209462 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

オカダマニラに行こう!!!

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Rakuten Profile

設定されていません

Calendar

Rakuten Card

Favorite Blog

2017主力株概況9位、… New! みきまるファンドさん

やはり魅力のある優… New! toms2121さん

前日比△226,300円 かぶ1000さん

資産増加によるリタ… 白米っさん

Comments

スマイリー@ Re:オカダマニラの収益予想は!?!(05/13) こんにちは。 いつも楽しく拝見させていた…
skyfish@ Re[1]:オカダマニラ倍増計画!?!(05/03) リラクマさん、毎度です。 フェーズ2であ…
リラクマ@ Re:オカダマニラ倍増計画!?!(05/03) skyfishさん、こんにちは。久しぶりの更新…
skyfish1975@ Re[1]:2017年3月31日オカダマニラグランドオープン!!!(03/27) くま爺さん、ご丁寧に情報ありがとうござ…
くま爺@ Re:2017年3月31日オカダマニラグランドオープン!!!(03/27) なんと、4月13日に本当に停電があったよう…

Freepage List

Headline News

2017.05.13
XML

rblog-20170513143215-01.jpg

さて、2017年5月12日、オカダマニラを運営するタイガーリゾーツ社の親会社であるユニバーサルエンターテインメント社から下記3報のIRが出ました。

1.剰余金の配当に関するお知らせ

期末配当は40円、利回りで1.2%ですね。これからフェーズ2に着手するにあたりフェーズ1と同等とするなら2千億円規模のおかわり資金調達が必要となってくるのですが、期末で1192億円の現金がありますし、

「当社グループの主力事業であるパチスロ・パチンコ事業が堅調に推移していること、OKADA MANILAオープンを勘案して」

ということで、ご祝儀配当となりました。

全体で32億円のキャッシュアウトですが、そのうち、22億円が岡田会長のポッケにナイナイされます(正確には親会社のOKADA HOLDINGSにですが)。




2.決算期(事業年度の末日)の変更に関するお知らせ

来期からユニバ社の会計期間は、日本で一般的である4〜3月から海外で一般的である1〜12月に変更になります。

理由としては、

「OKADA MANILAの開業に伴い、日々海外子会社の業績の重要性が増してきており、今後さらに重要性が増大すると予想しております。そのような状況下において決算期の統一を図ることで国内外子会社の業績をタイムリーに連結財務諸表に反映させ、経営情 報の適時・的確な把握・開示による経営の透明性の向上、投資家・ステークホルダーに 対するより有用な決算数値・財務情報の提供を図るべきとの経営判断から変更をする。」

とのことですが、早い話、

ユニバ社の主力事業がパチスロ・パチンコ事業からカジノ事業へ移行します、という岡田会長の強い意思表示でしょう。
海外のカジノ事業者の決算期も1〜12月ですから比較もしやすくなりますね。

ってことは、
期末配当も、お楽しみの株主優待も、権利確定は12月末、株主総会は3月開催、になりますね。




そして、待ちに待った2017年度の決算です。

3. 平成29年3月期 決算短信〔日本基準〕(連結)

今期は、

・売上1111億円 (修正予想1200億円-7%)
・営業286億円(修正予想300億円-5%)
・純利186億円(修正予想200億円-7%)

でしたので残念ながら修正予想には未達となりましたが、自己株式活用の第三者割当のためか修正予想は多少盛っていたような気もしますし、

当初予想と比して、

・売上1111億円 (当初予想1100億円+1%)
・営業286億円(当初予想168億円+70%)
・純利186億円(当初予想92億円+102%)

となっており大変上出来に思います。


当初は、
「開業前費用が増加すると予想しており(中略)平成29年3月期の連結業績予想は売上高増となるものの、営業利益は前期並みと予想しております。」
としていましたが開業前費用をパチスロ事業の増益で飲み込んでしまいましたね。

p.21に海外事業分を含んだ「その他」のゼクメント情報が記載されていますが、

・売上31億円→3ヶ月間のカジノ売上?
・費用81億円→開業前費用?

というオーダーでしょうか。

終わってしまったことはさておき注目すべきは来期の予想です。

A.来期予想(4〜12月の9ヶ月)
・売上1019〜1158億円
(今期906億円+12〜27%)
・営業167〜245億円
(今期274億円 -39〜-10%)
・純利益158〜209億円
(今期149億円+6〜40%)

B.通年比較可能ベース(4〜3月の12ヶ月)
・売上1330〜1540億円
(今期1111億円+19〜38%)
・営業238〜359億円
(今期286億円 -17〜+25%)
・純利益234〜313億円
(今期186億円+25〜68%)


なんと、レンジ予想となってます。
それほどカジノ事業がブレるのか〜と思いきや、パチスロ・パチンコ機規制の影響が読みきれないからとのこと。(%はいずれも増減率)

うーん、パチスロ規制は下振れと仮定しても、
売上で+19%、営業利益で-17%、純利益で+25%の増収増益予想です。

カジノ事業の影響度合いが全然わからないのですが、
カジノホテルとして本格稼働しているであろう
2018年1Q予想(上記B-A差分)としては

・売上311億円(今期205億円+51%)
・純利益76億円(今期37億円+105%)

となり、いずれにしてもけっこうな増収増益予想です。


ただひとつ気になるのは、カジノ事業の本格稼働に伴う売上、利益が思ったほど計上されていないことです。

昨年2016年の株主総会で岡田会長は、

初年度売上1500億円、利益500億円って言ってたんですけどね。期末の建設仮勘定は2403億円となってますし、オカダマニラは工事中扱い。まだまだ本格稼働は2018年からなのでしょうか。
このあたり、今年の株主総会で語ってくれるでしょう。

今年もお台場へ行こう!?!



rblog-20170513143215-00.jpg

ということで、今回も文字ばっかりになってしまったので、最後に美女の画像をはっつけておきます。(オカダマニラTwitterより)







Last updated  2017.05.14 09:57:29
コメント(1) | コメントを書く
Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.