2903473 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

TEA&GARDEN ちょっとひとりごと

TEA&GARDEN ちょっとひとりごと

【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x

PR

Profile

朝寝嬢

朝寝嬢

Freepage List

September 24, 2023
XML
カテゴリ:美術館・博物館
去る2/4に行ってきた、
​大阪​​国立国際美術館​で開催の
『ピカソとその時代展』。​







​国立国際美術館​にて





『ピカソとその時代展』 その1。 | TEA&GARDEN ちょっとひとりごと - 楽天ブログ (rakuten.co.jp)

『ピカソとその時代展』 その2。 | TEA&GARDEN ちょっとひとりごと - 楽天ブログ (rakuten.co.jp)








とっくに会期終了。

でもいつものごとく、
ちんたら載せてきます・・・苦笑。








Ⅳ 両大戦間のピカソ ー女性のイメージ



ピカソの愛人たち
をモデルに描いた絵がずらり。
ここが一番好きだったかな・・



『花の冠をつけたドラ・マール』​









​​ドラ・マール​​

フランスの
シュルレアリスムの写真家・画家。

ピカソの愛人。



ピカソとは、
1935年の秋から36年頃にかけて出会う。
そして43年まで二人の関係は続く。





『緑色のマニキュアをつけたドラ・マール』​​










そして以下二作品も
モデルは​​ドラ・マール。​​


『黄色のセーター』​​








​『女の肖像』​​​





最初のふたつは、
ジーっと見比べてると、
目の感じとか
同一人物かなあって思うけど、
あとのふたつは・・・


    もはや人間の顔ではない・・・

       ;・∀・
​​







​​





『多色の帽子を被った女の頭部』​​





このモデルは、
髪色から​マリー・テレーズ​と言われている。







​マリー・テレーズ​は、
ドラ・マールより先
ピカソと関係を持っていた愛人。





ふたりの取っ組み合いの大げんか
満足げに眺めていた​というピカソ。



芸術家としては
スゴイのかもしれないけど、
男として、
人として、
​ちょっと
どうかと思うわね・・・。​




´-ω-`








でもどうかとは思えど、
それで芸術家としての価値がなくなるかといえば、
また​別の話​だと思うし、
最近、
女性に対するピカソの態度に批判が起きて、
​作品自体の評価も落ちている​というのは・・・



ちょっと​疑問​かなあ。










​『大きな横たわる裸婦』​​





​​
1940年から44年まで、
ナチス・ドイツ占領下
で描かれた作品。

女性美や官能性は全くなく、
閉ざされた部屋の中で横たわる女性の体はねじ曲がり、
拳は固く握られ・・・


​戦争の時代の感情​を映した作品。










​​






​『タンバリンを持つ女』​

​​​​​​​​​​​​








​その4​に続く。





お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

Last updated  September 24, 2023 12:57:58 PM
コメント(0) | コメントを書く
[美術館・博物館] カテゴリの最新記事


Calendar

Keyword Search

▼キーワード検索


© Rakuten Group, Inc.