12377972 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ショコラの日記帳

ショコラの日記帳

【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x

PR

フリーページ

カレンダー

バックナンバー

ニューストピックス

キーワードサーチ

▼キーワード検索

お気に入りブログ

大河ドラマ『光る君… New! レベル999さん

ヤクルト×阪神 @AN… New! 虎党団塊ジュニアさん

いろんなお菓子があ… New! らぶりーたわ子さん

昨日は旦那の誕生日… New! neko天使さん

NHK連続テレビ小説『… くう☆☆さん

コメント新着

2012年06月11日
XML
カテゴリ:’12ドラマ

「幼児虐待!!でもママが好き」

チョコザイ、昏睡状態!

「目覚める保証もない」なんて、昇君が言いましたが、大丈夫でしょうか?

第9話の視聴率は、前回の14.7%より大幅に上がって、17.1%でした♪

さすがに、チョコザイの過去や謎がいろいろ分かったので、上がりましたね♪(^^) 

チョコザイの家族、何かの事件に巻き込まれて仲蒲田で亡くなったのではと予想していましたが、皆、生きてました♪

父の猪口誠(市村正親)は開業医で、裕福な家庭でした。

でも、25年前、母のゆり子(原日出子)に捨てられるかのように、ラリーに託されてしまいました。

今回は、25年前の幼少期のチョコザイ(アタル)の事がいろいろ明かされ、可哀想でした。

サヴァン症候群の子供を持つ親も大変なんでしょうね。

お母さんの苦悩もよく分かり、お気の毒でした。

遠足を断られた話なんて涙・・・

おにぎりに、そういう思い出があったんですね。

 

今回は、幼児虐待事件に絡めて、アタルの虐待についても描き、対比しました。

かなりアタルの話があったのに、事件も1話でサクサクすませて、さすがですね♪(^^)

沢さんが、死んだ子供に虐待していた母親に言った言葉

「不思議ですね。子供って。

どんなに疎まれても、どんなに嫌われても、母親が好きなんですから」

これ、切なくなりました。

アタルも自分を疎んで捨てた母親を恨んでいませんでした。

 

4つの花のあるユリの花をいつも飾っていたのは、フラワーセラピーで言われた言葉からでした。

誠「1本の茎にいくつもの花をつけるから、だから、4つの花をつけたユリを愛しなさい。

 私と妻とアタルとおなかの中にいた介(たすく)。

 その4人を愛せるよう。 そういうセラピーだったよな」

だから、4つの花をつけたユリを飾り、家族と一緒にいたのでした。この25年間。

舞子「お母さん、許してないなんて、とんでもないです。

 恨んですら、いなかったんですよ」

ゆり子、涙・・・

アタル「ママ・・・おにぎり・・・」と、おにぎりを作る真似をする。

 

子供の頃、遠足、引率の先生が責任を持てないから来ないよう言い、行けなくなってしまいました。

ゆり子さんは、おにぎりを作ってあげて、家で夜、食べたのでした。

それ以来、アタルの夕食はいつもおにぎりになったそうです。

 

チョコザイの本名は、猪口 在(いのぐち あたる)で、チョコザイというのは、昔、仲の良かった友人がそう呼んでいたそうです。

音読みだと「チョコウザイ」と読めるので、そこからつけたあだ名では?

アタルは、舞子と沢が「あたる」と呼ぶと、いつもチョコザイと修正しました。

アタルにとって、舞子と沢は友達という認識なのでしょうか?

10年前、仲蒲田から八王子に引っ越したそうです。

父は毎年、アメリカに会いに行っているそうですが、母は、10年前から会いに行ってないそうです。

丁度、引っ越した時からですね。

父はサヴァン症候群と分かってからラリーの所に託したまでのいきさつを、舞子に説明してくれました。

「親の育て方が悪いから、こんな風になる。それが25年前の発達障がいの認識でした。

それに我々がどれほど追い詰められたか。しかも、アタルはサヴァン症候群の傾向が強かった。

でも、そんな症状、まだ、一部の専門家しか知らない時代です。当然、日本には頼れる病院も施設もありませんでした。

でも、探し回った甲斐はありました。

アメリカのノースカロライナにアタルに適しているという施設がある事が分かったんです。

アタルの診断書を送ると、すぐにラリーさんが来てくれました。

なぜかニューヨーク市警が運営しているという療養施設に行く事になりましたが、お陰で、今、アタルは警察の仕事ができています」

舞子「警察の仕事って、どんな仕事かご存知ですか?」

誠「ええ。捜査に使うデータの管理をしているとか」

 

ラリーは両親に嘘をついてたんですね。

データの管理の仕事をしているなんて。

それにしても、25年間も経って、まだFBI捜査官の訓練生なんて、お金をかけてきた分、まだペイできていないのでは?(汗)

誰か他の子で捜査官になれた人、いるのでしょうか?

ラリーには25年の苦労があるので、アタルが捜査にストレスを感じていると沢に言われても信じたくないでしょう。

SPB存続の危機の時ですし・・・

 

「シンクロナイズドスイミング刑事」は、チョコザイがアメリカに渡った翌年に始まり、ラリーがそのドラマの監修をしています。

チョコザイだけでなく、犬飼さんも見ていたので、沢は「変だろ」と舞子に言いました。

でも、舞子はラリーを信じていました。

 

アタルの幼少時代の役の藤本飛龍くん、可愛かったです♪

指の動きが仲居さんと似ていて、アタルだとすぐ分かりました。

遺体で発見された子供、村井 朗役の黒澤宏貴くんも可愛かったです♪

朗君の死因の話とアタルの話と両方、サクサク進みました。

朗くんは母親の今日子(森脇英理子)が虐待の末に、毒殺したのではと思われましたが・・・

結局、直接の死因は、虐待とは関係ありませんでした。

死因は、桃の花に似た夾竹桃の猛毒の煙を吸い込んだ事による不幸な事故でした。

警察では捨て山と呼ばれますが、あなたにとっては決して捨てていい事実じゃない。

この息子を虐待していたお母さんと、アタルのお母さん(ゆり子)が重ねられていました。

 

ゆり子が話したアタルの子供の頃の話も、切なかったです。

「アタルは目に入った物を全て記憶し、一見、無関係に見える物でも繋げてしまう。

そんな卓越した観察眼がある。たとえ、本人に観察しているつもりはなくても・・・

ある時なんか、妊娠できない事を深刻に悩んで、周囲に内緒で病院に通われてるご夫婦に向かって、・・・回想(不妊治療の薬とか、不妊治療の本とか、不妊治療の日とか暴露)・・・

分かってしまう能力だけが一人歩きして、分かった事を胸にしまっておく能力がないんです。

何を言ったかは自分でも分かっていない。悪気はない。

いくらそう説明しても理解して貰えませんでした。

アタルに友達がいなくなり、私達も近所から距離を置かれるようになりました。

友人はいなくなり、主人の仕事もうまくいかなくなり・・・

そんな時に、介(たすく)ができて・・・」

舞子「たすく? アタル君の弟さんですか?」

ゆり子「精神的にボロボロでした。そんな時・・・

回想(アタルがチョロ(鼠)の尻尾を持っていて、尻尾が取れてしまいました)

ゆり子「シッポが取れる事はよくあるって後で聞きました。

 でも、あの時は、もしかしたら、生まれてくる子にもそんな乱暴するんじゃないかって。

 それ以前に、また何もかも見破って、これ以上、周囲に白い目で見られたら、生まれてくる子供が・・・

 カウンセラーにフラワーセラピーを勧められましたけど、何の効果もありませんでした。

 そんな時、ラリーさんが来てくれたんです。

 渡りに船でした。アタルを託しました。

 その時、私、アタルを厄介払いしたんです。

 私、アタルを捨てたんじゃないかって」

舞子「アタル君の前です。やめてください」

ゆり子「ずっとずっと、その罪悪感があります。

 アタルを見る度に、その罪悪感が噴き出すんです」

 

ソファアに横たわり聞いていたアタルの目から涙・・・

 

それで、舞子はアタルを警察に連れて行きました。

沢「それで連れて帰って来たのか」

舞子「その方がチョコザイ君もお母さんにもいいと思って」

沢「おまえはチョコザイ君の家族か?」

舞子「はあ?」

沢「家族には家族にしか分からない事がある。

 いいか。ちゃんと家族の元に帰すんだ」

アタル「家族・・・」

 

沢さんは大人ですね。

捜査を手伝わせる事はチョコザイのストレスになると見破って、手伝わせないよう、舞子に言いました。

でも、舞子は手伝わせてしまいまいた。

舞子「どんな事件でも私は真実が知りたいんです」

沢「お前のエゴにチョコザイ君を利用するな。

 今のお前は、あのラリーって男と一緒だよ。

 25年もチョコザイ君を捜査の道具にしてきた男だ」

舞子と沢が喧嘩していると思ったのか、チョコザイが「ねえねえ」と間に入りました。

舞子はチョコザイの保護を解除し、身元引受人はラリーにしたそうです。

沢「お前・・・」

舞子「ご家族の希望です」

 

家族はラリーがいい人だと思ってるんですよね。

25年間預かって貰ってきたし、信頼しているのでしょう(汗)

 

チョコザイ、いつも捜査が終わると失神してしまいますが、今回は昏睡状態になってしまいました。

昇君の説明だと、何らかの理由による昏睡状態で、目が覚めるかどうかも分からないそうです。

でも、予告編だとチラッとチョコザイ写ったような・・・

あと残り2回です。

次回は、新たな事件に舞子の母との共通点が?!

舞子の母の死の謎、楽しみです♪

 

【視聴率推移とレビューリンク】 (視聴率は関東地区)

[第1話]19.9%  [第2話]16.9%  [第3話]10.9%  [第4話]13.8%

[第5話]14.5%  [第6話]17.4%  [第7話]13.5%  [第8話]14.7%

[第9話]17.1%

(全話レビューありますが、字数制限でリンク貼れないので、1~7話は第8話から飛んで下さい)

 

楽天はTBをかけられないので、ミラーブログ『ショコラの日記帳・別館』へお願いします。

<トラックバックURL>

http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574086/54938619

 

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ 

応援クリック、よろしくお願いします♪






お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

最終更新日  2012年06月12日 10時52分27秒
コメント(8) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.