊ります

テーブルが沢山並んでいて 1番上の写真のようにガラスもない直に海が見れて

本当なら夕日を見ながら サンセットカクテルを飲むはずだったのですが夕日なしで飲みました(笑)

ホテルの中も 部屋も広くて素敵です!!

広いと写真が上手く撮れませんが、、、、

テーブルの果物も食べていいそうです

主人が会社勤めをしていた時 中国や韓国などの出張は飛行機はファーストクラスで

ホテルに着くとテーブルに山のように果物が盛ったのが置いてあると言っていましたがこれかと思いましたね

山のようではありませんが初めての経験です

DSC03608.JPG  DSC03613.JPG

 

折角いいホテルに来たのに 息子は車酔いで気持ち悪そうです

食事は食べたくないと言っていたけど いいホテルなので一応レストランまで来ました

やっと高級ホテルに泊るのに勿体ないですものね(笑)

 

DSC03620.JPG

 

今迄のホテルも沢山の食材が並んでいましたがスリランカ料理でした あたりまえだけど

このホテルは洋風で盛り付けが都会的でお洒落なんです

DSC03621.JPG

 

 

DSC03622.JPG

 

 

DSC03624.JPG    DSC03627.JPG

 

息子もバスタブに入って体を伸ばして温まったらかなり気分が良くなったようです

明日はこのホテルのコックさんがカレー料理を教えてくれる料理教室があるのですが

私はヒンズー教の独特の建物の写真を撮りたかったので 別行動をすることにしました

バスに乗っている時にたまに見かけたのですが 歩いている時に無かったので1枚も撮っていないのです

 

DSC03635.JPG

昨夜の食事もゴージャスだったけど 朝食は何があるのかな?

起きたら 直ぐに朝食が楽しみでした

旅も終りなのでスリランカ料理に飽きて3日間ほど朝食は食べなかったのですが

ここのホテルの朝食は楽しみです

そして息子と一緒に朝食を食べて 息子は昨日の車酔いが少し残っているので寝ていたいと言うので

私は皆さんと観光に出かけたのです

朝 美味しいであろう朝食が楽しみで 

”魂です” を上げるのを すっかり忘れてしまったのです

本当に申し訳ないのですが 頭の中には朝食しかなかったのです

気づかせる為に、、、、初めて痛い経験をさせられました    つづく

 

 

"人気ブログランキング"と
"精神世界ランキング" の2つを押して下さると嬉しいです 
    
   air_rank.gif      いつもご協力ありがとうございます

                gift-1__.jpg          

      







最終更新日  2012年02月26日 06時43分16秒
2012年02月17日

ヒルですって!!     聞いてないよ~~~~~~~~~~~

添乗員さんからヒル除けに石鹸と塩を渡されました  

 

何処の旅行社だってヒルのいる森にご案内なんて書くはずないのです     

ヒルのいる森にも行きますとパンフレットに書いたら申し込むの躊躇しますからね

私もパスしたかったです

私は女神救出の任務は終わったので 正直もう日本に帰りたいぐらいでしたから

お母さん行くの止そうかな と息子にいうと団体行動だからダメなんじゃない?

私はその時点でヒルって吸血鬼扱いでしたから(笑)

よく考えると旅行会社が危ないことをしっこないのですけど

 

仕方なくヒル除け対策を始めました

石鹸と塩はどうすると思いますか?

靴に石鹸を塗るんです   寄りつかないんですって

もし付いちゃったら 塩をかけるとぽろっと落ちるらしいのです

ズボンと靴下の隙間から入らないように 靴下の中にズボンを入れて下さいと指示

そんな事になるとは知らなかったのですが なんとなんと私はレッグウォーマーを持て来ていたのです

海外に行く時は 日除け対策につばの厚いサンバイザーをかぶっているのですが

木からヒルが落ちてくると怖いので 普通に頭も隠す帽子にしました

 

準備万端で朝6時に4台のバンでホテル出発です

2時間半の道のりをがたがた揺られながら進んでいきます

 

どうです皆さんの恰好

DSC03556.JPG

1988年に世界遺産に登録されたシンハラージャ森林公園です

1万8000ヘクタールの熱帯雨林ジャングルです

世界でもここにしかいない動物が 84種類もいるそうです

3人のボランティのガイドが道案内をしてくれました

入った途端 葉っぱに小さな蛇がいました  

気持ち悪いので写真に撮りませんでしたが というか普通のデジカメだと撮れない位同化しているのです

蜘蛛も大きいのがいるのですが

自慢じゃないけど 実家の鹿児島の家の方がもっと大きくて毒々しい色の蜘蛛だわ~~

気絶したくなるほど気持ち悪いですよ(笑)

 

 

恐れ入りますが 気持ち悪いのをもうひとつ(笑)

現地のガイドさんが あ~~ヒルだ~~~~と叫んでいます

IMG_1314.JPG

 

靴下も履いてないの?

 

IMG_1315.JPG

塩をかけるとぽろっと落ちます

無理に取ろうとすると歯だけが残るそうです

 

あっちこっちから 悲鳴が聞こえ始めました

ガイドさん含め計4名がヒルの犠牲者に!!

血が出ていましたよ

写真を撮ろうとして 道の端にちょっと止まっていると付いてしまうようです

誰かが痒いというとなんだか自分も痒い感じでしたが私は大丈夫でした

IMG_1308.JPG

 

 

DSCN0553.JPG

 

 

IMG_1329.JPG

 

ヒルにびくびくしましたが 噛まれた人は一生の思い出になったかもしれません

 

 

公園の入り口の長閑な田園風景のレストランで昼食です

スリランカは首都コロンボやゴールのような都会以外は 紅茶畑かこんな田園風景が広がり長閑です

 

IMG_1342.JPG

 

ホテルの種類の多さと違って 素朴な感じです

IMG_1348.JPG

 

昼食が終わったら 近くを散策しました

初登場 息子です

EXILEのなんとかさんに似ていると良く言われるそうです

いい息子さんですねって皆さんに人気でした

私の荷物持ちで連れていたのですが 観ている人からは何て親孝行なの 気が付くいい息子さんですね

孫もこんなに育って欲しいわとか人当たりもいいので可愛がられていました(笑)

IMG_1356.JPG

でもこの後息子は吐きそうだったのです

地図にも載っていない ものすごい道をバスは大きく揺れながら

アップダウンを激しく繰り返しながら 2時間も走り続けたのです

どうしたらそこまで揺れるの?

随分前に高野山に行った時 バスでくねくね登るので半数の人が吐いたのですが

くねくねとは違って バスが跳ねているのです

しかも対向車がいると ぶつかるんじゃないかしらと思う程スレスレで通過します

私は谷に落ちないでと思いましたが 息子は気持ち悪かったんですね

でもそんなに車に弱かったの?

 

 

"人気ブログランキング"と
"精神世界ランキング" の2つを押して下さると嬉しいです 
    
   air_rank.gif      いつもご協力ありがとうございます

                gift-1__.jpg   

               アマゾンで購入できます







最終更新日  2012年02月26日 06時43分57秒
2012年02月14日

DSC03510.JPG

早朝5時にホテル出発です

いつもは大型バスで移動ですが 今日は4台のバンに分乗し出発しました

まだ外は真っ暗で寒いです

車に乗って向かう途中 夜が明けて太陽が出始める時のなんて綺麗な事か

しかも霧が川のように長く続いて なんとも幻想的なのです

 

DSC03526.JPG

 

今回の旅はスリランカにある8つの世界遺産を訪ねる旅なのですが

今日はホーンプレインズ国立公園の散策で ワールドエンドと言われる地の果てまで行きます

皆でホテルが作ってくれた朝食を食べて ハイキングスタートです

いろんな花や木の説明を受けながら歩いて行くのですが

高山植物なので小さい花がほとんどです

皆さん詳しいし興味あるようですが私も息子もまるで興味がありません

お花は大好きで必ず部屋にも飾っていますが 高山植物ってこれ花?って分からない位小さいですよ(笑)

景色だけ観ながら歩いていました

実際シギリアロックの女神救出が目的だったので 他にどんな場所に行くか全然把握していなかったのです

自分の旅の目的は果たしたので後はツアーの流れに従うだけと思っていたのに 

最後の最後の日にあんなことになろうとは、、、まだやることがあったなんて

ここは2010年に世界遺産に登録されたそうです

 

地の果てってどんなところだろう?

なにここ?

DSC03547.JPG

凄い霧  何も見えません  怖くもありません

1000メートル以上の絶壁で 本当は足がすくむような景色が観れるはずでしたが、、、

ここってハワイのカウアイ島に似てる

あの時も霧だったけど なんで地の果てってさも興味を引く名前をつけたんだろう?

ちーとも大したことないじゃん とか思うと

待てよ 私は過去世豊かさの女神としてスリランカにいたんだったと スリランカの悪口を言えなくなります(笑)

霧で何も見えないところで休憩して又来た道を戻ります

DSCN0481.JPG    DSCN0456.JPG

鹿にカラスが乗っています             バッファロー

 

スリランカの豊かさって他に仕事があっても95パーセントの人が農業をしていて 

農作物の豊富な事  お米の種類も色が付いているものとかかなりの種類があります

果物の種類も多いし豊富です

そして有名なのが宝石ですね

 

 

宝石採掘場へ

DSCN0533.JPG

こんな所で採掘しているのですね

周りは田んぼです

7~8人の男性たちが小屋に寝泊まりして毎日掘っているそうです

飛んで向こう側に行こうとした添乗員さん

あ!と言う間にズブズブズブ~~~(笑)  それを助けようとした息子もズブズブズブ~~~(笑)

結局息子もはまったので助けられなくて 運転手の助手さんが助けました

DSCN0536.JPG

 

 

DSCN0537.JPG

 

近くの井戸で添乗員さんと息子は足を洗っていました(笑)

どうしてここから宝石が出るか疑問ですよね

日本の温泉とか掘り当てる人がいますが そのような方法で宝石の採掘場も探すそうです

それが90パーセント以上の確率で当たるそうですよ

マルコポーロの見聞録にも スリランカの宝石の素晴らしさが記述されているそうです

DSCN0538.JPG

ホテルの入り口でおしぼりを受けとている所

息子はサンダルだったので足を洗ってさっぱりしましたが 

添乗員さんは片足靴を履いて 片足は洗ったままの裸足でホテル中を飛び回っていました

そして片足のままで夕食の時そうめんを出してくれたのです

この旅行会社のおもてなしだそうですがコース料理は食べないで さっぱりと美味しいそうめんだけ食べました

旅も半分過ぎた頃なので こういうさっぱりと美味しいめんつゆの日本の味は最高です

前回書きましたが決して悪いホテルに泊っていないですよ(笑)

5つ星に泊っているそうですが息子が決して5つ星じゃないと言い張っているだけです

息子夫婦は安い値段でいいホテルを探すのが得意なんです

国内でも海外でもいいホテルに安い値段で泊るのです

今日のお部屋はこんな感じで可愛いです

DSCN0541.JPG

明日はヒルがいる森に行くそうです

ヒルですって!!     聞いてないよ~~~~~~~~~~~

ヒル除けに石鹸と塩を渡されました         どうなるの?

 

 

 

"人気ブログランキング"と
"精神世界ランキング" の2つを押して下さると嬉しいです 
    
   air_rank.gif      いつもご協力ありがとうございます

                gift-1__.jpg   

               アマゾンで購入できます

ヒーラー養成講座地方出張に関して
関西圏 中国地方 四国 九州の方々は東京の講座は旅費がかかり大変だと思いますので9月に福岡 10月に神戸 11月に京都の開催を予定しています
期間をどのくらいにすればいいか 会場も検討しますので受けたい方はお申込み下さい
多数の場合は期間を増やします
インフォメーション
http://reikamama.cocolog-nifty.com/

 







最終更新日  2012年02月16日 22時02分06秒
2012年02月11日

DSCN0321.JPG

今日もいいお天気です

山の上にあるホテルで1泊して これから出発なので下のフロントに向かいます

昨夜は暗くなってから着いたので どっちの道に行くのかしら?と思っていると 

後ろからプープーとスリランカのタクシートゥクトゥクが止まりました

なんと息子とツアーのご夫婦が乗っていたので私も乗せて貰いました

私は写真を撮りたかったので息子より先に部屋を出たのですが 

町を走っているトゥクトゥクに1度位乗りたいな~と思っていたのでラッキーでした(笑)

これはホテルの従業員用のトゥクトゥクのようです

昨日バスがキャンディに着いて山の上に登っていくので てっきり3年前に泊った高級ホテルかと喜んでいたら違ってがっくり(笑)

前にアーユルベーダーの旅で南インドに来た時に スリランカも1泊したのです

その時に泊った山の上のホテルが素敵だったのでそこかと期待していたのですが違うホテルでした

 

3年前の思い出

RIMG0113.JPG

フロントの男の子は端正な顔でした 制服の袖が独特です 

RIMG0178.JPG  RIMG0176.JPG

仕事によって制服が違うのです            私も若い!!

 

でも文句が言えないのです

違う旅行社に申し込んでいたのですが人が集まらなくて慌てて他社を探したらこの旅行会社しかなくて

飛行機の座席はあるのだけどホテルの部屋がないと言うのです

ツアーに来て分かりました  半数以上が一人旅なのです

今の時代は旅行会社も相部屋にしないので 一人ひとりの部屋が必要なのです

同じホテルに泊らなくても近くてもいいですという条件で申し込んだのですが 結果は皆さんと一緒のホテルに泊れたのですが

旅行会社の人が5星ホテルだといているホテルでも大したことが無くて 息子は絶対間違っていると言っていました(笑)

スリランカの豊かさの女神救出作戦があったので どうしても来なくて行けなかったのです

これから仏歯寺に向かいます

 

スリランカを観光するならここに来ないと意味がないとスリランカ人が言いきる仏歯寺

スリランカ人にとって最も大切なお寺とされ 海外の要人も首相や大統領に会う前に必ず訪れるそうです

仏陀の歯が奉納されている寺院です

紀元前543年にインドで仏陀を火葬した時に手に入れたものだそうです

DSCN0354.JPG

2階の拝殿の横に並んで待ちます

1日3回仏歯が入った箱だけ拝めます  オレンジの袈裟を来たお坊さんの奥がそうです

上で拝んでいる時 下では太鼓と笛を鳴らすので始まっている合図のようです

IMGP2344.JPG

 

スリランカのお寺では何処でも靴を脱ぎますが

仏歯寺はテロにあったことがあるので荷物検査とボディチェックもありました

IMG_1213.JPG

 

 

 

キャンディ湖を見ながらの昼食後 紅茶工場の見学に行きます

DSCN0417.JPG

 

 

DSCN0438.JPG

ホテルの中にもお店が無くて 何処でお土産を買うのだろうと心配していた息子も

抱えきれない位紅茶を買っていました 

 

DSCN0437.JPG

紅茶とケーキのサービスがあります 

ゆっくりと美味しい紅茶を味わいました

 

DSCN0434.JPG

スワラエリヤは元々コーヒーを栽培していましたが 1868年にサビ病という伝染病で木が枯れてしまったそうです

イギリス人のジュームズテラーが紅茶の木を植えて栽培に成功し 紅茶畑になったそうです

スワラエリヤは標高1800メートルで紅茶の栽培に適していて高級茶葉が出来るそうですよ

山一面が紅茶畑というか 行けども行けども紅茶畑が広がっていました

 

 

 

 

"人気ブログランキング"と
"精神世界ランキング" の2つを押して下さると嬉しいです 
    

   air_rank.gif      いつもご協力ありがとうございます

                gift-1__.jpg   

               アマゾンで購入できます







最終更新日  2012年02月12日 09時18分55秒
2012年02月07日

DSCN0209.JPG

前回のルワンウェソサーヤ大塔

村の人達は大切な袈裟を持って行進し 1周してから僧侶が大塔に袈裟を巻いて行くのですが

この写真に写っている小塔の前に黒い人が立っているのが分かりますか?

お寺を持たない僧侶だそうです

人がいない時から 行進が始まって大勢が来た時も ずーと身動き一つしないで立ち瞑想をしているのです

びくともしないのです びくとも!!

 

 

次の日スリランカの古都キャンディに到着です

夜 健康 繁栄 病気除けを目的にした民族ダンス キャンディアンダンスを観たのですが笑ってしまいました

真ん中の女の子だけ上手で 後2人はま~ま~ 残り一人は酷過ぎるのです

男性の踊る人もそんな感じ

全然合っていないので統一感がありません  

世界各地に行くといろんな民族舞踊を見る機会がありますが 本当に酷い(笑)

学芸会かと思いましたよ

なんとなんと 上手な人が踊り子になるのではなくカースト制なのですって!  だからか~~と納得!!

親が踊り子だったので子供が受け継ぐというもの

現地のガイドさんが言っていましたが 将来廃止して欲しいのがカースト制と持参金制度

現地のガイドさんは女の子が2人いるらしいですが

お嫁に行く時 物凄い持参金を持たせないといけないらしいのです

今回本当に良き日に来たようで 期間中あっちこっちで結婚式があったのですが お嫁に行く時持参金を持たせるのですね

このガイドさん 物凄い博学でした

本当に良く質問するものだと思う程 今回のツアー客の人達は質問するのです

男性陣はいい会社に勤め 退職金も沢山貰い老後を旅行したり趣味を楽しんだりしているような人達

質問がいろんな分野に渡っているのに 素早く回答していたので物凄く勉強したのが分かります

内戦の時 内戦が終わったら日本人が観光に来るだろうと 一生懸命日本語を勉強したそうです

スリランカの人達は何が好きか?

日本人なんですって!!

最初お世辞かと思っていたのですが 幾つかの橋や道は日本の援助金で出来ていて

スマトラ地震でスリランカに津波が来て 何万の人達が亡くなり 

凄い被害が出た時 1番先に駆け付けたのが日本だったそうです

お医者さんも何人も来てくれたそうですよ

だから 日本人は安全だと分かると絶対観光に来てくれる

そう思って死ぬほど勉強したそうです

断崖トラベラーって番組かな? それのガイドをしたようです

私2人目  カウアイ島のガイドさんもその番組のガイドをした人でした

たまたまですが 優秀な人達にガイドをして貰っているのですね

民族踊りから違う方向に話がなりましたが

カメラもびっくりしたのかぶれてまともな写真がありません(笑)

 

DSCN0306.JPG  DSCN0313.JPG

 

 

終わったらライトアップした仏歯寺を見学に行きました

スリランカを観光するなら ここに来ないと意味が無いとスリランカ人が言いきる仏歯寺

明日朝 ゆっくりとお参りに行きます

IMG_1112.JPG

 

 

 

"人気ブログランキング"と
"精神世界ランキング" の2つを押して下さると嬉しいです 
    
   air_rank.gif      いつもご協力ありがとうございます

                gift-1__.jpg   

               アマゾンで購入出来ます 

 

今週の我が家のアセンション地震対策
どうしてアセンションと地震災害と一緒にするかと言うと 揃えるのは一緒かなと思っているので(笑)マンションなので石油コンロが使えないですが一応煮炊きができるコンロは暮れに買いました。灯油を買わないとお話しになりませんが数日前に主人に買って来て貰いました。灯油タンクごとビニールに入れてベランダに置きました。今は使えないので いざという時の為です。
水入れ用に白いポリタンクも買って来て貰ったので地震が来たらまず水を入れるように家族に指示。その後トイレ用にお風呂に水を溜めるようにも言いました。万が一福島の原発が倒れたら24時間以内に200キロ以上離れた方がいいようなので、東京に住んでいる私は、静岡より下に逃げないといけないので、娘の帰りを待って家族皆で新幹線に乗る事に決めました。昨日小さなリックに2~3日分の下着とタオルと通帳を入れいつでも行動できるように支度はしました。
勿論無いように願っていますが 3,11の時あまりにも何も出来なかったので準備だけはしておこうと思います。リックの中には冬ものを入れたので、夏が来たら夏ものに変えるだけでいいのですから。非常用のラーメン類と卓上コンロと鍋は以前から大きなバックに入れています。

3,11以降 放射能汚染を心配して関西圏や沖縄に逃げる人が多かったのですが、東京にれい華さんがいるから安心ですと何人にも言われ 私を基準に考えないで欲しいと思いましたよ(笑)
私は地震では今の所を離れる気はありません。安全な地域だと思うので。でも東京といっても広いのでゼロメートルの地域もありますし、それは自分たちの地域性を考えて行動すればいい事だと思います。
無いように願いますが私のブログを応援して下さる方にも私はこうしていますとたまにお知らせします。







最終更新日  2012年02月08日 08時55分15秒
2012年02月06日

シギリヤロックの美しくて上品なシギリヤレディを見て

私の過去世の豊かさの女神を自由にする任務も果たせたので とても嬉しい気分で下に降りていきました

DSCN0046.JPG

昨夜この村のホテルに着く前に野生の象が見えて驚いたのですが

森林が広がるシギリヤロックのあたりは

家も何処に建てても土地台はタダだし 家を建てる時も皆が手伝ってくれて 材料費もタダだそうです

たまに象に家を壊されたり 死人が出る時もあるそうですが それは象の通り道に家を建てた時だそうで

知らないとはいえ象の通り道に建てる方が悪いと言う事になるようです

 

 

 

DSCN0139.JPG

この道を歩いて 菩提樹のあるお寺に向かいます

沢山の人が行きかっていて ほとんどの女性が上下白の服を着ています

お寺にはいる時は必ず靴を脱いで 帽子もとって入ります

お釈迦さまに捧げるお花を買ったのですが 白い花5つと紫の花2本で50円位で物凄く安いです

DSCN0142.JPG 

 

 

 

IMG_0928.JPG

お釈迦様が実際に瞑想した木では無いですが 樹齢2000年でとっても大切にされていて

猿が木に登らないように24時間体制で見張っているそうです

ここでお祈りすると願いが叶うと信じられています

お教を上げて貰って 第3の目に白い粉をつけて 右手に白い糸を結んで貰ったらエネルギーが来たのでびっくりしました

白い糸は溶けてなくなるまで ずーと結んでいて下さい

もし痒くてだめなら解いて大切にして下さい

菩提樹の葉っぱも貰ったのですが 自分の家の仏様に飾って下さい

絶対ここで貰ったものは捨てちゃだめよって感じでした(笑)

とっても大切な大切な場所らしいのです

 

 

先程の道を戻ると入り口に

紀元前2世紀に建てられたルワンウェリサーヤ大塔があります

DSCN0147.JPG

 

 

IMG_0970.JPG

 

 

DSCN0185.JPG

私達は本当に良き日にきたようです

行進が始まりました

村人は何年も前からお金を貯めて 準備してきたのだそうです

最初のグループは茶色の袈裟を持て

サ~~ズ サ~~ズ サ~~ と言いながら行進します

有難い布なので触って下さいと現地のガイドさん

その内 行進して下さいとガイドさんが言うので

遠慮なくお邪魔しました(笑) 

お祭り大好き女ですから   大声でサ~~ズ サ~~ズ サ~~

みんなニコニコと感じがいいです

 

IMG_0954.JPG

 

次は黄色の袈裟のグループが来ました

1周したらその袈裟を大塔に巻いて行くのです

こんなに大勢人が集まる事もないし 滅多に見られない行事だそうで

現地のガイドさんが 本当にいい日に来ましたねと言っていました

本当にラッキーだったらしいです

土地の人達の信仰心に感心しましたし 素朴で優しい人柄にも触れて私も幸せな1日でした

先程の菩提樹の木に行く時に出会った 小さな女性の僧侶

黄色い袈裟をまとっているので 女性でも僧侶でいいのでしょうか?

彼女の笑顔がとびっきりなんです!!

こんなに素敵な笑顔の人がいるのだろうかと思う程 とびっきりの笑顔を終始絶やさないのです

帰り私が手を振ると 恥ずかしそうに 小さく手を振ってくれました

 

 

スリランカ3.JPG 

この石の通り道が三角になっていて 沖縄の斎場御嶽に似ていました(シギリアロック)

 

 

 

"人気ブログランキング"と
"精神世界ランキング" の2つを押して下さると嬉しいです 
    
   air_rank.gif      いつもご協力ありがとうございます

                gift-1__.jpg   

               アマゾンで購入出来ます 

 

一生食べ物に困らない仏様          王位より愛を選んだ王子 恋人の像

DSCN0115.JPG        DSCN0121.JPG         







最終更新日  2012年02月07日 20時45分07秒
2012年02月02日

IMG_0197.JPG

 

上品で美しいシギリヤレディの壁画の所にいる 私の過去世の女神に語りかけた

私自身なので安心したような懐かしいような嬉しいような そんな温かいエネルギーに包まれたのです

狭い空間に観光客が次々に来るので 交代で観ないといけない

長居は出来ないですがそれでも3分位は語りかけて要られたでしょうか

あの温かいエネルギーは彼女は分かってくれただろうと理解し外に出ました

 

また狭い石段を登ると 上は広場になっています

これから一休みしてそのまた上に登るそうなのです

その時閃いたのです

皆が登っている間瞑想しようと

しかもこの上も半端じゃなく怖そうだし

添乗員さんが全員登ると喜んでいるのに ”すみません 私高所恐怖症なので残ります”

IMG_0213.JPG

 

DSCN0057.JPG

 

これが良かった!! 閃いて良かった!!

万が一女神が出ていなかったら自由になっていなかったら困るので さっきの言葉を繰り返した

そしたら紫の服をまとった女性が私の前に立ったのです

そして温かいエネルギーが10分位流れたのです

彼女は豊かさの女神なのです

豊かさのアチューメントをしてくれたのです

 

これから私がやる豊かさ夢実現ワークショップで 豊かさのエネルギーを流すのですが

講演会でも豊かさのエネルギーを流すようです

私は講演会は健康になるエネルギーを流すのかと思っていたのです

マチュピチュで受け取った細胞の活性化 細胞の若返りの健康になるエネルギーを流すのかと思っていたら

豊かさのエネルギーと一緒に健康のエネルギーは流すようです

豊かさのエネルギーを降ろす人に 

上が私を選んだ理由は 私が太陽のエネルギーを動かせるかららしいのです

 

宇宙や他の女神天使たちも協力してくれるのですが

スリランカの女神の豊かさも必要なのです

スリランカは内戦が終わって2年なので貧富の差は大きいですが

農業国で野菜は豊富だし 森林は沢山あるし水も至る所から滝となって流れていて

昭和の日本のように素朴でのんびりした国です

そういう豊かさも日本に必要なのでしょうね

 

講演会はやっていないのでまだピンと来ませんが

一応ある雑誌社からお誘いは来ていますが 準備が出来たらとお返事しています

光のギフトや旅の写真を見てお話しした後 豊かさのエネルギーを流したいのに

写真もまだ選んでいないし資料も作っていないのです

そういえば雑誌社で思いだしたのですが 家に雑誌社の人が来た時に 

その時はライターさんが私を紹介してくれたんだったと記憶しています

れい華さんはお金持ちかと聞いたそうです(笑)

れい華さんは予約も何カ月先まで入っているし ワークショップも全国で展開しているし

ちゃんとした家に住んでいるし見た目も多分お金持ちだと思います

と言ったらしいのです(笑)

その雑誌社の人は ある女性ヒーラーが

豊かさのワークショップをしているから取材に行ったら 貧乏だったんですって(笑)

そのヒーラーさんは言葉と作業だけで豊かさのエネルギーは降ろせなかったと思いますよ

雑誌社の人は なんで貧乏な人が豊かさのワークショップをしているんだろうとショックだったんでしょうね(笑)

 

今 豊かさのエネルギーを降ろす練習をしていて 1回目は弱かったのですが

2回目から強烈なエネルギーになったので 私ひとりで味わっていても勿体ないので

上にある 2つのランキングタグに流す事にしました

これからもっと強烈になっていくと思いますが 良かったら押してみてください

横道にそれましたが 

 

みんなが帰ってくる30分 瞑想してスリランカの豊かさの女神を救出出来たと思います

彼女は直ぐにそこを離れないかもしれませんが 徐々に開放されると思います

そして嬉しい事に光の写真も撮れました

スリランカ1.JPG

 

 

 

スリランカ2.JPG

 

 

 

光が入っている 上の "人気ブログランキング"と
"精神世界ランキング" の2つを押して下さると嬉しいです

↓ ここを押します 
   
air_rank.gif
         いつもご協力ありがとうございます

                gift-1__.jpg   

               アマゾンで購入出来ます 

 

 







最終更新日  2012年02月03日 15時30分43秒
2012年01月31日

IMG_0817.JPG

シギリヤロックは高さ195メートルの岩山です

今からおよそ1500年前 この頂上に王宮を造ったカーシャパ王は 父を殺して王位に就きました

弟の復讐を恐れてここに王宮を建てたのです

下の広い敷地には 500人もの女性がいたハーレムがあったそうです

王一人に側室が500人ですよ!   呆れる(笑)

生々しい現実の世界があったであろう下の空間と 

これからお見せするシギリヤレディの素晴らしさとかけ離れすぎ~~と思わずにはいられませんでした

DSCN0037.JPG

 

階段が多くて急なので大変ですとは聞いていたが 最初から急で驚いた

一気に汗が噴き出してきた

これから有名なシギリヤレディを見に行くのだが 私には大切な使命があるのだ

この為に今回スリランカに来たのだ

過去世の私の魂の女神が閉じこもっているのだ

彼女はその時代の人達の事を救えなかったと思って その時代に囚われているのだ

その時代の人達を救いたかったのに救えなかった

彼女はとても苦しんで その中に閉じこもって ずーと民衆を見続けているのだ

本当はシギリヤレディの場所で瞑想した方がいいのだけど 観光客が多いから無理だろう

だから歩きながら彼女に語りかけるつもりだったが それどころじゃない

高所恐怖症も前から比べたら随分良くなったが それでもここは半端じゃない

DSCN0049.JPG

狭い螺旋階段を登るのだ

カメラもイヤホーンも息子が持ってくれたので 手すりに捕まって下を見ないように登っていった

半端じゃなく怖いが 頑張って登らなければ シギリヤレディも見れないし

女神を開放する任務も果たせない

やっと上がると狭い洞窟の中にシギリヤレディの壁画

なんて上品なんだろう

IMG_0197.JPG

 

 

 

IMG_0198.JPG

 

 

 

IMG_0195.JPG

 

ここにいる女神に語りかけた

私はあなたの未来の女性です

あなたを救出にきました

ご苦労様でしたね   あなたはもう自由です

スリランカの民を心配しなくてもういいのです

内戦が終わってスリランカはこれから発展します

豊かになります

私はスリランカにもう来ません

私が死んだら自分の星に帰るので地球にはもう来ません

だからこれがワンチャンスです

もうあなたは解放されるべきです

自由になるべきです   さぁ~自由になりなさい

 

なんと 温かいエネルギーが私を包んだのです

私自身なので 安心したような 懐かしいような 嬉しいような そんな温かいエネルギーです

                                         つづく

 

 

光が入っている 上の "人気ブログランキング"と
"精神世界ランキング" の2つを押して下さると嬉しいです

↓ ここを押します 
   
air_rank.gif
         いつもご協力ありがとうございます

                gift-1__.jpg   

               アマゾンで購入出来ます 

 

 







最終更新日  2012年02月01日 06時57分46秒
このブログでよく読まれている記事

全11件 (11件中 1-10件目)

1 2 >

Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.