000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

生きることを楽しむ

PR

X

全8件 (8件中 1-8件目)

1

ホメオパシー

2005.10.04
XML
カテゴリ:ホメオパシー
オーストラリアIFAのジャーナル"Simply Essential"の2005年9月号、通算56号に興味深いリサーチが載っていたので、自分への記録の意味も含めて書いておきたいと思う。

---------------------------------------------------------------------

テーマは「同じ植物から作られるエッセンシャルオイルとホメオパシーの併用は効果的か?」リサーチャーはSandra Rodden。
アロマセラピストとして、パートタイムで働きながら、ホメオパシーを学んでいる。

例として取り上げているのは、
エッセンシャルオイルは"カモミールジャーマン"
ホメオパシック レメディは"カモミラ"。
植物名:"Matricaria recutita" または"Matricaria chamommilla"

1]まず使用法の対比。
 H)ホメオパシーのバイブル"オルガノン 6th edition"にて、次の2つの使用法がかかれている。
  1.リキッドレメディを鼻から吸入することで、呼吸器系に影響を与える。
  2.レメディを肌に直接こすりつけて使う。

 A)アロマセラピーでは、エッセンシャルオイルをベジタブルオイルで希釈、肌に塗って使用することは、マッサージをはじめ一般的である。

2]濃度の対比
 H)1/10(Xポテンシー)、1/100(Cポテンシー)、1/50000などの濃度で使用。
 A)マッサージはボディには3%
Davisによるサトルアロマセラピーでは0.5~1%で使用する→ホメオパシーでいう1X,2Xに近い。
  Woewood(フレグラントマインド著者 英著は他にもいろいろある)は、エッセンシャルオイルの波動を水に転写して使用する。

3]Law of Simibars (似たものが癒すという法則) 
 H)like cure like
 A)カモミールジャーマンの生花は、皮膚炎を引き起こし、そのエッセンシャルオイルは肌の炎症を鎮静するとされている。

4]Vibrational Therapy (波動療法) 
 A)エッセンシャルオイル2種類をブレンドして使用するのと、同じ2種を時間を空けて使用するのでは、前者がより効果的である。
  Davisは「サトルアロマセラピー」の中で「フラワーエッセンスとアロマセラピーは波動が違うため、補完的に使用できる」と述べている。

5]効能
 H)カモミラ
  イライラ、怒り、敏感、冷え性 → アロマより具体的
 A)身体の症状と感情には相関性があり、エッセンシャルオイルは、その両方をトリートメントしている。(Price "Aromatherapy and your emotions)

以下の症状は、ホメオパシック レメディ、エッセンシャルオイル共通に効果的とされる症状。
 胃-痙攣、痛み
 怒り-激しい、深い、鎮静
 PMS-怒り、痙攣
 歯痛
 炎症全般
 肌-赤み、痛み

6]その他共通している内容
 1.薄く希釈して使用する
 2.健康な人に起こす影響を元に使用する(プルービング)
 3.カウンセリングにより一人一人に処方
 4.レメディ/オイルとパーソナリティの似たものを処方
 5.嗅覚、傾向、肌から摂取

7]結論
 ホメオパシック レメディとエッセンシャルオイル(この場合主にSubtle Aromatherapyとしての)は、Vibrational Energy(波動エネルギー)として大変似た方法で使用されるが、違うレベルに働きかけるものとして、補完的に使用できるのではないか?
 
----------------------------------------------------------------------
まだまだ、奥行きの深いものとはいえませんが、この手の内容については情報が少ないのが現状です。

私自身、これまで、エッセンシャルオイルとハバールメディスンの関連には興味を持っていたのですが、ホメオパシーとこんな風にまとめられると、とても分かりやすくていいです。し、益々興味が湧いてきます。
「ホメオパシック レメディは、香りの強いエッセンシャルオイルの近くに保管しないように」と言われるので、つい、"アロマセラピーとのは併用できないもの"、"相性の悪いもの"と思いがちでしたが、波動の面から考えるなら、ホメオパシーもアロマセラピーもフラワーエッセンスも、上手に組合わせて使っていけるのかもと思います。

リサーチャー自身、今後も研究を続けたいと括られていたので、続報を楽しみにしています。






Last updated  2005.10.04 10:05:06
コメント(9) | コメントを書く


2005.07.29
カテゴリ:ホメオパシー
ビストロスマップ・・・ではありません(_ _) シツレイ

食後や、夜になるとみぞおちがきゅーーーーー!!!っと痛むのです。
2ヶ月ほど前にも、そんなことが続き、日本で某ホメオパスに質問したところ、それは"ビスマス"だと。
で、一応200Cを買って持っていたのでした。

その後症状あまりが出なかったので、試す機会を逸していたのですが、
このところまた痛みはじめてきていて、それも、かなり苦しい。

昨日は耐え切れなくなり、とうとう夜中に1錠服用。

まず、200Cというポテンシーをはじめて口にしました。
そのパワーに驚きです。
ぼわわわわ~~~~~ん!
口に含んだ途端に、ものすごい波動が背骨を走り、腰が抜けそうでしばし動けませんでした。

うわぁ~!っと思っていたら、胃と腸がキュルキュル言い始めたのです。
動き出したんでしょうね。
下痢するかなぁと思ったのですが、そういうわけでもありませんでした。
痛み自体がすぐに消えることはありませんでしたが、とにかく、ドンドンと押寄せる波動に動けないまま。

少し落着いて、そのまま休みましたが、驚いたのは朝。
実は、いつも寝起きにもみぞおちが痛いのです。
が、今朝は痛みは無いばかりか、いつもより少しりすっきり。

今日の夜がどうなるか・・・です。
200Cですので、どのくらいのタームでリピートしたものかが、ちょっと悩みどころではあるのですが。

ちなみにこれ、孤独に耐えられないレメディなんだそうです。
そして、自殺に関係するとも。
身近な人に自殺されて「どーして?」
という思いを強く味わうことに関係するとか。
たしかに、そういう思いはありました。
10年以上も経つのにね。



-----------------------------------------------------------------
[ビスマス]の解説が読めるのはこの3冊

1冊目は、原料の写真や絵があり、その生育背景などにも触れているが、レメディの解説としては、メディカルに偏りすぎている感もあり。まともな辞書としてはお勧め。ただし、思いっきり高いのでプロ用。

2冊目は、ホメオパシーに興味があるならば、一読を勧めます。

ビスマスと自殺について書かれているのは、3冊目。これは講演録です。




hmm臨床家のためのホメオパシー マテリアメディカ


キッズ・トラウマ改訂第3版キッズ・トラウマ改訂第3版元素のレメディー改訂版元素のレメディー改訂版






Last updated  2005.07.29 17:19:28
コメント(0) | コメントを書く
2005.07.12
カテゴリ:ホメオパシー
フラワーエッセンスのおかげで、気分は落着いてきたような気がします。
車に乗っても、ゆっくり走れるし・・・って、をぃ(^^;)

最初の1週間が終わったので、夜のレメディは終了。
朝・昼のレメディを飲みつづけているわけですが、この朝のK-Tと昼のJって、何でしょうか?

お昼のレメディを飲むと、どうも腸に来るような感じがします。
最初のうちは、飲み始めると朝・夕2回便通があったので、夜のレメディの関係かな?と思っていたのですが、夜のレメディ終了後、どうやら昼のレメディを飲むと腸がしくしくする感じがするのです。
あまり良い感じでなく、しくしくするので、気になっているのですが、途中で止めるのもなんだかなぁと様子見中です。

K-Tって調べてみたのですが、この頭文字に該当するレメディを見つけられませんでした。
どのたかご存知でしたら、是非教えていただけると嬉しく思います。



ホメオパシーホームセット 42本入←家庭で使えるホメオパシーキット


とりあえずホメオパシーがわかる本→ 「ホメオパシーin Japan第2版」






Last updated  2005.07.12 18:43:20
コメント(4) | コメントを書く
2005.07.08
カテゴリ:ホメオパシー
日本へ帰ったついでに、"浄化キット"なるものを買ってきて試しています。
レメディの内容は、
めのろさんのむらむら
jasmine~さんの浄化活性セット判明
に解説されています。
それにしても、食品や、医薬品だって一つ一つの薬が何で、どんな風に効くのかの説明義務はあるというのに、内服するものにもかかわらず、内容成分が全く表示されていないと言うのは、いかがなものでしょうか?


昨日でちょうど1週間が経ちました。
最も顕著な変化は、排便が緩くなり、量が増えたこと。
蕁麻疹の痒みは、夜になると少し出ます。
あと、関係あるのか無いのか、甘いものが欲しくて仕方ありません。
これまでシドニーにいると、確かにお饅頭も欲しかったのですが、やはりしょうゆ味のものが欲しくて仕方なかったのですが、今回は甘いものがどんどん入ります。


が、それよりもなによりも、むかつくのです、すごく。
とにかく、何を見ても、何があっても腹が立つ。
ある程度コントロールは出来ていますが、私に近づかないで・・という気分です。

浄化なので、出てくるものは出してしまいたい。

と思っているのと、反応を見たいのでできるだけ他のものを併用したくないのですが、さすがに自分でも少し疲れてきて、昨日からフラワーエッセンスを併用し始めました。


仕事に入るときは、意識的に感情調整をしています。
大事なことですからね。
一旦仕事に入ってしまうと没頭できていいのですが・・・
特にパソコンに向かうとイライラしてきます。
身体が敏感になっているのでしょうか?

でも、パソコン無しに仕事もできないので、ある意味ではあまり敏感になりすぎないで欲しいなぁとも思っています。
う~ん・・・






Last updated  2005.07.08 22:09:45
コメント(6) | コメントを書く
2005.05.13
カテゴリ:ホメオパシー
Arsの話が書きかけなんだけれど、気にしていると、前に進めないので。

実は先日、ある人からRhus-toxの錠剤を頂いた。
別に目的はなく、「多くの人が必要とするレメディだから」ということで。
私のとりあえず使ってみたいリストに無かったので、それがどういうものなのか、今ひとつピンときていなかった。

けれど、世の中うまく出来たもので!?それを必要とする時がやってきた。

昨日の乾燥機修理で(実はまだ直っていない・・・)、腕は傷だらけ&筋肉痛、腰も痛い、身体が完全に疲労していて頭もすっきりしない目覚めだった。
お昼を過ぎてもすっきりしてこないので、何か飲んでみようと探して出てきたのが、このRhus-toxだった。

なるほど、そういうことか。
ということで、一粒舌下へ。

私の経験では、ホメオパシーのレメディを飲んだ後は、眠くなり、2時間くらい眠ったときは効きが良いので、そのままTVを見ながら横になる。
すると、これまでに無い揺れが身体にやってきた。
ものすごく揺さぶられている感じ。
お~、少し前に夫が言っていたのはこれか・・・という感じ。
どう表現すればよいのか、身体が内側からど~ん、ど~んと揺さぶられている感じがする。
その波に身を任せて、しばし横に。
ぐっすり眠ることは無かったけれど、2時間くらいするとなんとなく動こうという気になってきた。
起きてみると、お昼までのだるさがない。

2時間くらいですっきりしてくるのは、いつものとおりだが、こんなにはっきりと揺さぶられる感じは、私は初めて経験した。
この感覚を、早くから口にしていた夫は、結構敏感なのかもしれないと、ちょっと見直してみた(^^;)






Last updated  2005.05.13 20:52:23
コメント(0) | コメントを書く
2005.04.21
カテゴリ:ホメオパシー
・・・ということで、夜寝る前にarsを飲んでみました。

最初の1滴目が口内に触れた時は、電気ショックを受けたようにビリ!
上がっていたエネルギーが、頭→肩→背中と降りて行くのかと思いきや、最後は頭に戻って行きました。
普段ベッドに入ってから眠るまでに1-2時間かかっていたのが、この日はそのままぐっすりと寝入ってしまいました。
翌朝の寝起きは驚くほど良かったものの、気力の持続はそう長くはなかったように思います。

手元に一般向けの日本語の本が2冊ほどあり、それを参考に見ているのですが、arsには「死を受け入れられない」と書かれてありました。

その言葉自体は、私自身ピンと来るものがなく、むしろ地震の後の幽体離脱、そして見た夢の体験から「死ぬ瞬間はこんなにも苦しまないものなんだ。」「体から抜け出た魂は、こんなにも楽で自由なんだ」という感覚が身体にありましたから、死にたいして受け入れられない感情があるとは、意識はあまり認識していませんでした。

驚いたのは、別の本を読んでみたときでした。
「火に焼けただれて死んだ人の想念が取りのレメディー」(キッズ トラウマ by由井寅子)と書かれていたのです。
これは、もう何十年も前に見た、それでも今でもはっきりと覚えている、そして、多分私の魂はそういう経験があるのだろうと、何故か私の中に確信がある夢があるのです。
そう、火の中に飛び込んで死ぬ夢です。

そしてその次の週、スリーインワンのセミナーの中でしたセッションの年齢遡行の中で、はやり火に焼かれるような話が出てきたのです。(世代ではありませんでしたが・・・)
同じスリーインワンの構造/機能でも、私がいつも指摘される構造は"こだわり"の構造です。

これまで、何度となくスリーインワンのセッションをしてきましたが、この手の話が出ることはありませんでした。
去年、2度の帰国中、二度とも蕁麻疹に悩まされたのです。
年末はほぼ明らかに薬疹から始まりましたが、前半の蕁麻疹は帰国直前から始まり、薬などの明らかな原因はありませんでした。

なんだか、そういうタイミングが来ているんだなぁと感じています。

その後、しばらくarsを1日1回夜に飲みつづけていますが、そのたびに反応は変わります。
体のどこかが激しく痛んだり、ひきつったり、内臓にいやな感じを受けたり。
それぞれをできるだけしっかりと感じて、受け止めるようにしています。
何が原因か、明らかに思い出すものもあります。
そしてある日、舌下に含んでみても、そこから一向に体の中に入っていかない日がありました。
この日で、arsを一旦修了しました。

飲み始めるきっかけとなった蕁麻疹は、乾燥して硬くなっていた皮膚がともてしっとりと柔らかくなりました。
けれど、痒みはまだ完全にはなくなりません。
あと一月で帰国だからかもしれません。

でも、体に入らないと感じるarsを飲みつづけるのは、一旦終了することにしました。
代わりといってはなんですが、急に寒くなり風邪をひきそうなので、今度はこれに関するレメディにトライしてみる事にしました。
症状は軽い鼻水とくしゃみです。
どなたかお勧めがあれば教えてくださいね。






Last updated  2005.04.21 17:53:25
コメント(11) | コメントを書く
2005.04.18
カテゴリ:ホメオパシー
いろいろ買ってきた中で、とにかくどれか飲んでみたい。
どれにしようか・・と思っていたときに気になったのが蕁麻疹。
この蕁麻疹の経緯はこちらから。
特に夜になるとかゆみがひどき、かき壊しそうになるのです。

また、ちょうどかぜの後遺症てきな、変な咳が止まらないでいました。

この2つをメインに・・と自分で決めたのがars 30c.
アーセニカム、砒素からのレメディですね。
アーセニカムといわれるとあまり抵抗はありませんが、砒素といわれると、それだけでストレスになりそうな私。
和名はできるだけ見ないようにすることにしました。

実は、買ってきたレメディはリキッド。
リキッドって、どうやって飲むの?
うっかり聞いてくるのを忘れたのです。
ちょっと調べてみましたが、本格的な文献を何も持っていないわたし。
インターネットでもタブレットなどの使用が多く、リキッドについては見つけられず。
なので、適当に4-5滴舌下へ。
これ、根本的に間違っているかもしれませんがー、ま、死にはしないでしょう。


う~、引っ張るつもりはありませんが、ここからが長くて、でも今どうしようもなく眠いので、続きは明日か明後日に書きますね。






Last updated  2005.04.18 22:53:40
コメント(3) | コメントを書く
2005.04.17
カテゴリ:ホメオパシー
ホメオパシーとフラワーエッセンスにちょっとはまりつつあります。

実は、ショップでオランダのフラワーエッセンスを扱い始める為のトライアルとして、キネシオロジーのセッションを受けに来られる方などにエッセンスをご紹介していたところ、皆さんとても興味を示されるのです。
正直なところ、最初は"何かに頼りたい"という感じがして好きではなかったのですが、それでも、エッセンスを使うことで変化があるのなら、それも1つの方法だと思うようになってきました。

エッセンスのことを調べて行くうちにホメオパシーにも行き当たりました。
ホメオパシーについては、7-8年前から知ってはいたのですが、どうも生理的に好きになれずにいました。情報が少ないこともあったかもしれません。

しかし、その考え方を紐解いて行くうちに、基本的な部分でスリーインワンととても共通していることを発見。
アロパシーの逆を行くだけのホメオパシーという捉え方から(本当の順序は逆ですが)、随分と受け止め方が変ってきました。
この思想がレメディに反映されていて、効果があるのであれば、それはそれで一つのアプローチかもしれないと思い始めたのです。

こうなるとじっとしていられないのが私です(^^;)
まずは、実際に試してみたい・・・
そして、もうすこしちゃんと、それぞれについて知りたいという意欲がむらむらとしてきます。

多分、フラワーエッセンスもホメオパシーも、私がそれを知ったからといって、フラワーエッセンスだけでなにかをするとか、ホメオパシーだけで何かをする人・・にはならないと思っています。イマノトコロハ・・・
ただ、アロマも含めて、それぞれの得意分野があるのでは?と思うことと、それぞれの考え方をより深く知ることで、私自身の考え方や人に対する捉え方の幅が広がっていくかも知れないとは感じています。
これはべつにフラワーエッセンスやホメオパシーに始まった話ではなく、これまで興味を持ってきたキャロライン・ミスの直感医療や、易・漢方などの中国医学、アーユルヴェーダやユナーニ医学、それぞれが持つ占星術など、どれにも共通することです。
まー、久しぶりに、ちょっとおもしろいおもちゃを見つけた・・・てなところでしょうか。


早速色々なレメディを調べたのですが、結局オーストラリアで私が欲しいと思ったキットを身近に販売しているところが見つからず、結局リキッドタイプのものを10本ほど手に入れ、先週からのみはじめています。

本当は、飲み始めた日から、ここに記録として書いてゆくつもりだったのですが、色々なことがリンクして、一気に書けずにいました。
後々への記録として残しておきたいので、ここにすこしづつ書いてゆこうと思います。

長くなるので、今日はここまで。






Last updated  2005.04.17 12:44:21
コメント(6) | コメントを書く

全8件 (8件中 1-8件目)

1


© Rakuten Group, Inc.