【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x

せどりとアフィリエイトでプリウスを買うぞ!&鉄道模型とアンティークラジオ

せどりとアフィリエイトでプリウスを買うぞ!&鉄道模型とアンティークラジオ

Freepage List

Archives

・2024.05
・2024.04
・2024.03
・2024.02
・2024.01

Recent Posts

Category

2023.01.25
XML
カテゴリ:オーディオ

​​​​​​​​​​​

人気ブログランキング

おはようございます。

全国的な寒波が到来!びっくり
この辺はそんなに雪が降ることは無いのですが、今日は雪です!冬ごもりです...ウィンク

さて、「ターンテーブル修復計画 その3」です。

その2で作ったトーンアームの後ろ側とバランスウエイトを実際にNumark TT100に取り付けてみました。


ヘッドシェルが無い時には何とかバランスが取れるのですが、上の写真のように20g近いヘッドシェル+カートリッジ(Audio-technica AT-10G)を付けるとバランスウエイトを一番後ろまで下げても、ヘッドシェルが持ち上がりません。号泣

ちょっと重量不足のようですね。
最近手に入れたデジタル重量計で測ったところ71.9gでした。下矢印


重さが足りなければ、バランスウエイト(長ナット)に釣りなどで使う鉛板を巻き付けてみることも検討していますが、近所に釣具店は無いのですぐには対応できません。

なので、先日もう少し太い=重いボルトとナットを調達してきました。
こちらです。下矢印

M12x45mmのボルトと12x60mmの長ナットです。

前回と同じように、M12x45mmのボルトにM5x12mmのボルトを接着します。



取り付けるためのM5のネジとM12のボルト、12x60mmの長ナットの合計で150.7と倍以上の重量になりました。



まずこちらで試してみて、だめなら鉛板を調達しようと思います。

さらに折れたところにビスをねじ込んで使う予定でしたが、軸のボルト+バランスウエイトの重さゆえに少し不安定のようです。それで、少し改良しようと思います。

まず、トーンアームの折れたところに、M5のナットを瞬間接着剤で接着します。(M5のナットですねウィンク下矢印


トーンアーム、M5のナットとも接着面をヤスリで平らに削り、瞬間接着剤で貼り付けます。

出来上がり下矢印


そのナットに作成した軸のボルトをねじ込むことにします。

で、重い方のセットを使ってみたのですが......


​今度は重すぎた!​号泣

うーん、なかなかうまくゆかないですねー
仕方ないので少し短めの長ナットを調達して来ます。今日は無理かな?

以上、「ターンテーブル修復計画 その3」でした。

次回の「ターンテーブル修復計画 その4」もお楽しみに!​ウィンク




人気ブログランキング






お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

Last updated  2023.01.25 09:47:00


PR

Rakuten Card

Calendar

Keyword Search

▼キーワード検索

Favorite Blog

まだ登録されていません

© Rakuten Group, Inc.