000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

神戸観光・ユニバ おすすめランキング

2002年11月04日
XML
カテゴリ:海外旅行記
ケアンズ観光
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

    ケアンズ旅行記 1日目前半

      スカイレール・キュランダ観光

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

●飛行機での移動
●JTBのラウンジで
●スカイレール
●ランチ
●レインフォレステーション


★飛行機での移動

 先週就航したばかりの オーストラリア航空で
20時30分発で関空から出発しました。
機内に入るとオーストラリアの男女のスチュワーデスの方が
出迎えてくれました。(日本人も1人いました)
みんな背が高く、男の人は体格がすごいいいのに
驚いてしまいました。

フライトは7時間30分で
ケアンズには時差が+1時間なので
現地時間早朝5時着です。

ほとんど寝る時間がないのに
機内食サービス(晩ご飯)が とっても親切丁寧に
配られてくるので 配られ始めてから
僕が食べられるまで1時間も待って
すでに23時近くです。ぺろり
チキンカレーはあつあつで とってもおいしくて良かったです。

ほとんど海の上を飛んでいるので
夜中だと何にも見えません。
着陸目前になって、ほんのりと 街の明かりが見えました。

ケアンズ国際空港に着くと
入国検査で1時間ほど待って
そのあと、JTBの人が迎えてくれました。

今回は、JTBのツアーで飛行機とホテルは予約しました。
オプショナルツアーは全部現地申し込みです。


★JTBのラウンジで


空港からほんの15分ほどで
ケアンズ市内の中心街にあるJTBのパラダイスラウンジに
着きました。
ここで色々な注意事項や説明を聞いたり、
たくさんのクーポン券をもらいました。

早速オプショナルツアーの申し込み!!
時間はすでに7時30分を回ってます。

今日はキュランダ鉄道に乗りたいので
急いで申し込み。
行きがキュランダ鉄道のツアーは
さすがに電車出発の1時間をきっていたので
現地 スカイレールツアー会社で申し込みました。
当然日本人ガイドはなしです。
でも、その分日本人ガイド付ツアーより
1人3000円ぐらい安かったです。スマイル

近くにあるオーキッドプラザ という
お店がたくさん集まった場所のカフェで
モーニングです。
久しぶりの英会話。無事に通じて
とっても大きなサンドイッチを食べました。

ツアー集合の時間になったので
ケアンズインターナショナルホテル前で
待ってました。

オーストラリア人のガイドに連れられて
いよいよスカイレールです!!


★スカイレール

 町中から走ること約15分。
周りは畑と海、山しか見えないのどかな道を
走って山のふもとにある
ゴンドラ(スカイレール)乗り場につきました。
スカイレールは、世界最長の7.5kmもある
ゴンドラです。


カラボニア駅
情報

乗ると すぐに眼下には グレートバリアリーフの
美しい景色が見えてきました。
快晴なので、ものすごい いい眺めで
めっちゃ感動です!!


しばらくすると、真下には 見たこともない
木や草がたくさん生えた 原生林が見え
鳥や動物の声が聞こえてきました。

気がつけば、1つめの駅に到着です。
ここでは、原生林の中を歩くことができます。
英語のガイドさんが色々説明してくれますが
全然分からないので、勝手に原生林の散策です。

木にたくさんの他の植物がひっついている不思議な植物など
(バスケットなんとかっていうらしい)
不思議な世界でした。
遠くに見える山々もとってもきれい!!

レッドピーク駅の写真&観光情報

再び乗り込むと
急に視界が開け、目の前には全て原生林で囲まれた
ジャングルと山しかない世界が広がっていました。
ほんと大陸ってすごい!!

どこまでいっても、ジャングル!!
しばらくすると、遠くにキュランダ鉄道が
断崖絶壁のガケに沿って走っているのが見えました。
昔の人は、あんなところを手作りで鉄道を通したんだと
思うと、たくさんの方が亡くなったのも、分かります。

次の駅は
バロン滝が見える駅です。
ちょうと崖の反対側には
キュランダ鉄道の駅があり 列車が止まっていました。



滝を見に行くと、たしかにすごい落差で
巨大な滝!!
でも、水が少ない。チョロチョロ・・・・。
長い乾期が続き、もうすぐ雨期っていう時期に行ったので
ケアンズは水不足なんだそうです。

日本も水不足で 川の水もあまり流れてないけど
ここに来てまで・・・。
ちょっと残念!!
でも、水がなくても、巨大な山、崖、木々で
感動!!
あとで、水流が多いときの写真を見て
怖いくらいの水量でびっくりしました。
はっきりいって しゃれにならないほどの
洪水です。びっくり
こりゃ ケアンズの街も浸水するわぁって
思いました。

バロン駅の写真&観光情報

最後のスカイレールに乗って
美しいバロン川を見ながら
キュランダに到着です!!

★ランチ

でも、途中あまりにのんびり景色を見てたので
時間がない!!

すぐに近くのステーキ屋に入ってランチです。
英語で必死に、時間がないから早く焼いてって
お願いして、急いで作ってもらいました。

さっかくプールもあって、おしゃれな音楽もかかり
野鳥も飛んでいる いい雰囲気の店なのに残念!!

出てきたランチは1000円もしないのに
大きな皿からはみ出るほど 大きなオージービーフでした。
こんなん時間があっても 食べられへんでぇって
びっくり量でした。野菜もすごいたっぷりで ポテトまであるし。

でも、めっちゃ必死に食べて、嫁の残した分まで
食べた時には、僕ってさすが 大食い(///∇///)
って 思ってしまいました。
(さすがに筋の部分とか堅いとこは残しましたが)

★レインフォレステーション

急いで次の集合ポイントへ!!
いよいよキュランダの見所
レインフォレステーションへ出発です。

外人さんばっかりのバスに乗って
約10分。すぐに着きました。

ここからは外人さんと団体行動です。
何を言ってるかほとんど分からない説明を聞きながら
コアラとご対面です!!

子供のコアラもいて とってもかわいかったです。スマイル
本当は有料でコアラと記念撮影をしてくれたんでしょうが
なんせ英語。ワケが分からず次の所にいってしまいました。

こんどは、ワニ!!
4mはあろうかという巨大なワニが
オヤスミしてました。
ゴツゴツした体。巨大な歯。力強そうな腕と足
襲われたらひとたまりもありません。
せっかく寝てるのに、シャワーをかけて
起こしたりするし!!

写真撮影も、手を食べられないように注意して
行います。しょんぼり

デンジャラスゾーンを抜けたら
今度はかわいいカンガルーのエリアです。

直接触ったり写真をとったりできました。
ぴょんぴょん飛び跳ねる姿がとってもかわいく
親カンガルーの袋にある おっぱいを吸う子カンガルーの
愛らしい姿を見ることができて とっても良かったです。

他にもヘビや、ウォンバットなど色々な動物と
触れあうことができました。

レインフォレステーションの写真&観光情報

その後は、アーミーダックツアーです。
日本のツアーとは違い
ジャングルの中に第2次世界大戦で使われた
水陸両用戦車のツアーとアボリジニーのダンスを
両方楽しむことができます。



ノリのいい運転手さんに連れられて出発です。
ジャングルの道は、戦車1台の車幅ぎりぎりしかないので
ちょっとでも手や体を出すと ムチ使われる草や
木にぶつかって危険だというのを実演してくれたり
コショウの木や、植生植物など 色々な植物を
紹介してくれました。
ほとんど英語でしたが、重要なとこは
日本語の単語で説明してくれて良かったです。

途中で、なんと沼地へ突入。
ここでは、一番後ろに座っている日本人の10%が
沼に落ちるそうです。
(日本人がカメラや写真に夢中で
世界で一番たくさん落ちるそうです)

落ちた時用の救命胴衣の説明までされてしまいました。

沼地を戦車で進むのは、スリリングでとっても楽しかったです。
美しい蝶も舞っていました。

アーミーダックツアーの写真&観光情報

この続きは
星アボリジニのダンス・キュランダ鉄道


ケアンズ観光ケアンズ地図

ケアンズ観光口コミ






最終更新日  2014年03月21日 07時09分42秒
コメント(0) | コメントを書く
[海外旅行記] カテゴリの最新記事

PR

日記/記事の投稿

サイド自由欄



USJ混雑カレンダー・攻略法
USJ混雑カレンダー・攻略法のまとめ




混雑予想。アトラクションなどを楽しむ攻略法







USJチケット・年間パス

USJ格安チケット、年間パス


あなたに合ったチケットの種類と
特典情報






USJの最新情報

USJのプレスリリースや最新ニュース
開催中のイベントなど


ディズニーランド

ディズニーランド攻略法



ディズニーランド・ディズニーシーの攻略法のまとめ




おすすめホテルランキング・格安ホテル
おすすめホテル





京都観光おすすめ50選


京都観光のおすすめスポットをまとめました。




神戸のイベントや最新のニュースをチェック


USJの最新ニュースをチェック

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

コメント新着

 (^ω^)@ だいすけお兄さんの世界迷作劇場 のだこころ(07/26) こちらは兵庫県姫路市ですが、8/3にコンサ…

カテゴリ

バックナンバー

2017年06月

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.