1799187 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

釣りキチsankonの釣り日誌

釣りキチsankonの釣り日誌

【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x
2023.07.31
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類


キスも7月末日にさしかかると、とりあえず一段落した感の強い釣りになります。7月20日あたりにピークを想定して動いてきましたが、ちょっと仕事のタイミングで機を逸してしまった。ワタクシが目をつけていた海域では、海の中はすでに小型のキスだらけとなり、正真正銘の夏のキスへとステージは切り替わったようである。

ただ、それはそれでキス釣り自体は楽しめるし、個人的にはキス釣りへのモチベーションが下がってしまうことはない。小型のキスも完璧な状態でリリースできないものは積極的に持って帰って食べる。だって、キス釣りの目的は何?・・・食べたいからじゃないの?少なくともワタクシの場合は、釣った後の「食」が美味しいと思えなければ釣りの意味はない。ゆえに、尺ギスとか26cmオーバーとか、そりゃ釣れれば嬉しいけど、私の中ではそれが目的ではない。「私は食べませんから」という釣り人もたまにおられますが、それはワタクシには全然理解できない世界です。食べないのに殺してどうすん?・・・みたいな。



さて、この日はチンタメバル8号の威力を試すことをテーマにやってみました。最近再びワタクシの中では「やはりこのハリがキス釣りにはベスト」・・・再ブームが訪れております。理由はいくつかございますが、最大の理由は、「小型が飲み込めない」ということに尽きるのでございまして、特に今のような小型が湧く時期には、なるべくリリースできる個体を多くすることにおいて、絶大な効果を発揮いたします。上の画像は18cmと12cmのダブルヒットですが、おわかりです?小型の方はハリを飲み込んでいませんが、18cmの方は2つハリを飲み込んでおります(ちょっとわかりにくいですが)。ベストなリリースって、本気で魚の研究してみないことにはわかりませんけど、個人的には水中で片手でハリが簡単に外せる個体ならば、リリース可能と決めています。画像の12cmは撮影のため陸揚げして手で触ったので持ち帰りましたけど。

チンタメバル8号の特性を簡単に話させていただきますと、17cmくらいから上のサイズなら普通に吸い込みますし、このハリ、吸い込んでキスが反転した瞬間に喉の奥の部分に完璧にフッキングいたします。竿を送り込んだり止めたりといった古典的なロッドワークは一切必要なく、完全な向こう合わせで問題なく掛かります。で、何よりいいのは、掛かったら回収の最中に外されることはまずないという点で、完璧なキープ力を誇ります。繰り返しになりますが、小型も掛かりますが飲み込んでいない状態で上がってきますから、片手でハリをもって水中でゆすってやるだけでリリースができます。もちろん、キープしたければ持ち帰るのも自由ですけど。




釣果は10時くらいまでやってこんな感じです。10時以降は暑くて釣りになりません。早朝の釣りか夜釣りにシフトするのがよさそうですね。最大寸は23cm。小型も積極的に持ち帰りました。



これからの時期、キスの持ち帰りには特に気を使います。ベストな持ち帰り方を模索中ですが、ここ10年くらいは最低限、えらと内臓は〆た直後に必ず外し、そしてとくに胃液は完全に処理してクーラーボックスに入れるようにしております。こうしておけば、お腹が破れることはありませんので、1日おいて捌いたとしてもお腹周りがぜんぜんきれいです。最近はスーパーなどでキスを売っているのを見かけますけど、腹まわりが破れかかっているものがほとんどです。なぜそういう魚を売り物にするのか、ちょっとイラつきます。「キスは痛みやすい魚」というのは常識中の常識。

小型も全力できれいに背開きいたします。細かい骨も、サイズに関係なくすべてピンセットで抜き取ります。手間をかければ美味しくいただけるとわかっているから、手は抜きません。



魚はどのくらい冷やすのがいいのか議論の余地はありそうですが、キスの場合、ワタクシは冷凍保存を原則としていますから、キンキンに冷やしてもいいように思いますので、海水氷につけ込む方法も今検討中→次回やってみたいと思っております。クーラーボックスめっちゃ重くなりそうですけど・・・号泣

キス釣りのすべてのプロセスを全力で楽しもう!!





お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

最終更新日  2023.12.11 10:45:16
コメント(4) | コメントを書く


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ

利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


 Re:7/29 チンタメバル8号(07/31)   ヤスヲ さん
こんにちは。この時期にこれだけの釣果、さすがですね。良い型の紋付の青ギザミも混じっているようで、うらやましいです。

魚を食すること、リリースすることについて賛同いたします。私が「食べないのに釣る」より、さらに理解できないのは、釣れたフグなどを釣り場に放置する行為です。食べるために釣ることも殺生ですから、えらそうなことは言えませんが、持ち帰らない魚をリリースもせずあえて命を奪うようなことはしたくないですね。

さて、今回の写真にあった、キスが2本の針を飲んでしまうことなんですが、私はこのパターンが多いので、またまた質問させてください。
原因としては、やはりサビキ速度が遅いのでしょうか。対策としてはエダスの間隔を35cmまで広げたりしております。
Sankonさんのエダスの間隔についてのお考えがありましたら、是非お聞かせください。

今年は例年にも増して酷暑のようですので、熱中症にはお気をつけください。 (2023.08.02 17:24:29)

 Re:7/29 チンタメバル8号(07/31)   釣りキチsankon さん
毎度お世話になります。
フグの干からびた死体遺棄は、ほんとうに目を疑う光景ですよね。あれは釣り人という以前に人としての資質が問われる行為ですね。ちょっとだけ相手の立場になるという簡単なことなのですけど・・・。

お尋ねのエダスの間隔ですが、ワタクシは30cm以内にしてます。あまり深い理由はなく、これまでこの間隔で不都合を感じたことがないだけ。こだわる人はこのへんの薀蓄もおありでしょうし、そういうお方の記事を読ませていただいたこともあるのですが、あくまで競技を見据えたお話がほとんどなので、個人的には興味が遠のきました。ということで、間隔はだいたい30cm前後であればほぼ問題はないという結論です。あとはおっしゃるとおり、サビキ速度でありましょう。秒速2回転くらいの高速サビキにもアタックしてくる場面は多く、そういうケースでは1匹のキスが複数のハリを飲み込むことはまず起こりません。夏~秋にかけての数釣りではこういう釣り方をよくいたしますが、特に前半戦ではゆったりと巻く釣りになりますので、1匹が2本飲み込むケースはワタクシにもざらにございます。それだけ活性が高いということなので、それはそれでそのまま受け入れております。デカイのが混じりますから、基本的には高速サビキにはいたしません。基本的にワタクシは多点バリではない(3本バリ)ので、3連を狙っているのではなく、アタッた魚信は確実に掛けることを主眼においてますから、確実に捕獲できるという点では、むしろワタクシはこの現象を歓迎しております。あと、間隔を大きくしすぎると仕掛け全体の長さが長くなるので、3本バリの意味がなくなってしまいます。とにかく個人的にはショートな仕掛けが効率的にもトラブル防止の観点からもベストなので、エダスの間隔は30cm以内と考えてます。 (2023.08.03 09:22:17)

 Re[1]:7/29 チンタメバル8号(07/31)   ヤスヲ さん
釣りキチsankonさんへ

早々にお返事ありがとうございます。
おっしゃる通り、2本の針を飲んで確実に捕獲できたと考えれば、良いことのように思えてきました。
根掛かりが多いところで2本針でやることが多く、その2本を飲まれると、もう1匹釣れてくれればという欲が出ていることに気付かされました。

釣りにおいては、とかく「欲」がいけませんね。せっせと仕掛けを作って、餌を買って、数少ない休みの日に小一時間かけて行くのだから、1匹でも多く釣ろうという欲がついつい出てしまいます。
チンタメバル針の効用他、こちらのブログでかなりの勉強をさせていただきましたが、以前書いておられた、「釣れないこともありましょう。釣れることもありましょう。」の言葉が一番心に響いております。
なんとかその境地に至ろうと努力しておりますが、まだまだのようです。その点、最近の若い方達はルアーやエギ等で身軽に釣りを楽しまれているようで、見習う必要がありそうです。

このところ、暑さが厳しいことを理由にキス釣りに行っておりませんが、sankonさんはコンスタントに行かれているのでしょうか。私はメバル針の号数を落として3本針仕掛けを作りながら、9月くらいからのピンギス狙いに備えようと思います。 (2023.08.05 12:24:23)

 Re[2]:7/29 チンタメバル8号(07/31)   釣りキチsankon さん
ヤスヲさんへ
コンスタントに釣査をやってます。今は夜釣りポイントの新規開拓やってますが、3連続で撃沈しております。夜釣りのポイントを少しでも多く持っておくことは、いずれ昼間のポイントが何らかの形でオープンになってしまったり、壊滅したり(過去に何箇所か経験済み)してしまったときに、非常に助かると思って。夜キスをやってる人って、「夜にも釣れる」ということがあちこちで言われているにもかかわらず、ワタクシの海域ではほぼゼロに等しいです。 (2023.08.06 13:59:50)

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール

釣りキチsankon

釣りキチsankon

お気に入りブログ

広島の釣り 啓介0322さん
釣り坊主のボウズ キスカレイさん
釣りの部屋 ~広島県… 玲!さん
晴れたらいいね~女… 芽ネギさん
RYUの海へ行きた… 作ちゃん@釣蔵さん

コメント新着

 釣りキチsankon@ Re[2]:7/29 チンタメバル8号(07/31) ヤスヲさんへ コンスタントに釣査をやって…
 ヤスヲ@ Re[1]:7/29 チンタメバル8号(07/31) 釣りキチsankonさんへ 早々にお返事あり…
 釣りキチsankon@ Re:7/29 チンタメバル8号(07/31) 毎度お世話になります。 フグの干からびた…
 ヤスヲ@ Re:7/29 チンタメバル8号(07/31) こんにちは。この時期にこれだけの釣果、…
 釣りキチsankon@ Re[2]:7/9 キスのハイシーズンへ(07/10) ヤスヲさんへ ぜひっ、早起きされてみて…

フリーページ


© Rakuten Group, Inc.