868156 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

おきらく楽天 映画生活

PR

カレンダー

カテゴリ

バックナンバー

2019.08
2019.07
2019.06
2019.05
2019.04

コメント新着

http://buycialisky.com/@ Re:『ターミネーター』を観たぞ~!(06/12) tv props and reply cialisviagra and cia…
http://viagrayosale.com/@ Re:『ターミネーター』を観たぞ~!(06/12) pfizer viagra kaufen ohne rezept <a…
ETCマンツーマン英会話@ Re:『レールズ&タイズ』を観たぞ~!(12/12) 『レールズ&タイズ』を調べていてこちら…
hoshiochi@ Re:『ノウイング』を観たぞ~!(07/13) はじめまして。私もこの映画をテレビで見…

お気に入りブログ

今日の収穫 (8月… New! BROOKさん

認知症と歯の関係 サボテン_01さん

子供達が喜んで親か… めが姫さん

Guildの反撃!!! Guild26さん
MY HIDEOU… GATECRASHERさん
2009.12.12
XML
カテゴリ:映画 ラ行
『レールズ&タイズ』を観ました目

妻の病に目を背け現実逃避していた鉄道技師が、不慮の事故で出会った少年と
家族のような交流を重ねることで次第に絆が芽生え再生していく姿を描いた
ヒューマン・ドラマですかちんこ


>>『レールズ&タイズ』関連

原題: RAILS & TIES
ジャンル: ドラマ
製作: 2007年・アメリカ
上映時間: 101分
監督: アリソン・イーストウッド
音楽: カイル・イーストウッド
出演: ケヴィン・ベーコン マーシャ・ゲイ・ハーデン マイルズ・ヘイザー


【ストーリー】
鉄道技師のトムは、妻のミーガンが末期の乳ガンに冒されている事実に正面から
向き合おうとせず、仕事に没頭することで気を紛らわせていた。
そんなある日、トムの運転する列車が前方線路上に停車していた1台の車を轢いてしまう。
その車には一組の母子が乗っていたが、息子は激突寸前に脱出し、母親は轢死。
原因は母親による無理心中だった。
そして息子の少年ディヴィは里親へ出されることに。
だがやがて、トムのもとにディヴィが訪ねてくる。
図らずも加害者となったトムと、彼を憎みながら本当の家族を探し求めるディヴィ。
そこで、子宝に恵まれなかったミーガンの希望によりディヴィを迎え入れるのだった。
徐々にディヴィと打ち解け合い、夫婦仲も取り戻していくトム。
しかし、そんな中、ミーガンの死期は刻一刻と迫っていた…。


下矢印ここから先はネタバレを含みます。!ご注意を!!!


命が失われようとも、愛は存在する。



いや~、涙しました。

妻ミーガンの病に目を背け仕事に打ち込み事で現実逃避していた鉄道技師トムが、
不慮の事故が原因で出会った少年ディヴィと交流を重ねるうちに
まるで家族のように深い絆で結ばれていくという痛々しくも温かいドラマであります。

現実逃避の鉄道技師トムには、ケヴィン・ベーコン。
病気の妻と上手く向き合う事の出来なくなってしまった鉄道大好き男の姿が実によくハマっております。
冒頭部分の事故の壮絶さと妻との関係のギクシャクさにも絶え強がっている男の姿が
実に痛々しく、不器用な男の姿に共感してしまう流石の演技であります。

死期が近い妻ミーガンには、マーシャ・ゲイ・ハーデン。
予期しなかった人生の終わりが近づくにつれて、母親になれなかった後悔に涙し、
夫との関係に悩む姿が痛々しくて観ていられません。

そして、母親に目の前で死なれた少年ディヴィを演じたマイルズ・ヘイザーが
実に初々しくて、危なげで守ってあげたい少年らしさを兼ね備えています。
冒頭シーンで、トムをボコボコに殴りつけた瞬間、トムを許すと言った瞬間、
2人との生活に安らぎを感じていく瞬間に
次々と涙を誘う少年らしい愛らしさで溢れていました。

そんなワケアリの設定はいかにもお涙頂戴的映画を想像させますが、
登場人物3人の怒りや苦しみの感情がぶつかり合いの繰り返しが
痛いほどに伝わる描写の数々に、
素直に涙腺が緩みっぱなしになってしまうのでありました。

クリント・イーストウッドの娘さんであるアリソン・イーストウッド監督が
初メガホンを取った作品ということですが、しっかりと巨匠の手腕を受け継いでおります。
登場人物たちの感情を静かで繊細に綴っていきながら、
母親のような温かさで傷ついた人々をそっと包み込んでいるような
優しい演出がジーンと心に沁み込みました。

音楽は兄上カイルが担当されたそうで、
出演陣もそれぞれにクリント・イーストウッド監督作品でも馴染みの人々が連なり、
イーストウッド・ファミリー集結といった感じが
作品としての完成度を高めているのかもしれません。

不慮の事故によって出来上がった家族の姿を違法と知りながらも、
見て見ぬふりをしてそっと立ち去った児童養護施設の女性が象徴するような母性、
人間同士が知らず知らずのうちに守り守られて、
繋がっている絆を感じとらせ胸に染み入る優しい作品でありました。



下矢印ランキング参加中です。ポチっとしてくれたら感激ですウィンク
にほんブログ村 映画ブログへ





ケヴィン・ベーコン/秘密のかけら


臨死


タイトロープ






最終更新日  2009.12.12 22:08:43
コメント(9) | コメントを書く

■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


Re:『レールズ&タイズ』を観たぞ~!(12/12)   kinocochan さん
こんばんわ。

私もこの映画ではぐちゃぐちゃになるまで涙しました(笑)
派手な作品ではないけど、なんか感情移入できたというか。
名優揃いの上、監督はイーストウッド娘。もぉ、泣くしかないよねぇ。
音楽はお兄さんが担当されてたのは知らなかったぁ。

           ~(*^.^*)


(2009.12.12 22:55:35)

Re[1]:kinoさんへ   tapomushi12 さん
こんばんは♪

>私もこの映画ではぐちゃぐちゃになるまで涙しました(笑)
>派手な作品ではないけど、なんか感情移入できたというか。
>名優揃いの上、監督はイーストウッド娘。もぉ、泣くしかないよねぇ。
>音楽はお兄さんが担当されてたのは知らなかったぁ。

>           ~(*^.^*)

kinoさんが紹介されてて、観なくてはと思っていた作品でしたが、
本当に泣かされましたね(^^ゞ
ひょんな出来事から出来上がった家族の絆、
それぞれの登場人物の思いが痛々しく
地味な作風なのに深くて、本当に泣けました(>_<)
良い映画でしたね♪
(2009.12.12 23:13:07)

私もイーストウッドの娘   めが姫 さん
こんばんは
この映画は正月休みに絶対観るリストに入れました(^^)v
お涙頂戴的なストーリーは大嫌いなんですけど、
自然に泣けてくる様なお話なら観てみたいです。
ケビン好きだし♪ (2009.12.12 23:52:15)

Re:『レールズ&タイズ』を観たぞ~!(12/12)   猫人 さん
こんばんわ、tapoさん!

ケヴィン・ベーコン、時には大作、
そして時にはB級にも登場しますよね~。
作品を選ばない姿勢がイイですよね!

巨匠イーストウッド監督の娘さんがメガホンをとったのですね~。
父親ゆずりの感性なのでしょうか、かなり感動的な作品みたい。

あたくしも後ほどチェックいたします(^^ゞ

(2009.12.13 19:02:59)

日本インターネット映画大賞募集中   日本インターネット映画大賞 さん
突然で申しわけありません。
現在2009年の映画ベストテンを選ぶ企画「日本インターネット映画大賞」を開催中です。
投票は1/14(木)締切です。ふるってご参加いただくようよろしくお願いいたします。
日本インターネット映画大賞のURLはhttp://www.movieawards.jp/です。
なお、twitterも開設しましたので、フォローいただければ最新情報等配信する予定です(http://twitter.com/movieawards_jp)。 (2009.12.19 12:20:50)

Re:めが姫さんへ   tapomushi12 さん
こんばんは♪
お返事が遅くなってしまって申し訳ございません。。。

>この映画は正月休みに絶対観るリストに入れました(^^)v
>お涙頂戴的なストーリーは大嫌いなんですけど、
>自然に泣けてくる様なお話なら観てみたいです。
>ケビン好きだし♪

それは嬉しいです!
とても心に染み入る演出が優しい映画で
イーストウッド監督のDNAを感じられる作品でしたよ(^^)
感想を楽しみにしておりますね~♪

(2009.12.27 23:30:31)

Re[1]:猫人さんへ   tapomushi12 さん
こんばんは♪
すっかり遅くなってしまって申し訳ありません(>_<)

>ケヴィン・ベーコン、時には大作、
>そして時にはB級にも登場しますよね~。
>作品を選ばない姿勢がイイですよね!

本当にそうですよね~
ケヴィン・ベーコン、お気に入りです♪

>巨匠イーストウッド監督の娘さんがメガホンをとったのですね~。
>父親ゆずりの感性なのでしょうか、かなり感動的な作品みたい。

イーストウッド監督の遺伝子をしっかりと受け継いでいると思える
なんとも優しい作風が美味でありましたよ♪

>あたくしも後ほどチェックいたします(^^ゞ

感想を楽しみにしてますね~(^^)

(2009.12.27 23:33:20)

Re:日本インターネット映画大賞さんへ   tapomushi12 さん
こんばんは♪
了解しました。
後ほど伺わせて頂きますね(^^)

>突然で申しわけありません。
>現在2009年の映画ベストテンを選ぶ企画「日本インターネット映画大賞」を開催中です。
>投票は1/14(木)締切です。ふるってご参加いただくようよろしくお願いいたします。
>日本インターネット映画大賞のURLはhttp://www.movieawards.jp/です。
>なお、twitterも開設しましたので、フォローいただければ最新情報等配信する予定です(http://twitter.com/movieawards_jp)。
-----
(2009.12.27 23:40:02)

Re:『レールズ&タイズ』を観たぞ~!(12/12)   ETCマンツーマン英会話 さん
『レールズ&タイズ』を調べていてこちらにたどりつきました。
ディラン・トマスのDo not go into that gentle into that nightが詠まれていると知りこの映画を見ました。
映画のストーリ事体が、まさにこのディラン・トマスの詩をなぞるよう。

>登場人物3人の怒りや苦しみの感情がぶつかり合いの繰り返しが
痛いほどに伝わる描写の数々に、
素直に涙腺が緩みっぱなしになってしまうのでありました。

僕も思わず号泣してしまいました。
良い作品との出会いに感謝です。 (2013.10.08 16:55:02)


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.