9963261 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ショコラの日記帳

PR

フリーページ

カレンダー

バックナンバー

ニューストピックス

キーワードサーチ

▼キーワード検索

お気に入りブログ

連続テレビ小説『エ… New! レベル999さん

病院とコストコ New! neko天使さん

はじめての えっち New! 虎党団塊ジュニアさん

こころ旅、いつのま… New! らぶりーたわ子さん

14>『エール』(再… New! ひじゅにさん

コメント新着

2010年10月19日
XML
カテゴリ:’10秋ドラマ

『獣医ドリトル』初回の視聴率は、16.0%と、『医龍3』に次ぐ高視聴率でした♪

裏の『パーフェクト・リポート』は、7.7%でした。

この時間の対決は、ドリトルの圧勝でした。

 

獣医ドリトル』、単なる動物思いのドラマではなく、獣医のリアルな問題点を描いていて、面白かったです。

キャストも小栗旬君や井上真央さん、成宮寛貴君と今、人気の人が揃っています。

ドリトルと呼ばれる獣医・鳥取健一(小栗旬)、まるでブラックジャックみたいですね。

「獣医が安いなんて、誰が決めた?」というセリフは、特に、ブラックジャックみたいでした。

ただ、その理由づけは確かに納得できるものでした。

動物は喋れないので、どういう症状なのか、わかりにくい。

普通の医者は人間を診るだけですが、獣医は動物の種類が沢山あって、とても難しい。

そして、助けられないと、医療ミスだと告訴される。

だから、それらの危険を考えると、高くても当然とのことでした。

「獣医はビジネス」・・・当然ですね(^^)

 

他の医者は、医療ミスと訴えられることを恐れて、簡単に、もう無理だからと安楽死を勧めるそうです。

でも、ドリトルだけは、真剣に治そうと治療してくれました。

多額な治療費をふっかけても、根底は動物が好きなのでしょう♪

他の病院から紹介されて、『鳥取動物病院』にやってきた多島あすか(井上真央)は、骨折した競走馬・アスカミライの治療を頼みました。

でも、ドリトルに手術費と術後にかかる維持費として3000万円準備するよう要求されて、驚いて、憤慨しました。

あすかは無職でお金がありません。

でも、あすかは、猫・ラグの手術を見学して、ドリトルの腕を信用。

アスカミライの手術を依頼しました。

結局、3000万円払えなくて、あすかはこの病院で働いて返すことになりました(笑)

まあ、これはよくあるパターンですね(^^;)

でも、甘くない獣医の話、とても面白そうです♪

 

一方、『パーフェクト・リポート』は、無難に面白かったです。

ただ、初回にしては、話のスケールが少し小さかった気がしました。

首相が公務を休んだ理由が病気ではなく、昔、自分のSPをしてくれた人の臨終に立ち会っていたというのを暴きました。

スクープ狙いではないとのことでしたが、暴く必然性がよく分かりませんでした。

昔、松嶋菜々子さんと福山雅治さんの『美女か野獣』がありました。

あれは、真実を報道しなければならないということを前面に出していました。

でも、今回のは真実報道に対する熱い思いをあまり感じず、単なる好奇心で続けたように思えてしまいました(汗)

ただ、松雪泰子さんはカッコ良かったです♪(^^)

それだけで見続けようかと思います♪(^^)

 

『獣医ドリトル』

【原作】 『獣医ドリトル』 夏緑(作)、ちくやまきよし(画)

【脚本】 橋本裕志

【主題歌】 『グッバイ』 小田和正

【挿入歌】 『オトシモノ』 miwa

 

【初回粗筋】 公式HPより)

マスコミで活躍するカリスマ獣医・花菱優(成宮寛貴)が、テレビ画面の中で声なき動物の声に耳を傾けなければいけないと語っている。
その頃、高層マンションのベランダから六田徹(伊澤柾樹)の飼い猫が転落し、地面に落下した。
徹は、父・六田一郎(西村雅彦)と、意識不明の重体となった愛猫ラグの為に獣医を探す。
だが、どの獣医も治療は困難だと門前払いで、ペットの為にもと安楽死を勧められる。合理主義者のエリート企業マンの一郎は、ラグを諦めて新しい猫を飼えと言うが、息子の徹は、ラグはこの世に一匹しかいないと抵抗する。
徹は話題のカリスマ獣医・花菱にも治療を頼むが、大忙しの花菱は手が廻らない。
徹を不憫に思った花菱は、あまりお勧め出来ないという前置きをして、『鳥取動物病院』を紹介する...。
時を同じくして、骨折した競走馬の治療依頼のため、紹介状を持った多島あすか(井上真央)が『鳥取動物病院』にやってきた。
獣医の鳥取健一(小栗旬)・通称ドリトルは、無職のあすかに、手術費と術後にかかる維持費として3000万円準備するよう要求する。
あすかが戸惑っていると、意識朦朧の愛猫ラグを抱きかかえた徹が駆け込んできた。
治療費として100万円を要求するドリトルに、徹の父・一郎は高すぎると文句を言うが、ラグを思う徹は承諾する。
ラグの手術で見せたドリトルの巧みなメス捌きは、素人目にも難手術だと判る。見事手術は成功したのだが、手術後も愛猫ラグの昏睡状態は続く。
手術を見学していたあすかは、ドリトルの腕を信用し、競走馬・アスカミライの手術を依頼する。
走っても走っても勝てない競走馬・アスカミライは、亡くなった父の形見であると同時に、就職も出来ず何をやっても失敗ばかりのあすかにとって、自分の投影であり、癒される大事な友達でもあった。
ラグに続き、アスカミライの手術に臨むドリトル。しかしその後、あすかにとって思いもよらない出来事が待ち受けていた!!
また、手術が成功したにもかかわらず意識が回復しないラグを見かねて徹の父親・一郎は、弁護士を雇って手術費の返金を迫ってきた!その要求を当然拒否するドリトルは・・・。

 

公式HP(プレゼントクイズ)

 


ポイント5倍!送料無料!【漫画】獣医ドリトル (1-8巻 最新巻)


2010年12月01日発売【CD】TVサントラ/TBS系日曜劇場「獣医ドリトル」オリジナル・サウンドトラック

 

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ   人気ブログランキングへ 

できれば応援クリックよろしくお願いします♪ぽっダブルハート







最終更新日  2010年10月19日 15時56分48秒
コメント(2) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.