185903 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

こんにちは♪ ス~ジ~です♪ 

PR

Freepage List

Favorite Blog

月刊サイゾー&東京ヒ… New! mot's高須さん

【50%OFFセール中】… 夏旅行計画さん

愛聴図鑑 ベストヒットさん
 エデンの南 SEAL OF CAINさん
レコードとCDの出… ざと9901さん
ペガサスノート アヴィニョ〜ンさん
ガムザッティの感動… gamzattiさん
安達久美 club PANGA… A・K管理人さん
愛のチューリップ劇場 amadeusjapanさん
我が道を行く・・・ a tempoさん

Comments

 mikamieiji@ 先程の話に就いて 先程の話を読ませていただきましたが、最…

Keyword Search

▼キーワード検索

2005.10.31
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
小説『変奏曲』

村上春樹は、彼自身の青春である1968~70年を回想する
ことで現在の自分の位置を確認する作品を発表してきまし
たが、五木寛之は、『内灘夫人』(1968~69)、『デラシネの
旗』(1968)、『変奏曲』(1971~72)の3部作で、彼自身
が激しい政治の季節の渦にまきこまれた大学生時代(1952
~1957)を、再び訪れた政治の季節(1968~1970)のな
かで、ふりかえるという形式の作品を発表しています。

『内灘夫人』と『デラシネの旗』が学生運動の真っ只中に
執筆されたためか、熱気を帯びているのに対して、『変奏
曲』は、学生運動の挫折後に執筆されたためか、挫折感が
ただよっています。作者自身も、『変奏曲』のあとがきで、
『内灘夫人』と『デラシネの旗』は陽画(ポジ)、『変奏曲』
は前2作品のヴァリエイションで陰画(ネガ)と説明して
います。

小説『変奏曲』は1976年、中平康監督により、ATG初の
海外オール・ロケで映画化されました。私は、この映画に
強く惹かれ続けてきました。この映画の何が私を引きつけ
るのか、私は知りたいのです。

映画は、銃声の響きから始まります。画面が写し出される
と、森のなかに4人の外国人が立ち、そのうちのひとりが
構えた銃が火をふくと、木の幹を背に彼らと対していた黒
髪の男がくずれおちます。走り去るクルマの音。

画面は切り変わり、フラメンコギターとタンバリンの音と
ともに、1972年のパリのカフェの店先でフラメンコを踊る
ジプシーを映し出します。ジプシーの子供が投げ銭をもら
いに各テーブルをまわり、物思いにふけっている日本人の
女性に「マダ~ム」と声をかけると、彼女は「ノン」と応
えます。最初は強く、2度めは弱い口調で。それから、ま
わりの目が気になり、投げ銭を入れる皿に5フラン紙幣を
入れようとすると、今度は、子供が「ノン」と拒絶。

<私はもっと早くノンと言うべきだったのだ。5年……い
や10年……もっと以前に……>

彼女は、薄い白のブラウスと黒のスカートを着て、左脇に
黒のバッグを抱えて、パリの街を歩きます。階段で、左の
靴の踵がとれると、近くのバーに寄り、コニャックを頼み
ます。煙草を吸いながら、ふとカウンターを眺めると、黒
髪の男が酒を飲んでいます。やがて、その男は決意したよ
うに彼女のテーブルにやってきます。
「しばらく」
彼女は、バーテンダーに「アンコール」と空のグラスを見
せ、「3杯めよ」と男に言います。
「僕はワインだ。かなり飲めるようになった」
「あなた、昔は飲めなかったわね。……目を悪くしたの。
そんなサングラスをかけて。……覚えていたのね」
「すぐわかった。迷っていたんだ。声をかけようか、どう
しようかって」
「私は、なかなかわからなかったわ」
彼女は、勘定を払おうとする男を制します。
「私が払うわ。私はいまでも、おカネに不自由していない
の。あなたは?」
「カネはないな、いまも。下腹に脂肪がついたり、歯がだ
めになったり、通風が出たりするようになったけど、あい
かわらずカネには不自由しているよ」
男は、彼女が差し出した紙幣と、バーテンダーがもってき
たおつりをポケットのなかにしまい、店を出ます。

ふたりは、腕を組んで街を歩きます。
「主人は先週、プラハに立ったの。私、結婚してるのよ。
彼と結婚してから、もう13年近くたつわ。あなたがいな
くなったのは昭和30年の秋よ。だから17年。時間って、
本当に早くたつものなのね」

日が落ちて、雨が降りはじめ、男は、彼女を「組織」が借
りている部屋へ連れていきます。シャワーを使いながら、
自分のことを話しはじめる彼女。
「あたしたち、高輪のちょっとした家に住んでいるの。主
人は、銀座で外国製品を扱う大きなお店をやっているの。
一流銘柄の高級品ばかりを信じられないような値段で売る
店よ」
「きみはその人を…………やめよう」
「愛しているわよ。ある意味でね。自分の経済力や知識や、
そんないろんなものにゆったりした自信を持った人なの。
あたしがいま生きているのは彼と出会ったからだわ。あた
しね、あなたがいなくなってから二度も死にかけたの。も
ちろん自殺よ。家を飛び出して銀座のバーのクロークに勤
めていたとき、彼と知り合ったの。あの人が私を救ってく
れたんだわ」

彼女がベッドに入ると、男はシャワーをあびながら「組織」
について説明しはじめます。
「ペー・ジェー・ペー・エムというんだ。インターナショ
ナルな運動体で、ブラック・パンサーや、パレスチナ解放
戦線や、南チロル独立派、ケベック自由同盟、アルジェの
グループとも連絡がある。日本人のメンバーのなかの何人
かは、ペー・ジェー・ペー・エムの指揮下でギニアで実地
の戦闘訓練を受けている」
「あなたが大村湾から船に乗ったとき、もうすでに組織と
は連絡がとれていたのね。あたし、あなたのそばにいなが
ら、なんにも知らなかった。それでどこに渡ったの?」
「中国だ。そこに2年いて、インドから中近東へ渡った。
そしてしばらくしてモスクワへ行き、やがてプラハに移っ
たんだ。プラハではカレル大学にいた。パリへは68年の
五月革命の前に来た」
「あたしには遠い世界の話みたいにしか聞こえないけど…
…。でも、本当のことって、かえってそんなふうに感じら
れるものなのかもしれない」
「本当だよ」
男は、明かりを消して、ベッドに入ります。

激しい雨が降り、雷鳴がとどろきます。
「こんなふうにして出会うとは思ってもみなかったわ。あ
なたは死んだ人だと思いこもうと、つとめてきたのよ。17
年ものあいだ」
「ぼくもそのつもりだった。きみにとって、すでに存在し
ない人間として生きていくつもりだった。連絡しようと思
えばできたのに、それをしなかったのは、そう考えたから
さ」
「なぜ?」
「きみとぼくとは別な人間だと思ったから」
「どういう意味? ……あなたは革命とか、人民のためとか、
そんなことに献身することができても、あたしはそれがで
きない種類の人間だと思ったわけ?」
「ぼくは人間や世の中を憎悪することができた。だが、き
みをその生き方の道連れにするわけにはいかないと思った
こともある」
「そう」
「政治や革命運動の現実は、革命そのものの理想とはちが
う」

それから男は、2、3年前から自分が不能になったことを
彼女に告白します。
「滑稽だろうが、本当のことだ。この街へ来てから、ずっ
と、ぼくは1日10フランで暮らしてきた。ピガールでア
ラブの連中と連絡中、あやうく得体のしれない車にひき殺
されそうになったこともある。四六時中、ずっと緊張のし
っぱなしでね。疲れた……。僕は疲れたんだ」
彼女は、男の肩を抱き寄せて、つぶやきます。
「この街を離れましょう、ふたりだけで。あたし、一週間、
ずっと、あなたと過ごすわ。……だまって。わかってるわ。
でも、しばらくの間、忘れるの。なにもかも忘れるの」
男は彼女と口づけを交わし、ふたたび組織のことを考えた
後、一緒に旅に出ることを決意します。






Last updated  2005.10.31 23:42:09
コメント(0) | コメントを書く


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.