124231 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

伊東良徳のとき・どき★かるちゃ~

伊東良徳のとき・どき★かるちゃ~

【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x

PR

カレンダー

バックナンバー

2024年05月
2024年04月
2024年03月
2024年02月
2024年01月

カテゴリ

コメント新着

Sometimes★@ 主催者が落ち着いてるのもいいですね シバヤマさん、コメントありがとうござい…
シバヤマ@ Re:シャルダン展(11/03) いい展覧会でしたね。お金を一杯かけてゴ…
Sometimes★@ 記事に関係ないコメントは削除しています 先ほど記事に関係なくサイト紹介をし相互…
Sometimes★@ すぐそこにもありそうなところが怖いですね zebraさん、コメントありがとうございます…
zebra@ その道を 極めようとしたために・・・・ きのう レンタルDVDで新作に ありました…

プロフィール

Sometimes★

Sometimes★

キーワードサーチ

▼キーワード検索

フリーページ

ニューストピックス

2010年10月30日
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
 失踪した祖母、医師としてフランスで働き続ける母、カナダで自由に暮らす娘3代の女性の葛藤を描いたフランス映画「隠された日記」を見てきました。
 封切り2週目土曜日、東京で唯一の上映館銀座テアトルシネマの午前中の上映は、台風接近で大雨・洪水警報、雷・強風・波浪注意報が出る中でも7割くらいの入り。

 両親と離れてカナダで暮らす娘オドレイ(マリナ・ハンズ)は、恋人ともいえない男の子どもを身籠もり、休暇を取って両親の元を訪れた。眼鏡店を営む父親は優しく迎えてくれたが、自宅で診療所を持つ母親マルティーヌ(カトリーヌ・ドヌーヴ)はとげとげしい態度をとり続ける。カナダを発つ前に任された大事な仕事をするためとして、空き家になっている近くの浜辺に面した祖父の家で寝泊まりすることにしたオドレイは、キッチンの引き出しの奥から古びた日記を発見する。それは50年前に家出をして消息がわからない祖母ルイーズ(マリ=ジョゼ・クローズ)の日記だった。日記には、祖母の料理のレシピとともに、家庭にこもるのではなく仕事を持ちたいという祖母の強い欲求や子どもに対する思いが綴られていた。日記を見せるオドレイに、マルティーヌは母は自分たちを捨てて出て行ったと憤慨し、日記を見ようともしない。オドレイは日記をめくりルイーズの思いをくみ取ろうとするが・・・というお話。

 子どもの頃に母親に見捨てられたという思いを持ち続けるマルティーヌと、母親とうまくいかず遠くカナダで暮らすオドレイ。母の愛情を感じられず打ち解けられない2代の娘が、祖母の日記に秘められた事実を機会に誤解を解き母親との絆を取り戻すという家族愛のドラマです。
 普通の道を歩みたかったというオドレイが、オドレイの妊娠を機会に思い直してカナダからフランスに駆けつけて結婚しようというトムの申し出を拒否したあげくに、カフェのギャルソン(フランス映画ですからやっぱりウェイターやボーイじゃ・・・)を部屋に誘い入れて一夜の関係を結ぶというところ、私の感覚ではあんまりだと思いますけど、このあたりが現代女性の普通と現実と自由と葛藤なんでしょうか。

 67歳のドヌーブ。去年「シェルブールの雨傘」デジタルリマスター版を見ているだけにその落差は大きいですが、ずいぶんと貫禄が付きましたね。自信とともに憂いと葛藤を見せ続ける姿は、役柄のためでしょうけど、同じく年を重ね貫禄が付いてもメリル・ストリープのようなわかりやすいタイプにならないのはアメリカ映画とフランス映画の違いなんでしょうか。
 この3代の母娘、現代のマルティーヌとオドレイは体型が似ているのですが、祖母のルイーズはほっそりで、母娘っぽくない。そのあたりはキャスティングで考えて欲しかったなと思います。





お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

最終更新日  2010年10月30日 20時20分27秒
コメント(0) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.