3151852 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

笏取り虫

PR

X

全14件 (14件中 1-10件目)

1 2 >

フィットRS

2018.03.19
XML
カテゴリ:フィットRS

先月の車検前からフィットRSの掛かりが少し悪くなっていた。バッテリーが弱っているのだろうと思いつつ車検に出したら、案の定モータースからバッテリーを交換して下さい。との指示が出た。それでもひつこく乗っていたのだが、セルが弱くなり始動まで時間が掛かるようになったので、バッテリーに付けている出光のバッテリーチェッカーをチェックすると赤と黄がようやく点滅しており、緑は消灯している状態だった。要交換だ。もう限界と判断して、amazonでパナソニックの国産バッテリーNー40B19L(2945円)を注文した。2年/4万キロ保証だ。
前回は出光のZAXIAを奢っていたので、3年以上はもったと思う。今回は安物なので3年は無理だろう。ZAXIAに付いていたバッテリーチェッカーを外してパナソニックに付け替える。カラータイマーが緑3つの内2つまでしか光らない。最初から電圧が低いのか?エンジンを掛けてみるとセルの回りが軽やかになり依然と断然違う。問題無いだろう。

パナソニックのバッテリー

パナソニックのバッテリー上部

パナソニックのバッテリー(新)と出光のバッテリー(旧)

緑のランプが2つまでしか光らないバッテリーチェッカー







Last updated  2018.03.19 06:36:47
コメント(0) | コメントを書く


2017.08.26
カテゴリ:フィットRS
フィットのフォグランプとバンパーをやっと直したと思ったら、妻が今度は右のスモールが点かないよ。と言ってきた。女子供の言う事だから俄に信じられないので、クルマの前に立ってライトを見ながら、スイッチを入れろと指示を出すと、なるほど、右のポジションランプが点かない。
檜にぶつけた時のショックでランプが切れたのだろうか....。しかし、その程度の衝撃で切れる筈はないと思うのだが...。点かないものは仕方がない。外して電球を確認してみる事にした。フィットのポジションランプはライトの上の位置に付いているので、エンジンルームから簡単にアクセスできる。ランプはソケットごと左に捻ると外れる。
ソケットから電球を抜いてみると、5Wのウエッジ球だった。老眼では確認できないので、天眼鏡で確認するとフィラメントが切れている。やはり球切れだ。オートバックスで小糸の5Wウエッジ2ヶ入り170円を買って取り付ける。もう修理は当分無い事を祈るだけである。

5W/12Vのウエッジ球

ソケットに嵌ったポジションランプ






Last updated  2017.08.26 06:31:52
コメント(0) | コメントを書く
2017.08.24
カテゴリ:フィットRS
その日は暑い朝であった。妻がフィットでゴミ出しに行っての帰り、バックで入庫しようと車庫の前でターンしたとき、慣れているせいかスピードを出し過ぎて止まり切れず、目の前の檜に正面からぶつかってしまった。
木に当たたったぁ〜。と言う声で現場に駆けつけてみると、右のフォグランプのレンズがが無惨にも砕け散り、バンパーも少し傷が付いている。当たりが小さかったので、その他の損傷は無かったのが不幸中の幸いである。しかし、どうして目の前の木に向かってスピードを落とさず突っ込むのかが分からない。これだから女子供には運転を任せられないのだ。
フォグランプは交換するとして、バンパーをよく見てみると、当たった箇所が膨らんでいる。人間でも頭をぶつけると「たんこぶ」が出来るように、バンパーも痛かったら膨らむのだろうか。パテを盛るより膨らみを削る方が楽そうなので、何とか修理をやってみる事にした。
早速、フォグランプの中古をネットで検索してみたのだが、RS用はブラケットに嵌るランプの裏側の形状が特殊で、他のフィットの物は流用できない事が分かった。ヤフオクに出品されているRS用は1点のみ。それもレンズに複数ヒビが入り、テープで留めて使用していたという代物だ。500円は安いがこれでは使いものにならない。仕方がないのでHONDAにフォグランプの見積もりを行うと10分で回答が返って来た。
「右のフォグランプはバルブ込みのアッセン交換となっており、1個税込みで、19‚548円です。」との回答。ぬぁ〜にぃ〜。フォグランプ如きが純正品とは言え1個2万円弱もするとは、ボッタクリもええとこだ。こんな高価な物は買えないので、「中古を探しますから!」とキッパリ断って部品番号だけ教えて貰った。
後は、ネットで只管検索。RS用は出て来ない。もしやと思って、ステップワゴンやインサイト、ヴェゼル等のランプも探してみたが、裏側の形状が全て違うのである。これは参った。
しかも、純正フォグランプは中古でも意外と高値で取引されている。新品価格が2万円なら仕方ないだろう。1‚000円位かと高を括っていたのだが....。
それから3日、只管ヤフオクの出品を待つとやっと出て来た。フィットRS、GE6用純正右フォグランプ。GE6? うちのRSはGE8だ。GE6は1300ccのフィットの筈だが....。現物を取り外して、画像と比べてみる。レンズはスタンレーであるがGE6用はP9984、GE8用はP9642と違うが形状と大きさは同じように見える。問題の裏側はどう見ても同じだ。ブラケットに留めるビスの位置も同じなので博打を打つ決心をしたのだ。
届いた税込み5‚400円のフィットRS、GE6用純正右フォグランプは新品同様でキズ1つ無い上物であった。ブラケットから割れたランプを外し、中古で買ったランプを取り付けてみるとピッタリ嵌った。裏側の形状はやはり同じであった。レンズの大きさも形状も同じだ。違いは、買ったランプは反射板からバルブの周りに調光用?のリングが延びているだけである。恐らくこのランプはGE8/RSの1つ前のRS用だと思われる。まぁ何はともあれ取り付けが出来れば良いのである。
バンパーに埋め込まれたフォグランプの脱着は面倒である。バンパーを取り外さないと作業が出来ない車種が多い中、RSのフォグランプの脱着は至って簡単である。フロントグリルの左右からフォグランプカバーにアクセスするビス1本を外せばカバーが外れる。後はブラケットを留めているビス3本外すだけでランプが直ぐに取り出す事ができるのだ。この点は二重丸であった。

フォグランプを外した跡とバンパーのキズ

ブラケット嵌ったライト

レンズが割れたライト(左)と中古で買ったライト(右)

問題のライトの裏側の形状(全く同じだった)

ライトカバー取り付けビス位置

交換を終えた右フォグランプ






Last updated  2017.11.14 14:20:45
コメント(0) | コメントを書く
2016.12.07
カテゴリ:フィットRS
HONDAからエアーバッグのリコール修理のハガキが来ていたのだが、該当者が多いらしく日程がなかなか合わず1月程置き去りにされていた。
ここに来てやっと日程調節が出来たので、修理に持ち込んだ。運転席側は早くに修理が終わっていたのであるが、助手席側も不備が見つかったらしい。タカタはこの事件で大変な事になっているようである。
持ち込むついでに右フロントディスクローター付近の異音の原因が気になっていたので、尋ねて見る事にした。大きな異音がしたローターを分解してからは異音はピタリと止まっている。
HONDAのサービスマンに異音がした状態と修理の状況を説明したら、ついでにフロント両側の分解をしてみますとの事。仕事を済ませて夕刻引き取りに行って分解後の報告を受ける。
左右共異常は見られなかったので、異音の原因は特定出来なかったそうであるが、過去に同じような異音のクレームがあり調べてみたら、遮音板に小石が挟まって音がしていた事例があったとの事。
サービスマンは多分と続けて、ローターを外した時に遮音板との間に挟まっていた小石が落下して直ったのだろうと推測できると言う事であった。
あの遮音板は普通のクルマには無いが何のために付けてあるのかと聞くと、やはりブレーキの音を遮音するためと、小石などがローターに当たらないように保護するためだと言う。
小石が当たらないようにするために取り付けて、それが原因で小石が挟まれば、何のために取り付けてあるのか分からなくなる。こんなもんいらんのじゃねぇ。
キャリパーのボルトもキッチリ締めてあり、よく整備されていましたとお褒めの言葉をいただいたが、当たり前じゃ。






Last updated  2016.12.07 06:33:01
コメント(2) | コメントを書く
2016.09.26
カテゴリ:フィットRS
24日の土曜日、今月2回目の大阪行きの所用があって、正午頃フィットRSで出掛けた。大阪での待ち時間の間、阿倍野のバイク屋で古いゼファーやクラブマンなど見て回った。どのバイクもヘッドライトに値段が書かれており、ネット通販もやっているようである。しかし、現物をよく見るとどれもサビが多かったり、変に塗装がされていたりで程度は良くない。写真を撮ると綺麗に写るのだろうなぁ。やっぱりバイクは現物を見ないと買えないなぁと思いながら大阪を後にした。
今日は、荷物がないので後部を直したフィットで来ている。高速をガンガン走るには、軽く高回転まで吹け上がるVTECエンジンが実によろしい。午後9時頃快調の内に帰って来てICを出て最初の左カーブで事件は起こった。
突然右ホイール辺りからとんでもない大音量のギーギーガリガリと異音が鳴り出した。その音は窓を閉め切って走っていても、ビックリする程の大音量なのだ。何か引っ掛けて引きずっているのか。いや違う。そんな感覚ではない。ブレーキ辺りが壊れてホイールに巻き込んでいるのだろうか。それにしては走行抵抗が感じれないし、ブレーキは正常に作動している。
超低速で走ってもその音は少し小さくはなるが消えない。50mほど超低速で走って適当な停車場所を見つけ取り敢えずクルマを止める。
右ホイールのブレーキキャリパー辺りを携帯ライトで照らして見るも異常はない。ディスクローターにも傷などは見当たらない。クルマの下に頭を突っ込んで調べても異常は見つからない。
仕方がないので、時速10キロ程で家路につく事にしたのだが、異音は更に大きくなり、対向車も気が付くほどの大きさになって行く。兎に角その音と言ったら尋常ではない大きさなのだ。幸い直ぐに家なので何とか辿り着いた。
次の日曜日は忙しかったので、午後4時頃から原因究明に乗り出す。生憎の雨なので、作業は工具を運んでカーポートの下で行う事にした。
取り敢えず、フロント右のホイールナットを緩めて、ジャッキアップを行う。馬がないので、念のために車体の下に角材を4本置いて馬代わりにしてホイールを外してみるが、ブレーキキャリパー、ローターには異常は見当たらない。
取り敢えずローターを外してみる事にする。ローターを外すにはキャリパーを外す必要がある。キャリパーは2本のボルトで留めてあるのだが。これが固くてメガネレンチでも緩まない。メガネ+ハンマーを使用しても緩まない。仕方がないので、電動インパクトを使用する事にしたのだが、
ボルトは内側から取り付けられているので、電動インパクトがサスの部品に当たってどうにもならない。
よく考えたら、角度を変えれば当たらないように思えたので、ハンドルを右に一杯切ってみると大正解。今度は電動インパクトが当たらない。スイッチを入れると一発で緩む。さすがはインパクトだ。
キャリパーを外して次は、32ミリのセンターナットを緩める。RH250のドライブスプロケットを外す時に買ったソケットが役に立った。(後で分かったのだが、センターナットは緩める必要はなかった。)ローターを手で回してみるとあの酷いギーギー音がする。どうやらローターを外す必要があるようだ。ローターを留めてある2本のプラスネジを緩めればローターが外れる筈である。ここはホイールの当たり面なので皿ネジが使用されているのだが、これも普通のドライバーでは緩みそうもない。CRCを吹いておいて、インパクトドライバーを取りに行く。
インパクトと大型ハンマーで5回程どついたらやっと緩んだ。クルマの部品はバイクと違ってどれも大トルクで締め上げてあるので、ネジを緩めるだけで大変である。
さてローターをゆっくりと外してみる。フィットのフロントディスクはベンチレーテッドディスクになっているので、2枚のディスクの間に冷却用の通気口が付いているためにかなりの厚みがある。表と裏を観察してみるが、異常は見当たらない。
ローターを外した奥に薄い鉄板製の遮音板?のような物が付いている。これにローターが接触した可能性が高いとみて、念入りに調べたが大きな接触痕は確認できない。しかし下部に少し塗料が剥げたような部分があったので、念のために遮音板全体を少し内側へ曲げてローターを取り付けてみた。左右に動かせてみたが今度は音がしない。
半信半疑で組み立てに掛かる。キャリパーをセットして、ホイールを取り付ける。エンジンを掛けてゆっくりと走り出したが音はしない。スピードを上げてハンドルを左右に切ってみる。大丈夫だ。左右の急カーブ。高速走行。急制動。ブレーキも大丈夫だ。音はピタリと止まった。やはりローターが遮音板に接触していたようである。何故、高速を走り終えた直後に接触が起こったのかは不明であるが、以前何か異物が遮音板に当たって、遮音板が少し変形していたのだが、紙一重の所でローターとの接触を免れていたのが、何かの拍子で更に少しずれた為に、接触が起こったとも考えられる。
何れにせよ、ブレーキやハブ、サスなどと言った走行に多大な影響を及ぼすような所の異常では無かったので、これで少し様子を見る事にする。やれやれである。今年はフィットの鬼門の年だ。

ホイールを外したフロント右側

センターナットと32ミリソケット(必要無かった)

ローターから外したキャリパー

インパクトで緩めたローターを固定している皿ビス

ハブから外したローター(2本の筋はパーツクリーナーが垂れた跡)

異音の原因であったと思われる遮音板






Last updated  2016.09.26 09:31:11
コメント(6) | コメントを書く
2016.08.27
カテゴリ:フィットRS
フィットの修理が終わったとHONDAから連絡があった。早速フレンディーで販売店に向かいコーラを飲みながら整備担当者から修理状況の詳細な説明を受ける。実は事前に正式な修理見積りが48万円で出たので、担当者があまりにも高額で申し訳ないと思い、中古部品を使用すると言う事で了解したので探してくれていたのだ。色も揃えて内部部品も多数取替て、板金、塗装などを含めて29万円に留まった。ありがたや。ありがたや。
気づかなかったのだが、外したらナンバープレートにも傷が少しあったので、申請して新品を付けましたとの事。そこまではしなくて良かったのに....。テールゲートに僅かな傷があったのでタッチペンで修理して置いたと言うので、見てみたら、分からないくらいの小さな傷の上にタッチペンの真っ白の塗料が塗られていた。余計な事をしないで、そのままで渡してくれたら、手持ちのパールホワイトスプレーでもっと綺麗に直せたが、またやり直しても良いだろう。
バンパーも小さな傷があるとの事だったので、HONDAで傷を探してみたが確認出来なかったとの事なので、帰って探してみたが、見つける事が出来なかった。隠れた所にあるのかも知れない。何れにせよ全く問題無い。
一番気掛かりだった日焼けによる色の違いも殆ど分からない。総合的にみると、矢張りプロの仕事。細部に至るまで完璧に仕上げており、修理した跡は全く分からないレベルまでに達している。これで、まだまだ乗れる。

タッチペンで修理されたテールゲートの傷

元に戻ったリア回り






Last updated  2016.08.27 06:10:50
コメント(0) | コメントを書く
2016.08.07
カテゴリ:フィットRS
この事件は8月6日の朝に起こってしまった。毎日暑いので早朝から一仕事と思って出掛けた家の道路と広い敷地の境にぽつんと電柱が1本立っている。玄関前に頭から突っ込んでみたものの、バックの方が良いと思い直しハンドルを切っていくと、視界に一瞬あの電柱がチラッと見えた。危ない。危ない。死角に入っていたのだ。もう少しでぶつける所だった。
家の横に車を駐めて玄関に入って直ぐに肝心な物を忘れて来たのに気が付いた。早速携帯電話で妻に連絡して持って来て貰う事にした。ここまでは過去にもよくある話しである。
程なくしてフィットが到着。忘れ物を届けて、帰って行ったが、またやって来て突然「クルマをぶつけた。」と少し動揺している。
外に出てみると、あの電柱の下に粉々のガラス片が.....。フィットを見ると無惨にもハッチバックとバンパーが激しく凹み、ハッチバックのガラスは粉々に割れている。Oh no!フレンディーと同じように玄関先に頭から突っ込んでバックで出ようとして死角に入ったのだ。今度はチラッとも見えなかったのだろう思い切ってアクセルを踏んだようである。
用事を済ませて家に帰って被害状況の確認を行う。ハッチとガラスとバンパーを要交換だろう。ルーフスポイラーとナンバープレートとマフラーは奇跡的に難を逃れていたのだが、ハッチを開けてみると、ラッゲージルームのプラカバーとウエザーストリップが一部歪んでいる。この部分が問題である。フレームの曲がりは板金で直すしかないが、タンクの凹みを直したスポット溶接機ではとても歯が立たないだろう。一寸考えただけで大金が掛かる事が予想できる。
観念して車両保険に頼る事にして保険屋に電話してみる。すると、「車両保険は相手がいる場合で、自損事故はオプションの総合保険の加入が必要です。」との回答。ええっ。保険でないのぉ。じゃぁ全部自腹???
それではと、ネットでフィットの部品を探すが、この年式のRS用は殆ど無く、しかもパールホワイトは皆無であった。ここでも撃沈である。仕方なくHONDAに持って行ってみる。担当者は妻から電話で聞いた状況では楽観していたのだがよく見てみると、やはりフレームの凹みに金が掛かるようでザクッと計算してみたら40万円です。との回答。
よんじゅうまんえん!!!娘の車の2台分だ。担当者は直さない状態で40万円で引き取りますから新車を検討されては?それともS660を注文しときましょうか?と甘い餌を投げかける。
しかし、そんな罠に嵌るような事はしない。直すのだ!徹底的に直して乗るのだ。この型のRSはスポイラーのデザインがとても良い。オートマだが、現行車では廃止されたSモードが付いており、ギア固定で回せるので、オートマでもレッドまで引っ張ることができるのだ。それに何と言ってもDOHCやターボに勝とも劣らない1.5LのVTECエンジンは素晴らしい。
思い返せば、雪でカーポートが潰れ、ルーフを新品に取替た時も、飛び石でフロントガラスにひびが入って改良品の新品に交換した時も自然災害という事で、何れも無料で直す事ができた。今回でボンネットから後ろは殆ど取り替える事になる。40万円は痛いが、総合的に考えると直した方が得策だろう。














Last updated  2016.08.07 09:49:56
コメント(8) | コメントを書く
2016.07.19
カテゴリ:フィットRS
フィットの運転席側ウエザーストリップが届いたのでHONDAに引き取りに行く。ゴムパーツながら4千円強だ。
サービスマン 自分で取り付け出来ますか?
妻      担当者が自分でも出来る言って言いましたが.....
サービスマン やった事ありますか?
妻      ないです。
サービスマン 工賃1,600円なのでやりましょうか?
妻      それならやって貰おうかな。
私      せんろっぴゃくえん! 結構です!自分でやります!
早速、持って帰って取り付けに掛かる。ウエザーストリップは車体のドアが当たる部分に嵌め込まれているだけなので、引っ張るだけで直ぐに外れる。新しいウエザーストリップを袋から出して、ルーフ部分の角から嵌め込んで行く。3分もあれば十分である。
今度からは、乗り降りの際は足を上げて靴が当たらないように気を付けよう。
IMG_2302.JPG
運転席側の破れたウエザーストリップ
IMG_2301.JPG
HONDA純正ウエザーストリップ
IMG_2305.JPG
ルーフの角からが位置決めし易い
IMG_2306.jpg
取り付けが終わったウエザーストリップ






Last updated  2016.07.19 06:11:39
コメント(2) | コメントを書く
2016.01.28
カテゴリ:フィットRS
フィットRSの車検が近づいて来たので、磨り減ったタイヤの選定に掛かる。給油の度にタイヤが危ないですよと、注意してくれる行きつけのガソリンスタンドの押し付けの見積もりでは、ダンロップのルマンが1本17,000円だった。4本で68,000円にもなる。高い....。前回はオートバックスよりも安かったのでこのGSで交換したのだが、今回はそうは行かない。
早速、車検をお願いする近所の自動車屋に尋ねてみると、タイヤの持ち込みOKとの事。こうなれば、ネットで安いのが探せる。フィットRSは新車の時にダンロップかブリジストンのどちらかが付いており、このフィットはダンロップだったので、そのままダンロップのルマンを履いていたのだが、ブリジストンはどうなのか興味が湧いて来たので、探してみた。
すると、185/55R16という特殊なタイヤ故にかどうか分からないが、このサイズのスポーツタイヤはラインナップから外れており、エコタイヤのみとなっていた。残念...。
ルマンは1本8.500円程だが、同じサイズでトーヨーもDRB銘柄のスポーツタイヤを出していた。今までトーヨーのタイヤは履いたことがないが、大衆車などには純正採用されているので、ブリジストンやダンロップに比べてもそれほど大きな差はないように思えるし、タイヤの溝が深いのでルマンよりも寿命が長いような気もする。トレッドパターンもカッコ良かったのでトーヨーDRBを試してみる事にした。価格は何と税込みで1本6,040円だ。4本で24,160円。しかも送料無料だ。
どうだ、参ったかと、息揚々とフィットにトーヨーDRBを積んで自動車屋に持っていったら、軽四のタイヤ交換をしていた。これもネットで注文したそうだが、ヨコハマの新品タイヤが驚きの1本1,000円、送料、手数料を合わせても締めて8,500円だったとか...。これには負けた。撃沈である。
IMG_1609.JPG
包装無しで届いたトーヨーDRB
IMG_1610.JPG
レアな185/55R16は選択肢が限られる
IMG_1612.JPG
好感の持てるトレッドパターン






Last updated  2016.01.28 07:29:53
コメント(3) | コメントを書く
2015.11.13
カテゴリ:フィットRS
最近は仕事と荷物の運搬以外は工作車を使わずにフィットRSに乗る機会が多い。高速から狭路に至るまでストレス無く走る事ができるので、ついつい乗ってしまうのだ。
そのお蔭で距離が出るのでタイヤの摩耗も早い。スーパーの駐車場で減り具合を見てみたら、フロントサイドの溝が殆ど無くなっており、スリップサインも見えだしている。リアはサイドは溝がまだ少し残っている。
車検は来年2月なので、その時まで我慢する事にして、ここはローテーションで急場を凌ぐ事にした。車の場合前後のタイヤを入れ替えるには、前後共同時にジャッキアップする必要があるので、2つのジャッキが必要である。フィット用はトランクの底から出すのがめんどくさいのでテラノ用とトッポ用を使用する事にした。
車を持ち上げる前に電動インパクトでナットを少し緩めておく。ホイールを外してみると、デザイン的に狭まっている所にディスクブレーキのカスが溜まって赤黒く変色していたので、洗剤と歯ブラシで掃除を行う。ついでに、タイヤも洗って磨いておく。
RSのタイヤはダンロップルマン185/55R16/83Vという扁平タイヤが純正で装着されている。あまり使われていないサイズらしく、店頭に置いているのを見たことは一度もない。従って高価なのが玉に瑕である。
ホイールとタイヤを洗いながらの作業となったので、1時間程かかったが、これで2月まで何とかなるだろう。
P1030125.JPG
前後のホイールを外したフィット
P1030131.JPG
リアへ移したサイドが摩耗したタイヤ






Last updated  2015.11.13 06:12:05
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全14件 (14件中 1-10件目)

1 2 >


© Rakuten Group, Inc.