3682385 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

知的漫遊紀行

知的漫遊紀行

【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile

Ryu-chan6708

Ryu-chan6708

Calendar

Favorite Blog

まだ登録されていません

Comments

Freepage List

Headline News

2018.09.25
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類

新卒一括採用をふりだしに、終身雇用や年功型賃金という決められたコースにコマをすすめ定年退職であがり、老後は年金暮らしという「昭和すごろく」。

 

 就活論争の歴史は古く、採用競争が過熱していた戦前の1928年、大卒選考を「卒業後」にする現在とは違うルールが結ばれた。

 

当時も「協定やぶり」が続出し、まもなく破棄されてしまい、戦後、大学4年時に採用を決める就職協定として復活したが、抜けがけとルールの形骸化はいつも繰り返されてきた。

 

ルールをやめるだけなら、1世紀近くに及ぶ「100年論争」に終止符は打てずそもそも「学業の成果」を問わずに採用することが、いつの世も就活の前倒しを可能にしてきた

 

採用だけでなく、大学教育のあり方まで見直す必要があるが、まずは考えなければいけないことがあると、堀篭俊材氏は指摘する。

 

それは、大学出の新卒社員の3割が3年で辞めてしまういったん非正社員になると、正社員の道にすすむのはむずかしいともいわれる。

 

『就社』社会の誕生」の著書がある東北学院大の菅山真次教授「大学を出て3年間ぐらいを新卒扱いにして、スキルや知識を磨いた既卒の学生も、新卒と同じように就活できるようにしたらどうか」提案する。

 

平成の次の「すごろく」専門の技能で、就職する「シェアワーカー」も加わるのだろうか

 

一度外れても、ふりだしからやり直せばいいだけの社会であってほしいと、堀篭氏はいう。

 

これは、大学教育もからんでいることはブログ「大学改革 ブランド主義・偏差値教育、破る議論を」でふれているね。

 

このブログで、日本電産の創業者で会長の永守重信氏は、一流と言われる大学を出た学生でも英語は話せないし、専門分野もほとんどできず、多くの学生が即戦力にならないから、企業で働けるように教育し直すのに、企業が時間もお金もかけているが、こんな国は日本くらいしか見当たらないという。

 

就活問題は、大学教育からの改革が問われるね。

 

「シェアワーカーすごろく」になれば「同一労働・同一賃金」も容易だろう。

 

 






お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

Last updated  2018.09.25 16:41:35
コメント(0) | コメントを書く


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。



© Rakuten Group, Inc.