1385932 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

徒然”腐”日記

Dec 25, 2012
XML
カテゴリ:ドラマ感想
皆様メリークリスマスwww



昨夜はケーキとすき焼きをしこたま食べ過ぎて
今朝はお腹がもたれてるてんぽ~です(苦笑)



昨日は書けなかった「平清盛」の感想
最終回だったのですよね(遠い目)





あらすじは大河ドラマ「平清盛」公式HPから






突然の熱病に倒れた清盛(松山ケンイチ)は生き霊となって、遠く伊勢・二見浦にいる西行(藤木直人)の目の前に姿を現す。はじめはひどく驚く西行だったが、話を聞くうちに事態を理解し、清盛の霊に死期が近いことを説く。京では高熱にうなされている清盛を、平家一門が祈るように見守っていたが、手の施しようもなかった。
一方、後白河法皇(松田翔太)は清盛危篤の報に接し、思いつめたように今様を歌い、踊り続ける。
「♪遊びをせんとや生まれけむ。戯れせんとや生まれけん♪」
生に執着する清盛の様子を見かねた西行は、思いやりあふれる言葉で諭す。そして西行の言葉でようやく自分の寿命を受け入れた清盛は一門の前でむくっと立ち上がり、「―きっと、わが墓前に、頼朝が首を供えよ!」と言い遺し、1181年の春、絶命する。64年の生涯だった。
西行は京の平家一門を訪れ、清盛の遺言を伝える。二見浦の庵で清盛と交わした最後の会話がみんなへの遺言だったのだ。西行の姿はいつしか清盛そのものとなり、それぞれに遺言が伝えられた。
その後も、平家は一連托生の強い絆のもとにそれぞれ戦った。源氏軍の侵攻により、都落ちを余儀なくされたのは1183年。この都落ちはそれぞれの行く末に多大は影響をもたらした。頼盛(西島隆弘)は清盛の遺言を受けて、平家の血を守ろうと考え鎌倉の頼朝(岡田将生)を頼った。侍大将の忠清(藤本隆宏)は伊勢で戦ったが捕縛され、斬首となった。その後、態勢を立て直した平家だが、一の谷で重衡(辻本祐樹)は捕らえられて斬首となり、逃亡した維盛(井之脇海)は後に入水して果てた。
壇ノ浦でも多くものが西海に散った。総大将の知盛(小柳友)は勇猛果敢に戦い、最後は錨を体に巻きつけて海に沈み、宗盛(石黒英雄)は死にきれずに海でもがいているところを捕縛され、のちに斬首された。建礼門院徳子(二階堂ふみ)は捕らえられ、のちに出家して一門の菩提を弔う生涯を送った。時忠(森田剛)は配流された能登国で生涯を終えた。そして時子(深田恭子)は安徳天皇(田中悠太)を抱き、「海の底にも都はござりましょう」と言って海に身を投じた。鎌倉のとある館では捕縛された盛国(上川隆也)の姿があった。盛国はひと言も発せず、飲食を断ち、餓死による自害を選んだ。亡くなった盛国を弔う琵琶法師はかつて禿の長として京を震撼させた羅刹(吉武怜朗)だった。
平家を滅ぼした頼朝が、次に退けねばならなかったのは、弟・義経(神木隆之介)だった。身内同士で殺し合う苦しみをよく知る頼朝は、幾度もしゅん巡するが、最後には弟の追討を決意する。
1186年、頼朝のもとへ西行が訪ねてきた。西行は頼朝にも清盛の遺言を伝える。「まことの武士とはいかなるものか見せてみよ」という言葉をうけ、頼朝は自分の進むべき道を定めた。
1189年、奥州藤原氏を頼ろうとした義経は衣川で兵に襲われ、孤軍奮闘するも、弁慶(青木崇高)は多数の矢を受け立ち往生し、義経は自害して果てた。
1190年、頼朝は上京し、後白河法皇と対面した。後白河法皇は老いを感じさせるうつろな目で頼朝を迎えた。その一年あまりの後、後白河法皇は亡くなり、頼朝もその7年後に死んだ。そして頼朝が開いた幕府が滅んだ後の足利の世となって清盛が目指した国と国との交易が行われるようになった。

そして、海の中を落ちていく宋剣がある。その剣をつかんだのは、若き日の清盛だった。清盛は兎丸(加藤浩次)の声に導かれ、海の中にある館に入っていった。すると清盛の前に平家一門が笑顔で待っていた。「海の底にも都はありまする」、時子の声に振り向いた清盛は、夢中で遊ぶ子どものような笑みをたたえていた。
<完>






脂肪フラグが立ったと同時に生霊になる・・・ってのは
何度も出てきたシチュエーションですね

かなり前半で清盛がばったり死んでしまったんで
この後どう演出するやらと思ったら

なるほど、平家滅亡の様子を駆け足で
でもって、幕府を開いた頼朝の前に今度は西行に憑依して登場・・・ですか

まさかここまで西行を引っ張るとは思わなかったけど
北面の武士仲間のよしみ・・・ってぇ感じだったんですかね

平家滅亡の顛末はかなり駆け足ではありましたが
最近の大河ドラマが主人公の死後を描いてないことも多く
江に至っては劇中で死んですらいないという中途半端さに比べれば
後世にもたらした影響も含めて描いたのは良かったんではないでしょうか

頼朝のモノローグで後白河法皇に対して「私との双六はさほど面白くなかったようで」
のくだりはちょっとニヤリとしましたが・・・・・・・・
それならばもっと後白河法皇とのライバル関係をがっつり描いて欲しかったなぁと
残念っちゃあ残念だとしみじみ

義朝とのライバル関係と後白河法皇とのライバル関係
どちらかに的を絞ってしまった方がきっと面白かったんだろうになぁ
なんて思っちゃいました

ラストシーンはまるでタイタニックを髣髴とさせる演出
個人的には好きなんですけどね

ただ、それなら義朝や忠盛・明子も登場させてあげてぇぇぇ!
と思ったのは私だけでしょうか


ともあれ1年間出演者の皆さんも制作スタッフさんもお疲れ様でした
残念な部分はもちろんあれど、楽しみに見ていたことは間違いありません

年明けは「八重の桜」
当たらないと言われた幕末物
「篤姫」の二匹目のどじょうを狙えるか???












にほんブログ村のランキングに参加中です
ポチっとして頂けると非常に嬉しいです♪
↓  ↓  ↓  ↓

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村ちなみに自作バナーだったりw



web拍手
お礼は10種(既出イラスト+新作1枚)


ニコ動入り口ニコニコ動画入り口






Last updated  Dec 25, 2012 01:16:38 PM
コメント(2) | コメントを書く
[ドラマ感想] カテゴリの最新記事

PR

Calendar

Archives

Category

Profile


てんぽ〜

Comments

あみりん9129@ Re:「きのう何食べた」やっべぇ、キュンキュンする(04/08) 「きのう何食べた」私も観ました。 よしな…
てんぽ〜@ あみりんさんへ シャムの血が・・・・? だったら良いなぁ…
あみりん9129@ Re:我が家に出入りするにゃんこ(09/08) グレちゃん可愛いですね。 シャム猫とかの…
てんぽ〜@ あみりんさんへ いえいえ、そんなにやってませんよーーー…

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.