000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

 殿上人日記

全3件 (3件中 1-3件目)

1

全て | カテゴリ未分類 | 馬籠より | 中津川より | 恵那より | 木曽より | 美濃の旅 | 飛騨の旅 | 名古屋より | 愛知、三重の旅 | 滋賀、奈良の旅 | 京都の旅 | 大阪、兵庫、岡山の旅 | 長野、山梨の旅 | 静岡の旅 | 神奈川の旅 | 東京の旅 | 温泉 | 韓国旅行 | ヨーロッパ、ハワイ旅行 | 旅のいろいろ | 歴史、伝統 | 行事、地域 | 四季の移ろい | 夕焼け | 花、植物 | 自然 | ペット、動物 | グルメ | 喫茶 | 菓子 | 食べ物いろいろ | 行楽、遊び | 中日ドラゴンズ | スポーツ | 芸術、文化 | テレビ、映画、音楽 | ニュース、時事 | ヒューマン | 懸賞 | ブログ、リンクス、ネット | パソコン、電化品、車 | 買い物、主婦業 | 子ども | 家族 | 日々の暮らし

ヨーロッパ、ハワイ旅行

2014年02月26日
XML



そんな訳で久しぶりに家に戻りました~。なんか青空が
まぶしい。来週は3月なんですが、家では12月下旬の
大掃除の最中のままで、戸棚からとりあえず取り出した
モノなどが使っていない部屋に整理されず眠っています
何かするにも、もう少し暖かになってからだなぁ・・・と




旦那がお正月過ぎに出張に行っていた先の写真を、PCに
取り込んでみました。この雰囲気どこだかわかりますか?
魔法使いと女王陛下のいる国、あと007やベッカムも
正式名称グレートブリテンおよび北アイルランド連合王国
(United Kingdom of Great Britain and Northern Ireland)
またの名をイギリス、英国です




女王陛下でも有名なこの国は、近世においての産業革命でも
知られており、その発祥地がこのイングランド中央部に位置
するシュロップシャー州にある「アイアンブリッジ峡谷」で
エイブラハム・ダービーがコールブルックデールで、コークスを
使って、高品質の鉄を作り出す近代的な製鉄法を発明した事
から始まったそうである




その産業革命の象徴とされるのが「コールブルックデール橋」で
通称はアイアンブリッジ。1779年に建築された世界初の
鉄橋である。長さは約60メートルのアーチ橋で、鉄や石炭
石灰石を川の対岸へ輸送する為に使用されていた




1950年までは橋を渡るには通行料を支払わなければなら
なかったそうで、通行料徴収所の料金表には「王室も支払う
べし」との注意書きがあったんだそうだ。この橋を含めて
アイアンブリッジ峡谷の一帯は、世界遺産に登録されている




右側の建物はビール工場で、その奥の煙突状のモノはどうやら
石炭火力発電所のようだ




冬のこの時期、日の出も遅く会社に出かけるときはまだ暗くて
日の入りも早くホテルに戻る頃には真っ暗で、なかなか周囲の
街並みもわからないようだけど




今回は国際免許を取って車での通勤。日本と同じ左側通行で
良かったね。でも交差点などは飯田市にもあり最近、注目を
集めつつある、信号のない「ロータリー交差点」だったのが
慣れなかったみたいだ




やっぱイギリスと言えばフーリガン・・・いえサッカーって訳で
なんでも、会社の方にサッカーファンの方がおいでになるそうで
試合に連れて行ってもらったそうです。香川とかのいるプレミア
リーグ(20クラブ)ではなく


               

その下位のフットボールリーグ(72クラブ)のうちで、一番
上位のチャンピオンシップに所属し、ウルヴァーハンプトンに
本拠地を置く「ウルヴァーハンプトン・ワンダラーズ・フット
ボール・クラブ」で、愛称は「ウルブス」。1877年に教会に
併設されていた学校のチームとして設立をしたんだそう




リーグ優勝3回など、数々のタイトルを獲得をした歴史を持ち
「威風堂々」で有名な音楽家のエドワード・エルガーや、ロック
バンド「レッド・ツェッペリン」のヴォーカリストのロバート・
プラントもサポーターだ

1902年のエドワード7世の戴冠式の為に書かれた「戴冠式
頌歌」の6番「希望と栄光の国」は、「威風堂々」に歌詞が
付けられたが、これは王のアイデアであったそうだ




今では第2国歌的な扱いを受けており、BBCプロムスなどで
演奏が放映される際には、歌曲の最初の部分でエリザベス2世
女王の映像が必ず流される事になっているんだとか

会員専用のバー(?)で、試合前にビールを飲んでの観戦だ
そうで、試合も勝ったので連れて行ってくれた方もご機嫌♪
だったようだ




なんか英国とかイメージではスコッチとか、ウヰスキーを
飲むのかと思ったら、普通にビールみたいで結構、美味しい
ものが飲めたそう


               

昨夏のオランダでも仕事で一緒だった英国人の方など、顔も
名前も憶えていてくれたようで、とにかく人懐っこいというか
フレンドリーな方が多かったようだ




ヨーロッパの外食は高いイメージだけど、地元の人が出かける
お店とかにも連れて貰ったようで、ひと月にも満たない滞在で
あるのに、お別れ会のようなものもしていただけたのだとか




英国料理は素材に火を通す(焼く、煮る)のが目的で、味付けは
二の次のシンプルな料理が多いそうだけど、それも産業革命で
母親が工場での仕事で忙しいので、なんてのが一因ではないかと
言われている




別に同じお店で食べてた訳でもなく、付け合せもフライドポテトに
玉ねぎと似たような感じで、確かにワイルドなビールのおつまみに
良さそうなお料理かもっ(汗)




食に関しては日本に生まれてよかった~と、つくづく思いもする
「スコーン」とか好きなんだけどもね。あと写真がないけど事前に
イギリスのカップラーメンはまずいから食べれるもんじゃないと
ネットで調べていたのに、怖いもの見たさの心理か




旦那、イギリスでカップラーメン(原産国は不明)を食べようと
したけど、やっぱりまずくてほとんど残してしまったそうである
(あくまでも個人の感想です)




さてお土産には、やっぱ英国であるならば「紅茶」でしょ!って
訳で頼んでみたのですが、駐在の方にも人気のものなど、紅茶&
お菓子を買ってきてくれたんだけど




スーパーで買ったという「リンツ」チョコレートって
スイスだったりして~。まっ美味しいし、円安でも
どれもが日本で買う三分の一から半額程度らしいから
いいか

厳選された原材料と、伝統的な手法を用いて作られている
スコットランドの「ボーダービスケット」社のビスケット
娘がうまいうまいと喜んで食べてました~


                 

さて日本でもお馴染みの「トワイニング」ですが、日本に
輸入されている製品も含め、その大半がポーランド工場で
製造されていますが、イギリス国内専用品である黒箱は
イギリスのトワイニング本社工場でブレンドがされており
王室納入品と同様に茶葉の選別からブレンド等、一般に
流通されている物とは全く異なっているのだとか


王室御用達である総合高級食品ブランドの「フォートナム・
アンド・メイソン」のショップがオープンをしたのはなんと
1707年なんだとか。日本各地にもティーショップがあり
お馴染みの方もおいででは?。1902年のエドワード7世の
国王即位を祝って作られたのがロイヤルブレンド


数百円程で買ったという「テイラーズ・オブ・ハロゲイ」
ですけど、ネット検索をしたら、日本では2500円もする
ようで、カフェインレスなので珈琲や紅茶を夕刻から飲むと
寝れなくなる娘にでも。王室御用達のブランド紅茶として
イギリスでは非常に評価の高いんだとか




                  平成26年1月に英国で撮影






最終更新日  2014年02月26日 17時06分30秒
コメント(36) | コメントを書く
2013年10月25日



私の10年パスポートの期限期限が切れてから
期間が経ち過ぎて、3年目だったのか、4年目
だったのか? 海外どころか国内線すら飛行機は
ご無沙汰だ




そんな飛行機を下から眺める嫁を尻目に、旦那は
以前に会社持ちでパスポートを取得し、アメリカ
西海岸に続き、今年の夏はオランダへと2ケ月の
海外出張へ




お休みの日に、オランダやベルギー観光などに
出かける機会もあったそうだ。以前から海外の
文化よりも自然が好きなタイプなので、どこの
街に出かけたのか、あやふやだったみたいだけど




王様のお墓のある教会とか、アンネの隠れ家に
レンブラントやルーベンスを見たり、世界遺産の
風車なんかを見たようだ。とにかく風車が大きく
ぐるんぐるんとすごい勢いでまわっていたのに
驚いた様子だ


     

あと、オランダは自転車大国なんだとか。歩行者
よりも自転車が優先みたいな感じで。自転車の走行
ゾーンなどもしっかり整備されている




私もず~っと前に、母親と出かけたヨーロッパ
周遊旅行は、KLMオランダ航空を利用して
行きはアムステルダムからウィーンへ乗換え
オーストリア、ドイツ、スイス、フランスと
まわり最後に再びのオランダ




アムステルダムの夜の運河めぐりを船でしたり
ダイヤモンド工場見学、風車見物などなどと
雲ひとつない美しい青空だったのを思い出す




当時はもちろんフィルムカメラで、4万円程の
ものであったが、本当にクリアで綺麗な写真が
撮れたのだけど、現像代もバカにならないので
安易にシャッターを押せなかったのが残念だ




今回、旦那が持っていったのは仕事用に使って
いる安いコンデジで、舅が音楽イベントに行き
当選して貰ってきてくれたものだけど、画質が
イマイチ。このサイズ表示ならまだしも、大きく
なるとなんかね~




他に2年前まで使っていたコンデジと、それより
以前に使っていたもの2台。そっちの方を旦那に
貸せば良かったかなぁ~と、少し後悔。こんなに
あちこち観光をしてくるとは思わなかったので
というか、最初は一ケ月の予定だったし




ネット検索をすると、世界遺産のキンデルダイク
エルスハウトの風車群は7月と8月に、19基の
風車が稼働する様子を見学する事が出来るそうで
くるくるまわるのを見れた旦那、ラッキー


     

同僚の方のお宅にお邪魔し、たらふくオランダの
家庭料理も頂戴したりとか、国境を越えてお隣の
ベルギーなどにも連れて行って貰ったようで




ブリュッセルでは王立美術館や楽器博物館を見学
したみたいで・・・なかなかアートな時間を過ごした
後には、「世界三大がっかり(他にシンガポールの
マーライオン、コペンハーゲンの人魚姫の像)」の
ジュリアン君に会いに




ウィキペディアによれば
>侵略者が城壁を爆破しようとしかけた爆弾の
>導火線を小便をかけて消し、町を救った少年が
>いたという武勇伝説。この少年の名はジュリアン
>といい、小便小僧の愛称「ジュリアン坊や」は
>ここに由来するといわれている

17世紀にフラマン人彫刻家デュケノワが製作した
オリジナルの像は紛失し、これはレプリカだ




その近くのフィデリテ袋小路という路地には、彫刻家
デボヴリによって1985年に作成された小便少女も




そして涙なくしては見れないアニメ「フランダースの犬」
所縁のアントワープで、ネロが絵のコンクールに出展して
その結果が発表された市庁舎




そしてネロが見たかったルーベンスが掲げられていた
アントワープ聖母大聖堂は、時間が遅く中には入れな
かったそうである。この教会でネロとパトラッシュは
天に召されたというのだ




「フランダースの犬」は、イギリスの作家ウィーダが
1872年に書いた児童文学で、日本語版は明治41
(1908)年に出版されたが、ネロは清(きよし)で
パトラッシュは斑(ぶち)、アロアは綾子(あやこ)と
なっていたそうだ。トヨタ寄贈の碑があった




昭和50年のアニメ版の存在が大きく、今でも名場面特集
などで教会の場面が紹介され、多くの人の涙を誘っている

「パトラッシュ、疲れたろう。僕も疲れたんだ…。なんだか
とても眠いんだ…パトラッシュ…」





    平成25年夏に旦那がオランダ&ベルギーで撮影







最終更新日  2013年10月25日 11時14分08秒
コメント(51) | コメントを書く
2006年10月05日

 ミラノ大聖堂1


   最近知り合った方が、横のフリーページにある
   イタリア旅行の日記を読んで下さったそうで
   まだ旅の途中でありながら、1年半も経って
   いるというのもいい加減だと、しまいこんだ
   スキャナーを持ち出してきて、数年前のネガを
   パソコンに取り込んでいる

   いつもは縮小をしただけの写真も、少し加工も
   しようと、セピアで古写真風にアレンジした


         ミラノ10

   ミラノ5

   ローマ、フィレンツェとイタリアを北上し、次は
   日本人に人気のミラノだ。最初の写真はこの街の
   シンボルのミラノのドゥオーモ(大聖堂)の屋上だ

   フランスのボーヴェ大聖堂に次いで、体積は世界で
   2番目で、広さもバチカンのサン・ピエトロ大聖堂に
   次いで2番目の、巨大なゴチック様式の大聖堂である

         ミラノ1


   ミラノでは、世界最高峰の絵画の1つである
   サンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会にある
   レオナルド・ダ・ヴィンチの最後の晩餐を見るのが
   楽しみであった。空調など厳重になっている


  ミラノ6
         ミラノ2 

   事前に、旅行会社に観覧予約をしてもらったのだが
   時間があったので、近くの聖アンブロージョ教会に
   いったのだが、ミラノの守護聖人アンブロージョの
   ミイラが・・・・知らなかっただけにドッキリ~!


         ミラノ4

  ミラノ9

   有名なヴィスコンティ家の居城を、後にミラノ公国を
   治めたスフォルツァ家の所有になったものは、今は
   博物館になっており、なんだか迷路みたいで面白い

   ミケランジェロが死の数日前まで製作をしていたと
   いう、未完のロンダニーニのピエタが印象的だった

   ブレラ美術館には、足元から描かれた、有名な
   マンテーニャの「死せるキリスト」などがある
   息子には悪いが、美術館めぐりは面白い

     ミラノ8 

         ミラノ7


   大聖堂の横に、ガッレリア(アーケード)があり
   そこの十字の交わる中心に、雄牛のモザイクがあり
   この雄牛のお○んちんに、足のかかとを乗せて
   一回転すると子宝に恵まれるとか聞いたのだが
   検索をしたら、願いがかなうと大雑把じゃないの

  ミラノ3


   そしてオペラの殿堂であるスカラ座を、外から
   眺めた。昼ごはんにピザ(でかい!)&温野菜に
   600円もするコーラなど、4千円近くも散在し
   ワインは、グラスで250円くらいなのに~と
   凹んでいたので、夜はマクドナルドで!! 

   日本のような白い綺麗な紙でなく、ざらついた
   茶色がかった再生紙のような袋や包み紙なので
   お国柄を感じた。スーパーでも袋を下さいと
   頼まないとレジ袋はもらえない。この方がいいかも

         ミラノ11

        平成13年2月撮影






最終更新日  2006年11月01日 12時38分57秒
コメント(88) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全3件 (3件中 1-3件目)

1


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.