000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ららのミラクルな毎日

全28件 (28件中 1-10件目)

1 2 3 >

不思議な話

2012.01.10
XML
カテゴリ:不思議な話
「ボクは死んでいます。探して下さい」との電話の話
ここを読んで下さい。

昨日のこと、このようなことになりました。
Ureの盛岡snsに載せてあります。

あなたの首にはネックレスのチェーンがありますか。
たとえばその小さな小さなクサリが私で、あなたです。
つながってつながって、世界は出来ています。

愛のチェーンが繋がる世界になっていきたい…と思います。






Last updated  2012.01.10 10:00:54
コメント(3) | コメントを書く


2011.12.10
カテゴリ:不思議な話
とっても不思議な話をします。

私がいつも飲んでいる田野畑山地酪農牛乳には
毎週の配達にお便りが付いて来ます。
吉塚さんの長男公太郎くんの話が書いてありました。

酪農の山地酪農牛乳は高い山の上ですから津波に襲われることは無かった。
しかし、田野畑の被害は大変なものです。
公太郎くんたち兄弟も毎日ガレキの撤去からご遺体の安置まで
寝る間も惜しんで働いていました。

疲れきった日々のある夜
公太郎くんは夢を見たそうです。
それは普段の夢とは異なるものとすぐわかったそうです。

男の子からケータイに電話がきました。
「遅い時間にすみません。
ボクは津波で死にました。
行方不明です。
ボクを探してください。
ボクは陸前高田の○○○○○という建物と○○○○○という建物の間の土の中にいます。
ボクを見つけて下さい。おねがいします」という男の子の声が聞こえたそうです。

私はそのお便りをmisaoさんに見せました。

そしたら今朝、友人で、三陸に灯りを灯す運動をしてるmisaoさんからメールあり
「高田にいます。あの男の子が気になっています。」
田野畑の吉塚公太郎くんに繋げました。
misaoさんは今、灯りを灯すため3つの小学校にいます。
もしかしたら
その男の子に繋がるかもしれません。

もし繋がらないとしても
男の子を想う気持ちが繋がれば
冥福を想う気持ちが繋がれば
きっとそれでいいのではないでしょうか。






Last updated  2011.12.10 14:57:29
コメント(7) | コメントを書く
2011.07.19
カテゴリ:不思議な話
私って、なにを経験してもなにを見ても
なにかこう、真実味を感じないというか

悲しいというか楽しいというか

深刻さがまったくないという感じなのかもしれません。


あの大黒さんが

子どもがひん死の重傷で生命の危機の時
生命が戻って来た瞬間、子どもの身体が全身ビクっとベッドに沈んだように見えた
と言っていましたね。
その時に自分の妹がいたんだそうです。

妹はその土地の富豪の家に求められて嫁いでいたのですが
何年も子どもが生まれないので
どうしようか、申し訳ないので家に帰ろうかなど
話していたのだそうです。

その時に大黒さんの息子の意識がこの世に戻ったのですからね。

息子が
「パチンコの玉がない、ない」と探していて
「天国でパチンコで遊んでた」そうなのですが

そして
「あれ、おばあちゃんが一緒にきたはずだ」

と言ってたそう。

大黒さんはその時
『妹の話、聞かれちゃったか』と思ったそうです。


…………そうその通り
長年不妊で悩んでいた妹さんが妊娠のしらせが。

そして生まれたのは、
おばあちゃんの命日と同じ日だったそうです。


ま、こんなように、
すべてすべて、ひとつ上の階層の部分
またその上の階層の部分があって
私たち生きてますから

あせったところで意味も無く
困った所で救われる

そんなことになっていますから
やれるだけやったら
安心して死ぬわけですから
思い切って楽しく努力して行きましょう。

とそういうわけのようです。







Last updated  2011.07.19 22:34:35
コメント(2) | コメントを書く
2010.11.02
カテゴリ:不思議な話
浅草の浅草寺は、山の名は「全龍山」と言います。
有名でしょうが、ここのおみくじにはちゃんと「凶」とか「大凶」があるんです。
心臓が弱い人は引けませんよね…

あれは12~3年も前の話。
Ureは初めて浅草寺で「おみくじ」というものを引きました。
気軽な気分だったのではないでしょうか。

出たのは「大凶」………

その時に私のとった態度は…「おみくじなんか!」ですよ、まあ。
神様の前でよくそんな態度を取ったもんです。
そして再度引いたら「吉」…まあ、あたりまえです。

そしたらですよ。
その年、人生最悪の年を迎えてしまいました。
ほんとです。

盛岡に帰り、夜中に救急に駆け込んだのは十数回です。
一番悪いクジを引かされちゃったのはムスコです。
毎回付き添っていったので、最後はゲームを持って行ってました。
病院の救急でも特に異常なしが続いて、
母親がまるで「オオカミと少年」のようだったんじゃないですか。

その時、ふっと気がついたのが「おみくじ」!

(あの時は、信じていないのではなくて
 ただ焦ってしまってああいうことをしちゃったんだよね~
 早く謝りに行かなくちゃ!)って。

それから、東京に来るたび、浅草の浅草寺にお参りするようになりました。

それでもやっぱり「おみくじ」を頂くところまでは行きませんよね。

それが、昨日の浅草でなんのてらいもなく
「おみくじ」を頂きました。

「最高の吉」を頂きました。
その中に書かれていたのは

●千万人の中の優れた人を生む夢を見るのは仏の加護を得て、幸運の暗示です。
(私はブッダを生んだ夢を見ました。それも脇腹から。腕のつけねがフリルのようになって)

●今の幸福が以前の我が身と比べてしんじられないことでしょう。
(そうだと思います)

そうしている間に、東京の友人のブログの浅草寺の神秘をみるにつけ
天井の龍の絵
日本という国は神様それも龍神の国である。
これを忘れたら、私が経験したように
この国がひどい経験をすることになるのではないかって。

この国はどんなへんぴな隅々まで、神社仏閣が建てられて守られて来たんじゃないかな。
それを忘れていませんか。

きっとそういうところに危機感が忍び込んでいるのではないかな。
ちいさな祠、古い祠も、大事にしようよ、きっとそうなんだよ。


おまけのらら漫はCATSでスヤスヤ






Last updated  2010.11.03 00:46:08
コメント(1) | コメントを書く
2010.06.22
カテゴリ:不思議な話

荒俣宏・高橋克彦の岩手ふしぎ旅


未知なる岩手、再発見!として、博物学の大家である荒俣宏先生とミステリー作
家の高橋克彦先生によるミステリアスな歴史探訪。隠された岩手のスピリチュアル
な深淵に迫る内容。

岩手県が絡んで作ってるとこがどうなんだろう~
私もこれから買うとこなんですけどネ。

取材先 岩手県内各地
盛岡大仏、烏帽子岩、三ツ石神社、十六羅漢、五百羅漢、志波城跡、五郎沼、樋
爪館跡、陣が岡、厨川の柵、達谷窟、毛越寺、中尊寺、黒石寺、遠野、カッパ淵、
丹内山神社、成島毘沙門天、天台寺、二戸、浪打峠、九戸城跡、御所野遺跡など

もちろん、ここいらは確かに変なとこだけど…ねえ。

ゲゲゲの女房もタイミングばっちりですね。
遠野物語のカッパ淵など……………………ゲゲも描いてます。






Last updated  2010.06.23 01:44:22
コメント(0) | コメントを書く
2010.05.23
カテゴリ:不思議な話
すべての事がメッセージなら
私は受け止めたい。
決して忘れられないこのこと。

なんども登場して
最後はどうなるの?というバラのお話。

決.jpg

4/28にプレゼントされた一輪のバラ。
立ちながら徐々に徐々にドライフラワーになっていきましたね。

はさみを入れたとたんはらはらと花びらが取れて行き
真ん中の秘密のお部屋にも(枯れ)は忍び寄っていました。
そこは開かずの間…そっと。

メッセージ、わすれないよ。
約一ヶ月近くのバラの天使のストーリー

baraTEN.jpg
ばら天「いい湯だな」






Last updated  2010.05.23 22:05:54
コメント(0) | コメントを書く
2010.04.08
カテゴリ:不思議な話
昨日の続きです…

朝から夜まで、あばれることしかできない子が
やっと疲れてくれて…
怖い事言ったんです…って、グリーンさん。

「おかあさん、ボクのなかに悪い人がいる」って

「楽しく遊んでいるのに、
急に、みんなが不幸になればいいってささやくんだよ」って

ああ、そう。
だれでもそんなふうに心がささやくことってあるんじゃない?って
言いました。

Ureさん
「彼、クルマがすきなんだよね。
人間ってさ、クルマと同じなんだよって言ってあげて。
アクセルとブレーキがあってさ、
だれでも、スピードが出過ぎないよう
曲がり角や
急にだれかが飛び出して来たり
そんなとき
みんなブレーキかけながら運転するんだよって。

だれでも同じ
アクセルとブレーキ
うまく使って人生、生きてるね。

ママの人生と
子どもの人生は違うけれど
時々一緒に走ろうよって
言ってあげて。

この世のたいせつなひととき、楽しんで。






Last updated  2010.04.09 00:57:43
コメント(2) | コメントを書く
カテゴリ:不思議な話
さて、夕べの続きですが

6.jpg

ここからですね。

グリーンさん、素敵なママです。

家庭内暴力って、その子の脳の障害だったりするじゃない?
だけど家庭内で解決するしかない……
ママは自分の責任を負うしかない……つらいよね。

そこで限界を超えてしまい
グリーンさんは死のう、と思ったんだって。

さすが主婦!
ではその前に家の中をきれいに片付けなきゃ、と思ったんだって。

とにかくすべて洗おうと思って
洗濯機を回して、それをマンションのベランダに干そう、と思ったとき

(洗濯物持った自分をグリーンさんが描いてます)
1.jpg

バっと大きなひかりに包まれて
自分の体なのに(洗濯物もったまま)重力がなくなった感じ
足がゆびさきがだらんと下になってるし
そう、物体ではなくなった感じだったそう。
で~
あはははって笑っちゃったんだって。

3.jpg

その包まれた光がパーンってなくなり、
その時
「生きて行ける」ってシュル~ンと
彼女の言葉『インストールされたという言葉が近いです』って。

光を見たとか
光に包まれたとかの体験はよく聞くけど

そうなんだなあ…

2.jpg

ひとりひとりは役割が違ってこの世にいるけど
その光につながってるコードを持ってここにいるらしい。
それはみんな違ってて、国とか地域とか伝統とか、すでに継承している感覚
わかりやすい感覚で現れる………

で、もひとつ

5.jpg

地球上の質量はプラスとマイナスで均衡を保ってるので
プラスだけではなく
マイナスだけでもない
両方同じ。

これはフラクタルという考え方で(調べてみてね)
狭い範囲でも大きな範囲でも同じこと。

地球上にはプラスもありマイナスもある…これが当然であると
平和があり争いがある…それが三次元での地球。
人生もそう

だから!
マイナスだらけの人生はない。

いままでマイナスばかりだから死んじゃおうってのは
どうやら、かなりもったいない話らしいよ!(^^)

また話すね。







Last updated  2010.04.08 11:38:25
コメント(2) | コメントを書く
2010.04.07
カテゴリ:不思議な話
Ureさんに関わる不思議さんのトップが宇宙人Qさんだとしても
次々に現れる異次元の方々のおひとり。

あのわずか60数年前に行われていた太平洋戦争…
あの時に日本軍に南方の戦地に連れて行かれた方々、

ニューギニアでほとんど戦死された方々の中に
すばらしい歌手がいたこと、知ってる人はいないと思っていいと思う。

日本の大勢の若者が戦地へと行った日々があるんだよ。

これ覚えていた方がいいと思うんだ。

その歌手だった若者が
自分も傷つきながら傷ついた兵士に歌を歌って慰めていたんだ

「カナリヤの歌」
歌を忘れたカナリヤは……

実は
この亡くなった歌手がある人の中でずーっと生きていることを
Ureさん、聞いてる…
その方は大企業の重役さんでもあるんだけど

なぜか不思議な話をしてくれたんだ。
50年ずっと、
私は彼であり、自分は自分なんです。

(確かに遺影を見ると二人はそっくり)

生まれ変わり?
ではないと思う。

彼自身と亡くなった兵士の歌手が対話をしそれを録音したMDを
昨日頂いたんだ。

実際にこんなことある。

そして彼はこのことを
ひっそりとして置きたいんだ………………
だけど、今この時期に、内なるもう一人の彼が伝えたいことが
きっと、この世にあるから
私にそれを渡してくれたんだろうな…って。






Last updated  2010.04.07 08:29:58
コメント(2) | コメントを書く
2010.02.25
カテゴリ:不思議な話
エジプトのようなそういう王家な感じ…

相変わらず14歳

私は4人の兄の後に生まれた妹なので
それはもう父母、周囲の溺愛の中で育ったようです。

今ですか、今は私は14歳。
父はファラオ、王様です。母は王妃。
一番大きい兄は24歳、次が21歳、19歳、16歳の4人の兄。
みんな大好きだけど、二番目の兄が一番好き。

夜以外は、とにかく私の身体を奇麗にしてくれるだけでもう大変なの。
エジプトには水もたっぷりあって
朝目覚めたら、まず屋外の朝風呂。
太陽の光を浴びながら沐浴がいいんですって。
薬草やお花が入っていてそう、今で言うハーブ
それに入れてくれるのは女官たちで4.5人いるの。
そのあと、ベッドの上でオリーブでの全身のマッサージ。

それが12歳くらいからだから
お役目とはいえ、女性はたいへんなのね、って思いました。

そして毎日髪のお手入れ
輝くようにしなければならないの。

これから死ぬまで毎日、美しくなって美しいものを身につける
兄たちをこの上ない幸せにすることが神様から与えられたお仕事で
この王家ではそれが決まりなの。

この先は描写できず。
想像して下さい。…コンティニュー

kiokuno 1.jpg






Last updated  2010.02.25 21:03:58
コメント(0) | コメントを書く

全28件 (28件中 1-10件目)

1 2 3 >

PR


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.