2440065 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

エデンの南

怪奇! 妖しい読書室エデンの南にようこそ

自分探しするなら本でも読めよ


カインのしるしは666?

SEAL OF CAIN

1C1EC861-2BA5-4594-9E8A-982FA82FC3D7_1_201_a


音楽関連のページも是非ご覧ください!
吉乃黄櫻★MUSIC LIFE HOTTER THAN HELL
 
November 28, 2021
XML
テーマ:世界の歴史
カテゴリ:読書
宗教の政治的悪用

これ大昔から現代まで行われているんじゃないですかね。
とりあえず引用です。

しかしなお、宗教的信念を、政治目的のために悪用することによって引き起こされた荒廃は、もっとも不愉快である。

政治的な不正取引のためには、全信条もかれらにとっては売物なのである。十の議席のためには、かれらはあらゆる宗教の不倶戴天の敵であるマルクシズムと手を結ぶのだ── 一つの大臣の椅子のためには、かれらはおそらく悪魔とでも結婚するのを承知するだろう。

キリスト教・ユダヤ教については、あらゆる所で散々書いてきましたが、その壮大な詐欺の話は別として…
政治の(団体的)宗教との結びつきは、ある程度仕方が無いと私は思っています。
本当の信仰では無いですからね。
芸能人とかテレビ関係も、宗教的結びつきがないと表舞台に出られなかったりってあるようですし。
ハリウッド俳優は映画に出る為にユダヤ教に改宗したりしてますからね。
エリザベス・テイラーとかもそうですし、マリリン・モンローも改宗しています。
ハリウッドはユダヤ人のものですから。
なので、どこが誰が、どこの宗教団体と結びついてるからあーだこーだ言ってもしょうがないんじゃないかなあ、と思っています。
彼らはそこで生きていくのに必要なのですから。


日本

ちょっとコレ酷くないっすかo(`ω´*)o ヒトラーさん。
日本ボロクソですぜ(#^ω^)なんだよコレ。

実際生活の基礎は、たとえ、日本文化が生活の色彩を限定しているにしても、もはや特に日本的な文化ではないのであって、それはヨーロッパとアメリカの、したがってアーリア民族の強力な科学・技術的労作なのである。これらの業績に基づいてのみ、東洋も一般的な人類の進歩についてゆくことができるのだ。これらは日々のパンのための闘争の基礎を作り出し、そのための武器と道具を生み出したのであって、ただ表面的な包装だけが、徐々に日本の存在様式に調和させられたに過ぎない。

工エエェェ(´д`)ェェエエ工
アーリア人賛美するのは構わないけど、これはねーだろと。
日本の浮世絵はアールヌーボーに多大な影響を与えています。
江戸は世界一美しい都市でした。
日本には独特の美しい文化があります。
自信を持って言えます。

次のユダヤ人についての言及も、ちと極端なよーな(´ε`;)ウーン…

ユダヤ民族は、あらゆる外見上での知性的特性をもっているにもかかわらず、なお真の文化、とくに自身の文化をもっていない。なぜならば、ユダヤ人が今日見せかけの文化においてもっているものは、他の民族のものであったのがかれらの手によってほとんどもう駄目にされてしまった文化財なのである。
 人類文化の問題に対するその態度について、ユダヤ主義の批判をする際に、本質的特徴としてつねに注意を怠ってはならないことは、けっしてユダヤ人の芸術など存在しなかったということ、だから今日でも存在していないこと、とりわけ、あらゆる芸術の中でも女王の位を占める二分野である建築と音楽は、ユダヤ人全体になんの独創も負うことはできないということである。この芸術の分野でかれらによって行われたことは、改良を企てて、かえって改悪したことか、あるいはぬすみとりである。

実際には優れたユダヤ人芸術家は数多く存在していると思います。
シャガール、モディリアニ、シェーンベルク、メンデルスゾーン、皆ユダヤ人です。


寄生虫

上に書いたように実に優れた芸術家も存在しているし、全てのユダヤ人が悪とは思っていません。
しかし歴史的に重大な問題があったのは事実だと思います。
それについては、今まで散々書いてきました。
その意味では「寄生虫」との表現も的確であると思います。

かれらは典型的な寄生虫でありつづける。つまり悪性なバチルスと同じように、好ましい母体が引き寄せられさえすればますます拡がってゆく寄生動物なのである。そしてかれの生存の影響もまた寄生動物のそれと似ている。かれらが現われるところでは、遅かれ早かれ母体民族は死滅するのだ。

 他国民、および他国家の体内に住む寄生虫としてのユダヤ人の生活中には、ある特性がたしかに存在している。これはかつてショーペンハワーに、すでに引用しておいた金言を語らせたものである。つまり、ユダヤ人は「嘘の偉大な達人」であるといわせたのだ。

 ユダヤ人は、つねに一定の人種的特性をそなえた民族であり、けっして宗教だったのではない。ただかれらの進歩の必要が、自民族に属するものに向けられている不愉快な注意をまぎらわせうる手段を、すでに早くからユダヤ人に求めさせていたのだ。だが、宗教共同体という他から借りた概念をすべり込ませるより以外に、より目的にかなうと同時に、より無害であるような、どんな手段が存在しただろうか。そしてこの場合でも、すべては借りものであり、より適切にいうならば盗んだものである。

 ユダヤ主義とは人種ではなく宗教のことであるという、この最初の、また最大の嘘の上に、避けることのできぬ帰結として、ますます続きの嘘が重ねられてゆく。


年内に書いちゃいたいなあと思っている『わが闘争』のレビューですが、2巻だけでもまだまだ終わりません号泣
いや参ったわ大笑い
地道に少しづつUPしようと思いますスマイル

良かったらクリックで応援ヨロシクですハート


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

わが闘争(上) (角川文庫) [ アドルフ・ヒトラー ]
価格:880円(税込、送料無料) (2021/7/10時点)




[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

わが闘争(下) (角川文庫) [ アドルフ・ヒトラー ]
価格:792円(税込、送料無料) (2021/7/10時点)













Last updated  November 28, 2021 08:00:06 PM
コメント(0) | コメントを書く


Shopping List

PR

X

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


SEAL OF CAIN

Calendar

Category

Freepage List

読書のページ


小栗虫太郎


夢野久作


江戸川乱歩


ジョイス


ダンテ


バルザック


ルイ=フェルディナン・セリーヌ


ギリシャ神話


養老孟司、竹内久美子


夏目漱石


ジュネ


中井英夫 (塔晶夫)


バタイユ


☆小・中・高校生へのお薦め本☆


ポー


今年読んだ本


ブロンテ姉妹


ミシュレ


澁澤龍彦


ウィリアム・ブレイク


ブコウスキー


ミルトン


ヘルマン・ヘッセ


コリン・ウィルソン


ドストエフスキー 関連本も


ヘンリー・ミラー


トーマス・マン


川端康成


ミラン・クンデラ


その他


フランツ・カフカ


オスカー・ワイルド


寺山修司


プーシキン


スティーヴン・キング


ロジェ・マルタン・デュ・ガール


三島由紀夫


加賀乙彦


田中一村伝


美輪明宏


モーパッサン


マルキ・ド・サド


生田耕作


マンディアルグ


阿川佐和子


アポリネール


ヘミングウェイ


ルイ・アラゴン


ラシーヌ


佐賀のがばいばあちゃん


カポーティ


藤田嗣治関連


阿部定事件


マーガレット・ミッチェル


コンスタン


トルストイ


吸血鬼関連


三国志


きもの


梁石日


井原西鶴


東電OL殺人事件関連


安倍公房


アンドレ・ブルトン


淀川長治


<映画の見方> がわかる本


グリンプス


フリッカー、あるいは映画の魔


河合隼雄


野球関係


立花隆


ポール・ギャリコ


中島義道


坂口安吾


業田良家


源氏物語


今日も映画日和、本と映画と70年を語ろう


トーキングヘッズ叢書


マルセル・プルースト


清水正


ガストン・ルルー


バルベー・ドールヴィイ


谷崎潤一郎


アルベール・カミュ


四王天延孝


泉鏡花


写本・グノーシス神話・ゾロアスター教


ジョージ・オーウェル


アイン・ランド


映画のページ


タランティーノ/キル・ビル関連


江戸川乱歩映画祭


恐怖・ホラー・サイコ系


吉本直聞


ベルトルッチ「ドリーマーズ」と1968年考


パゾリーニ


カール・ドライヤー


カサヴェテス


ウィリアム・ワイラー


ジャン=ピエール・ジュネ


ロジャー・コーマン


塚本晋也


ジャン・コクトー


ジャン・ルノワール


その他


キューブリック


ゴダール


クローネンバーグ


ケン・ラッセル


黒澤明


ヒッチコック


ロジェ・ヴァディム


エリア・カザン


フェリーニ


溝口健二


ヴィットリオ・デ・シーカ


ヴィスコンティ


男はつらいよ


ウディ・アレン


ヤン・シュヴァンクマイエル


ATG


大島渚


特別企画★日本映画監督協会70年の70本+1


トリュフォー


黒木和雄


吉田喜重


佐々木昭一郎


タルコフスキー


北野武


ジム・ジャームッシュ


勅使河原宏


悪名シリーズ


ベルイマン


市川崑


エド・ウッド関連


ロッセリーニ


マーティン・スコセッシ


フランク・キャプラ


ジャック・タチ


リドリー・スコット


特撮


アンリ=ジョルジュ・クルーゾー


新藤兼人


フリッツ・ラング


ロメール


ドラゴンボール


エヴァンゲリオン


ブルース・リー


Rozen Maiden ローゼンメイデン


マクロス


1997年スペイン旅行記


日本に対する嫌悪とスペインへの思い


マラガ到着


退屈な寮生活


セビリヤの旅


快適だったホームステイ


モロッコの旅


初めての一人旅 ~コルドバへ~


忘れられないグラナダ


忘れられないグラナダ (つづき)


グラナダに別れを告げ、バルセロナへ。


プラハ→ウィーン→ブダペスト旅行日記


旅前


旅中


旅後/関連話


棒いろいろ



映画


グルメ


ラーメン日記


ベルギー・オランダ旅行日記


Archives

Favorite Blog

家電 FLASH BARGAIN! New! 楽天アフィリエイト事務局スタッフさん

副作用で死亡者が増… New! Condor3333さん

あいまい劇場〚あく… アラネアさん

維新、会見を煽る まろ0301さん

ユダヤが解ると真実… ごろにゃん2706さん

Comments

Rakuten Card


© Rakuten Group, Inc.