427737 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

高知に自然史博物館を

高知に自然史博物館を

【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile

rhyssa05

rhyssa05

Freepage List

Archives

April , 2024
March , 2024
February , 2024
January , 2024
December , 2023
November , 2023
October , 2023
September , 2023
August , 2023
July , 2023
November 13, 2013
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
 福島県は,なぜ住民にヨウ素剤を配布しなかったのか? 朝日新聞の記事「プロメテウスの罠」から,経緯を追ってみよう.

 福島県立医大では,職員やその家族,福島県の住民にも,ヨウ素剤を配付しようという動きが強まっていた.しかし,それを止めた要因が2つあった.1つは国立(独立法人)放射線医学総合研究所(放医研)から「ヨウ素剤を使うな」という指示があったこと.もう1つは,福島県立医大から請われて福島入りした山下俊一氏が,ヨウ素剤の使用に反対したこと.

 放医研からの指示は2011年3月14日に出されている.国や県の指示がない状態で飲ませるな,という趣旨だった.実際に国や県は指示を出さず,それでも飲ませた自治体は「勝手に飲ませた」と批判された.今年(2013年)6月の取材に対し放医研の明石真言氏は「いま思えば,飲ませればよかった」と言っている.「あのころは自衛隊へのヨウ素剤服用指示や,傷病者の受け入れなど対応すべきことが多くて...」(「プロメテウスの罠」2013.11.10の記事).

 耳を疑うような理由だ.現場が自発的に動こうとしているのを差し止めた.その理由が,自分は忙しかったから? 「今から思えば」ヨウ素剤を飲ませれば良かった???

 そして山下氏だ.福島入りした当日の講演で山下氏は,ヨウ素剤は不要であると述べた.福島の汚染状況はヨウ素剤を必要とするほどひどくないし,住民が放射性ヨウ素を取り込む確率も低い.そのうえヨウ素剤の服用マニュアルには適切でない箇所がある.

 この講演が3月18日.それでも現場の医師や薬剤師は,住民にヨウ素剤を飲ませる方法を検討していた.たとえば子供にはジュースに溶かして飲ませる等々.しかし3月19日,山下氏はこれにストップをかけた.このときの理由は,(1) 原子力安全委員会のマニュアルから逸脱する(つまり国や県からの指示がないので飲ませてはいけない),(2) 服用量を誤る危険があり,また副作用が出た場合に対応困難,(3) 飲み物と混ぜた場合に効果があるか不明,というものだった(「プロメテウスの罠」11月8日の記事).

 放射能汚染はさほどひどくない.飲ませるほどの必要性はない.前日にはそう言っていた(上記).一夜明ければ,この主張が消えて,代りに (1) つまり「お上に従え」論が登場.(2) は前日と同じ趣旨でしょう(マニュアルの不適切).(3)は付け足し,こじつけ.

 「プロメテウスの罠」11月9日の記事では,記者は山下氏に質問をくり返している.「福島に入ったときは情報がなかったんです」云々,と山下氏.いろいろ言っているけれど,支離滅裂と言ってよい.これ以上ここに書くのもスペースの無駄というもの.

 私の意見も書いておこう.
 「国や県から指示がないのに実施してはいけない」だとか,「副作用が出たらどうする?」だとかは,それなりに正しい判断である.もし山下氏が一介の役人であれば,である.役人は指示されないことを勝手にしてはいけないだろうし,あとで責任をとらされるような事はしないものだ.しかし人々が山下氏に求めたのは,そういう姿勢だったのだろうか?

 お役所の日常業務の話ではない.状況は非常時.そのために遠路はるばる招聘された専門家だ.最初は専門家らしい意見を述べた(ヨウ素剤不要論)が,翌日には一介のお役人並みのご意見に退化した.こういう当たり障りのない判断で通用するのなら専門家は不要だ.下世話な話だけれど,山下氏がこの役職で手にする報酬は,その程度の額なのだろうか.

 常識的な役人業務ではなく,専門家の専門家たるゆえんを示して欲しかったと思う.





お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

Last updated  November 14, 2013 07:35:31 PM
コメント(0) | コメントを書く


Calendar

Favorite Blog

まだ登録されていません

Comments

背番号のないエースG@ Re:キットカットチョコレートの物語(07/29) 「風の子サッちゃん」 ~ Tiny Poem ~…
矢野 環@ Re:フグの川登り(03/02) フグ を 河豚 とかくのは、中国での文…
通りがけ@ ◎上杉鷹山公「参姫への手紙」  あなたはまだ稚(おさな)いので、人々…
通りがけ@ ◎上杉鷹山公「参姫への手紙」 別途述べた上杉鷹山公が隠居後に江戸屋…
通りがけ@ ◎上杉鷹山公 山形県にある日本古来古武術空手道場和道…

Headline News


© Rakuten Group, Inc.