4096542 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

草莽の記    杉田謙一

草莽の記    杉田謙一

【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x

PR

Profile

seimei杉田

seimei杉田

Comments

通りすがり@ あれ? 以前、眞子さまの件で「秋篠宮の教育が悪…
杉田謙一@ 松井閣下はじめ多くのご英霊のアジア解放の思いを継ぎ行きたい 拈華微笑さんへ 貴重な資料ありがとうござ…
拈華微笑@ Re:岡崎学習会報告(12/11) ■南京虐殺の虚構 『諸君 ! 』一月号の特集…
中村眞次@ Re:三島森田両烈士に顔向けが出来ぬが(11/24) 烈しく散ることだけが報国ではないと思い…

Calendar

Favorite Blog

日本大好き、好きで… 茶畑 元35さん
だって好きなんです… nyago1945さん
余多歩き くれどさん
北国からのこだま 山男7388さん
文春新書『英語学習… Izumi Yukioさん

Freepage List

2021.02.11
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類

忙しき日であった。夜間の国旗掲揚を中断して深夜に会場のおおよそを設置し、夜の食事をとってしまったのが大誤算。完徹は毎年のことだがきょうの配布資料をもう作り出さねば間に合わないとならぬと国旗掲揚を中断して資料作成に入ったのが誤算。3時までかけてしまって何とか完成。いざ国旗掲揚に走るとなんと雨。致し方なく家に戻って他の資料の製本や今日の会議予定案を作成。講師送迎役のともに資料を渡したのが朝7時。ここまでは何とか順調。あとは2時間かけて国旗掲揚をなし、52pだての冊子のカラー印刷をなし終え刈谷建国祭に行き急ぎ帰って12時から会場設定にはいれば万全、それが一気に激変したのは家人のけが。転倒してみるみるうちに腫れあがってくる。明らかに骨折はしている。今日は祝日で下手に救急車で病院へ走れば担当医のいる病院とは限らない。市に問い合わせてタクシーで走ってもらう。応急処置をしてもらう。こちらは建国作業で動けない。

幸い手の骨折だけで他の部位には異常なしとの事。迎えの要請電話があれども本日の資料完成が終わらない。開会の時間が迫る。やっと仕上げて、あとをスタッフに任せて迎えに。帰ったのはすでに式典が終わり講演が始まっていた。

これほどのピンチは人生でもそれほどなかった。

裁判員制度が始まり裁判員として犯罪を審議していた最中に父の死。喪主であったが電話で様々に家人に指示を出し、葬儀場に送り出した日はまさに重大な判決決定に絡む日。被疑者は裁判官の質問にすら一切答えず、なぜか私の質問にだけまともに答えるという異常な状態にあった。他の裁判員の質問なども私が聞く時だけしか答えない。その時のことが思い出されていた。重大な罪状決定時に被疑者が冷静な答えを言わないまま判決になるのは好ましいことではない。裁判官の先生に私の父の死を打ち明けると、こうした時のためにサブの裁判員がいるのだからといってくださったが、失礼ながら私としか口をきかない彼が語るとは思えなかったのでそのまま続行させていただいた。休み時間に家人に葬式の案内などの電話をすることの許可など配慮をしていただきながら。彼は判決言い渡し後に暴れて衛視が連れ去っていくというアクシデントを残した。

公事と私事とをあの時は両立できたがさすがに今日は公事に支障をきたしてしまって皆さんにご迷惑をかけてしまった。反省しきり。

岡崎の会は講師の村田春樹先生のお話が実に痛快で皆さん大いに感銘を受けていた。その後のレポーター先生の学術会議問題とリコール問題の活動成果発表は歴史に残る貴重なもので在ったように思う。

4時半終了。後片付けを終え家にて家人のケアーをする。

夕刻6時半からは愛知の建国祭最終の高浜市。これに葉県議一人市議3人が来賓あいさつをしてくださった、今年が2年目、

帰り今から国旗の収納作業。神社や幸田町をまずは降ろして置き後は家人のケアーと容体しだい。

明日朝病院再訪。転院して入院手術になるようだが頭を打っていないようで一安心。

 皆さんの熱意で県下各地の建国祭が何とか二桁の地にて開催できたことに深く感謝します。






お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

Last updated  2021.02.11 22:48:18
コメント(0) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.