1500679 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ぷち てんてん

PR

カレンダー

プロフィール


ぷちてん525

カテゴリ

フリーページ

バックナンバー

2020.08
2020.07
2020.06
2020.05
2020.04

キーワードサーチ

▼キーワード検索

購入履歴

塗り薬 / 虫さされ / 涼しい / 冷たい / 爽快 / 爽やか / 痒み止め / 傷み止め / 汚れ落とし【レターパック360対応!】涼感がとてもよく、特に夏の暑い日に使うとスースーして気持ちが良いです♪蚊などの虫さされ時にも良く効きます!清涼油 A 小 3g
お中元ギフトに/内祝い/法事/お供え/引き出物/仏事【お中元ギフト】生麸まんじゅう5個・本わらび餅セット【のし紙可】
500円&350円&150円OFFクーポン祭!! エルメス モンスーンの庭 EDT SP 50ml エルメス ユニセックス フレグランス HERMES【エルメス 香水】モンスーンの庭 EDT SP 50ml 【エルメス】 HERMES【送料無料】 【あす楽対応】
税込3,980円以上送料無料! ランバン エクラドゥアルページュ EDP スプレー 30ml オーデパルファム ランバン レディース フレグランスランバン エクラドゥアルページュ EDP スプレー 30ml オーデパルファム ランバン LANVIN 【あす楽休止中】 香水 レディース フレグランス ギフト プレゼント 誕生日
ナイルの庭15ml エルメス  【エントリーで全品P5倍&クーポン利用で10%OFF祭】香水 フレグランスナイルの庭[HERMES] EDT オードトワレスプレー15ml[エルメス]【エントリーで全品P5倍&クーポン利用で10%OFF祭】【5250円以上送料無料】【楽天最安値に挑戦】【楽ギフ_包装選択】【RCP】香水
2006.10.21
XML
☆白バラの祈り ゾフィー・ショル、最後の日々☆(2005)
マイク・ローテムント監督

ユリア・イェンチ・・・・・・・・・・・・ゾフィー・ショル
アレクサンダー・ヘルト・・・・・・・・・ロベルト・モーア尋問官
ファビアン・ヒンリヒス・・・・・・・・・ハンス・ショル

白バラの祈り ゾフィー・ショル、最期の日々 ◆20%OFF!


ストーリー
1943年、ドイツのミュンヘン。ヒトラーによる圧制を疑問視するハンスとゾフィーの兄妹は、反ナチス組織"白バラ"のメンバーに加わっていた。そんなある日、ゾフィーは大学構内でビラをまいているところを見つかり、ゲシュタポ将校に連行されてしまう。やがて尋問官モーアの取り調べを受けたゾフィーは、無罪を主張。モーアはゾフィーを信じかけるが、反ナチス運動に加わっていた証拠が発見される。ゾフィーは信念によって行動したことを認め、密告を拒否。そして死刑が宣告され、ゾフィーに最期の時が迫り…。

~~~~~~~~~~~~~~~~

実話なんだそうですね。
上映された時から、高評価だったのでぜひDVD化されたら見ようと思って待っていました。
見て良かったです。

あの戦争で、ドイツの国内ではどんな事が起きていたのか、あんまり知らなかったんですよね。
でも考えてみたら日本でも、戦争反対を訴えて投獄された方が沢山いたんですよね。
どこの国でも反対する人がいて不思議ではないです。
そしてこのショル兄妹もそうでした。

ただ、この少女は普通の女の子だと思って見ていたんですよね。
最初の彼女は、お兄さん達の活動に参加しているけれども、どこまで真剣であるのか、そういうところはわからないんです。
ちょっと若い女の子が、クビを突っ込んでしまったという感じにも見えました。
ただ、その彼女が逮捕され、尋問を受けるうちに本当の闘士に変わっていった様に見えました。
彼女をそこまでにしたのは、実はナチスの方だったんですよね。
もし逮捕されずにいたら、彼女は普通のお母さんになっていたかもしれない・・??と、そんな事も思ったりして。

尋問を受け、まっすぐに自分の信念を貫き、反ナチを訴えるゾフィー。
間違った方向に進んでいる事に何故皆目をつぶろうとするのか。
彼女の言葉は、あの戦争でナチスがした事を知った現在では、全くもって真実だとわかるのです。
当時普通の市民は、彼女達の言葉はどこまで信じたかはわかりません。
今の北朝鮮が、真実の姿を国民に知らせることがないように、当時のドイツも真実を知らせなかったですもんね。
もちろん、これは日本でも同じでしたが・・・・・

尋問を受ける彼女は、恐怖を感じながらも毅然として、決して泣き喚く事もなく冷静でした。
その力強さは感動します。
彼女の言葉を尋問したモーア尋問官は、どう受け止めたのでしょうか。
彼の態度が徐々に変化する様子も見られるんですよね。
彼にもっと力があったら・・もしかしたら死刑などという事避けられたのではないか、なんてちょっと思ってしまったんですが。
でも、あの当時では難しい事だったでしょう。

裁判なんて、最初からもう刑は確定したようなものでした。
形だけですもん。
自分たちの正当性をかたくなに守る為、彼女達は死刑になってしまうんですね。
独裁政治って、恐いです。

若者達の行動が、ナチスにとってそんなに脅威に感じられたという事自体が、もうすでに敗北を予感していたのでしょうか。

自分の子どもたち二人ともを一度に亡くす事になる、ショル兄妹の両親。
最後の面会での抱擁は、見ていて辛いものでした。

~~~~~~~~~~~~

こういう映画を、ドイツが作るということも意義があるのだと思います。
いつもナチスドイツという悪役になってしまうドイツですけど、全てがそうだったわけではないんだということですよね。

武器を持たずに戦うこと、これってすごい事です。

ゾフィーのように、信念を曲げずにいられるだろうか。
映画を見ながら、彼女の勇気に圧倒されました。

特典映像で生存者の証言が入っているようです。
これはレンタルでは見ることができないので、それがちょっと残念でした。

*******************


ナポラ【REDV-517】=>20%OFF!ナポラ ナポラ
ナチスのエリート養成機関を舞台に、ヒトラー王国の恐るべき教育システムの全貌を明らかにした戦争ドラマ。















最終更新日  2006.10.21 20:53:38
コメント(6) | コメントを書く
[~2006年 映画・ドラマ] カテゴリの最新記事


サイド自由欄

設定されていません。

Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.