000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

行政書士の挑戦

行政書士の挑戦

【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x
2011年09月10日
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
ュースキャスターとしている鳥越俊太郎さんの本「がん患者」を読んだ。
この人、今も多くのTV番組で頑張っている。全然「がん患者」正確には「がん患者だった」ようには見えない。
大腸がんとなって手術そして5年。転移して肺や肝臓の手術を3回したが、TV上では、普通の人以上に元気である。
本人曰く、「現実の私は、がん発見前より健康で元気になっている。仕事の量は、がん以前よの3倍に増えている。これは私だけの特殊なことだろうか?」私はそうは思わない。
現代の日本の医療は、実は私のようながん患者を数多く見てきているのだ。

しかしながら、現実は、がん患者は300万人を越え、毎年30万人以上の人ががんで亡くなっている。本を読み、鳥越さんみたいな人はまれであるとしか思えない。
日本は、65歳以上の人が段々と増え続け、高年齢に多く、がん患者はますます増えてくると推察される。
がん患者に「自分だけはならない」「なりたくない」と思っていても、二人に1人近くはなるという。多くの人が、がんにはなりたくないと、誰しも思っているだろう。しかし、現実はそうではない。いつ、「あなたはがんです」と言われかねない。

そのときのために、そういう現実から逃げないで、勉強しておく必要があると思う。
ある情報では、30万人以上のがん死亡者のなかで、70%~80%は、がんそのものでなく、三大治療(手術、抗がん剤、放射線)そのものや、副作用で亡くなっているという。
私たちは、その現実を知り、対策を講じなければならない。

公式HP田崎行政書士事務所
交通事故の道案内
交通事故ロードマップ
起業する人の
会社設立マニュアル
無料相談実施中の
交通事故相談
被害者のための
交通事故対策ブログ





お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

Last updated  2012年05月22日 16時47分00秒
コメント(0) | コメントを書く


PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Favorite Blog

定額減税 出生・死亡、… 山田真哉さん

繁盛請負人ばんたか… 繁盛請負人ばんたかおさん
行政書士 中村由紀… ゆったん324さん
社労士スリーハッピ… スリーハッピーさん
フィナンシャルプラ… あとむ2000さん

Profile

福岡の行政書士

福岡の行政書士

Archives

2024年04月
2024年03月
2024年02月
2024年01月
2023年12月

Category

Freepage List


© Rakuten Group, Inc.