2923409 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

Shionの部屋

全85件 (85件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 9 >

★ 子供 ★

2015/04/07
XML
カテゴリ:★ 子供 ★

なンか、この記事を「こどもフォトギャラリー」というテーマに同時投稿すると、
「抽選で5名様に、MUJI GIFT CARD 2,000円分 プレゼント」
とかいうお得キャンペーンをやってるモヨウ。

ですが、我が家の可愛いサエ姫は、
もはや、ブログに顔写真を晒すのをOKしてくれる年頃ではなくなりました。
応募できず、残念ですー。


桜シフォン
 


とはいえ、今でも、
「一緒にスターバックスに行かない?」
と誘えば、ついて来てくれるサエ姫。
この日は、部活の都合で送っていく道すがら、スタバに立ち寄り、
季節限定の桜シフォンケーキを、いっしょにいただきました。

お姉ちゃんのメイも、誘えば付き合ってくれる・・のかも知れませんが、
生活時間の都合上、私と予定が合わなくなってしまい、
そうとう前からお互いの予定をすり合わせないと、
一緒にお出かけは本当に難しい年頃になってしまいました。

そんなわけで、まだまだ「学校帰り」「たまたま学校に送り迎え」
などのタイミングに、こうして一緒にコーヒー・ブレイクできるサエとの時間は、
子育て最終章を迎えている私にとって、大切なひとときとなっています。


桜晴れ
 


今年は美しい桜の姿を拝む機会に何度も恵まれ、良い春でした。
サエは、お友達と一緒に出かけたお花見で、
すばらしい桜並木と花吹雪を見たと、写真をシェアしてくれました。

スマホを介して、子供が感じたもの、体感したものの一部を、
ちょっぴりでもおすそ分けしてもらえる・・・
現代のテクノロジーがもたらしてくれる愛情のかたちに、小さな感謝を感じる春です。



 ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 さくら ありがとう。 さくら



*この春、食べたいケーキをメモ。*

(※画像クリックで楽天市場のショップさんへ跳びます)








そういえばオレンジって
今が旬なんですよねハート


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村






Last updated  2015/04/07 11:56:05 PM
コメント(1) | コメントを書く
2013/04/10
カテゴリ:★ 子供 ★
 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

「高校生ママの日記」のカテゴリーで日記を書くなんて、
月日の経つのは早いものだわ~とちょっとしみじみです。

サエ姫が、とうとう高校生になっちゃいました。(大笑い)
同じブレザーとスカートの制服でも、中学校のドン臭い、
ストンとしたデザインに比べ、高校の制服は女性らしい線
がさりげなくアピールされていて、なんとも色っぽいという
感じがしました。いつのまに、こんな体型になってたの?

さて、そんなサエの、高校生活初めてのお弁当がこちら。


お弁当


・・・もの凄くやる気の無い内容に、我ながら笑いが出てきます。
上の娘のときは、中学からずっとお弁当だったので、習慣化して
いたのですが、サエは給食だったから、勘が戻って来ないです。

ちなみに、お弁当の外装は、こちら。ちょっと多めに入るかな?

お弁当箱

上の段には300、下の段には330ml入るタイプのものです。

メイ(姉)のときは、毎日毎日のお弁当作りに飽きて、けっこう、
冷凍食品を使っていたのだけど、最近の中国の汚染報道などで
以前より原産地を厳しく見るようになってしまった自分がいます。
サエには、手作りのおかずを、できるだけ徹底していきたいです。

しかし、女子高生のお弁当の「平均」って、どんなのなんだろう??
メイの仲良しさんは、ママがマメな人がいる一方、カフェテリアでの
昼食を、しょっちゅう許しているご家庭も、買い食いもあり、でした。

うちの子たちの共通した特徴のひとつに、「買い食いは嫌い」という
事があり、カフェテリアや買い食いは今後もあまり喜ばないでしょう。

ママはこれから、また、ハチマキを締め直して、がんばらなくちゃ!




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

さくらいつもありがとうさくら


 
design by sa-ku-ra*






Last updated  2013/04/15 09:20:20 AM
コメント(1) | コメントを書く
2012/12/08
カテゴリ:★ 子供 ★
 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


写真を整理していたら、12月8日に写したのが出てきました。
もう去年のだから、ブログには使えないわね、と思ったら・・・
よ~く考えたら、楽天ブログは、1ヶ月前の日付までは追記が
できるのでした。という訳で、せっかくなので貼っておきます。

・・・それにしても、先月の写真なのに、すごい昔に感じられます。
「年をまたぐ」って、すごいリセットパワーがあるものですね~。


CIMG4767


モミジの写真は、撮る年はかなりの枚数を撮っているのですが、
ひとたび、撮らないサイクルに乗ってしまうと、撮らず仕舞いに。
2012年は、「撮らない年」でした。理由は 私生活の多忙、です。
仕事に私生活に と忙しかったので、「紅葉がきれいだろうな。」と
思いつつ、夫におねだりして遠方に出かける気力が捻出できず。


CIMG4765


この写真を撮っていた頃、慌ただしさの原因となっていたのは、
長女の成人式の前撮り(成人式前に写真だけ撮ってしまうこと)
それと、次女の高校進学(の成績)についてのあれこれでした。

次女のサエは、「大好きなことは大好き、嫌いなものは嫌い。」
という傾向が、実にハッキリした子で、「私って文系なの手書きハート」と
豪語するものの、社会科目で得意な分野が1つもない、という、
呆れ返るような少女です。(※大抵、どれか1つはできると思う
のですが、地理も歴史も公民も、最初から捨ててるカンジです;)


白い菊


まあ、私立だけを狙えば、3教科を意識すれば簡単に入れますが
こういう、日本の受験教科のシステムって、どうなのでしょうね??
とりあえず押さえで私立合格を確保する為には、3科受験じゃないと
受験生への負担が大きすぎる(私立によっては問題がすごく難しい)
ので、仕方がないですが・・・理社を免除でするっと高校に入っても、
すぐに、大学受験に向けて、猛ダッシュしなければならないわけで、
もし、そこから国公立を狙うなら、理社のウエイトが結構大きい・・・。

我が家のサエの場合、「行く行く!大好き!」な、高校の選抜科目は
なんとかクリアできても、その後の理社はどーなる?という、春から
の心配が、私のなかで巨大なわけです。手が回らないのでは?と・・
サエは上の二人に比べ、可愛いお馬鹿ちゃんだと諦めてたのですが
学年が進むにつれ、主要教科は上の子たち並みの成績になり、ホッと
して何となく過ぎてきました。が、このツケが今後まわって来そうです。


ピンクの菊 


自分の高校時代を振り返ると、「生物」という教科に初めて出会って
完全にハマり夢中になりましたし、世界史の先生が大嫌いだった為
その先生に言いたいことを言いたいときに、自由に言える自分でいる
ために、めちゃくちゃ勉強して、常に成績をトップレベルにしたことも。

高校になると心の中の別な部分にスイッチが入るような気がするので
予想もできない科目が、春から、サエの興味に上がってくるのかも・・?
高校3年間は、長いようであっという間。早く相性のいい教科を見つけ
かつてない人生の試練である、大学受験に向け頑張って欲しいです。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

さくらいつもありがとうさくら


 
design by sa-ku-ra*






Last updated  2013/01/21 07:54:54 AM
コメント(0) | コメントを書く
2011/10/03
カテゴリ:★ 子供 ★
 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人間・いのちへ

ガーベラ

爽やかな秋は、大掃除に最適なシーズンでもあります。

賢い主婦は、年末の大掃除なんて待たずに、「秋掃除」で
半年分の整理整頓、取捨選択、家の中を片付けるのが賢い。

というわけで、日頃不精な私も、「使わなくなったもの」
が ないか、家の中をチェックしてみることにしました。

こんなとき、一気に不用品を見つけ、片付けるコツは、
「子供たちに聞いて、不用品を出してもらうこと。」

成長著しい子供たちは、ほんの数年前に買ったものでも、
用済みになってしまうので、不用品がたくさん出てきます。

そんななか、こんな「不用品」があるのに気付きました。
サエ(中2)が「要らない」と出してきたもの・・・・・。


クレアーズ


「クレアーズ(子供向け雑貨屋さん)」の、いちごのバッグ。

「えー。これ、可愛かったのに。サエ、何かに使えないの?」
「使えるわけないじゃん、どう考えても。要らないから、はい。」

母に押し付けられる前に とっとと手放そうとする、サエ。
私はサエに押し返されるまま、バッグを手にとったものの・・・
そのまま、ゴミ箱へポイする気持ちには、どうしても、なれません。

このバッグを買った日・・・サエは、小学校低学年だったなー・・。

なんでも大切に扱う、姉・メイのお下がりが山ほどあるので、
新しいものは、雑貨にしても服にしても、あまり、買って貰えない・・・
サエはそのことを理解していたので、「買ってもらえるだろう」という
期待をしないでウィンドウショッピングをすることが多かったのでした。

そんなある日。サエと買い物帰りに立ち寄ったクレアーズで、
このバッグが半額になっていたのを見つけ、サエに似合うかな?と思い

「これ、可愛いんじゃない?値段安くなってるし、買ってあげよっか。」
と軽い気持ちで提案すると
「わあー!ほんとに?!こういうの、大好きー!」
とサエのちっちゃな目が、驚きでまんまるに。

小さなバッグをいそいそとレジに運び、会計を済ますと、
サエは私を見上げ「うれしい!ありがとう!大切にするね!」と
喜びではちきれそうな、可愛らしい笑顔を見せたのでした・・・。

私の記憶の中にある、あのサエの笑顔は、昨日のことのよう。

今や私と変わらない身長になってしまったサエにとって、
ハンカチとポケットティッシュでぱんぱんになってしまう、
こんな小さなバッグは、どうやっても使えない代物でしょう。

捨てる?

このバッグは、サエにあんなにいい笑顔をもたらした、特別なもの。
どうして捨てるなんてことが、できましょうか?

とか うだうだ、言っていると、
秋だろうが年末だろうが、大掃除ははかどらないわけで。

大掃除は、思い出の整理という、心の問題と連動するので、
なかなか片付かないなあ・・・と、ため息が出るのでした。


ラインハート013.gif


 お帰りの前に。 

日本に、第二次世界大戦前の、思想監視警察のような機関ができる!?
まるで、映画20世紀少年そのままの、思想取締機関が全国設置されそうです。

信じられないかも知れませんが、これは現実です。
下のリンクに跳んで、私たちの国に起ころうとしていることを知って下さい。
 
バナーc

テレビはこの情報を遮断してます。(NHKさえも)
国会中継を詳細にご覧になっていない方、
今のうちに知り、ご家族・お友達と情報共有を!


なぜ私がこんなことを書くのか不思議に思う方へ。
理由は、私のブログの、今から1年前のこの記事に、
目を通していただけるとお解りいただけると思います。
↓   ↓   ↓
いのり。

私はどこの政党・思想団体・特定宗教にも属さない、ただの一市民です。
私のことは、このブログの過去5年間、1300以上の日記の中から、
どれでもご自由にお読みになり、信頼できるかどうか、ご判断下さい。
私を信じて、ページを開いて下さいますよう・・・心から祈っています。
↓  ↓  ↓
◆人権侵害救済法案の危険性について、ちょっとだけ知ってみる。◆



にほんブログ村 その他生活ブログ 季節・四季へ
 日本に、真の平等と言論の自由を! 


 
design by sa-ku-ra*






Last updated  2011/10/16 07:23:53 PM
コメント(2) | コメントを書く
2011/08/06
カテゴリ:★ 子供 ★
 
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人間・いのちへ

可愛いでしょ?特に、花輪が頭にあるところが。

アメリカのドレス需要は知られているところですが、
日本の女の子達にも、もっと広がっていいと思います。




我が家も購入したことがある楽天市場の子供ドレス専門店、
キャサリンコテージさん。ここの、お写真が可愛いのです!
私がツボの、少女用のドレスをいくつかご紹介しておきます。



フワフワとした、結婚式や発表会用のドレスはもちろん、
「アリスコレクション」というシリーズもすてきです!



これは、「アリス」というより「オズ」のドロシーみたい?
水色のチェックのドレスと言うと、ドロシーを思い出します。



こちらは、アリスちゃんでしょうか?これから10月のハロウィン
に向けて、何度も楽しく使うことができるかも知れませんね~。



このお店は、小物の品揃えも充実しています。



日本製の高級シューズ、なかなか手に入りません。



前にも一度ご紹介したことがあるドレス。これはツボ!



七五三、ハロウィン、クリスマス、とおめかしが続く季節、
秋冬にターゲットを絞ったドレスもいろいろ、あります。
ちょっとウィンドウ・ショッピング、覗いてみてはいかが。


・★・★・★・★・★・★・★・


★ 緊急拡散! ★

日本に、言論と思想を取り締まる特殊機関が設立される!

これで、政権批判の口も封じられる・・・
私達の国は、中国や北朝鮮と同じになります。

 ↓  ↓  ↓
人権侵害救済法反対!全国陳情プロジェクト
 ↑  ↑  ↑
ぜひ一度、お目通しを!!


なぜ私がこんなことを書くのか不思議に思う方へ。
理由は、私のブログの、今から1年前のこの記事に、
目を通していただけるとお解りいただけると思います。
↓   ↓   ↓
いのり。
↑   ↑   ↑
文字クリックで、このブログ内の日記に跳びます。

私はどこの政党・思想団体・特定宗教にも属さない、
ただの一市民です。
私を信じて、ページを開いて下さいますよう
・・・心から祈っています。



にほんブログ村 その他生活ブログ 季節・四季へ

 
design by sa-ku-ra*






Last updated  2011/08/29 01:21:32 AM
コメント(2) | コメントを書く
2011/07/24
カテゴリ:★ 子供 ★
 

にほんブログ村 その他生活ブログ 季節・四季へ

中学2年生になったサエ。やや遅めの夏休みが始まったけど、
今年は部活日が馬鹿に出来なく多くなってきたので、宿泊を伴う
家族の夏休みの予定が定まらなくなってきてます。ピンチです。


木の葉きらり


最悪、旅行は行かないという選択肢もあるけど、寂しすぎるかも~。

で、最悪、旅行は行かないことになっても宿題はきっちりあるわけで。

なんと、中学生になったというのに、「自由研究」があるって言うじゃ、
ありませんか!・・でも、あれ?去年、1年生の時には無かったような。
よくよく聞いてみると、理科の先生が変わったのだとか。方針変更ね。

我が家の夏休みの自由研究は、どの子(=3人)も、何か1つの動物に
ターゲットを絞って研究し尽くす、というパターンが多かったのです。
例えば、ハムスター。恐竜。馬。上野の国立科学博物館にも研究の手法
として行くようにし、図鑑を数冊調べる、科学展、実物の写真撮りなど、
いろいろな観点から考察できるよう、資料集めにはこだわりました。





しかーし。今回はさすがに、中学生になったということで、紙も小学校
の模造紙と違い、レポート用紙にまとめるわけだし、あまり、幼稚な
構成になるのは、避けたいところ。さて、サエ、どうするつもりでしょう。

小学校の頃は、部屋中に広がった模造紙の上でサエが奮闘するのを手伝い
ながら、近くで見てきた自由研究ですが、今回は中学生なので、静観です。

ちょっとお値段が高かったけど(5千円弱)、我が家の自由研究に力を発揮
した本は、これ。自由研究のとき以外にも子供達がよく開いて読んでました。



でもさすがに中学生になったし・・今買うとしたらどんな本がいいのでしょ。

科学館が教えるおもしろ自由研究

科学館が教えるおもしろ自由研究
価格:1,365円(税込、送料別)



↑雑誌・Newtonの別冊みたいだし、値段も安いし、買ってあげようかな?
30種類以上の家でできる科学実験や工作が解説されている、とあります。
「オリジナル入浴剤を作ろう」なんて、私がやってみたくなるわ~(笑)。


部活三昧の日々を繰り返すだけで、夏休みが終わっちゃいそうだよー。
本格的に夏休みが始まってから数日、部活のない日は遊んでばかりで、
自由研究のことは考えないようにしている気配の、サエ。大丈夫??

あたりまえですが、国数英の3教科の宿題はもちろん、出ています。
我が道を、歩きたいように歩き、道草を食いたいように食っている
サエからは、計画性のかけらも感じられません~。あーあ。(笑)。

どうか、宿題をしっかりと終わらせてから、遊んでくださいよ?
マイペースな末っ子ちゃん、やることはしっかりやって下さいませ。


ラインハート013.gif


★ 超緊急拡散情報! ★

日本に、第二次世界大戦のときにあったような、
言論と思想を取り締まる特殊機関が設立される!?

これで、政権批判の口も封じられる・・・
私達の国は、中国や北朝鮮と同じになります。

 ↓  ↓  ↓
人権侵害救済法反対!全国陳情プロジェクト
 ↑  ↑  ↑
枠(=バナー)クリックで解説サイトに跳びます!
TVはこの問題点を報じません、ご家族・お友達と情報共有を!



なぜ私がこんなことを書いているのか、不思議に思う方へ。
理由は、私のブログの、今から1年前のこの記事に、
目を通していただけるとお解りいただけると思います。
↓   ↓   ↓
いのり。



私はどこの政党・思想団体・特定宗教にも属さない、ただの一市民です。
私が信用に足る人間かどうかについては、
このブログの過去1300件以上の記事の中から
どれでもお好きなエントリーを読んでいただき、
私という人間を判断する材料にしていただければ・・と思います。

私を信じて、ページを開いて下さいますように。心から祈っています。






TVからの情報が途絶えたことに気付いた人たちが情報を寄せ合う、
草の根SNSです。生活が忙しくニュースを見落としがちな人にお勧め。


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人間・いのちへ 

この国に、真の平等と平和な未来を!

 
design by sa-ku-ra*






Last updated  2011/08/03 07:27:38 AM
コメント(0) | コメントを書く
2011/06/01
カテゴリ:★ 子供 ★

  にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人間・いのちへ

  650天道虫と白詰
          posted by (C)しおん

この世界には「厨二病」と呼ばれる病があるらしい。
おもに、中学2年で発症する病気かと思いきや、
必ずしも中学2年生が罹る病ではない、という。

「どういうの?それって、どういうの?」

具体的に説明して、と、ネット大好きなリョウやサエに
しつこく食らいついてみたが、どうも、内容が判然としない。
仕方がないので自分で検索して、調べてみた。

(※こういうとき、「自分で調べなさい」という意味のことを、
ネット用語では『ググれカス』と言うらしい・・・覚えた♪)

ウィキペディアによると、「厨二病」または「中二病」とは、

>思春期の少年が行いがちな珍妙な言動に対する蔑称の一つ

なのだそうだ。

フーン。

中学二年生。
自分のことを思い出してみると、確かにあの頃は、
世界はなんだかギスギスと、余裕のない争いに満ちていたように思う。


   田植え
          posted by (C)しおん

私が住んでたのは、超山地の小さな村落だったから、
同じ学年のメンバーは、ほぼ幼稚園のときからいっしょ、変りなし。
クラスはたったの2つ、その一クラスも25人しかいない(男女合わせて25人ww)
というありさまだったので、本来なら中学2年になろうが、何だろうが、
劇的なコトは何も起こらなそうな気がするが・・・。

それでも・・・そういえば、あんな小規模な田舎でも、
中学2年の時は日々、せめぎあう何かがあり、世界は一触即発だった。
犬で言えば、生後7ヶ月から9ヶ月くらいの、やんちゃで聞き分けがなく、
他者を意識して競いたがり、言う事を聞かずに牙をむいて歯向かってくる頃だろうか。

心と身体が健康な思春期であれば、犬と言わずヒトと言わず、
当然そうなるであろう状態を、「中2病」と言うのかも知れない。
私の記憶の中にある中学2年は、本来、退屈なはずの日常が、
白か黒かのキツさをもっていた。1日1日が、とてもハードだった・・・気がする。


  650色変マーガレット
           posted by (C)しおん

さて、中2といえば、我が家には中2真っ只中の少女がいる。
サエ、13歳。 世に言う「中2病」に罹患するお年ごろである。

最近のサエちゃまは、ひどく怒って帰ってくることがしばしばだ。
まずは「お腹すいた!」と怒りながら、ずかずかと玄関から入ってきて、
おやつを平らげ、落ち着いた・・と思ったら、
「ねえーっ!聞いてよぉ!今日アッタマくることがあってさー」
という「思い出し怒り」が始まる。
えんえんと続く、サエの、「理不尽な世界への怒り」を、私はたっぷり30分は聞かされる。
サエが中2になってから、私の日常に新しくセットされた定期スケジュールの1つだ。

サエが、何にそんなに怒っているのか・・・例えば、こんなエピソードがある。
サエのクラスの、何かの教科の先生が「お気に入りの生徒」を、あからさまに可愛がる。
サエには『木岡さん』と苗字呼びなのに、
お気に入りの生徒に対しては『ミクちゃん』と下の名前で呼ぶんだそうだ。
で、サエにはわけのわかんない問題をあててくるが、
先生のお気に入りの生徒に対しては、きわめて易しい問題を出し、
当然正しい答えを言えて当たり前なのに「よくできますね」と絶賛するんだそうだ。

むー・・・それって、「たまたま」なんじゃない?
てゆーか、サエの思い込みなんじゃない?
先生も、贔屓とかじっさい、めんどーだろ。

率直な意見を述べてみるが、サエは納得しない。
だいたい、私にだけじゃない、◯◯ちゃんにも昨日は嫌味を言ったし、
▽▽ちゃんには今日は◇◇◇って言ったの。ミクちゃんのときとは大違い。
昨日とつじつまが合わないでしょ?昨日は◯◆って言ったのに。
と、えんえんと続く、続く。

分析してみると、どうやら、
サエにとっては、教師の一貫性のなさが一番目に付くみたいだ。
昨日の発言も、一昨日の態度も、全部脳内にファイリングして覚えておき、
そこに、整合性の無いことが発生してくると、我慢がならない。
それが、自分ではなく、「友人」という他者に向けられた矛盾であっても、
矛盾発覚と同時に強い怒りが沸き起こり、残り半分の授業が上の空になる・・ということらしい。


  ハコベの花 画像
           posted by (C)しおん

そういえば、自分の中2時代を思い出してみても、
厳しいけれど、主義主張においてまったくブレがない、男性体育教師は、
生徒からの信頼が厚く、人気が高かった。

サエは・・中学2年生は、「確かなもの」「正しいもの」を求めてるんだ・・・。

中学2年生は、戦っている。
世界の矛盾と。

見えない敵とたたかう、中学2年生。
たぶん、私たちが中学の頃もそうだった。
サエの兄、リョウは大人しい子だったけれど、7年前を思い出してみると、
やはり、同じ年頃のときは、正義を勝ち取るため、
危なっかしい、勝ち目のない戦いに突っ込んでいってしまったことがあった。

多くの、若い動物たちが生き残るため、神からそう、プログラミングされているように、
人間も、この一番大切な成長期に、生きるために一番大切な力を磨くのだろう、意識せずに。
新中2の、1学期は、見えない敵と戦う、中2戦争が勃発するときだったのだ。

「お母さん、あのね。歴史の教科書で、英雄みたいに書かれている人がいるでしょう?
負けちゃったほうの人は悪みたいな流れで、勝ったほうがヒーローみたいな扱い。
でも、実際に見ることはできないわけだから、そういうイメージを持つのって違うよね。
もし、その時代に行って、直接話してみたら、
負けたほうが案外といい奴で、友達になれるタイプかも知れない。
ただ、唯一、負けたことが残念なだけかも・・・。
歴史を勉強してるとね、そういうことを思うよ。」

サエが戦って、勝ち取ろうとしているものは、正義。
とかく、この世は必ずしも正義が勝つとは限らないものだけど・・
でも、この中2の戦い、サエには妥協せず、とことん正義を追求して
納得のいくまで、ものごとを考えていって欲しい。そう思う。



ラインハート013.gif


 お気持ちに余裕のある方へお願い 

私のブログの、もうひとつのつぶやきにも
目を通していただけるとうれしく思います。
↓   ↓   ↓
いのり。
↑   ↑   ↑
文字クリックで、このブログ内の日記に跳びます。


にほんブログ村 その他生活ブログ 季節・四季へ








Last updated  2011/06/23 12:41:45 AM
コメント(0) | コメントを書く
2011/03/03
カテゴリ:★ 子供 ★


「日本の墨絵って、すごいね!墨絵にそっくりの景色だったよ!」
中学1年。初めてのスキー教室から戻ってきた末っ子サエ・13歳の言葉。

後日、たくさん撮ってきた写真を見せてもらったところ、
ひたすら「雪景色」を撮りまくっていたようで、
たくさんの「墨絵みたいな写真」が出てきました。

せっかくなので、「サエがびっくりした雪景色」の写真を、
ここに、いくつか載せておこうと思います。


400雪景色2 

「特に、遠くの山を見たとき、あ、墨絵でこういうの見たことある!って思ったよ。」

400雪景色1 

雪国の人には見慣れた景色でしょうか?
我が家があるあたりは、雪がほとんど降らないのです。
重そうな雪を支える枝を見て、思わずシャッターを押した、
サエの子供らしい感性が伝わってきます。

400雪景色 

車中から撮った風景。
なるほど、私も久しくこんな景色は見てないわ。
ほかに、雪に車が埋もれる写真も多数あり。(笑)

400雪景色3 

宿の窓に貼りついて、外の景色を撮ったそうです。
どこまでも寒そうに続く、雪景色・・・・
興味津々、窓に顔を押し付けているサエの姿が見えるようです。

  *  *  *  *  *

サエ13歳、初めてのスキー教室の収穫は?
なんと、リフトに乗って、上から滑り降りてくることができるようになったそうです。
地元の、インストラクターの方が、面白いお兄さんだった、とのこと。

これで、我が家で一番「滑れない」のは、私になったかな?(笑)
家族でスキーに行ったら、私だけ置いて行かれそうです。


にほんブログ村 その他生活ブログ 季節・四季へ ←ありがとう


ラインハート013.gif


緊急拡散!■■■マスコミが報じない民主党■■■←クリック!
↑かなり知れ渡ってきたとは思いますが・・まだ読んでいない、という方は、ぜひ。↑


 お気持ちに余裕のある方へお願い 

私のブログの、もうひとつのつぶやきにも
目を通していただけるとうれしく思います。
↓   ↓   ↓
いのり。
↑   ↑   ↑
文字クリックで、このブログ内の日記に跳びます。









Last updated  2011/03/20 02:11:23 PM
コメント(1) | コメントを書く
2011/02/20
カテゴリ:★ 子供 ★
 

娘の大学受験で余裕がなくて、つい忘れたというか
ここに書き忘れてたのですが、今年、長男のリョウが
成人式を迎えてたのでした。(って1月の話題雫

今さらってカンジですが、リョウくんの思い出画像を少し。


リョウ1

これは、新生児というか生後1ヶ月のリョウくんの姿。
初めて我が家にリョウを迎え入れたときの写真だと思います。

とりあえずよく解らないので新しいベッドに寝かせてみました。
ベビーのサイズ対比、ベッドがデカ過ぎ!無駄サイズ!だと
思ったのですが、すぐにここが狭くなってしまいましたっけ。
リョウが向こうを向いたときにつまんないと可哀相だと思い、
紙にクマの顔を描いて吊るしてみましたところ、見てました。

リョウ2 

リョウくん3歳、初めてのデイ・キャンプで張り切るの図。
「カマドは台所だよ~。石で作るから持ってきて」と言ったら
よいしょ、よいしょ、と一生懸命、働いてくれました。
長男ならではの責任感が光る、一場面だったと思います。


リョウ3

幼稚園年少、3歳児クラスに、初めて持たせたお弁当です。
野菜が少ない印象?プチトマトだけでも入れればいいのに?

はい。私も一度は写真を見て「あれ?」と不思議に思ったのですが
少し考えたら、思い出しました・・この栄養が偏ったお弁当は、
幼稚園の先生からの指示なのです。「自分で食べた」という確かな
自信をつけてあげるため、栄養バランスを無視して、好きなもの
だけを入れてください、というお話を聞いていたのでこうなりました。

リョウは小さな頃から特に大きな病気もしないで、
すくすくと、あっという間に大人になってしまいました。

神様、リョウに健康な体をくださり、ありがとうございました。
なんでもない、平凡な日々に、心から感謝したいと思います。


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人間・いのちへ 


ラインハート013.gif


緊急拡散!
『マスコミが報じない民主党の真実』より
■■ 国民が知らない民主党の主張 ■■←クリック!

↑大増税開始。生活を守る情報が満載。↑


 お気持ちに余裕のある方へお願い 

私のブログの、もうひとつのつぶやきにも
目を通していただけるとうれしく思います。
↓   ↓   ↓
いのり。
↑   ↑   ↑
文字クリックで、このブログ内の日記に跳びます。




 
design by sa-ku-ra*






Last updated  2011/03/05 11:28:51 PM
コメント(2) | コメントを書く
2010/12/23
カテゴリ:★ 子供 ★

 0906夕焼け1
      
夕暮れがせまる街の広い歩道に、私は自転車を走らせていた。
幸い、歩行者も自転車も他にはなく、私はママチャリをがんがん飛ばす。
後ろの子供用座席には、末娘の紗絵。
たった今、スイミングスクールが終わって濡れた髪をタオル帽子に包んでいる。5歳。
一人目の子供だったら、かわいい盛りだろうか。
でも今の私の頭の中に、紗絵のことは全くない。
家にはこれから急いでピアノ教室に送っていかなければならない、10歳の長女・芽衣がいる。
スイミングが終わった紗絵を10分で着替えさせ、10分で家に戻り、
その5分後には芽衣をピアノに送らなければ間に合わない、いつもの木曜日。
今日は紗絵がなかなかプールから上がってこなくて、遅くなってしまった。早く帰らなきゃ。

赤信号に阻まれ一時停止すると、紗絵が突然、

「今年、サンタさんにお願いするものが決まったんだ。」

と言う。熱くなった頭が少しだけ冷えて、興味をひかれた。

「へー。何を頼むの?」
「ええとね、本物のお星様。」

これは驚いた。なんと意表をつくお願いだろう。
てっきりTVアニメのキャラクターのおもちゃだと思っていたのに。
どうしてそれに決めたわけ?と聞くと、

「だって、お店で買えるものなんて、面白くないじゃない。」

と言う。なるほど。

「でも、お星様って、遠くにあるじゃない?
もしかしたら、紗絵が見ている、ビーズみたいな小さな感じより、
近くに来たら意外と大きいかもしれないよ?」

と言うと、

「そんなのわかってるよー。」

ばかにしないで、という顔で笑う。

「どのくらいの大きさだと思う?実際のところ。」

と聞くと、自分の小さな握りこぶしを差し出して、

「このくらいは、あると思うよ。」

と言う。そして、

「魔法を使うときは、きっともう少し・・このくらいは、大きくなると思うんだ。」

と、両手を広げて大きな『マル』をつくってみせた。

7センチくらいから50センチくらいまで、直径を変えて輝く本物の星。何て素晴らしいんだろう。
私はキラキラ輝く魔法の星を、自分も欲しい、と思った。

『・・君にはもうじゅうぶんにあげただろう?』

ふいに、頭の中に、はっきりとした男の人の声を聞く。子供の頃、いつもクリスマスにおもちゃを持ってきてくれた人だ。一体どんな人だろう、と想像するばかりで、一度も会えないまま大きくなって、小学校に上がって。それからあんなの迷信だった、本当はいなかったんだ、と悲しくなって、私は子供時代に別れを告げた。
少しずつ大人になりながら、私は子供時代に、魔法はすべて置いてきたと思っていた。
でも初めての子供が生まれて、最初のクリスマスを迎えたとき、まったく予想もしなかったのに、彼と会うことができた。あんなに会いたかった子供の頃は、決して会えなかったのに。
『わたしを覚えているかい?昔のよしみで、頼みたいことがあるんだが。』と言われた声を、今でもはっきり覚えている。私が日常生活に振り回される、つまらない大人になってしまっても、彼は私のことを忘れないでいてくれた。

私は心の中で訴えた。

『でも、本物のお星様は、一度も、お願いしたことないもん。欲しいな。』

すると苦笑したふうの彼が言う。

『それは、この子の心が君よりずっと上にあるということだよ。せいぜい心して育てることだね。』

やっぱりだめだよね。私はちょっとがっかりした。
それでも『はい、大切に育てます』と素直に彼の言葉を心に刻む。
この子は未来からの預かりものだ。私なんかより、ずっと高いところまで上っていく可能性を秘めている。
言われなきゃ、忘れてるなんて、私は本当にたいした親じゃない。

自転車の後部席では、紗絵が夢見るように、熱をいれて、
『いかに本物のお星様がすばらしいか』を語っている。

私はもう一度、ダメ押しをするように、彼にお願いをする。
もらったオレンジ色のクマの縫いぐるみは、大きすぎて隠れやしないのに、
無理やり左手で背中に隠し、私はすました顔で右の手のひらを差し出す。
彼の前では、私はいつも小さな女の子だ。実家でぼろぼろになって、親が捨てられずに困っている、汚いクマのぬいぐるみは、いつもふかふかでぴかぴかのまま、私の手の中にある。
あまりにわがままで厚かましい私に、彼は

『少しだけだよ。』

と、困ったように笑いながら、それでも私の右の手のひらに、小さな、ビーズのような強く光るひとかけらを、そっとのせてくれた。
私は心の中で『ありがとう』と言うと、その光の粒を抱きしめる。
それは胸の中であたたかく輝いて、強い魔法の力を放つ。紗絵からの、魔法のおすそ分けだ。

そう、私は知っている。この魔法の星のかけらが一番強く輝くのは、今年のクリスマスまで。
紗絵の魔法が続くあいだだけ、特別な光を放つ星のかけら。
紗絵の、”大きいほうの星”は、彼女自身に吸収されて、また別の夢に生まれ変わり・・
いつか遠い未来に、本当に彼女が困ったときに、魔法の力を発揮するだろう。

黄昏色の空を背景に、信号が青に変わる。

「ねえ、サンタさんからお星様もらったらさ、ちょっとだけ母さんにも貸してくれない?」

自転車のペダルに足を掛けたまま、振り返ってそう言うと、
紗絵の顔がぱっと輝いた。

「いいよ!貸してあげる!芽衣にも、お友達にも、誰にでも貸してあげるんだー」

あまりの気前の良さに、私は思わず笑ってしまった。
喜びは、誰にでも分けずにいられない性格は、神様から彼女への、一番の贈り物だ。


人生に、奇跡は起こる。何度でも。
不思議な魔法のシーズンが、もうすぐやってくる。



(November.14.2003)



ラインハート013.gif



 お気持ちに余裕のある方へお願い 

私のブログの、もうひとつのつぶやきにも
目を通していただけるとうれしく思います。
↓   ↓   ↓
いのり。
↑   ↑   ↑
文字クリックで、このブログ内の日記に跳びます。



お心に留まるものがありましたら
1クリック頂けるとうれしいです。

↓  ↓  ↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人間・いのちへ
ありがとう!








Last updated  2010/12/28 02:56:31 PM
コメント(2) | コメントを書く

全85件 (85件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 9 >

PR

Profile


しおん★☆

Calendar

Category

Free Space

◆犬猫の里親募集サイト↓

いつでも里親募集中


◆日本と世界の「今」がわかる!
「パチンコ屋の倒産を応援するブログ」

rHuuUFO6vIgwcgk1402181783_1402182161.jpg


◆中国共産党に屈しない華人系TV局↓

x7Lgj9ZYhuN_OZA1402179836_1402180085.jpg

◆普遍的な人間の価値観、権利、自由を支持
中国の真相を伝える、独立した報道機関↓

YH2qfM3XOa55OUe1402180904_1402180982.jpg


◆日本周辺の軍事事情(グーグルマップ)↓

oBxKyfexipK7ezE1401890275_1401890351.jpg

◆ここ数日のPM2.5の値(国立環境研究所)
※下の図『硫酸塩エアロゾル』がPM2.5です↓

i_NsGH3yAz6o6Tn1401892184_1401892387.jpg


◆法務省が設置を狙う、言論監視機関とは?
↓  ↓  ↓
バナーc


TV・新聞の情報隠蔽に気付いたら。
意見交換できる草の根情報サイト
↓  ↓  ↓
うさぎバナー.jpg


ke-ki.JPG

しおんへのメールはこちらへ
※件名に、「しおんのへや」または
「しおんの部屋」「Shionの部屋」の
どれかを入れて送って下さい。









【楽天ブックスならいつでも送料無料】民間防衛新装版 [ スイス ]


↑新築・結婚のプレゼントにも買いたい1冊です




日本乗っ取りはまず地方から! 恐るべき自治基本条例!-【電子書籍】


↑日本で静かに進む『侵略戦争』を解説した本





PVアクセスランキング にほんブログ村

Comments

HANG ZERO@ Re:◆オープン前のメッツァビレッジへ。訪問レポ(11/09) いつもありがとうございます。 ククスがい…
HANG ZERO@ Re:◆オープン前のメッツァビレッジへ。訪問レポ(11/08) お久しぶりです。 いろんなこと。。。 あ…
もくれん@ Re:●ミステリー 『こぞ 』 という猫の名の由来は?(03/14) はじめまして。 わたしの祖父も猫を「こぞ…
mkd5569@ Re:◆グランプラス カフェ 【汐留 新橋】(08/23) こんばんは おひさしぶりです。 ひさしぶ…

Favorite Blog

「大村知事は皇居の… New! 方向音痴4445さん

広島の若鶏の手羽 … New! あけやん2515さん

明日は即位正殿の儀 New! seimei杉田さん

ドイツ、35兆円の… New! 生王さん

野に咲く花 春の小川7768さん

炎の激辛カプサイシ… ふぁみり〜キャンパーさん


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.