ショップハンター

全5件 (5件中 1-5件目)

1

生活向上チャレンジ

2014.11.12
XML
 当ブログの主旨としては、よい商品やサービスをヨイショするような内容をズラズラ書いて、見込み客のやる気、買う気をアップしてもらうのがよいのでしょうが、コストパフォーマンスを無視した紹介はマズいと思うんですよ。

 使った人が満足しなければ、よい商品とはいえないのです。

 その最たるものが高額商品。
 特に工事を伴うものや、大型の電化製品は、購入時の価格より、数年後もちゃんと使えるのか、本当にエコなのかを考慮しなければ、安易に手を出さないほうがいいと私は思います。

 前回の流れで、今回は床暖房システムについて語ります。
 なお、すでに床暖房を導入済みの方にはあまり参考にならない情報ですし、床暖房による冬の暖かさは格別であることを経験したうえでお話しさせていただきますので、お気を悪くなさらないでいただければ幸いです(前回の記事はこちら)。

 それでは、こちらのエコキュートという暖房システムの画像をご覧ください。



 このセット価格は70万円を超えます。
 多くの人にとって結構な金額といえますが、寒さには変えられないと検討中の方もいらっしゃることと思います。
 しかし、業者を呼んで工事費用を含め実際に打ち合せしていくと、イレギュラーな問題もつぎつぎと浮上し、気づくと 100万超えなんていうのもザラの世界です。

 こちらもご参照いただけると幸いです。
 導入費用だけで 70万~110万の幅がありますね。

 温水床暖房の設備費用のイニシャルコスト [日本床暖房工業会]
 
 実際には、このほかにも床下配管工事が別途だったり、床暖房仕様の床材変更費がプラスされたりしますから、これだけではすまないでしょう。

 太陽光発電で蓄電した電力を暖房に活かす動きは数十年も前からありますが、ガスやオール電化による暖房設備が認知されつつあっても、全国の各家庭に普及するほどの広がり方ではありません。
 冷静に考えて、多くの地域の住民にとっては、床暖房はあったら便利で快適だが、なくても生死を左右するレベルではないということです。

 国が補助金を出して、個人にも暖房設備にバンバン投資させようという動きもありますが、百万近くの初期投資の上に、ランニングコストもかかりますから、本当に導入すべきか毎年考えあぐねているうちに春を迎えてしまう家庭も意外と多いのではないでしょうか。


 設備投資の検討は、汲み取り式の便器に似ているかもしれません。
 水洗便器が登場したころは、周りが汲み取り式だらけだったため、水洗式のメリットは知りつつも水代と工事費を考えると導入は考えられなかったが、周りが次々と水洗式を導入して汲み取り式が小数派になると、自然と水洗式の導入を考えるようになるという流れです。


 建設業界全体が今後は床暖房システムつきの住宅のみを取り扱うようになれば、いずれ逆転現象が起こり、床暖房システムを導入していない家庭は時代遅れになっていくのかもしれませんが、その動きを作るには国を挙げて仕掛けをつくっていかなければならないので、今後もしばらくはこの状態が続くでしょう。

 個人的には、日本では一部の地域を除き、焦って導入するまでもないと思います。
 ただ、以下のような条件に該当する方は検討の余地があるのではないでしょうか。

床暖房を導入する理由


1. 金銭的に十分余裕がある

 快適に過ごすことが生活を豊かにするとお考えの方なら、導入のメリットは十分あります。
 最高の設備でストレスフリーの冬を満喫してください。

2. 毎年気温が下がると、入院沙汰になるほど体調が悪化する

 日本は高齢化社会のため、血圧が変化しやすいご高齢の方はトイレや風呂で倒れて病院に運ばれるケースが今後も増えていくでしょう。
 また、気温の変化で風邪をこじらせやすい体質の方も、寒い家の中で我慢し続けるよりは、暖かく快適な家で過ごしたことが心身ともに健康になれるかもしれません。

3. 大所帯のために、もともとかなりの光熱費がかかっている

 冬場は十万円を超える光熱費の支払に頭を悩ませている方は、数年分の投資をしたつもりで床暖房を導入してもよいかもしれません。
 導入後は、従来の光熱費に比べるとランニングコストを低く抑えられる可能性があります。
 ランニングコストの目安については、業者に問い合わせてみるとよいでしょう。

床暖房を導入するまでもないケース


 ここでは、導入のメリットがほとんどない場合についてお話しします。
 すぐに元を取りたい、という考えが先行する方は、今は導入の時期ではないのかもしれません。

 たとえば、床暖房に似た設備は低コストで用意できますし、ランニングコストを計算するとどちらが現実的でお得かがわかります。

サンプルプラン:省エネ設計のホットカーペット + 着る毛布でつくる簡易コタツ

 こちらのホットカーペットは 3畳タイプで半面暖めができますから、一人のときはもちろんのこと、家族が揃ったときもカーペットの上でぬくぬく過ごせます。
 また、毛布を併用することによって、カーペットの熱を身体全体に回すことができるため、一人のときは着る毛布で暖かさ一人占め、二人やそれ以上のときは一緒に毛布にくるまって簡易コタツとして使用できます。





 カーペットの本体価格は 11,800円ですね。
 商品ページではエコが強調されてはいるのですが、消費電力を元にした電気料金の計算方法が書かれていません。

 そこで、このカーペットのランニングコストを計算してみることにします。

1時間あたりの消費電力 292w
1日10時間稼働 x 5ヶ月(150日) = 1500 時間
電気代:1kw あたり 23 円


 よって、

292w x 1500時間 ÷ 1000(K換算)x 23円 = 10,074円


 1年(正確には冬の5ヶ月)で 10,074円の電気代が導き出されました。
 これを 10 年続けても 100,740 円、20年で 201,480円、30年で 302,220円、40年で402,960円と、この間に電気の基本料金が上がったとしても、40年そこそこでは床暖房の初期費にも満たないという考え方です。

 しかも、立派な設備を導入しても、メンテは必要になりますし、故障すれば修理費がかかりますので、導入しただけで終わりではないことにご注意ください。
 
 文字数の関係でこれ以上は書けなくなってしまいましたが、新たに設備投資をされる際は、これから何年使うのか、そして本当にお得なのかを十分検討されることをおすすめします。


 業者を敵に回してしまったような気もしますが、利用者の事情を本当に考えた上で導入をすすめなければ、利用者は喜ばないでしょう。


web拍手 by FC2 ←こちらからこっそりコメントでけます







最終更新日  2014.11.13 12:05:05
2013.12.23
 所得の高い人は長財布を使う傾向にあることと、財布の使い方を見ていると、その人の金に対する姿勢が透けて見えてくるという話をさせていただきました。

 今回は、実際に当方が使用している財布を例に、気持ち良くお金を遣うことによって金に対するイメージを変え、金を貯めやすくする方法について簡単にご紹介します。

 なお、前回と同様、今回の記事も人によってはまったく参考にならない可能性があります。
 考え方の一つとしてご紹介する程度の内容ですので、不要と感じた方は読み飛ばしていただければ幸いです。

 リンクをクリックすると、記事の各セクションに移動します。



金を遣うことをポジティブに考える


 生活していく以上は、様々な場面で支払いが発生します。
 支払いの際に、あなたはどのようなことを考えるでしょうか?

 欲しい物を手に入れるのなら対価を払うのは当然で、そのためなら喜んで金を払いたいと思うでしょうか?
 それとも金を払うのは損する気がして、どうしてもイヤだという気持ちから抜け出せないでしょうか?


 比較的手に入れやすい商品として、いちごショートケーキを例に挙げてみましょう。


 洋菓子店 A では、いちごショートケーキを 700 円で販売しています。
 洋菓子店 B では、いちごショートケーキを 250 円で販売しています。


 値段だけ見ると、洋菓子店 B の方がお買い得な印象ですね。
 ショーウィンドウを見比べても、見た目はそれほど大差ないとします。


 さて、ここで付加価値を付けてみることにしましょう。


 洋菓子店 A には、ル・コルドン・ブルーフランス本校を卒業後、ラデュレで修業を積んだ熟練パティシエが、厳選した素材だけを使い、腕によりをかけたものだけが置いてあります。

 洋菓子店 B には、有名洋菓子チェーンの工場生産で作られたもので、素材の細かい情報はショップ店員にもわからないような商品が並べられていますが、購買意欲をかきたてるだけの見栄えにはなっています。


 いちごショートケーキを食べたという記憶だけを頭に刻みたいのであれば、洋菓子店 B の 250円のショートケーキで事足りるでしょう。
 しかし、洋菓子店 A の 700円のショートケーキは、職人のこだわりが表現された、そこでしか得られない味があります。

 どちらを経験したいかは人それぞれですが、700円のケーキと、250円のケーキとでは、味と満足感に差が出てくることになります。
 当然、洋菓子店 B の 250円のケーキしか食べたことがない人は、洋菓子店 A のケーキの味を知ることも語ることもできないでしょう。


 上記はショートケーキの例でしたが、その他にも、自分の経験のために金を払うのであれば満足だと思えるようになれば、金を遣うことに対してポジティブになれるのではないでしょうか。


 と、ここまで書いておきながら、私はいちごショートケーキが大の苦手だったりします。


長財布はできるだけ軽くする


 個人的には、財布は軽ければ軽いほど良いと思います。
 これは、万が一盗まれたときのリスク対策になるためです。
 紙幣が少なければ被害も少なくて済みますし、カードが入っていても、枚数が少なければすぐに停止させることができます。


 こちらが前回ご紹介した、当方の長財布を開けたところの様子です。

長財布1

 カードスロットに二枚しかカードが入っていないことがわかりますね。
 実際にはカードはあと二枚ほど所有していますが、普段はこれしか持ち歩いていません。

 信用カードの加入者情報は、業者間で売買されることがありますので、個人情報をやりとりするカードの加入はできるだけ少なめにした方が良いでしょう。

 過去には、聞いたこともない海外の通販会社からショッピングカタログがごっそり送られてきたこともありますが、最近はいろいろ規制が厳しくなったのか、そのようなことはなくなりましたね。

 
 それでは、本日の所持金を確認してみましょう。

長財布の中身

 紙幣を広げ忘れてしまいましたが、一万円札 5 枚、五千円札 2 枚、千円札 4 枚で、全部で 64,000 円入っていました。
 突然の出費にも備えて普段から 5万円前後は持つようにしていますが、所持金は少なければ少ないほどおすすめです。

 さて、ここからが本題ですが、基本的には、この財布からはあまり現金での支払いをしないようにします。
 食品の買い出しもできるだけ曜日を決めて行います。
 これにより、時間の節約と無駄買い防止になります。
 
 返品時の保証としてレシートはもらいますが、財布には入れないようにします。
 レシート専用のポケット(布製でもビニール製でも何でも良い)を用意しておくと便利ですね。

 当方の場合は、白色申告なので経費計算は不要ですので、これらのレシートは、数日後に捨てています。
 青色申告をされている方や、家計簿をつけられている方は、買い物のたびにレシートを専用の引き出しに保管する癖をつけておくと良いでしょう。

 ちょっと値の張る商品を購入する際は、安心できるショップで信用カードを使います。
 これにより、信用カード会社、そしてあなたの引き落とし銀行口座の両方に支払記録が残りますので、後で出費の管理がしやすくなります。
 また、ポイント還元も期待できるのでおすすめです。

 この財布を使って、入ってくる紙幣が出て行きにくいしくみをつくります。
 ここで小銭入れを併用していきます。


小銭入れのコインのルールを決める


 当方の場合は、小銭入れのコインに 2,000 円ルールを設けています。
 これは、ちょっとづかいにも、一日分の食事にも対応できる金額になります。

コインのしまい方

 ご覧のように、だいたい 500円玉 3 枚、100円玉 5 枚を持ち歩くようにすると、ちょっとした出費にも慌てることなく、スムーズに支払いができます。

コインの数

 たとえば、朝は喫茶店のコーヒーで 300円、昼食代として 500円、夕食代 1,200 円とすれば、一日分の出費はこのコインケースだけで間にあってしまいます。

 一日 3,000円は必要だという人は、コインの数を 500円玉 5 枚、100円玉 5 枚で調整してみてください。
 これにより、長財布の出番を少なくすることができます。

 ちょこっと買いのときは、できるだけ財布を人に見せない工夫が必要になりますが、コインケースを基本使いにすれば、セキュリティ対策にもなります。

 また、コインの数をだいたい把握しておくことで、一日の予算管理ができます。
 コインケースにある分しか遣わないと決めておけば、ダラダラ買いがなくなっていくので、浪費を抑えることができます。


 コインケースの使い方の一つとして、参考にしていただければ幸いです。



web拍手 by FC2 ←こちらからもこっそりコメントでけます















最終更新日  2016.01.17 23:53:53
 以前、楽天プロフィールの方で、金持ちが長財布を使う記事についてご紹介しました。

 楽天プロフィールのつぶやきはこちら
 元記事:年収は、なぜ「使う財布の値段」の200倍になるか?(PRESIDENT ONLINE)[外部リンク]


 上記の記事をご覧になって、自分は経営者ではないので、このような考え方は当てはまらないと思った方もいらっしゃると思います。
 記事の受け止めかたは人それぞれですから、もちろんそれでもかまいません。

 実際のところ、財布を良くしたからといって、それが確実に年収アップにつながるわけでもありません。

 この記事の筆者が、ある程度年収の高い人たちの財布を見ていたら、彼らのほとんどが結構良い財布を所有していたことがわかったという話ですから、結局は彼の体験談にすぎないともいえるのかもしれません。
 しかし、財布に込められた心理的な効果を考えると、人前で財布を出す機会を多く持つ人にとっては興味深い内容の記事となっているのではないでしょうか。


 そこで、今回は、当方の長財布の話と、小銭入れの使い方について二回に分けて語ってみます。

 あらかじめお断りしておきますが、ここで書かせていただく情報は、人によってはまったく参考にならない可能性もあります。
 このような考え方をする人もいる、という程度にご覧いただければと思います。

 リンクをクリックすると、記事の各セクションに移動します。



財布を見ると、その人の金に対する姿勢が透けて見えてくる


 どのような財布の使い方をしているかで、その人がどういう懐事情なのか、そして金に対してどんなイメージを持っているのかがうっすら見えてくるので不思議です。

 多くの人たちは、世の中金ばかりじゃないと言いつつも、心の中では金はいくらあっても困らない、もっともっと欲しいと望んだりしているのではないでしょうか。

 金では買えないものもたくさんありますが、金があればいろいろな選択肢が増えていくことも事実です。
 逆に言えば、金がなければ、いろいろなことを断念しなければならないかもしれません。

 子供のいる家庭では、我が子に良い教育の機会を与えたいという親心から、ある程度まとまった学費を確保したいと思うかもしれません。
 また、人は年を取るにつれ、身体のあちこちにガタが出てきますから、いざというときに金があるのとないのとでは、受けられる治療内容にも差が出てきます。
 医療はサービスであることを考えても、金の大切さは無視できない問題といえます。
 
 人は、いざというときに金が回らない状態は何としても避けたいと考えるのが普通でしょう。
 それゆえ、日々の出費を切り詰めて、できるだけ貯蓄に回そうと考える人も多いと思います。

 出費を抑えることは大いに結構ですが、あまりキツキツにやりすぎると、本来得られるはずの人生の楽しみの機会を奪ってしまうこともあるので要注意ですね。

 以下、財布の使い方から見えてくることを挙げてみます。



 a) 出費を抑えたいといいつつも、いつも財布がレシートでパンパンになっている

 安物買いの浪費癖があるタイプですね。
 隣町のスーパーが ○○円安いと聞き付け、移動費をかけてまで買いに走ってしまうのは、時間も移動費も無駄にしてしまうことになります。



 b) 100円ショップを多用しすぎている

 100円ショップは楽しいですね。私も好きです。
 中には100円以上の価値がありそうなグッズもたくさん売られていますが、他の店で100円以下でもっと良い品を買えることもありますので、100円マジックに踊らされないように気をつけたほうがよいかもしれません。



 c) 用途不明のポイントカードがごっそりたまっている

 ポイント制を採用しているショップが増加傾向にあるため、ポイント還元を期待して次々にカードを増やしてしまうタイプですね。
 一見、お得なようでいて、移動費のことを考えると地元やネットで買った方が安いこともありますので、ポイントカードの枚数には気をつけた方が良いかもしれません。

 当方の場合は、ポイント還元システムを利用しているのは楽天カードのみです。



 d) 金がないが口癖になっている

 金がないというのは決して悪いことではありません。金がないのは単なる事実です。
 しかし、「金がないから」を支払いの免罪符にしてしまうと、一気にケチなイメージがついてまわりますので要注意です。
 特に仕事関係の会食や飲み会の席では、このフレーズは禁句ですね。

 見栄を張る必要は一切ありませんが、金がないことをわざわざ口に出す必要もないのです。
 取引先と一緒なら、せっかくの受注のチャンスをフイにしてしまうかもしれません。

 ビジネスという意味では、金回りの悪い所のイメージは良くありませんし、いざというときの金の出し方は、ほぼ間違いなく人に見られているものです。


金銭管理を効率化するには、長財布とコインケースの組み合わせがおすすめ


 こちらが、現在私が使用している財布とコインケースになります。

財布とコインケース


 左が蹄鉄型のコインケース、右がモンブランの長財布(シグネチャ 12cc)です。
 この一代前がフェラガモの長財布だったのですが、さすがにヨレヨレ感が出てきたので気分を一新するために、今年の 5 月に買い換えました。



 こちらの財布には小銭入れがないため、小銭は別の方法で持ち歩く必要があります。
 ポケットにジャラジャラさせるのもありですが、専用の小銭入れを用意しておくと、小銭の扱いがスマートになると思います。

 当方が利用しているのは、こちらのコードバンのコインケースです。




 ここまで書いたところで字数制限が来てしまいましたので、長財布とコインケースの使い方については次回ご紹介します。



web拍手 by FC2 ←こちらからもこっそりコメントでけます








最終更新日  2016.01.17 23:39:38
2009.07.25
テーマ:おうちカフェ(1)
我が家では、健康を考えて菓子や料理をよく手作りします。
 手作りの良さは、何が入っているかが自分で把握できることにあります。

 市販スイーツは確かに美味しいです。
 しかしその美味しさの背景には大量の白砂糖、成分不明の油脂、大量の香料、保存料、添加物などが含まれていたりすることが多いのです。

 極上の原料を使っていると謳っている商品でも、健康より舌ざわりや美味しさを追及するとどうしても高カロリー、高コレステロールになりがちともいえます。
 一カ月に一度のご褒美程度に食べる程度ならばそれも楽しい経験ですが、やはり健康のことを考えると、日常的に口にするのは避けた方がよいでしょう。

 それでも、カロリーや栄養面に十分注意すれば、手作りスイーツをちょくちょく楽しめます。
 以下の点に気をつけるだけでもかなりヘルシーなお菓子作りになります。



1. 卵を不使用にするか、使っても 1 個程度にとどめる

 ケーキといえば卵がすぐに思いつきますが、高蛋白、高コレステロール食材の代表格とされ、成人が摂取してよい量は一日一個が限度といわれています。
 ですからお菓子作りにはできるだけ卵を使わないようにするか、極力卵の量を少なくするとよいでしょう。



2. 油脂をできるだけ使わないようにする。バター、マーガリン、ショートニングは避ける

 お菓子作りで香りをよくしたり、舌ざわりを滑らかにしたりと風味を豊かにするために利用されるのが油脂ですが、バターは動物性油脂でコレステロール値が高くなる食材とされており、マーガリン、ショートニングに至っては、成人病を引き起こすと言われているトランス脂肪酸が大量に含まれているため、是非とも避けたい食材です。

 代用できる油脂はオリーブ油、菜種油などがありますが、安価で手に入るサラダ油については食の安全性から言うとあまりおすすめできません。



3. 砂糖に代わる天然甘味料を使用する

 精製された白砂糖は血糖値を急激に上昇させる働きがあり、日常的に摂取していると精神的に不安定になるだけでなく、糖尿病の原因となります。

 その代わりに精製されていない黒砂糖を使うのがまだよいのですが、独特のクセがありますので、使いにくいこともあります。そこでおすすめなのが身体に優しいといわれるてんさい糖、羅漢果エキス、そして強い甘みがあるにも関わらず砂糖より糖度の低い蜂蜜などが挙げられます。

 果物に含まれる果糖を利用するという手もありますから、リンゴやレーズンなどをうまく組み合わせることによって甘味料としての糖分の使用を減らすのが望ましいでしょう。



4. 香料の代わりに香りの強い材料を混ぜる

 お菓子の香りづけに大活躍のバニラエッセンスやバニラオイルですが、そのほとんどが化学的に合成された食品添加物なのです。
 中にはバニラビーンズのエキスを抽出した天然香料もありますが、それだけに高価なものとなります。

 香料にあまりお金をかけたくない、ということでしたら香料の強い食材をお菓子に加えることで解決できます。
 たとえば、バナナ、苺、リンゴ、レモン、オレンジ、ココナツ、シナモン、ココアパウダーなどが単体で強い香りを持つ食材ですから、それらを組み合わせて生地に使うだけでも香料を使用する必要がなくなります。

 今回はこのような条件を満たすスイーツとして、ワッフルのオリジナルレシピを紹介します。


ノンオイル・ノンエッグの豆乳ワッフル
ノンオイル・ノンエッグ豆乳ワッフル


【材料】
薄力粉 130g
グラハム粉 20g
ベーキングパウダー 小さじ 1
メープルシロップ(または蜂蜜)大さじ 1
豆乳 100cc
ヨーグルト 30g


【作り方】
1. 薄力粉、グラハム粉、ベーキングパウダーをボウルに入れ、その上から豆乳、ヨーグルト、メープルシロップを入れ、手で混ぜながら一つにまとめて冷蔵庫で 30 分ほど寝かせる。
2. 生地を 8 等分してワッフルメーカーで 5 分程度、こんがりときつね色になるまで焼く。
3. メープルシロップやジャム、季節のフルーツを添えて完成。

今回ワッフルを焼くのに使ったのは、先日購入した Vitantonio バラエティサンドベーカーという商品ですが、ガスコンロの上に載せて使うタイプのワッフルメーカーでも OK です。







web拍手 by FC2






最終更新日  2018.08.05 01:25:59
2009.06.27

 暮らしの満足度をアップさせる方法の一つは、住まいの内装を変えることです。
 部屋の掃除をすること、模様替えをすること、そして家具をそろえることが挙げられますが、ガッツリやろうとすると時間もお金もかかってしまうものです。

 しかし掃除なら今すぐ始められますので、掃除から手をつけてみてはいかがでしょうか?
 家具はお金が貯まった時に少しずつ買い足せばよいという楽しみがあるのです。


room


 それでは自分の部屋をコーディネートする方法について考えていきましょう。


余計なものを思い切って捨てる(断捨離)


 掃除の第一歩は不用品を捨てることから。
 使わないけれど取ってある物、いつか着ようと思っているけれど結局着る機会のない服は処分対象です。

 どんどんゴミ袋に入れて捨てていきましょう。
 もし、捨てるのが惜しいならば人に譲ったり、オークションに出したりするのも手でしょう。

 プラスチック製のカラーボックスもあると便利なことは便利ですが、クローゼットの中ならまだしも、人目につくところに堂々と置いてあるようならば処分した方が良いでしょう。

 窓際をさえぎる背の低いカラーボックスやラックがあれば、それらは思い切って処分します。
 収納されていた物も、絶対に要るものとそうでないものを選別し、あまり使わない物は処分してしまいましょう。

 あと、あまりにも安っぽい物は処分するべきでしょう。
 安っぽいものは、見た目も使用感も安っぽいために、生活満足度がアップしにくいのです。

  1. 衣服や帽子、バッグ、靴、アクセサリーなどは、使わないものは処分する 

     買って一年以上袖を通していない洋服は、たいていの場合もう着る機会はないでしょう。
     バッグもお気に入りのもの以外はほとんどの場合、出番は殆どないに等しいと思ってください。
     靴やアクセサリーにしても普段使いのローテーションに組み込まれていないようなものは、原則として処分対象と考えた方が良いです。

    このように考えていくと、処分対象になりそうな物がどっさり出てくると思います。

     高価な物だからと処分に迷う方もいらっしゃると思います。
     そんなときは、もう一度自分に問いかけてみてください。その高価な物品は、次はいつ使うのでしょうか?
     その「いつか」に具体性がなければ、その「いつか」はやって来ないのです。

     処分方法ですが、家族や友人に譲る、寄付する、オークションに出すという手があります。
    オークションなら現金化できるという点でお得ですね。

  2. 本やビデオ、CD、DVD も超レアものでなければ処分する

     人気小説やノンフィクション、そして実用書など、手あたり次第買って読みまくる人もいるでしょう。

     私も活字中毒なのでかつては様々な本を購入しましたが、本が増えて困るのはその置き場所となります。
     CD やレコードの類いも買い漁っていた時期があったため、一時は 1,000 枚近いディスクが部屋にあったこともあります。

     自称コレクターならそれはそれで楽しみがあるでしょう。
     しかし、何となく買っていたらいつの間にか収拾がつかなくなっていた、ということでしたら、どんどん処分していきましょう。

     捨てるのがもったいないならば、書籍、ビデオ、CD、DVD はブックオフや地元の古本屋で引き取ってもらえますからそれらを利用してみましょう。
     また、希少価値の高そうなものならばオークションに出してみるのも一案です。

     そして、今後はこのように考え方を変えてみるとよいでしょう。

    1. 本は図書館で調達し、十分に内容を確認して、それで価値のあるものならば購入する。

       考え方一つですが、自分の本棚が図書館にあると思えば良いのです。2 週間という期限付きですが、間を置けば何度でも借りられます。
       また、読みたい本が貸し出し中ならば予約できますし、なければ取り寄せることも可能です。
       また、自分の住んでいる市町村だけでなく、その近隣の市町村の図書館が利用できることもありますので、興味のある方はぜひ調べて利用してみてください。

    2. CD や DVD(ビデオ)はレンタルを利用し、どうしても自分のコレクションに入れたいものだけを購入する。

       数度視聴すれば良いものはレンタルで間に合います。
       ネットレンタルを利用すれば、わざわざレンタル屋に行かなくても、視聴したいものをネットでじっくり吟味して借りられるので便利です。

       ただ、中には廃版になってしまったり、入手しにくくなる可能性のあるものも含まれていることは確かですので、その辺の見極めは難しいところですね。


     どうしても自分の部屋に置いておく必要があると感じたものだけを厳選して購入し、あとはレンタルで済ますという姿勢を基本にすれば、部屋が散らからなくなります。

  3. 何となく部屋にあるが使わないキャラクターグッズや小物類を処分する

     かわいいからと言ってゲームセンターでゲットしてきたぬいぐるみ類や、机のインテリアに使えそうだと思って購入したが、部屋の雰囲気とマッチしていない小物類、旅先の土産店で財布の紐が緩んでついつい衝動買いしてしまった置物など、おちついた部屋作りにとって邪魔になりそうなものは処分します。


     ちょっとした高級ホテルの一室を想像してみてください。
     部屋の雰囲気に合わない家具や置物は一切置いてありませんよね。

     部屋の色合い、家具や置物は一見別物のように見えて、最終的にはそれぞれが室内全体の雰囲気に影響を及ぼしますから、少しでも外観を損ねるような物は排除するようにすると、一気に空間のバランス度がアップしますので、今度こそ部屋の模様替えを真面目にやりたいとお考えの方は、是非一度お試しください。

 もったいないという気持ちを追い払い、今後は必要最低限のものを部屋に置くと心に決めてください。
 何から手をつけてよいのかわからない、という方は書籍を参考にするとモチベーションがアップするかかもしれませんね。





 部屋の整理が終わったら、すみずみまで部屋を掃除します。
 これだけでもかなり気分がすっきりすると思いますよ。

物が少なくなってすっきりしたら、家具の配置を考える


 家具の色が統一されていなければ、予算の範囲で新しい家具を調達するのも良いでしょう。
 とにかく、目指すはホテル並みの落ち着いた雰囲気の部屋です。

 何年もカーテンを取り換えていない、という方は、この機会にカーテンを交換してみるだけでも雰囲気がグッと変わることでしょう。

 北欧風カーテンならこんな感じになりますね。



 家具をそろえたら、部屋ができるだけ大きく見えるように家具を移動します。
 
 窓際はできるだけ広くあけるようにします。
 また入口付近にも物は置かないようにしましょう。

 家具の位置をいろいろ変えて、一番おちつく配置を見つけてください。


蛍光灯の色を肌色に変え、間接照明も取り入れる


 少し暗めの照明が洗練された雰囲気を醸し出すとともに、気分的にも癒されますのでおすすめです。
 蛍光灯の色を肌色にしたり、おしゃれなフロアランプを設置したりして、落ち着きのある空間を演出してみましょう。



アロマオイルやお香で毎日違った香りを演出


 昨今のアロマブームによって、数々のアロマオイルやお香が手軽に楽しめるようになっています。
 インテリアにマッチするアロマオイルポットやお香を手に入れて、特別のリラックスタイムを演出してみましょう。



このようにちょっとした工夫で、毎日帰ってきたくなる部屋、早く帰りたくなる部屋の完成です。


自宅をホテル仕様にしてみよう


 毎日仕事で忙しい方も、ゆっくりとくつろげる場所といえば、やはり自宅なのではないでしょうか。
 くつろぐための空間であるはずの自宅がいつも雑然としていたり、家具の趣味が全体で統一されていなかったり、何となく落ち着かないと思っている方もいらっしゃることでしょう。

 まずはこの部屋を見てみてください。
(Web カメラのシャッター機能で撮影したものなので、画像クオリティは期待しないでください。)

自室(旧)
※ この画像は 2009年6月時点のものです。この後、全室のリフォームを行ったため、現在の内装はかなり変わっております。

 これは以前の私の部屋ですが、クローゼットに私物を収納することによって、できるだけ部屋の中に物を置かないようにしています。
 少なくとも落ちついた感じになっていることは伝わっていることと思います。

 落ち着かない部屋に共通して言えることは、部屋の面積に対し、物が多すぎるということです。
 よい部屋づくりのためには、余分な物をできるだけ排除していく心がけが重要なのです。

 ここからは、部屋の物を減らしながら自宅の模様替えを行い、そして最終的には自宅でありながらホテル並みの生活を楽しむ技術を紹介していきます。

デザインテーマを決める

 さて、ここからは物を置く工夫についてご紹介していきます。

 人によって好みの色やデザインは異なりますので、ご自身でもっとも好きな系統のデザインを決め、それに則って部屋作りをすれば、部屋はすっきりします。
 以下のように、壁紙から変えてみるのも一つの手です。



衣服や鞄などを出しっぱなしにしない



 衣服を並べてかけられるハンガーは、せまいスペースにできるだけ多くの服をかけることができて便利なのですが、確実に外観を損ねます。




 目に見えるところに衣服が出っぱなしになっていると、部屋が雑然とした感じになります。
 これを解決するには、出番の少ないアイテムを処分し、お気に入りのものだけを収納家具にしまうことによって、部屋の雰囲気を損なわないようにする必要があります。


背の高い家具を並べて置かないようにする。また、デザインがシンプルで機能的、かつ収納力が高いものを揃える



 天井に届くほどの高さの家具を部屋に置くと、それだけ部屋が狭く見えますので、できるだけコンパクトにまとまったワードローブやチェストなどを求めるようにします。




狭い部屋にはソファベッドを



 ひととおり部屋が片づいてきたら、次は家具選びですが、家具選びで重要なことは、決して妥協をしないことです。

 つい忘れがちなことですが、デザインや素材がそれなりのものは、それなりの満足感しかもたらさないということです。

 高級ホテルに宿泊したときのことを思い出してみてください(いままで経験がなければ想像してみてください)。
 部屋に置かれている家具の素材はプラスチック製でもベニヤ合板でもなかったはずです。
 また、ソファにしろ、ベッドにしろスチールパイプ製のものはなかったことと思います。

 つまり、安いからと言ってデザイン的に見劣りするものに手をつけてはならないということです。
 デザインや素材が良ければそれだけ値段は高価なものになりますが、長い目で見れば良いものを購入してそれらを長く使えば生活満足度が高くなります。

 ホテルのようなインテリアに囲まれた生活を求めるならば、それに相応しい家具を揃えることが必要なのです。
 目的の家具を購入する予算がなければ、資金が貯まるまでの間にいろいろな種類の家具を見て回り、目を養っておくのも良いでしょう。

 今回は、部屋に安らぎをもたらすベッドとソファについて紹介しますが、どちらも収納を兼ねたものを求めるのがコツです。
 何故なら、4 畳半~8畳間が一般的な日本の部屋には、家具を少なく配置する必要があるため、それぞれの家具が収納能力を備えていることが不可欠だからです。

 部屋が狭い場合は、ソファベッドを検討されることをおすすめします。
 これなら、日中はソファ、夜はベッドと使い分けができるため、配置する家具が一つですみます。



広い部屋なら機能性、デザイン性に優れたソファとベッドを


 部屋が 10 畳以上ある場合は、特にベッドは良いものを求めるようにします。

 人生の約 1/3 は睡眠に費やされる現状を考えれば、上質の眠りを得るために、ある程度寝具にこだわる必要があります。
 高ければそれで良いというわけではありませんが、安眠を約束する設計がなされている商品を求めれば、まず間違いはないでしょう。

 寝具、ソファ、椅子は、日常生活で体重を支える重要な働きをするものですので、買い替えを検討している方は負荷を効果的に分散するものを吟味するようにしましょう。

 ちなみに、背もたれのリクライニング機能付きベッドは、上体を折り曲げることによって上体分の負荷が全部腰に集中し腰痛の原因となるため、安眠目的のベッドとしてはおすすめしません。



 ベッドならウォーターベッドが最上級でしょう。
 お下がりでウォーターベッドを使用していたことがありますが、体重が水によって分散され、ベッドからの体重反発が少なくなるため、プールの中を漂っているような気分で眠りに就くことができます。
 マットレスから聞こえてくる水音も癒されます。温度調節も可能なので、夏は冷たく、冬は暖かく眠ることができます。




 ソファは座り心地を重視したものを求めるようにします。



 ソファに関しては、値段が上がるほど機能性およびデザイン性を重視しているものが多いため、ショールームに行ったときは、必ず最高級品の座り心地をチェックするようにすると、今後のソファ選びで間違うことはないでしょう。


 部屋の家具類をととのえたら、次は照明です。
 照明こそ、その人のセンスが表れると言っても過言ではないかもしれません。


照明の色合い


 仕事や学校から帰ってきてくつろげる照明の色は、白色よりベージュ色(電球色)となります。
 お気づきの方も多いとは思いますが、ホテルの照明は一般的な蛍光灯よりも暗めに設定されています。

 夜間は薄暗い方がリラックスには適しています。
 これには、人間は暗い環境にいるとメラトニンという睡眠を促すホルモンがより多く分泌されるということが関係しています。

 蛍光灯なら 色温度:3000K あたりのもの、電球なら 40 W タイプが適しています。量販店にサンプルが置いてありますので、機会があれば店頭で明るさを比べてみてください。


部屋の雰囲気を重視するなら間接照明


 部屋をおしゃれに演出したい場合は、間接照明をお勧めします。
 ウォールランプ、フロアランプなどが代表的なものですが、いろいろ見て回ってお好みのものを見つけてください。



機能性を重視するなら天井照明



 夜でも読書を楽しみたい、ある程度の明るさを確保できないとおちつかかない、という方は天井照明が向いているでしょう。
 電球は白色や 60W のものを使うと読書向きになると思います。





web拍手 by FC2






最終更新日  2019.02.15 18:37:51

全5件 (5件中 1-5件目)

1

PR

サイド自由欄

キーワードサーチ

▼キーワード検索

日記/記事の投稿


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.