000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

Small Talk

Small Talk

【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x

PR

Profile

さんでぃ...

さんでぃ...

Calendar

Archives

2024.04
2024.03
2024.02
2024.01
2023.12

Category

Freepage List

映画レビュー INDEX


【ア行】


【カ行】


【サ行】


【タ行】


【ナ行】


【ハ行】


【マ行】


【ヤ・ラ・ワ行】


お気に入りの俳優


Star Wars / Clone Wars (TVアニメ)


Star Wars 反乱者たち(アニメシリーズ)


旅行記 INDEX


長崎ミニ旅行 (2005年6月)


トルコ旅行 (2006年5月)


直島ミニ旅行(2006年10月)


沖縄旅行(2007年5月)


スリランカ旅行(2007年9月)


ウズベキスタン旅行(2008年4月)


島根ミニ旅行(2008年5月)


ペルー旅行(2009年5月)


高松ミニ旅行(2009年8月)


ヨルダン・シリア旅行(2009年9月)


ラスベガス旅行(2009年12月)


イラン旅行 (2010年5月)


ブルネイ・シンガポール旅行(2010年8月)


讃岐日帰り旅行(2010年10月)


香港・マカオ旅行(2010年11月)


イスラエル旅行 (2011年5月)


米国東海岸ミニ旅行 (2011年6月)


ギアナ高地&レンソイス旅行(2011年7月)


九州温泉ミニ旅行(2011年9月)


カナダ・オーロラ旅行(2012年3月)


ドバイ1日旅行(2012年3月)


高知ミニ旅行(2012年6月)


チュニジア旅行(2012年7月)


四国三国弾丸旅行(2012年8月)


米国出張・週末のお楽しみ(2012年10月+2019年3月)


インドネシア旅行(2013年1月)


金沢ミニ旅行(2013年4月)


中欧3カ国世界遺産旅行(2013年GW)


礼文島&利尻島ミニ旅行 (2013年8月)


バルト&アイスランド旅行 (2013年9月)


日光ミニ旅行(2013年11月)


弾丸LA&SD旅行(2014年2月)


10日間世界一周(2014年2月)


シンガポールでの週末(2014年3月)


長島温泉となばなの里ミニ旅行(2014年3月)


ポルトガル旅行(2014年5月)


南アフリカ4か国周遊旅行(2014年9月)


戸隠・小布施ミニ旅行(2014年10月)


ルアンパバーン旅行 (2015年2月)


グアテマラほか中米旅行(2015GW)


ウィーン&ザルツカンマーグート(15年8月)


エチオピアダナキル砂漠旅行(2015年12月)


讃岐うどん屋めぐりミニ旅行(2016年3月)


松本&高遠 花見旅行(2016年4月)


トルクメニスタン旅行(2016年GW)


鹿児島ミニ旅行(2016年6月)


尾瀬ハイク(2016年7月)


ナミビア旅行(2016年9月)


アタカマ&ウユニ旅行(2017年2月)


マルタ&シチリア旅行(2017年GW)


旧満州旅行(2017年9月)


ネパール旅行(2017年12月)


東伊豆プチ旅行(2018年3月)


イスタンブール&メテオラ旅行(2018年GW)


シンガポールでの週末(2018年夏)


フンザ・KKH旅行(2018年10月)


ムンバイ出張(2019年2月)


北八ヶ岳温泉旅行(2019年3月)


五島列島旅行 (2019年GW)


マダガスカル旅行(2019年9月)


パンジャーブ旅行 (2019年2月)


シンド州旅行(2019年12月)


屋久島旅行(2020年7月)


京都・滋賀旅行 (2020年9月)


蔵王温泉(紅葉狩り)旅行(2020年10月)


しまなみ海道プチサイクリング旅行(2020年11月)


水戸・北茨城ミニ旅行(2021年2月)


高野山ミニ旅行(2021年7月)


熊野古道旅行(2021年8月)


箱根ミニ旅行


岩国・宮島・広島・呉旅行(2021年11月)


春の弾丸富山旅行(2022年4月)


庄内旅行(2022年7月)


高松・豊島ミニ旅行(2022年8月)


秋の立山黒部アルペンルート(2022年10月)


関門ミニ旅行(2022年11月)


京都花見旅行(2023年3月)


ソウル旅行(2023年3月)


余市&小樽旅行(2023年6月)


バスク旅行(2023年6月)


宗像・大宰府・柳川ミニ旅行(2023年10月)


推し活(ヲタ活)ソウル旅(2024年1月)


パタゴニア旅行(2024年2月)


ブログ開始前の旅行MEMO


ボストン (2001年10月)


デスバレー (2001年12月)


釜山・テグ (2002年6月)


Favorite Blog

I Dream of Jeannie … Jeannie Akubiさん
がちゃのダンジョン … gacha-danjhonさん
kaoritalyたる所以 kaoritalyさん

Comments

コメントに書き込みはありません。
2006.05.05
XML
カテゴリ:旅行/おでかけ
<3日目(前半) : アイワルク → エフェス >

トルコ旅行3日目。
朝食後、またバスに乗り、ローマ時代の遺跡で保存状態が良いことで知られるエフェス遺跡へ向かう。その距離、ざっと250キロ。

途中、パックツアーの宿命(?)、提携店でのお買い物タイムあり。栄えある1軒目は革製品の店。
まず男女のモデルがファッションショーをし、次に店長らしき人がいかにここの製品が素晴らしいかを説明(ヨーロッパの高級ブランド、LOEWEやGUCCIなどにも卸しているとか)、もちろん、実際に革を引っ張ったりして丈夫さや軽さをアピールするデモも忘れない。最後にどっと店員が出てきて、ちょっとでも興味を示そうものなら、マンツーマン状態でのショッピング(笑)。
こういうところのお店の人って、日本人観光客が圧倒的に多いから日本語が上手なのだろうと思っていたのだけれど、実は英語、ドイツ語、フランス語などを操るらしい・・・恐るべし、その語学力。。。

昼食後、ようやくエフェス遺跡の観光。

efes1南の門の入口から入場し、まずは『ヴァリウスの浴場』跡(→)を見学。
トルコ人ガイドさん曰く、浴場近くには市公会堂があり、古代の議員たちは“ハダカの付き合い”で“根回し”をしたのだという。
また、トルコ人はもともと中央アジア出身の遊牧民族なので溜まり水を使う習慣、風呂に入る習慣はなく、“トルコ風呂(ハマム)”はもともとは“ローマ風呂”なのだという。
ちなみに、私はこのトルコ旅行中、ハマム体験はしませんでした。パックツアーなのでホテルに入っている所しか選択肢がなかったし、垢すりなら韓国の汗蒸幕の方で十分だと思ったので。。。

nikeこちら(←)は、『ヘラクレスの門』のアーチとして飾られていたという、『ニケのレリーフ』。今にも飛んでいきそうな、生き生きとしたレリーフだわ。

“ニケ”って、“サモトラケのニケ”で有名で、名前も存在も知ってはいたけれど、恥ずかしながら、“勝利の女神”だったこと(“勝利の女神”って言ったら“アテナ”じゃないの!?)、そして某スポーツブランドの名前の由来で、そのマークも“ニケ”が手に持っている羽根から来ていることは、ここでガイドさんに説明を聞くまで知りませんでした(汗)。

efes2   efes5

左上は『ハドリアヌス神殿』の門。奥には両手を広げたメドゥーサのレリーフが残っている。その顔を見た者を石に変えてしまうというメドゥーサのレリーフは、“魔よけ”として良く門に施されたのだと言う。手前の門のレリーフには諸説がある(この地方独特の地母神であるとか、女神テュケであるとか)らしい。
右上は『トラヤヌスの泉』。かなり想像力を働かせないと泉には見えないけれど・・・

efeslこちら(→)は、『ケルスス図書館』
この写真ではわからないけれど、正面には、知恵、運命、学問、美徳の4つの意味をそれぞれを象徴する女性像がある。
レリーフにしても像にしても、これまで見てきたものは、女性のものが多いというのが興味深い(ここに写真はないけれど、『ヘラクレスの門』にはヘラクレスのレリーフが残っていたので、男性のものがないというわけではない)。
もちろん女性のほうが美しい(?)からなのかもしれないけれど、男性のものは、ギリシャの神々ではなく、その時代の皇帝だとか将軍、いわゆる権力者のものが多かったので、後世に破壊されてしまったのではないだろうか・・・そんな想像をするのも楽しい。
efesth
こちら(←)は、ちょっと離れて、アルカディアン通りから見た『円形劇場』(大きすぎて近くからだと何を撮ってるのかわからない)
当時は、2万4千人を収容できたというからスゴイ。
ヘレニズム時代に作られた劇場だけれど、ローマ時代に入り、剣闘士と猛獣の闘いや囚人の処刑などを見世物をするようになってから、観客席とオーケストラ席との間に壁を増設したらしい。
この劇場いっぱいの人たちが、そんな見世物に熱狂していたかと思うと、少し恐ろしい気もする。ま、簡単に言うと映画『グラディエイター』の世界なんだけど。。。


見どころいっぱいのエフェス遺跡観光はこれでおしまい。

これからまたバスに乗り、次なる観光地、パムッカレへ移動。
この先の日記はまた、改めて。





お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

Last updated  2006.05.10 21:45:36
[旅行/おでかけ] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.