3372204 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

 殿上人日記

全4件 (4件中 1-4件目)

1

全て | カテゴリ未分類 | 馬籠より | 中津川より | 恵那より | 木曽より | 美濃の旅 | 飛騨の旅 | 名古屋より | 愛知、三重の旅 | 滋賀、奈良の旅 | 京都の旅 | 大阪、兵庫、岡山の旅 | 長野、山梨の旅 | 静岡の旅 | 神奈川の旅 | 東京の旅 | 温泉 | 韓国旅行 | ヨーロッパ、ハワイ旅行 | 旅のいろいろ | 歴史、伝統 | 行事、地域 | 四季の移ろい | 夕焼け | 花、植物 | 自然 | ペット、動物 | グルメ | 喫茶 | 菓子 | 食べ物いろいろ | 行楽、遊び | 中日ドラゴンズ | スポーツ | 芸術、文化 | テレビ、映画、音楽 | ニュース、時事 | ヒューマン | 懸賞 | ブログ、リンクス、ネット | パソコン、電化品、車 | 買い物、主婦業 | 子ども | 家族 | 日々の暮らし

歴史、伝統

2014年01月16日
XML
カテゴリ:歴史、伝統
font size="3" color="#483d8b">


雪を降らせたり、キラキラと加工を勝手にして
下さるグーグル+だけど、似たような画像とかを
続けてアップすると、こんな(前回のアルクマも)
ミニ動画も作ってくれたりする




さて、ここ最近はブログなどでも何人かが感想を
書いていたりするのが映画「永遠の0」だが、その
主人公を演じているのが、ジャニーズ系「V6」の
岡田准一で、私がはまったのは昨春に公開された
映画「図書館戦争」の堂上教官だけど♡




年末には出世作となった「木更津キャッツアイ」の
再放送もやっており共演をした「嵐」の櫻井からは
紅白歌合戦で役名の「ぶっさん・・・」とか言われて
いたが、ジャニーズ枠が一杯で「V6」は出演が
出来ないのに、メンバーの岡田准一が会場にいたのは




今年の大河ドラマ「軍師官兵衛」で主役をするので
審査員として参加をしていた為だ。そんな後輩の事を
気遣ってか、「SMAP」の木村は自分たちの歌の
時に、岡田にマイクを向けていた




お正月明けの冬ドラマの番宣で、各民放局の番組など
ドラマの出演者が出没しているけど、それはNHKでも
同じで、歴史系の番組はどれも豊臣系のからんだ戦国
ものばかり。官兵衛が信長から貰った刀の名もばっちり
覚えましたぞ →「圧(へ)し切り」


     

無論、徳川家康の宿敵とも呼ばれたこの男。真田幸村に
ついて取り扱ったものなどもあった。新大型時代劇と
して、NHKでも1年にわたって、「真田太平記」が
昭和60年に放映をされていたそうだが、私は見ては
いなかった。残念~




戦国における真田昌幸(丹波哲郎)、信之(渡瀬恒彦)、
幸村(草刈正雄)の生涯と一族の興亡を描いたものだ
そうで、なかなか硬派なものだったのでは? 私と
しては、大河「風林火山」での真田幸隆(昌幸の父)を
演じた佐々木蔵之介も捨てがたい




そんなテレビジョンなどマスコミで活躍する俳優さんに
負けていないのが戦国武将ゆかりの地で、盛り上がりを
見せている、ご当地おもてなし武将隊の皆さんだ。この
御方、信州上田の真田幸村公だそうだが、織田信長でも
いけちゃうんじゃない?


     

徳川家康に果敢に挑む真田家の中でも「大坂夏の陣」では
寡兵3500を持って徳川家康の本陣まで攻め込んで、家康を
追いつめた真田信繁(幸村)は、合戦に参陣・参戦をした
将兵による記録や証言が基となって、江戸幕府の諸大名の
各種史料に、その戦将振りが記録されているそうだ




真田幸村の武勲にあやかろうと、諸将が信繁の首から遺髪を
こぞって取り合って、お守りにしたとも言われているそうだ

本来は信繁であるのが、寛文12(1672)年の軍記物語
「難波戦記」で幸村と明記されているのが最初で、人気を
博して広く読まれたため「幸村」が一般的となったそうだ




「幸」は真田家の通字(実家は万だった)で、「村」は
信繁の姉の村松や、信繁系の真田家が後に仕えた伊達家
当主の伊達綱村に、徳川家を呪ったとされる妖刀村正に
由来するのではないかと言われている




そんな武勇を持つ武将をほっとくわけもないので、幸村を
題材にした講談の流布とともに、真田人気もうなぎのぼり
真田幸村に仕えたとされる10人の家臣、「真田十勇士」
(伝承上の架空の人物とされるが、歴史的な由来を持つ
人物もいるんだとか)も主君ともどもヒーローとなった


     

私が織田信長の事を知ったのは、幼いときにTVで見た
「仮面の忍者赤影」なくらいな訳で、やっぱ真田幸村とか
より、アニメ「サスケ」とかあたりでしょうかね。そして
猿飛佐助、霧隠才蔵とかを漫画やアニメコンテンツから
自然に覚えてた




「真田十勇士」は、猿飛佐助、霧隠才蔵、三好清海入道、
三好伊三入道、穴山小助(穴山小介)、由利鎌之助、
筧十蔵、海野六郎、根津甚八、望月六郎が基本とされて
作品によっては多少の名の入れ替えがあるようだ


     

この愛らしい子は、火縄銃の名手の「筧十蔵(かけい
じゅうぞう)」で、豪胆な性格だったといわれ、大坂
夏の陣で徳川方を散々に苦しめたんだとか




↑の最初の青年は、「穴山小助(あなやまこすけ)」で
槍の名人。というか、昨今のおもてなし武将隊とかは
武芸の腕よりも、ダンスが出来るとか、トークがうまい
といったのがポイントになる。無論、顔だちも(汗)


     

更に、真田幸村公と記念写真を撮りたい庶民のカメラを
受け取った筧十蔵殿の撮影&気配りもなかなかのものだ
ちなみに「チーズ~」ではなく「真田十勇士~」と言う
のが決まりだ




地元の上田の宣伝にも抜かりなく、とにかく寒い菅平高原
スキー場の紹介とか、「真田郷の湧水」なる飲料水を売り
つけ・・・いや、無償でプレゼントして下さるそうで




じゃんけん大会~~~。負けた


 

会場にかけつけた歴女の皆さんに「名刺」も配ったりと
大忙しだ




私も1枚貰いに行ったのだが、ちゃんと挨拶などもして
下さるぞ。そんな彼らには徳川に屈しなかった上田城の
他にも別所温泉などで会えるようだ

    「 信州上田おもてなし武将隊 」




信州で人気のアルクマも幸村公にご挨拶~。そんなトーク
上手な幸村公は古風なお顔立ちなのに、ブログも面白すぎ
スキーリフト券をかけて、クイズ大会に参加している間に
マックでくつろぐ武将姿を見損ねてしまったとは!

    「 真田幸村の日本一の独り言 」


  

アルクマなる信州固有の新種のクマがやってきた山形村の
松本アイシティ21には、峠を超えて信州上田から戦国の
英雄、真田幸村御一行様もやってきていたのだった


        

              平成26年1月11日に松本アイシティ21で撮影

最新お気に入りブログに反映しなかった訳がわかりました
たぶん私は誤字脱字が多いので公開後に、日記編集をして
再公開するんですが、そうする事で最新お知らせに出ない
かもしれません






最終更新日  2014年01月16日 11時38分07秒
コメント(48) | コメントを書く
2005年09月20日
カテゴリ:歴史、伝統

 子供の頃、京都の豊国神社で、太閤秀吉公が
 使ったという獏(バク)の木彫りの枕を見た
 悪夢を食べてしまうという獏は、東南アジアに
 実際に存在をする哺乳類です

 古来、中国の葬儀では、霊を見守る為に
 「鎮墓獣」が埋葬をされました。また、睡眠中に
 魂が、体から遊離をすると考えられていたので
 魂が悪霊にさらわれないよう、悪霊祓いの
 神獣の絵や、置物が飾られていたそうだ

 その風習が、日本に渡来し、室町時代あたりには
 正月や節分の初夢に、獏の絵を枕の下に敷いたり
 獏枕を使用するようになり、「獏食え、獏食え」
 「夕べの夢は、獏にあげます」と唱えれば、悪夢の
 難から逃れると信じられていたそうです
  

 旦那が枕が古くなったので、新しいのが欲しいと
 ねだったので、スーパーで物色をした。さすがに
 獏の枕は売っていないのだが、「これが欲しい」と
 指差す先には、自分の頭の形に合わせてくれる
 「低反発枕」が、値引き札でも8000円也!

 備長炭入りの高級蕎麦枕は2個セットで、見切りの
 4000円。これは心が揺り動かされたが、やはり
 いつもの「蕎麦枕」の¥980になったのだが
 新しい枕は息子に強奪されて、息子の少し古く
 なった枕を、旦那は使うことになった
 
 
 「まくら」の語源は幾つもあります

 頭のすきまを支えるから
 間座店(マクラ) 頭座(アタマクラ) 目座(メクラ)

 昔、袖を巻いて枕としたので
 巻座(マクラ) 纏座(マキクラ)

 神霊を呼び出す手段として枕をする
 真座(マクラ) 魂倉(タマクラ)

 古事記には御枕方(マクラベ)、日本書紀には
 摩苦羅陛(マクラベ)の記述が残っているそうです

 
 人生の中で、かなりな時間を要する睡眠に
 枕は欠かせません。なるべくなら悪夢ではなく
 楽しい夢を見たいものです(私は得意なんですよ)

  「その重要なアイテムの枕ですが
   あなたは、どんなものを使っていますか?」


   まくらについて詳しいサイト

 http://www.makura-erabi.com/






最終更新日  2005年12月20日 13時21分09秒
コメント(30) | コメントを書く
2005年09月18日
カテゴリ:歴史、伝統
  
 奈良には白毫寺というお寺があるのだが、この「白毫」とは
 白い毛の事である。仏様の特徴の一つに「百毫相」があります
 
 これは、眉間から生えている2メートル程もある白い毛で
 クルクル巻かれ、仏の智恵を表しているそうです。仏像彫刻で
 丸い水晶がはめ込まれており、多くの人はホクロと勘違いを
 しているのではないだろうか

 2メートルも無いにしても、短いはずのうぶ毛が、やたらに
 長くなったものを、福毛とか、宝毛というらしい。それが
 自然に抜ける時、ラッキーな事が起こるらしく、抜いたり
 切るのはよくないという

 私にも、左のほっぺと右手のうち側に、3センチくらいまで
 のびた福毛がある。たまに、抜けたりしてるのだが、また
 時間をかけて、3センチくらいまでに成長をするのだ
 か細くて、ほわほわした、まさにうぶ毛でしかないのだか
 この毛がある時には、懸賞に良く当たるような気もする

   まさに私にとって、宝毛なのかもしれない
 






最終更新日  2005年12月20日 11時21分45秒
コメント(26) | コメントを書く
2005年05月17日
カテゴリ:歴史、伝統

   昨年、靖国神社の境内に桜が咲く頃
   私は、娘と靖国神社に隣接する遊就館に
   行った。ここは幕末からの戦争に関する
   展示がされているのだが、零式艦上戦闘機
   といったものの他に、戦争で命を失われた
   兵士の遺品も、残されている

   ひめゆり部隊をはじめとした、若い人の写真が
   壁面に、所狭しと貼れていた。昭和19年に
   フィリピンから、祖国に残した家族への想いを
   「椰子の実」に託して流し、31年間ぶりに
   彼の愛する妻の手元に届いた「奇跡の椰子の実」
   妻をめとることなく戦死した息子に、母から
   お供えをされた、華やかな「花嫁人形」


   彼らは好き好んで、戦争に赴いたのだろうか
   お国の為 家族の為、・・・。姑は、子供の時に
   家族を残し、出征をする村の青年を、旗を振りながら
   村境まで送っていき、みんなで「万歳!」をして
   戦場に送った。しかし、故郷に帰ってこれなかった
   兵士も多い。私の父も出征をし、九州において終戦を
   むかえた。あと少し戦争が長引いたら、海の藻屑と
   消え去り、私も、この世に存在をしていないと思う

   父は二十歳前に出征をした。祖父は息子の門出に
   一山の木を全てを売って、一振りの日本刀を持たせた
   終戦後に、無事に帰った父の日本刀を祖父は抱えて
   汽車に乗り、三河の海に、投げ込んできたと言う
   その時、祖父は笑っていたに違いない。息子が生きて
   帰ってきたのだから
   

       「無言館」を知っていますか?
 
   画学生として、また若手の画家であった青年達が
   志半ばで、戦場にて命を落とし、遺族の手元に
   遺された作品と、彼らの青春の息吹を伝える遺品の
   数々を展示をするために、「信濃デッサン館」の
   分館として、戦没画学生慰霊美術館「無言館」は
   誕生をした

   開館当初は、年配者の観覧が多かったのだが、年々
   口コミにもよって、若い人達の観覧が増えてきたそうだ
   自分の将来がわからない。夢が見つからない・・・
   そういう若者達が、夢半ばにして、命を失う事になった
   画学生の遺作を通して、何かを掴み取る事が出来たら
   そんな思いで、今年の春、無言館では成人式を公募し
   それに賛同をした新成人が、式典に臨んだ


   描きかけの恋人の絵。「戦争から帰ってきたら、また
   描きあげるから・・・」と言い残しながら、彼が帰る
   事は、もう無かった。命を失った青年は無論、残された
   家族や、恋人、友の60年の「思い」が、これらの作品に
   こめられている

   戦後60年を記念して、展示ができない数多くの作品を
   全国の多くの人たちに見ていただきたい、彼らの思いを
   知って欲しいという気持ちから、他館の戦没画学生の
   収蔵作品も併せ、100点以上の日本画・油彩・彫刻
   などの遺作と、遺品資料の展覧会「無言館 遺された
   絵画展」が、年明けから、全国を巡回をしている






最終更新日  2005年12月14日 18時34分26秒
コメント(25) | コメントを書く

全4件 (4件中 1-4件目)

1


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.