12509134 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ショコラの日記帳

ショコラの日記帳

【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x

PR

フリーページ

カレンダー

バックナンバー

ニューストピックス

キーワードサーチ

▼キーワード検索

お気に入りブログ

腸閉塞の手術から2ヶ… New! いしけい5915さん

虎に翼、愛が理想を… New! らぶりーたわ子さん

連続テレビ小説『虎… New! レベル999さん

NHK連続テレビ小説『… New! くう☆☆さん

2にゃんシンクロ。… neko天使さん

コメント新着

2024年03月19日
XML
カテゴリ:朝ドラ
遅れて、すみません(汗)
『ブギウギ』、今週を含めて、あと、2週です♪(^^)

4/1(月)からは、『虎に翼』です。
ヒロイン・猪爪寅子役は、伊藤沙莉さんで、オーディションではなく、ご指名でオファーを受けたそうです♪(^^)
伊藤沙莉さんは、朝ドラ『ひよっこ』では、脇の脇で、米屋の娘役でしたが、光っていましたね♪(^^)
その後、『いいね!光源氏くん』で主演したり、『ミステリと言う勿れ』『シッコウ!!〜犬と私と執行官〜』に出演したり、大活躍です♪(^^)
ヒロインのモデルは、日本初の女性弁護士で、のちに裁判官となり、女性として初めての裁判所長も務めた三淵嘉子さんです。
脚本は、吉田恵里香さん。『恋せぬふたり』や『生理のおじさんとその娘』などを書いています。
語りは、『カーネーション』でヒロインを務めた尾野真千子さんです(^^)
主題歌は、米津玄師さんの新曲「さよーならまたいつか!」。
米津玄師さんが主題歌とはびっくりです♪(^^)

BSでの再放送、『まんぷく』の後は、2000年に放送された朝ドラ『オードリー』が再放送されます(^^)
主役の美月を演じる岡本綾さんは、当時高校生でしたが、今は現役を引退されています。
時代劇映画の良き時代を、京都太秦の映画撮影所を舞台に繰り広げられるドラマです。
私は、当時、見た気がしますが、よく覚えていないです(^^;)

前置きが長くなってしまいましたが、
『ブギウギ』、第24週「ものごっついええ子や」(3/11~3/15) の関東の日々の視聴率は
[第112話(3/11(月)]15.9%
[第113話(3/12(火)]16.4%
[第114話(3/13(水)]15.8%
[第115話(3/14(木)]15.6%
[第116話(3/15(金)]15.9%
<第23週平均> 15.9%
<第23週最高> 16.4%(3/12(火))

この週の中で、視聴率が最高だった火曜の内容は、
スズ子が新しい家に越してから5年後の昭和30年、スズ子は、近所の人たちを招待し、愛子(このか)の8歳の誕生会を開きました。沢山、子供達も来ましたが、愛子には友達が一人もいなくて・・・
そんな時、娘を誘拐されたくなかったら、今日の午後3時に、日帝劇場のロビーにマネージャーに3万円を持ってこさせろという強迫の電話が来てて…
普通、誘拐した後で、身代金を要求するものじゃないですか??
誘拐される前から、よく身代金、払いましたね(^^;)
ちゃんと、タケシは、お金を渡さず、張り込んでいた刑事の高橋(内藤剛志)たちが犯人を捕まえてくれました。
こ誘拐話、あまりに杜撰だったせいか、折角、内藤さんが登場しましたが、視聴率はイマイチでした(^^;)
昨日(3/18月)からの第25週、愛子は近所の子供達をかけっこをして負け知らずで、友達ができたようです♪

新たに、若手で人気歌手の水城アユミ(吉柳咲良)が登場♪
これ、美空ひばりさんがモデルではないかと予想されていましたが、
水城アユミさんは、大和礼子(蒼井優)と股野義夫(森永悠希)の娘だとういうことで、ちょっと違いますね(^^;)
でも、大和礼子さんは出産後すぐに亡くなられたので、父子家庭で、父の股野義夫さんがマネージャーをしているようです。
ひばりさんは母子家庭で、母親がマネージャーだったので、父親に替えたかな??(^^;)
ただ、大きな違いは、昔、お世話になった先輩・大和礼子さんの娘ということ♪
アユミ自身は、笑顔があまりなくて、生意気そうに見えますが、一応、スズ子を尊敬しているそうです(^^)
ひばりさんも笠置シヅ子さんの大ファンで、彼女の歌をよく真似して歌っていたそうですが…
このドラマでは、年末の歌番組にトリで出てほしいとオファーを受けました。でも、トリ前に水城アユミを持ってきてもいいかと聞かれました。
これ、明らかに、紅白歌合戦ですね♪(^^)
最近、人気のアユミと最近、落ち目になってしまったベテラン歌手のスズ子の対決をさせられそう(汗)
その上、スズ子の持ち歌「ラッパと娘」を歌いたいと、言ってきました(汗)
実際、シヅ子さんの歌をよく歌っていたそうなので、これもあってもおかしくないですね(^^)
いつもの嫌な芸能記者に、その話を見られてしまって、また嫌な記事を載せられてしまいました(汗)
でも、お陰で、紅白も盛り上がるでしょう(^^;)
恩人の娘なので、スズ子はきっと「ラッパと娘」を歌うことを許すでしょうけれど、作曲家の羽鳥先生が許すかどうか…
スズ子と一緒に、2人のコンビはもう落ち目とか、記事を書かれたりしていましたし…(^^;)
結局、紅白では、アユミが「ラッパと娘」を歌って、その後に白組トリの男性の歌が入って、オオトリのスズ子が「ヘイヘイブギー」を歌いそうです♪(^^)
勿論、この新旧対決は、ベテランのスズ子が勝つでしょう♪(^^)
でも、今後のスズ子の進退に大きく影響しそうです。。。
最終週は、スズ子が引退してしまうかも??(^^;)

それにしても、生意気なアユミより、天狗で態度の大きくなったマネージャーのタカシの態度の方が気になってしまいました(^^;)
謝ったとはいえ、誘拐未遂犯の小田島(水澤紳吾)を家事手伝いとして雇ったのも、びっくりでした(^^;)
今では、彼の息子以外でも愛子には友達が沢山いそうなのに…(^^;)
スズ子さん、お人よしですね♪(^^)


< 第25週「ズキズキするわ」(3/18~3/22) あらすじ >(公式HPより)
スズ子(趣里)に「第7回オールスター男女歌合戦」のオファーが届く。もちろん大トリだ。しかし、丸の内テレビのディレクターの沼袋勉は、トリ前に新進気鋭の人気若手歌手・水城アユミ(吉柳咲良)を歌わせたいと言う。スズ子は雑誌で「ブギは終わり、これからは水城アユミの時代」と書かれたばかりだった。しかも、アユミからスズ子の「ラッパと娘」を歌わせてもらえないかとお願いをされる。迷うスズ子が出した結論とは?

<< 日別あらすじ 第25週「ズキズキするわ」(3/18~3/22) >>(Yahooテレビより)
第117回[3/18(月)]
東京ブギウギのヒットから9年、ブギブームも下火になってきつつある中、スズ子(趣里)や羽鳥善一(草彅剛)のブギは古いという記事が書かれてしまう。同時に、若手歌手の水城アユミ(吉柳咲良)が新たなスターとして台頭してきていた。そんな中、スズ子は丸の内テレビのプロデューサー・代々木(遠山俊也)から、年末の歌番組にトリで出てほしいとオファーを受ける。しかし、トリ前に水城アユミを持ってきてもいいかと聞かれる。

第118回[3/19(火)]
スズ子(趣里)のもとに、誘拐未遂事件を犯した小田島(水澤紳吾)が訪ねてくる。すっかり反省した小田島の話を聞いたスズ子は…。一方、年末の歌合戦では、スズ子は新旧対決に挑むことになった。しかも、対戦相手の若手の有望株・水城アユミ(吉柳咲良)は、大和礼子(蒼井優)と股野義夫(森永悠希)の娘だ。しばらくして、スズ子は股野と久しぶりに話をすることにする。そこで、スズ子は、水城アユミからあるお願いをされる。

第119回[3/20(水)]
水城アユミ(吉柳咲良)に「ラッパと娘」を歌わせてほしいと頼まれたスズ子(趣里)は、困ってしまい結論を出せずにいた。記事にまでなってしまったため、スズ子は、羽鳥善一(草彅剛)に相談に行く。しかし、羽鳥は、そんな大事なことを軽く言わないでほしいと、厳しい言葉を投げかける…。一方、愛子(このか)は、体育の時間のかけっこが楽しみで学校に行っていたが、ある日、落ち込んで帰ってくる。

第120回[3/21(木)]
愛子(このか)は、翌日の体育の時間に足の早い転校生と競争することになっていた。しかし、勝てる見込みがなく、愛子は学校を休みたいと言い出す。スズ子(趣里)は、自分も水城アユミ(吉柳咲良)との新旧対決から逃げたかったが、今は逆に楽しみだと話す。そして、逃げるかどうかは愛子が自分で結論を出すようにと伝える。翌日、学校に行くかどうか迷う愛子を家に残し、スズ子は羽鳥善一(草彅剛)のもとに向かう。

第121回[3/22(金)]
昭和31年、大晦日。第7回オールスター男女歌合戦当日。スズ子(趣里)は、楽しみに会場へと向かう。スズ子が楽屋で支度をしていると、股野(森永悠希)と水城アユミ(吉柳咲良)が訪ねてくる…。そして、いよいよ本番。羽鳥善一(草彅剛)はテレビの前で、愛子(このか)は客席で見守る。茨田りつ子(菊地凛子)も楽屋に応援に来た。水城アユミは「ラッパと娘」、福来スズ子は「ヘイヘイブギー」。新旧二人の歌合戦が始まる。


【 世帯視聴率推移 】(関東地区。ビデオリサーチ調べ)
第1週「ワテ、歌うで!」(10/2~10/6)
[第1話(10/2月)] 16.5% (関西14.7%)  
[第2話(10/3火)] 16.2%
[第3話(10/4水)] 16.0%
[第4話(10/5木)] 15.6%
[第5話(10/6金)] 15.9%
<第1週平均> 16.0%
<第1週最高> 16.5%(10/2(月))


第2週「笑う門には福来る」(10/9~10/13)
[第6話(10/9月)] 14.7%
[第7話(10/10火)] 15.5%
[第8話(10/11水)] 16.0%
[第9話(10/12木)] 15.7%
[第10話(10/13金)] 15.9%
<第2週平均> 15.6%
<第2週最高> 16.0%(10/11水)


第3週「桃色争議や!」(10/16~10/20)
[第11話(10/16月)] 15.3%
[第12話(10/17火)] 15.8%
[第13話(10/18水)] 15.5%
[第14話(10/19木)] 16.3%
[第15話(10/20金)] 15.4%
<第3週平均> 15.7%
<第3週最高> 16.3%(10/19木)


  ~ ~ ~

第15週「ワテらはもう自由や」(1/8~1/12) 
[第67話(1/8(月)]15.0%
[第68話(1/9(火)]16.2%
[第69話(1/10(水)] 16.2%
[第70話(1/11(木)] 16.8%
[第71話(1/12(金)] 16.2%
<第15週平均> 16.1%
<第15週最高> 16.8%(1/11木)


第16週「ワテはワテだす」(1/15~1/19) 
[第72話(1/15(月)]15.8%
[第73話(1/16(火)]16.2%
[第74話(1/17(水)]16.2%
[第75話(1/18(木)]15.8%
[第76話(1/19(金)]16.8%
<第16週平均> 16.2%
<第16週最高> 16.8%(1/19金)


第17週「ほんまに離れとうない」(1/22~1/26) 
[第77話(1/22(月)]15.5%
[第78話(1/23(火)]16.0%
[第79話(1/24(水)]16.1%
[第80話(1/25(木)]16.2%
[第81話(1/26(金)]16.5%
<第17週平均> 16.1%
<第17週最高> 16.5%(1/26(金))


第18週「あんたと一緒に生きるで」(1/29~2/2) 
[第82話(1/29(月)]15.9%
[第83話(1/30(火)]16.0%
[第84話(1/31(水)]16.4%
[第85話(2/1(木)]16.0%
[第86話(2/2(金)]16.4%
<第18週平均> 16.1%
<第18週最高> 16.4%(1/31水&2/2金)


第19週「東京ブギウギ」(2/5~2/9) 
[第87話(2/5(月)]16.7%
[第88話(2/6(火)]17.3%(最高)
[第89話(2/7(水)]16.0%
[第90話(2/8(木)]16.0%
[第91話(2/9(金)]16.6%
<第19週平均> 16.5%(最高)
<第19週最高> 17.3%(2/6火) 


第20週「ワテかて必死や」(2/12~2/16)
[第92話(2/12(月)]14.7%
[第93話(2/13(火)]16.1%
[第94話(2/14(水)]17.1%
[第95話(2/15(木)]16.7%
[第96話(2/16(金)]16.5%
<第20週平均> 16.2%
<第20週最高> 17.1%(2/14(水)) 


第21週「あなたが笑えば、私も笑う」(2/19~2/23)
[第97話(2/19(月)]15.8%
[第98話(2/20(火)]15.9%
[第99話(2/21(水)]15.7%
[第100話(2/22(木)]16.2%
[第101話(2/23(金)]14.7%
<第21週平均> 15.7%
<第21週最高> 16.2%(2/15(木)) 


第22週「あ~しんど♪」(2/26~3/1)
[第102話(2/26(月)]16.2%
[第103話(2/27(火)]16.2%
[第104話(2/28(水)]16.1%
[第105話(2/29(木)]16.2%
[第106話(3/1(金)]16.2%
<第22週平均> 16.2%
<第22週最高> 16.2%(月&火&木&金) 


第23週「マミーのマミーや」(3/4~3/8)
[第107話(3/4(月)]15.5%
[第108話(3/5(火)]16.1%
[第109話(3/6(水)]16.3%
[第110話(3/7(木)]16.4%
[第111話(3/8(金)]16.6%
<第23週平均> 16.2%
<第23週最高> 16.6%(3/8(金))


第24週「ものごっついええ子や」(3/11~3/15)
[第112話(3/11(月)]15.9%
[第113話(3/12(火)]16.4%
[第114話(3/13(水)]15.8%
[第115話(3/14(木)]15.6%
[第116話(3/15(金)]15.9%
<第24週平均> 15.9%
<第24週最高> 16.4%(3/12(火))




【語り】高瀬耕造

【原作・脚本】足立紳

【音楽】服部隆之(服部良一氏の孫)

【主題歌】「ハッピー☆ブギ」作詞・作曲・編曲 - 服部隆之
    歌 - 中納良恵・さかいゆう・趣里


NHK朝ドラ「ブギウギ」クランクアップ 趣里「すべてが大切な財産になりました」

『ブギウギ』趣里が歌うことで増す「東京ブギウギ」の魅力 第1話シーンの驚きの再撮影

『ブギウギ』公式HP・TOP/人物一覧表
『ブギウギ』公式HP・人物相関図

ブギウギオンステージ(フルバージョン)(公式HP)



<ブギウギ>ゆかりのある名曲届ける「ブギウギ音楽祭」放送 主題歌「ハッピー☆ブギ」テレビ初パフォーマンスも


『ブギウギ』視聴率一覧表



NHK連続テレビ小説 ブギウギ 下(2) [ 足立 紳 ]


【楽天ブックス限定全巻購入特典】連続テレビ小説 ブギウギ 完全版 ブルーレイ BOX1【Blu-ray】(ブリキ缶ケース + L判ブロマイド6枚セット)​​




にほんブログ村 テレビブログ 朝ドラ・昼ドラへ
にほんブログ村


人気ブログランキング

できればクリック、お願いします♪(^^)








お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

最終更新日  2024年03月19日 13時04分44秒
コメント(10) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.