464774 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

風に恋して ~自由人への応援歌~

PR

Profile


風天TA-KO

Recent Posts

Archives

2020.01
2019.12
2019.11
2019.10
2019.09
2019.08
2019.07
2019.06
2019.05
2019.04

Category

Freepage List

Favorite Blog

新年 おめでとう ! 【 たまのを 】さん

精神世界の鉄人 精神世界の鉄人さん
詩・ダンス・音楽・… mafumi88さん
人生の「快」も「不… 風子ママさん
Let it be あるがま… 青い月の手さん

Free Space

あわせて読みたいブログパーツ
AX
「てんみくろん」について

森や木々、温泉、海、人などあるがままの自然が発振している波長=10μです。

イノチはこの自然の発する愛と調和のエネルギーの中で健やかな身体を保つことが出来ます。

そんな場に戻したいという想いにできることを実践しています。

歓喜と感動の暮らしをご一緒して下さる仲間を待っています。

******************************************************************************

どんな理由でか、縁あってアクセスしていただき、ありがとうございます。

会社を倒産させ、毎日が日曜日に変化した時から、私の思考や価値観がダイナミックに変容し始めました。そして今では世の中の枠組みとは無縁に自由を謳歌し、かけがえのない「人間」としての神聖さ、すばらしさに、わくわくする日々を生きております。

一切の規制から自由になり、望むことを望むままに生きていくなら、誰でもが真の自分を取り戻し、幸せになれることを「旅」が教えてくれました。

縁あって「こころ・あい・からだ~てんみくろん」を訪れてくださる人達が、少しずつ少しずつその古い信念や因習という固い殻を脱ぎ捨て、自由を取り戻し、自分の本当の能力に目覚め、幸せの道を歩き出してくださる、そのプロセスを共に体験していくことが私の仕事であり、悦びです。どんな悩みも苦しみも解決されるためにあります。一緒に生命の美しさを取り戻しましょう。

日常がそれまで生きてきたものとすっかり色彩を変えてしまい、何がなんだか解らないまま私は恥も外聞も捨て、感じるままに「PO-RA-STAR News」という小冊子を1998年9月3日から2001年10月24日まで発行し続けてきました。今読み返すと自分の成長の遅さや無知さ、情け無くなるくらいの一人よがりなど感嘆してしまいますが、それでもどの瞬間も私にとっての真実だったと思います。

世界は一つ、宇宙は一つ、誰一人無関係な人はいないことを知ってしまったからこそ、共に幸せを、愛を語り合いたいのです。

・てんみくろんホームページのアドレスが変更になりました。
http://tenmicron.web.fc2.com/

『ミューア愛用者の集い』を発足いたしました

メールマガジン『妙なる自由を求めて~』

てんみくろんエッセイ集(~2006年6月)
かぐや姫とオーラ&チャクラの変化(1)
かぐや姫とオーラ&チャクラの変化(2)

哲学・思想人気ブログランキングへ
クリック募金 クリックで救える命がある。
2016.08.07
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
《長い長い闇の帳が開き始めてきました》


まるで「無の空間」に閉じ込められてしまったかのような・・・・
無音のなかでの呼吸を続けていましたが、やっと重い扉が音もなく少し開いてきたようです。
本来の自分に完全復帰できるのかどうかの手応えは、まだ強くはありませんが、徐々に復活していきたいとの思いが起きてきています。


既に亡くなりましたが、私の大好きだった母は、晩年認知症を患い、苦しみ続けた末に、自ら入院中だった病院のトイレに設置されていた「サンポール」を飲んで他界しました。
当時東京に住んでいた私が実家に帰ると、瞬間ごとに変化する母の意識に戸惑いつつ、それでも本来の母に戻ってもらうべくいろんな試みをしていたことを思い出します。
母の意識は、正常と認知の間を行ったり来たりしていましたので、「サンポール」を飲んだのは、意識が戻っていた時だったのだろうと今でもそう思っています。

自分で制御できない光と闇の境界線を行ったり来たりしていた母の心・・・・
「辛ったよね・・・・母さん・・・・」



そして・・・・
わたしのいのちの年輪も、今、母の切なさを味わい始めています。
母より軽い症状ではありますが、痴呆症への扉を開け始めていることを実感し始めています。


ちょうどそんな時に、人類発祥と共に存在していたらしい神なる植物「麻」と出会いました。
沖縄に住む70歳を超した女性が認知症だったらしいのですが、甘味料や増粘剤などというジャンク物質の一切入っていない「アーサーオイル」を医師の指導の下に毎日摂取しはじめたところ、6か月後には、認知症状が消え、本来意識に戻ることができたという報告が入ってきました。


早速、私もその処方で摂取し始めました。
どんな結果が現れるのか?楽しみなんです。

最初の1か月目・・・・脳内に薄い蜘蛛の巣のような網の目状の靄が覆いかぶさっている感覚がビジョンとして感じられました。
            意識的には重たいエネルギーです。

2か月目・・・・蜘蛛の巣状の網が消え、脳の重ったるさがなくなりました。
        記憶回路は、まだ本来ではありませんが、脳はすっきりしています。

        でも、意識的行動は記憶できても、無意識的行動については記憶しにくい状態です。

3か月目・・・・積極的に自然からの体内電流を取り込もうと自宅にいるときは、庭や畑に出て裸足で草抜きなどを開始しています。
        裸足で大地に立つと、地磁気(地電流?)が足の底から頭頂に流れていく感覚を受け取ります。
        それによって体調調整が行われるようですし、身体が微振動し、喜んでいるように感じています。
        「アーシング(グラウンディング)」が、地球のもつエネルギーを人体に流入させてくれるようです。
        アベベがなぜ裸足で走るのか?の答えがソコにあるようです。
        わたしたち、人類は「地電流」を遮断する「靴」を履いて生きているために、「地球のエネルギー」を受け取れない。だから各種の病に           
        苦しむのかもしれません。
        大地にグラウンディングして生きることで、充電されていくようです。自然界の動物たちのように・・・・


        無音だった脳がどうやら回転し始めてきました。
        お陰様で、こうして自己経過も書き始めることができるような意識状態になりましたし、まだ完全復活ではないにしろ、今後の生き方に         
        対し、積極性が湧き出してき始めてもいます。呼吸だけはしている夢遊病者からの脱出です。
        このアーサーオイルを世に出してくださった医師に、心から感謝します。
        年内には、完全復活している自己像をリアルにイメージしています。



        オイルだけに頼るのではなく、日々の食事内容に関しても、かなり意識的に変えていくつもりです。
        自宅では、酵素玄米に手創り味噌汁、野菜を少々という食事に変えてきている最中ですが、外出するとついジャンク物質を食べて
        しまう。

        人は地球と乖離しては、いのちを全うすることができなくなってくるようです。
        無病で、豊かな心のままに生きていける「地球との共生文化」を確かなものにしていきたいですね。

        「アーシング(グラウンディング)」の重要性を身体で知りましたので、毎日たとえ30分間でも靴を脱ぎ、素足になって大地に立つ時間を    
        大切にしています。地球に感謝しつつ~♪


                         
-----Original Message-----
From:
Sent: Sunday, August 7, 2016 10:31 AM
To: ??????@yahoo.co.jp
Subject: 7日の日記












Last updated  2016.08.08 10:27:12
コメント(1) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.