907101 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

おきらく楽天 映画生活

PR

カレンダー

カテゴリ

バックナンバー

2020.01
2019.12
2019.11
2019.10
2019.09

コメント新着

http://buycialisky.com/@ Re:『ターミネーター』を観たぞ~!(06/12) tv props and reply cialisviagra and cia…
http://viagrayosale.com/@ Re:『ターミネーター』を観たぞ~!(06/12) pfizer viagra kaufen ohne rezept <a…
ETCマンツーマン英会話@ Re:『レールズ&タイズ』を観たぞ~!(12/12) 『レールズ&タイズ』を調べていてこちら…
hoshiochi@ Re:『ノウイング』を観たぞ~!(07/13) はじめまして。私もこの映画をテレビで見…

お気に入りブログ

今日の収穫 (ブル… New! BROOKさん

ブログ生活 サボテン_01さん

サイコパスの臓器づ… めが姫さん

2019年初鑑賞映画ベ… takusyunさん

Guildの反撃!!! Guild26さん
2010.01.23
XML
カテゴリ:映画 ア行
『イントゥ・ザ・ワイルド』を観ました目

すべてを捨てアラスカへと放浪の旅へ出た裕福な青年の心の軌跡を描いた
人間ドラマですかちんこ


>>『イントゥ・ザ・ワイルド』関連

原題: INTO THE WILD
ジャンル: ドラマ/青春
上映時間: 148分
製作国: 2007年・アメリカ
監督・製作・脚本: ショーン・ペン
出演: エミール・ハーシュ マーシャ・ゲイ・ハーデン ウィリアム・ハート


【ストーリー】
1990年夏、ジョージア州の大学を優秀な成績で卒業した22歳の青年、クリス・マッカンドレス。
卒業祝いに新車を買ってあげるという両親の申し出をあっさり断った彼は、通帳にあった
預金全額を慈善団体に寄付し、家族に何も告げることなく、文字どおり無一文で
アラスカへ向けて旅に出る。
道中、様々な出会いと経験を重ねるクリス。
サウスダコタでは彼の無鉄砲を諫めてくれる陽気な兄貴分ウェインと親交を深め、
スラブスではヒッピーなどアウトサイダーたちが集うコミューンに身を寄せ、
そこで美しい少女トレイシーと出会う。
彼女はクリスに好意を抱き、クリスにも恋心が芽生えたかに思われたが…。
一方その頃、残された家族は音信不通の息子の身を案じ、祈る思いで彼の帰りを待つのだったが…。


下矢印ここから先はネタバレを含みます。!ご注意を!!!


そして僕は歩いて行く
まだ見ぬ自分と出会うために



裕福な家庭で育ち、将来有望だった青年クリスが、なぜそんな過酷な旅に出たのか、
旅路で何を見つけたのかが時間軸を一部前後させながら、
ゆっくりと紐解かれていく148分の心の旅路でありました。

大学を優秀な成績で卒業したクリスは、卒業祝いに新車をプレゼントしようとする両親に反発し、
お金を捨て、IDを捨て、誰にも何も告げずに、
生きる事をただ貪欲に探し求めるサバイバルの旅 荒野のアラスカを目指すのであります。

道中、頭でっかちになるなと戒める陽気な農業家ウェインの元で働き、親交を深め、
ヒッピーのカップル レイニーとジャンのギクシャクした関係を取り持ったり、交流を深め、
美しい少女トレイシーと恋心が芽生えかけたり、
皮職人の孤独な老人ロンと年齢を超えた友情を築いたり、
悩みを抱えたさまざまな生き方の人々と出会い、
人間と人間の絆、人の温かさを感じながらも、それでもアラスカを目指すストイックな青年クリス。

彼が目指したアラスカでは、神々しいまでの自然の美しさと何物にも属さない究極の自由、
さらに過酷な出来事が待っているわけで、彼のテンションが上がりまくりの達成感と共に、
これでいいのかという疑問が
常に拭い切れない、複雑な気持ちになってしまうのであります。

クリスが抱いている社会や両親に対しての怒りと不満は、
尾崎豊を聞いていた思春期真っ只中の10代の頃なら
きっと100%共感させられたであろうと思います。

そんなモヤモヤした心境をクリスの一番の理解者であったはずの妹のナレーションが鋭くつき、
音信不通の息子の身を案じ、心配でボロボロになっていく両親の姿が時折はさまれ、
クリスに100%共感できないのであります。

さらに、息子の事で心を痛めるヒッピーのカップル レイニーとジャンに
音信不通の息子の帰りを待ち続ける両親の気持ちを垣間見せられ、公平さを問われたり、
全てを許すことで光がさすと、
若きクリスを心配し家族に迎えたいと言ってくれた老人ロンの涙を浮かべた言葉に、
人生の先輩方の言葉が逐一心に沁みるのであります。
しかし、クリスの決意は変わらず。孤独な旅路は続くのでありました。

そんな過酷な心の旅路に挑んだ真っ正直な青年クリスを演じたのは、『スピード・レーサー』のエミール・ハーシュ。
知的さと純真さを漂わせて、迫真の演技を見せ付けてくれます。
ラストのシーンの表情が忘れられません。

母親には、マーシャ・ゲイ・ハーデンが、父親にはウィリアム・ハートが、
それぞれ息子の身を案じて道路にへたり込んでしまうほどボロボロになって行く様子に
心が痛みました。
頼れる兄貴分の農業家ウェインには、ヴィンス・ヴォーン、
ヒッピーのキャサリン・キーナーが母親の思いを切なく伝え、
クリスと恋仲になるトレイシーには、クリステン・スチュワートが素敵な歌声も披露してくれたり、
皮職人の老人ロンを演じたハル・ホルブルックの深い言葉に何よりも心揺さぶられました。

たくさんの本を読み、小説の言葉を引用し、ただ生きる事に挑戦した青年クリスが
見つけたものが、誰かと分かち合う幸福だったなんて悲しすぎました。

静かなストーリー展開ながら、監督ショーン・ペンの熱い思いが伝わる力作。

壮大な自然の中に、真っ正直な青年が一人挑むその姿は、
まぶしいほどの輝きを放って、同時に痛々しくもあって、
実話ベースということもあり何とも言えない余韻が残る作品でありました。



下矢印ランキング参加中です。ウィンク
にほんブログ村 映画ブログへ  TREview





スピード・レーサー 特別版/エミール・ハーシュ


ミルク


トワイライト~初恋~ スタンダード・エディション






最終更新日  2010.01.23 21:59:52
コメント(7) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.