12437639 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ショコラの日記帳

ショコラの日記帳

【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x

PR

フリーページ

カレンダー

バックナンバー

ニューストピックス

キーワードサーチ

▼キーワード検索

お気に入りブログ

久しぶりのシャンプ… New! いしけい5915さん

連続テレビ小説『虎… New! レベル999さん

やはり連勝は気分よ… New! らぶりーたわ子さん

お天気いいと、家猫… New! neko天使さん

赤星「サトテルは外… New! 虎党団塊ジュニアさん

コメント新着

jun さん@ Re:【虎に翼】第2週(4/8~)ネタバレ&視聴率&感想(04/05) New! おはようございます 今日と明日のブログ更…
ひよこぴよ@ Re:【虎に翼】第2週(4/8~)ネタバレ&視聴率&感想(04/05) New! このドラマの撮影場所・・・なんか私が住…
jun さん@ Re:【虎に翼】第2週(4/8~)ネタバレ&視聴率&感想(04/05) 今日も父(96歳)の介護が忙しいのでご挨…
tweety@ Re:【虎に翼】第2週(4/8~)ネタバレ&視聴率&感想(04/05) ↑途中で切れてしまいました。 すみません…
2012年03月23日
XML
カテゴリ:’12ドラマ

最終回(第19話)の視聴率は、シーズン10で初めて20%を超え、20.5%(関東地区)でした。

最高視聴率で、有終の美を飾りました♪

全19話の平均視聴率は16.6%でした。

この冬の連続ドラマで平均視聴率1位は『ラッキーセブン』の15.6%で、2位は『ストロベリーナイト』の15.4%でした。

2クールの『相棒ten』は、これらを上回り、視聴率的には、風格を見せてくれました。

 

最後、どういう形で卒業するか注目していた神戸尊さんは、「警察庁長官官房付き」に、長谷川宗男(國村隼)と同じ所へ移動になりました。

長谷川氏が引っ張ったのでしょう。

左遷ではないようで、ほっとしました♪(^^)

右京を黙らせたと実績を認めたようです(^^;)

ちなみに、元警視庁副総監の長谷川氏は、今は単なる「警察庁長官官房付き」で、最後に移動になった神戸と同じです。個人的に親しいので、総理補佐官の雛子議員を手伝っていたようです。ただ、階級は神戸とは、うんと違うようです。

相棒スタッフブログ」には、オールアップ時や最終回撮影時等の写真もいろいろ載っています♪

 

神戸は、右京さんが大事にしている物を踏みにじり、右京さんの敵になって行動してしまったので、大河内さんに自分はもう特命係にいる資格はないと、自ら進んで移動させて欲しいと頼みました。

それを大河内さんは止めたのですが、長谷川氏が自分の所に移動させたのでした。

以前も一度警察庁に戻れというのを断っているので、今度、断ったらクビだと脅しました。

仕方なく、神戸は古巣の警察庁に移動したのでした。

 

最初に戻ります。

最終回、クローン人間誕生に揉めた家族内の殺人事件でした。

母の嘉神郁子(真野響子)がクローンの技術者で、娘の茜(浅見れいな)が釣り船の遭難事故で死んだ自分の子供・るいの体細胞クローンの赤ちゃんを生むつもりでした。

でも、宗教に嵌まった兄の隼斗(窪塚俊介)が反対。

公園でクローン人間が生まれようとしていると大声で叫んで、その姿がネットで公開されてしまいました。

その映像を見た茜が怒って、隼斗を殺してしまいました。

その直後、母の郁子に電話。

郁子が駆けつけ、自分が殺したという工作をして、代わりに自首しました。

クローンの子供は無事に生ませたいので、その事は伏して。

 

クローン人間を作る事は法律で禁じられていますが、殺人の起こる前、その事を知った長谷川と雛子議員は、郁子に「おろせませんか」と。

でも、もう25週目なので、中絶は母体保護法に抵触するとか、法を犯して作った子にはその法律は適用されないのかと(^^;)

雛子さんは、そういう事は想定されていないので分からないと言いました。

結局、検挙して世間に知られて騒がれては困るので、不問に伏すことに。

でも、右京さんはそういう事ができなくて、法律通り、捕まえようと・・・

そういうように右京さんが動くだろうと予想した長谷川と雛子が、神戸に杉下が詮索するのを止めるよう命じました。

クローン人間を作る事は法律で禁じられていますが、もうできてしまった以上、その子には命があります。

公にしてその子が幸せになれるのかと、雛子さんが神戸に問いました。

神戸は迷いましたが、感情抜きで「罪は罪」と法律を遵守しようとする右京さんと対立して、クローン人間の事が表に出ないよう、行動しました。

神戸は、子供が可哀想なので、郁子をクローンの件で検挙するなら、子供を殺すと、右京さんを脅迫しました。

でも、医者でもないのに、どうやっておなかの子供だけ殺すのでしょうね?(^^;)

勿論、嘘でした。

神戸も神に逆らっても、クローンで再生させたい人がいるそうです。

昔、自分のせいで自殺に追いやってしまった木戸充のようです。

 

茜は幸子(鈴木杏樹)さんと一緒に、ホテルにいました。

幸子さん、今回、何気に役立って良かったです♪(^^)

塀の中でも申請すれば1年間、子供と一緒に過ごせるとか、いろいろ教えてあげました(^^)

 

結局、茜は法廷に立った時、具合が悪くなってしまい、クローンの赤ちゃん、流産してしまいました。

「天罰かしらね」と、郁子は言いました。

クローンの赤ちゃんが生まれる前に死んで、無難な終わらせ方でした(^^;)

無難に終わって、相棒のSPにしては、少し浅い話だったような気がしました。

事件そのものは古畑タイプで、最初から犯人が分かっていて、単純でした。

でも、その分、分かりやすくて、良かったかも?

今回のメインは、事件そのものより、神戸が右京の敵になるという事と、お別れという事でしょうし・・・

神戸さんが右京さんの敵になって行動するというのは、神戸さんの最終回らしくて良かったです。

最後の最後で、20%を超えて、良かったです♪

きっと神戸尊の最後という事で、注目されたのでしょう。

私もミッチー好きなので、卒業、がっかりです。

これからいつか再登場する事もあるかもしれないとの事なので、またシーズン11でも登場して欲しいと思います♪

シーズン11の相棒の後任、誰になるのか、注目しています♪(^^)

 

シーズン9はとても面白かったのに、今期のシーズン10の前半は、イマイチな感じでした。

今年になってから、『ストロベリーナイト』が始まり、姫川が根拠のない推測ばかりだと怒られると、右京さんも推測ばかりなのにと、『相棒』が貧弱に思えてしまった時もありました(汗)

でも、その『ストロベリーナイト』の視聴率、最初の頃は良かったですが、3回に渡ってやった最後のエピソード「ソウルケイジ」がダメ(最終回は視聴率15.9%、その前が最低視聴率12.9%)で、結局、平均視聴率は15.4%。

『相棒ten』(16.6%)に追いつくどころか、『ラッキーセブン』(15.6%)にも抜かれてしまいました。

『相棒』は1話完結でいいです。

今年になってからの後半は、懐かしいキャラが次々と登場して嬉しかったです♪

『ストロベリーナイト』は映画化が発表されました。

『相棒』はスピンオフも含めると、3本映画がありますね。

『ストロベリーナイト』がどこまで『相棒』に近づけるか、今後も注目しています。

 

及川さん、3年間、お疲れさまでした。

水谷さんとの不仲説とか、いろいろ噂されましたが・・・

ミッチーファンとしては、神戸というキャラは、ミッチーの王子様キャラとはかけ離れているので、この辺で卒業した方がイメージが固定しなくていいかもしれませんね(負け惜しみ)(^^;)

これからのミッチーのご活躍を期待しています♪(^^)

シーズン11の新しい相棒、期待して待っています♪(^^)

 

【最終回粗筋】 (公式HPより)

バイオテクノロジー研究所の主席研究員・嘉神郁子(真野響子)が、文科省に呼び出され、娘の茜(浅見れいな)を使いクローン人間を作っていることを認めた。
何者かが告発文を文科省に送り付けたらしいが、クローン人間が誕生するというのは本当なのだろうか?

娘の茜は、半年前に夫と5歳の息子を事故で亡くし、自殺未遂を起こすほどのショックを受けていた。
そんな失意のどん底にある茜に頼まれ、やむなくクローン人間の制作に着手してしまった郁子。
郁子の息子で茜の兄でもある隼斗(窪塚俊介)だけは茜が身ごもっているのがクローン人間だと知っていたが神への信仰心が強く、たとえ母親や妹であろうとも、クローン人間を作ることは「神への冒涜」だというのだ。

しかし、そんな隼斗に対して郁子は勝ち誇ったように言い放つ。
「ママは捕まらないと思う」と。
事実が公になれば、国際的な問題となってしまう。
そんなことになるぐらいなら、日本国家は事実を隠ぺいするはず...。
強気な母に驚きを隠せない隼斗だったが、事実、隼斗は片山雛子(木村佳乃)とあの長谷川宗男(國村隼)に首相官邸に呼び出されてしまう。
代議士の雛子は現在は総理補佐官を務めており、元警視庁副総監の長谷川は、警視庁人質籠城事件(「相棒-劇場版II-」より)を受けて警察庁長官官房付きという閑職の身分にいた。
「君は今後一切このことを口外しないこと」と言われクローン人間のことを口止めされてしまう。

やり切れない隼斗は公園にやってくると、突然大声で演説を始めてしまう。
「あと数カ月でこの日本に、クローン人間が誕生するんです!」
そんな奇行に誰もが耳を貸そうとしない中、偶然通りかかった右京(水谷豊)と尊(及川光博)は顔を見合わせ...。
事件に興味を抱いた右京と尊は、やがて真相へと近づくのだが、その解決方法をめぐって2人は...。

 

ゲスト:真野響子 浅見れいな 窪塚俊介 木村佳乃 國村隼

脚本:輿水泰弘

監督:和泉聖治

 

【視聴率推移】 (関東地区)

相棒1012345678910平均
前半19.717.415.017.016.513.918.313.115.1--
後半元日16.216.318.415.215.015.114.5

14.0

16.520.516.6

 

 

楽天はTBをかけられないので、ミラーブログ『ショコラの日記帳・別館』へお願いします。

<トラックバックURL>

http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574086/54290052

 

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ  

応援クリック、よろしくお願いします♪(^^) 






お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

最終更新日  2012年03月23日 18時06分08秒
コメント(10) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.