452562 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

とはずがたり

PR

プロフィール


アラネア

カレンダー

カテゴリ

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2019.05.20
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類

​​ ​​​​​昨日、退院した母の事が心配なので
午後施設に行ってみました。
​すると、母はいつもいる食堂兼ホールにはいなくて、
看護師さんのお部屋のベッドに寝ていました。

まだ微熱があるとかで・・・
食欲もないそうです。
熱をはかってみると7度4分でした。
もう少し入院していた方がよかったのか、点滴していた方が
良かったのかと少し後悔しましたが・・・・

ケアマネさんが母が使ったトイレを徹底的に除菌するように
職員さん達を指導していました。
仕事が増えて申し訳ないなぁと思います、

23日には外来受診をするので・・・
菌がなくなっているといいけど・・・
病院に逆戻りがない事を祈ります。

ベッドに寝ていた母は私を見るとニコニコして顔色はよかったです。
以前より良くしゃべります。

看護師さんが、コーヒーを運んできてくれたり
ポカリスエットを運んできてくれたりするのですが
口に合わないようであまり飲みたがりません。
おいしい飲み物をくれないからか、看護師さんの事を
「あの人達は仕事ばかりしているから、家事ができないのよ~」
と失礼な事を言ってほんとに申し訳ないです。
「そんなことないよ。おうちの事もやってお仕事もして
大変なのよ」とフォローしておきましたが・・・ほえー

機能訓練士さん(女性)が来たので、病院でのリハビリの事などを
報告しました。
母は機能訓練士さんが若いのでかわいいらしく
「あんまりがんばらないでちょっと力を抜くのよ~」などと
一生懸命アドバイスしていました。

ケアマネさんも来て
「私はどうしたらいいでしょう?」というと
「あなたは、何があっても普通にしていたらいいのよ、
なんでも自分がやらなかきゃ!と思わないで・・・」

母って人の事をよく見ているなぁと感心しました。
ケアマネさんはとてもまじめで完璧主義なのかも・・・
そしてすごく心配性なのでそれが顔にすぐ出る気がします・・・

母はさらに「みんなでいると段々イヤだなと思う事もあるでしょう。
そのときはそっと『そういうところイヤよ』と言ってあげた
方がいいのよ」などと言っていました。
83歳まで働いた母の経験から・・・なのか。

すると施設長さんがやってきて、
「私はわかりますか~?」と言うと母は

「あら、ボク~」と言ったのでみんなで大笑いでした。

母にとっては施設長さんも「ボクちゃん」なのですね(笑)

ボクにはね、教えて頂く事がたくさんありますよ。
娘にも教えてあげてね」と言っていました。
施設長さんが
「娘さんにはいつもこちらのお願いした事を
すぐに実行していただけるので、とても感謝しています」と
おっしゃってました。

母が随分おしゃべりになってびっくりです。
ケアマネさんが感動して涙ポロリでした。
母がケアマネさんの事を「私と同い年よね~」というので
「すみません、すみません」とペコペコしました(笑)

 施設の方達とグッと親密になった気がます。









最終更新日  2019.05.20 00:52:58
コメント(0) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.