654294 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

運命館~階~ (Kizahashi)

PR

X

Profile


峰絵佳

Calendar

Archives

2021.03
2021.02
2021.01
2020.12
2020.11
2020.10
2020.09
2020.08
2020.07
2020.06

Freepage List

Category

Favorite Blog

ネットで月収100万円… 田舎の満作さんさん
あららっ?うちの子… よっしー705さん
子だくさんの日常&… 高山花子(仮)さん
【にこ道】人とうま… 下玉利 忠さん
フランボワーズの部屋 フランボワーズ5352さん
バーチャルインター Mrs Tanakaさん
サプリでundeu… pecoleeさん
お葬式の表舞台&裏… ♪YAMA♪さん
龍馬がゆく 神田龍馬さん
aromafanヤ… aromafanヤスミンさん
2008.04.11
XML
【今日のテーマ】離れた親を思う子の心


※今日もポチッとワンクリックよろしくです~♪
 ・・→ 人気blogランキング


私は1歳で産みの親と別れたので
成人して向こうから連絡が来るまで
顔も知らないまま育ちました。

継母と暮らすようになってから
やはり辛かったこともあり
産みの親と暮らしていたら
こんな思いはしなくて済んだのにと、
泣いてしまうことも度々ありました。


ところが、成人してから産みの親と逢ったとき
とてもショックを受けました。

なぜなら、私が思い描いていた母親像とは
まるで違う人だったからです。

テレビ番組で見た、長い間どこにいるのか
わからなかった親子が対面するシーンは
とても感動するものでしたが
私の場合、それとは大幅に違いました。


この母親に育てられなくて良かった。

冷たくて厳しくて、意地悪をされたけれど
継母の方がマシだった・・。


悲しいけれど、それが出会ったときの
正直な気持でした。


親子が離れて暮らさなければならないというのは
悲しいことです。

できることなら、
親子揃って暮らすことが一番です。

けれど、私のようにショックを受けるなら
一緒に暮らしていたほうが、離れて暮らすより
残酷な暮らしになっていたのではないかと
思えてきます。


産みの親と離れたことは
天が与えた試練だと考えていた私ですが
実はそうではなく、天が与えてくれた
私にとってよい道だったとわかったとき、
それまで親を思い泣いていた自分が
なんだか馬鹿らしく思えました。


親と離れて暮らしている子にとって
親に逢いたいという思いは
捨てることができないことでしょう・・。

けれど、残酷ないい方かも知れませんが
私のように親と離れていたほうが、
子にとって幸せなケースも存在するのです。


私は、どんな人にも天はその人にとって
よりよい道を示してくれると信じています。

天は決して私達を不幸にしようなどと
考えているわけではありません。

何の因果か親子が離れて暮らさなければならない
現実というものは、実は親子共を救うために
天が与えてくれたよりよい道なのかもしれません・・。



※まだの方はポチッとお願いいたします。
   ・・→ 人気blogランキング
********************************************************

 □初めてこのブログにお起しいただいた方は、
  申し訳ありませんが、波乱万丈な私の過去を綴った
 『峰絵佳物語』からご覧下さい。m(_ _)m

 □お悩み相談、人生相談、運命鑑定のご用命はこちら
   ご案内しております。
  
 □峰絵佳@妙慎へのメッセージはこちらから・・→ 「闇コメント略して闇コメ」 

 □携帯からご覧の皆様、闇コメは下記へお願い致します。m(_ _)m
  infoアットマークunmeikan-kizahashi.com
     ↑@に変えて入力してね。

 □携帯版運命館~階~HPはこちら

  携帯版 運命館~階~
   http://ip.tosp.co.jp/i.asp?i=unmeikan_kizahashi


  ※申し訳ありませんが、個人的なご相談は
   鑑定のご依頼という形でお願い致します。m(_ _)m
   闇コメからお送りいただきましても、お返事できません
   ので、どうぞご了承下さいませ・・。m(_ _)m

*********************************************************


【妙慎のつぶやき♪】

   産みの親と逢ってショック受けた私ですが
   今はそのような気持も無くなりました。

   私をこの世に産んでくれただけで十分だと
   思えるようになったからです。

   今は命をくれた親に、心から感謝しています。



  ※まだの方はポチッとよろしくね。(#^.^#)/
   ・・→ 人気blogランキング

  ※峰絵佳へのメッセージ、ブログの感想、お問い合わせは、
   「闇コメ」又はトップ画面左下にある
   「mail→メッセージを送る」からお願い致します。m(_ _)m


  ※サーバーの不具合とウイルスソフトの関係で
   メールが不着になったり、削除されていたり
   しているようです。闇コメ、お問い合わせなど
   送信いただき2~3日経っても私からの返信がない場合、
   ご迷惑をお掛けして申し訳ありませんが
   再送していただきますよう、お願い致します。m(_ _)m

【こっちもよろしく!】

  うちのスタッフYAMAさんのブログ♪ ←気づいたら春になっていた。
**********************************************************








Last updated  2008.04.11 20:41:43
[見えない世界のマメ知識] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2021 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.