1982839 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

青春のギターリペア  K2ギターファクトリー

青春のギターリペア  K2ギターファクトリー

【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x
2023年12月17日
XML
カテゴリ:ギターリぺアー
◆Pignose PGG-?00
 ギターオーナー様はS様です
 車に積みっぱなしで何時でも時間が空いた時に、弾ける様にと入手されたそうです
 モデルナンバーが【100】or【200】なのか見極めるだけの情報を持ってませんので
 ?00と表記しました

◆画像から確認して行きます

●リペアのご相談を頂いた際には、トップの塗り替えをご希望されてましたが、
 サンバースト仕上げか、黒のベタ塗装でいずれにしても、そこまでコストを掛けますか?
 サンディングをしてしまったボディを見るとクリアが残ってますので、バフを掛ければ
 ビンテージに様に仕上がりますよと、画像の電球が写っている部分だけ、テストした所
 良い感じでありましたので、バフ掛けで仕上げる事に決まりました




●PignoseやZO-3でも良くある、電池ボックスの蓋の破損と9V電池スナップの断線です


●工房ストックの電池ボックスが図った様にピッタリでした。
 電池スナップは純正品のビニールタイプは使わず、工房では硬いタイプを使ってます

◆リペア開始して行きます

●全てのパーツを外してバフ掛けの準備をします
 ブリッジを外すために弦を外しますと、弦の再利用が出来なくなりますので
 ブリッジを移動させながらバフを掛けます


●電池ボックスから電池が抜け難い時は、強力磁石を使いますと簡単に取れます


●バフ掛けが済みましたので、全てのハードウェアーを戻します


●サンドペーパーで付いた深め、と言っても普通に付くような傷以外は取れましたのでご安心下さい
 

●電池スナップの配線をハンダで付けますが、黒のマイナス線はポットと繋がってますので
 無理に引き出しますと2次災害が発生する可能性が有りますので、赤のプラス線と同じ位置で
 接続しました。

◆セッティングして行きます


●1フレットのクリアランスに注意しながらロッド調整をします


●ブリッジ駒をバランス良くなるように調整します


●6E/12Fは、1.90mmにセットして有ります


●1E/12Fは1.70mmにセットしました



●全てのポジションのバズリを確認しますと、6フレットの中央が浮いてましたので
 フレットセッターで打込んでおきます


●フレットボードの仕上がりです


●リペアの完了です

 


🌻K2ギターファクトリー
  千葉県八街市 八街 に-67-3 
   代表 加藤 和久
   ☏ O8O-5376-O998 
   ⁂お車6台分の駐車場をご用意しておりま





お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

最終更新日  2023年12月28日 09時24分47秒
コメント(0) | コメントを書く


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。



© Rakuten Group, Inc.