000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

青春のギターリペア  K2ギターファクトリー

青春のギターリペア  K2ギターファクトリー

【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x
2024年02月02日
XML
カテゴリ:ギターリぺアー
◆Fender,JP StratoCaster ST54-75RV 
 
ギターオーナー様は、Kosi様です
 Jazzmasterに続き2台目ご依頼を頂きました
 

◆画像から確認して行きます

ST54でナチュラルはUS・Fenderでは無かったようですが、ナチュラルが良かったので
 迷う事無く入手されたそうです





●向きが逆の様な気がします


●LシリアルですからFGN製です


◆ネックの状態を測定して行きます

●フレットボードの順ゾリMAXは、6フレットで0.53mm有ります


●弦を外しますと同じポジションで、0.53から0.28mmになります
 弦テンションで0.25mm順ゾリする事になります


●ネックを外してロッドフリーにすると、締め方向ギリギリまで回って無かったです
 一般的に使われるマイナスドライバーは、テーパーが掛かってますので、少しトルクが掛かると
 締め込みがキツくなり、更に無理に回そうとすると簡単にネジ山をなめてしまいます
 オフセットドライバーを使って、締め方向に回してネックを調整します


●6フレットの0.28mm有った反りもストレートに修正されました



●1フレットの逆ゾリは、.010mmしか有りませんので、もう少し逆ゾリが欲しいです


●硬いメイプルネックのロッド調整直後ですから、ロッドとネックの折り合いが付けば
 もう少し逆ゾリしてくれると思います

◆ロッド調整直後に一晩時間を空けて、ネックの挙動を確認しましたが動きが無い事を確認しました

●ブリッジ駒を一切触らずに、昨日と同じ状態で弦を張り戻して弦高を確認しますと
 6/12Fで1.10mmまで下がりました


●同じく1E/12Fは1.25mmまで下がりました


●ロッド調整が正し方向に機能してますので、ブリッジ駒で弦高を調整します


●15フレット以上のバズリは無くなりましたが、フェンダーネックに付き物のチョーキングバズリ
 は有りますので、バズリるポイントをマーキングします
 擦り合わせはこの状態から3日程度ネックの動きが無いか確認してからです
  バズリを確認する際にチョーキングをしてますと、3G弦の当りでフレットがザラザラして
 ますので、フレットを擦り合わせた事が有る様です


●バズるポジションを必要最小限度で擦り合わせます



●擦り合わせが済みましたのでフレットクラウンを修復します
 メイプル指板は、上塗りのクリアがマスキングとテープと共に剥がれてしまう事が有りますので
 接着力の弱いマスキングテープを使います


●粘着力の弱いマスキングテープを使って、細心の注意をして剥がしてましたが、
 何と、かさぶたの様にクリアが部分的に剥がれてしまいました


●フェンダー社で使われているビンテージアンバーの着色剤で着色してクリアーで補修して行きます


●本機はフレットボードに着色しないで、クリア着色材を混ぜてスプレーして着色してました
 補修の方法はフレットボードに着色して透明クリアを吹く方法を取ってます


●クリアラッカーを7回吹いてからバフ仕上げします


●1フレットから4フレットはラッカー仕上げになってます


●8~9&20~21フレットもラッカー仕上げになってます


●弦を張り戻して弦高を確認します
 6E/12Fは、2.00mmにセットして有ります


●1E/12Fは、1.65mmにセットして有ります


●フレットボードのクリアが剥がれて、想定外のリカバリーが有りましたがリペアの完了です




🌻K2ギターファクトリー
  千葉県八街市 八街 に-67-3 
   代表 加藤 和久
   ☏ O8O-5376-O998 
   ⁂お車6台分の駐車場をご用意しております





お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

最終更新日  2024年03月02日 23時43分17秒
コメント(0) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.