000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

蒼穹中毒 ver.blog

PR

全40件 (40件中 1-10件目)

1 2 3 4 >

スーパーヒーロータイム(07年の日曜特撮)

2008.02.14
XML

□ 獣拳戦隊ゲキレンジャー 修行その49 「ズンズン!獣拳は、ずっと……」
 ついに最終回。なんだかんだ思いつつも全話欠けることなく見ることができました。途中何話かザビザビ現象に泣いたけど。しょぼん。


 「獣を心に感じ、獣の力を手にする拳法、獣拳」   お、最後もこのナレーションあるのかー。

 「獣拳には、相反する二つの流派があった」   え?

 「ひとつ。正義の獣拳、激獣拳ビーストアーツ」   おぉ?
 「ひとつ。邪悪な獣拳、臨獣拳アクガタ」   おおぉ?

 「二つの流派は一つに還り、最後の戦いが今始まる!」


 うぉおおおおおおおおおおおおおおおっ!!?



 このOPは卑怯すぎるwww
 1年間ずっと見てきた視聴者にとって、これは燃えるわー。

 5人一斉変身して、直後にジャンレツランがぶっ倒れたのには吹いたけどw
 ゴウとケンはやっぱり最後まで咬ませで終わってしまいましたね……。まぁ最初は3人のトライアングルの話だったから、原点に戻ったと思えば。

 それにしても理央の自爆がホントに無意味だったことが残念でならない。
 サンヨがいないのはロンが取り込んだからかよぅ。
 死なずに生きていて欲しかったなぁ、黒獅子とラブウォーリアー。

 夢の中の臨獣殿で最後の修行。三拳魔ここで再登場とは意外だった。
 ジャン=マク、レツ=ラゲク、ラン=カタは対応しているトライアングルで良し。

 最終決戦はいつもの廃墟で。マジレンやボウケンでもラストのほうはここで戦ってたな。電王でも何回か。こう頻繁に使われると見慣れてきて違和感を覚えてしまうのが残念。

 ラストアクションが映画と同じナイスコンビネーションで燃えた。これを毎回のようにやってくれたら良かったんだけどなぁ。TVのほうは個人アクションが多くて連携が記憶に乏しいのが残念。
 激気を注入伝導させるのがやっぱかっこいいッス。
 まぁ、これを頻繁にやってしまうと「フルボッコ」とか「イジメw」とかに見えてしまうかも。
 スーパーゲキレンジャーにならなかったのは過激気に特化した姿ではなく、臨気も融合した真の獣拳ゆえか。

 不死身のロンをどう倒すのかと思ったら、「慟哭丸」とは。
 あれですね。サイダイン登場直前あたりの話で七拳聖が巨大石玉にされた臨技ですね。
 まさかこれ使うとは思わなかった。伏線だったのか。
 意識はある(ようですな)のに何もできず何もない闇の中に永久封印とか、まさに生き地獄。それだけのことをされても当然と思えるロンの悪役っぷりが最後まで光ってたなぁ。
 それにしてもゴウ兄さん喜びすぎです。キャラちげぇw

 んでエピローグは旅に出るジャン。
 慟哭丸はアクセサリに。ゴリーに食われたりビリヤードされたりするよりはマシだろうてw
 レツとランはマスターとして新しい時代の子どもたちに獣拳を伝え、ケンは裏方仕事に。ゴウ兄さんはバエといっしょに自分探しとはまいったぜ。
 最後に転生した理央?が。いや年齢的にはありえないんだけど、こういうのは嬉しくなるね。できればグルグルの女の子といっしょに出てきて欲しかったw
 「 終 劇 」で完。香港の市街アングルが映画そのまんまだったね。

 中だるみがあったのとどう見ても臨獣殿側のキャラとドラマが濃かったせいで素直にゲキレンジャーを見れなかった点もあったけど、全体で見るとストーリーは一貫していて良かったですね。
 終盤のロンの見事すぎる悪っぷりと、47・48話の理央&メレが最高でした。これほどの悪役はなかなか見れないなぁ。

 次週からは新番組「炎神戦隊ゴーオンジャー」が。
 なんかすごい昭和っぽい雰囲気がしてるので楽しみです。
 デカ(不特定多数)、マジ(神の領域)、ボウ(複数の中規模組織)、ゲキ(主役食ってる)とわかりやすく定番な敵組織ではなかっただけに、ゴーオンジャーでは王道やってくれそう。
 ゴーオンイエローの子がツボです(ぇ






最終更新日  2008.02.15 00:15:33
コメント(0) | コメントを書く


2008.02.06

□ 獣拳戦隊ゲキレンジャー 修行その48 「サバサバ!いざ拳断」
 最終回前に主役が死ぬ特撮作品って龍騎以来だーっ ・゚・(ノД`)・゚・

 拳断によって裁かれようとする理央とメレの覚悟に感動した。
 臨獣殿を自ら焼き落とし、レツとランを挑発して秘伝激技をあえて放たせようとするなんて……。
 できれば生きて罪を償う選択肢を選んで欲しかったものです。
 でもどう考えてもレツ&ランじゃ理央&メレに勝てないよね……。
 つか、秘伝激技ってどっから出てきたw そんなところまで行き当たりばったりかい。しかもサンヨに潰されるし。

 やっぱり生きていたロン。
 つかサンヨのゲロから復活するとか朝食の時間にする描写じゃないw
 サンヨがロンのバックアップ的存在ってのはまぁいいとして、二人とも前回爆砕されたんですけどw ロンがわざわざサンヨと分離していた理由ってなんだろうね。
 普通だったらバックアップは隠れてるもんだと思うんだけど、サンヨは自分から前線に出てきてるしなぁ。分離しておく意味なくね?
 サンヨを食ったロンの正体は無限龍。なんというキングギドラ。
 ジャンが唯一思い通りにならなかったイレギュラーだとか言ってるけど、あんた最初からジャンのことアウトオブ眼中だったじゃないですか。
 むしろジャンとの宿命を重要視して幻獣王になりきらなかった理央のほうがロンの思惑に抗っていたように思える。

 まいったぜ、ゴウ兄さんとケンがどうしようもない噛ませだぜ。
 サイダイオーの印象の薄さはすごいな。幻獣拳士たちがあんまり強そうには見えなかったから強さがわからない。カタ倒したときは初登場補正に感じるわけだし。

 カクシターズを庇ってメレがぁぁぁぁぁああああああっ!?
 ゴギリってイヤな音した!
 なんという劇場版ファイズのユカ&海堂……。あの悲壮感思い出してやるせなくなった。
 最期はせめて愛する理央の腕の中だったのが救いか。

 そして理央まで経絡突いて怒臨気噴出自爆特攻とかやめてー。
 臨技をゲキレンに渡すことで、ロンに利用され続けていた三拳魔や臨獣拳士たちにも存在した意味があるとか泣ける。残念なのはゲキレン3人がその想いを受け止められるだけのキャラに思えないことだけど(苦笑)
 必死で引き止めるジャンの言葉に余裕を返すのがすごい。
 信じられるか。こいつ、今から死にに行くんだぜ……?

 ブウ戦のベジータみたいな壮絶な最期でした理央様(涙)
 最後の最後で理央の中で降り続けていた雨が止み闇が消え、明るい道をメレといっしょに進み去るとかマジ泣ける。

 んで、ロンは蘇生。またかこいつ。
 理央が無駄死にに見えるけど、サンヨがいないからロンはもう蘇生不可能なのかな? そうじゃないと困る。

 次回最終回。
 できれば劇場版レベルのアクションでロンを倒してくれるとスカッとするんだけど、どうかな?
 ゲキレンが理央やメレ、他の敵キャラたちの臨技を使ってくれると信じたい。
 そして来年のVS作品で理央とメレが復活するのさ!

 さりげに、バエって生き残るんだな……w






最終更新日  2008.02.07 00:52:07
コメント(0) | コメントを書く
2008.02.02

□ 獣拳戦隊ゲキレンジャー 修行その47 「ピカピカ!俺の道」
 理央様デレ期到来でメレ歓喜&私歓喜w

 雪山でその格好はすごい寒そうです理央様。
 ジャンが違和感覚えるほどヘタレて復活したのは理央を叱咤激励するためのフラグだったのか。それは予想してなかった。まいったぜ。
 というかもう今回はあらゆる面でゲキレン側が引き立て役ですw

 メレを抱きしめる理央様ちょおかっこいい ( ̄▽ ̄)b
 おめでとうメレ。報われたねメレ。
 そして幻気を体から追い出して黒獅子に戻る理央様マジしびれるw
 ちょっと照れながら「俺のピカピカだ」って言う姿もかっこいいです。ゲキレンジャーの主役は理央ですね。もう文句なく。それでいいのか。いいのか。

 7人の名乗りは夢のよう。
 しかも理央は「邪龍を狩る者」と変更点があり、メレの名乗りは理央の前では初披露ですよ確か。理央様の前でラブウォリアーって名乗っちゃったよ彼女w

 レツランケンがホント戦闘員だなぁ……。
 ゴウは理央の手を掴むシーンがあるので印象に残るけど、他3人は悲しいよ。
 「サンヨはボクたちに任せろ!」と見え切ったのに、結局メレに助けられるし……。
 メレが秘伝臨技でサンヨの幻技を封じたのがすごい。透明化能力がここまで生かされるとは。
 カクシターズと連携して、トドメ。そしてサンヨの爆発をバックにひとり立つメレが本当に戦うヒロインです。
 カクシターズはサンヨの爆発の向こう側なので画面から見切れてますw

 ジャンと理央のコンビは燃える。さりげにジャンはゲキヌンチャクを久しぶりに使っています。
 「これが獣拳だ!」と並び立つ赤と黒は栄えるなぁ。
 ゲキバズーカをいつの間にか一人で撃てるようになってるジャン。だが見て欲しい。隣の黒獅子は無手でゲキバズーカ並の攻撃を出しているのだ。

 巨大化したロンはサイダイゲキリントージャで撃破。
 うーむ、やはりリンカメレオンが腕についただけってのは物足りないなぁ。腕ごと外れて換装くらいはして欲しかった。
 「おもしろいぞおおおおおおっ!」って最期の叫びがそれなのかロン。ちょっとあっけない最期。

 理央とメレのラブラブシーンに吹いた。
 メレのひとはシリアスからデレまで見事に演じてるなぁ。声が別物ですよw
 理央とゲキレンたちのやり取りよりも、その後ろで延々と話してるメレとバエに聞き耳。「似合わないですよ」「何よ!」に吹いた。
 今まで人々を苦しめてきた二人が急に仲間になることに納得できないのは当然。しかしレツとランしか反対しないってのはちょっとなぁ。せめてケンも反対しようよ。
 けど視聴者としてはどうしても理央側に肩入れしてしまうのであった。

 サンヨが復活してるってことは、ロンも復活するよねー。


 ……しかし、スタッフはどこで主役間違えたんだろうw
 長い歴史を持つ戦隊ヒーローシリーズだから、敵側が主役になっちゃってる今作もアリではあるけど、戦隊側が薄くなってしまったのは本末転倒だと思うわけで。
 けどやっぱ理央様とメレはいいキャラしてるわ。






最終更新日  2008.02.03 00:25:54
コメント(0) | コメントを書く
2008.01.27

 1週間遅れでの感想(苦笑)
 ちゃんと見れてないのに最終話の感想書くのもどうかと思うけど……。
 ちなみにまだ今週のゲキレンとキバは見てませんのだ。

□ 獣拳戦隊ゲキレンジャー 修行その46 「ギャワギャワの記憶」
 ロンの近年稀に見る悪役っぷりに一周回って大興奮しましたwww

 ここ数年で最悪の部類に入る外道っぷりが見事すぎる。
 「(長く生きてて)暇だから」って理由でダンとジャン親子2代に渡る人生をめちゃくちゃにするわ、理央の心にトラウマ植えつけておいて道を踏み外させるわ、そもそも激臨の大乱事態がロンが原因だったという種明かし。
 三拳魔最強のマクですら、ロンの思惑で道を踏み外したというのか……。すげぇな。

 プレッシャーのある悪ってのはマジレンのン・マとかいろいろいるけど、暇つぶしでいろいろと自分から小細工を弄して他人を動かし続けていたってのがすごい。世界征服とか人類抹殺とか、戦隊モノでありがちなお題目ではないのがいいね。
 私の中でロンの悪役株が急上昇ですよ。ホントこいつ、いろんなことしてたしなぁ。それ全部暇つぶしと言われると納得できるわ。

 んでもって、主役が理央でヒロインがメレで、ゲキレン勢はその他大勢にしかなってないのがもうどうしようもないくらいどーでもいいw
 かろうじてジャンが食いついてるくらいで、強さでも因縁でも理央やジャンに及ばないその他4名が不憫です。特に黄・青・白。

 理央の理性のタガを外すためにさらわれるメレとか、今までやってきたことは何だったのかと驚愕する理央とか、いいね。
 残念なのは、次回は理央が腑抜けになってしまうっぽいことですが。
 弄ばれた怒りをパワーに変えて、怒臨気大爆発で幻獣拳に殴り込み! とかやってほしいんだけどな。
 その起爆剤になるのがジャンなんだろうけど。
 しかし二人の因縁(?)すらもロンが作り上げたものとはね。


□ 仮面ライダー電王 第49話 「クライマックスは続くよどこまでも」
 テレビ不調による砂嵐で冒頭とデスイマジン撃破後~EDテロップまでが消滅していますのでがっかりしょんぼりクライマックス。

 (ノ ゚Д゚)ノ ==== ┻━━┻

 とりあえず、わかった範囲でまとめると、
 番組が始まる前の出来事として
・ハナが愛理さんと桜井さんの子ども=未来の特異点。
・去年の1月10日に一度世界が消滅しているため、ハナのいた未来も消える。
・良太郎の記憶で世界が再生するが、その時点でハナのことは知るはずもない(生まれていない)ため、未来があやふやに。

 んで今回
・最後のゼロノスカードを使用したことにより、桜井さんの存在がすべて消滅。
・その後に成長した侑斗が愛理さんと結婚するため、ハナが生まれる時期が数年ズレる。
・よって、ハナ→コハナに若返り。

 そういうことでいいのかな。

 話によると、駅長とオーナーのチャーハン対決も決着がついたそうな。マジか。
 モモタロスたちが消えずに残ったのは、良太郎たちといた記憶が存在を確定させたためか。つーことはイマジンは全員社交的に2007年に来航すれば、それぞれ契約者の記憶に残って存在し続けることができたんじゃ……?
 まぁそれでもあの怪物の姿のままってのはキツいが。

 ウラ、キン、さらにジークが現れた理由がナオミの「迎えに行っちゃいました!」だったのが吹いたというか呆れたというかさすが電王というか。
 最強の反則技だろうそれ……w
 ジークが現れたときに「Double Action Wing form」がイントロだけ流れてましたな。EDクレジットだと間違って「Climax Jump Wing form」になってましたがw
 コンプリートBOXに収録されないって酷いなぁ。きっとDVD最終巻の特典とかになるんだろう。

 最終決戦は様々な予想に反してゴレンジャーボールでしたw
 さりげに基本フォームでラスボス倒したのって平成ライダー初じゃないだろうか。
 これも仲間全員の力をあわせた感じでナイス。

 なお妄想広げまくっていたときの最終話予想は↓
・全員集合して、タロスたち、良太郎、侑斗、デネブ、ジークの腰にそれぞれベルトが。
・一斉に「変身」の掛け声で、各フォームに(良太郎はライナー)。総勢8人!
・無数のイマジンたちを倒していき、デスイマジンを前にしてモモが「良太郎! クライマックスだぜ!」
・電王は合体してクライマックスフォーム(なんとかしてジークも混ぜようw)にデンカメンソードを持つ。侑斗はゼロフォームになり、ベガフォームのデネブがデネビックバスターに変形。
・ダブルアタックでデスイマジン撃破。


 ものすごい豪華ではあるが、電王ならこれくらい……とか思ってたのも事実w


 そんなわけで「仮面ライダー電王」終了。
 1年間、文句なく楽しむことができた良作でした。
 ここまで終始満足して見れたのは「龍騎」以来かな。おもしろかったーw
 これほど敵側が後手に回り続けた作品も珍しい気もする(ぉ

 んで、どうやら続編というか、スペシャル作品も制作しているようす……?

 次週からは新番組「仮面ライダーキバ」。
 前情報を集めた限り、シリアスな雰囲気ではあるんだけど主人公の性格設定でそうじゃないような気もしてきたw
 またしても相棒キャラに声優を起用しているわけだが、電王で味を占めたかな?
 はてさて、どうなるか。
 ワクテカして待ちます。






最終更新日  2008.01.28 00:44:21
コメント(0) | コメントを書く
2008.01.17

□ 獣拳戦隊ゲキレンジャー 修行その45 「ピキーン!宿命の対決」
 スウグの最期は前回のラストにもっていくべきではないかと。
 というか前触れなく合流してくるレツランケンとシャーフーが観衆と解説役になってて冷めた。シャーフーやくたたないヨ!

 ゴウ兄さんはものすごいあっさり奥義を会得しちゃったと思ったら予想を裏切らないかませっぷりに泣いたw
 理央の前であっさり奥義見せちゃってそれが理由で負けるとかお約束以前に飛ばしすぎだろう。ゴウ兄さんと理央の話で1話使ってもいいくらいなのに。
 二人の回想は理央が別人過ぎて吹いた。ダン関係の回想だと血気盛んだったのに、何このおぼっちゃまな理央は。幼い頃の経験で、ゴウたちと会ったときからすでに強さに執着して目もくれなかったのかと思ってただけに予想外です。
 ゴウ兄さんの奥義もねー。てっきりアッパー気味の衝撃波とかかと思ったら、片腕上げた棒立ちでグルグル回って突っ込んでくとかどんだけ微妙な外見なんだよとw ブルーサ・イーが編み出したにしてはちょっと……ね。

 ジャンと理央の対決は、生身で本人が良く動いてアクションしてかっこよかった。
 のに、またしても観衆がちょっと……。
 ジャンにみんなが想いを託したって書くとかっこいいけど、そんな重さ感じられなかったなぁ。ゴウ兄さんはともかくとして、レツランケンは理央と直接的な関係ないし。まともな会話もしたことないだろw
 個人的には仲間云々は抜きにして、ジャンは自分だけの意志で理央の前に現れて欲しかった。仲間を含ませるならもうちょっと事前の描写をですね。
 否定的ですいませんが、率直な感想でございます。

 変身後の対決は、尺が短かったのもあるんですが、派手さに欠けたかな、と。
 周囲のナパームやぶつかり合ったときのエフェクトは余計だったかな。
 マスク割れもなんか弱かった。
 何よりも、理央があっさり負けたように見えたことと、「これが敗北か……」と謎の言葉を発したことがすっきりしない。
 理央は過激気習得の話で3人全員からフルボッコにされて完膚なきまでに叩き潰された経験があるはずなのに。
 まぁ今回は心構えが違ったってのもあるんでしょうけど、まるで初めて負けたかのような口ぶりは違和感があります。
 過激気習得の話で私は「理央が負けるよりも、ゲキレンが何とか理央を退かせる形にしたほうがよかった」的なことを書いたんですが、それならこの「これが敗北か……」発言もまだわかる気がする。

 んで、執着が消えたら幻気が暴走?して理央巨大化して幻獣王に。
 サイダイオーはもういいよー。かませだってわかりきってるからいいよー(苦笑)
 メレの呼びかけで理央に戻るとか、やっぱり臨獣殿側のほうが積み重ねたものがわかりやすいので見れる気がする。

 次回はロンが本心を明かすわけですか。
 なんで理央を選んだのか、とかもわかるといいな。それとマクと面識があった理由とか。


□ 仮面ライダー電王 第48話 「ウラ腹な別れ…」
 ウラ退場…… (TT)
 というかまさかキンタと同じシチュで去るとは思わなかったなー。

 あのドサクサに紛れてデンライナーに乗り込むとは。というか無理矢理乗り込むことが可能ってのはアルマジロや牙王が実証済みだったか。無賃乗車ってヤツですかね。
 それにしてもデンライナー、時間の行き来の場合はオートで動いてたんだなー。時の列車にしてはけっこう警戒甘い。今更だけど。
 爆弾程度で破壊できるかは疑問なんだけどね(タコのときにデンバード壊れなかったし)。

 ウラ、釣りまくり。
 モモたちとイマジン、両方を騙して事体を好転させるってのは詐欺師の本領発揮ですね。
 それでも釣られなかった良太郎は成長してるなぁ。そしてウラの思惑を誰よりも早く理解したナオミがすごい。コーヒー煎れるよりも向いてる仕事あるんじゃなかろうかw

 ラスト5話でキン→ウラ→リュウ→モモと憑いた順に脱落していき、最終話で全員集合クライマックスだぜーっ! ってなるのを期待していた年末の時点ですでに残り5話を切っていたわけですがw
 リュウ独壇場の話がなかったのが残念かな。カイが現れた頃にその手の話をしてるってのもあるんだろうけど。

 侑斗はジリ貧すぎる。
 あの多数のイマジンから単独で愛理さんを守りきろうだなんて……。
 デネブがやっと出てきたけど前回は何してたんでしょうかw デンライナーに一報してるので、そのための公衆電話を探していたという説を読んだんだけどありそうだ。

 デスイマジンはずいぶんあっさり出てきたなぁ。カイの行き場のない感情が具現化とか、そんな感じ?
 強さは侑斗の発言だけだから今のところ微妙かな。確かにゼロノスを圧倒していたけど、それならアルビノレオイマジンだってそうだったわけだし。
 ボス敵としては登場が遅くて唐突だったかな。

 愛理さんはマジで妊娠でしたか。
 カイの「鍵だけど鍵じゃない」は、愛理さんじゃなくてその子どもが鍵ってことかな。
 ……愛理さんの子どもがハナってウワサは本当なのかなー。私はカイが子どもかとも思ったけど。だとしたら不運すぎるわけですが。

 次回で最終回かー……。早かったなぁこの1年。
 てかかなり謎が残ってる気がするんだけど、あと1話で終わるの、これ(苦笑)。
 まぁ平成ライダーじゃ「これ終わるの?」って多いけどさw
 年末の予告SPでジーク出てたけど今回の予告でいなかったのは出し惜しみ?? ならなぜ年末に出したのか謎だ。

 副題が「クライマックスは続くよどこまでも」ってw
 まぁ電王らしいw






最終更新日  2008.01.18 00:31:26
コメント(0) | コメントを書く
2008.01.10

 ふぅ、追いついたー。

□ 獣拳戦隊ゲキレンジャー 修行その44 「ワフワフ!父ちゃんのメロディ」
 正月気分なゲキレンメンバーだけどゴウだけは決意を固めて修行へ。
 ひとりだけかっこいいなぁゴウ兄さん。
 伝説の技を会得するためにミシェル・ペングに頼んで冬の滝を拳で遡らせる特訓に。
 正直あんまり大きな滝じゃないのでどうなのとか思ったり、ゴウ兄さんただ腕を振り回してるようにしか見えないってのもあるんだけど、それ以前にこのロケはいつ頃ですかw
 秋だとしても上半身裸で滝行ってハンパないっす。

 ジャンの願い「トラピカが父ちゃんに戻りますように」を「無理じゃ」のひと言で粉砕するシャーフーが外道に見えたw もうちょっとオブラートに包んでやろうぜ……。
 無理なら仕方ないので倒す宣言するジャンもなんだかな。

 スウグの双幻士である幻獣ケルベロス拳のコウは、五毒拳の臨獣スネーク拳ブラコの弟とな。デザインが異常にかっこいいのはそっちの血筋かw
 ……なのにこの扱いは泣ける。悪すぎる。そもそも双幻士って設定自体が蛇足気味なのが問題なわけだが。
 四幻将だけにして、他は無理に固定の8人を決めずにリンリンシーたちのような怪人形式にしとけばよかったのに。
 コウのキャラはそれだけで1話できるくらい膨らませられるのになぁ。今回の話ならブラコの弟なんて設定見せなくてもよかったよ。
 レツとランも微妙。ケンはサイダイオーで独壇場があるし、コウの攻撃を打ち破ったりとマシだけど残りの2人は見せ場ひとつもないじゃん……。

 ジャンはスウグと戦う。スウグはキメラ拳なので今までの様々な臨獣拳を取り込んでるのか。キメラな理由があってよかった。
 ジャンとスウグの関係が述べられただけのもので、掘り下げがほとんどないから薄っぺらく感じるのが残念。もうちょっとお膳立てというか、引っ張って欲しかったかなぁ。
 倒すと決めたくせに勝手に悩みなおして手を止めるジャンが、ねぇ。あそこでロンの策略でスウグがダンの声で喋るとかするならともかく。
 結局ジャンの呼びかけにダンの激魂が反応して、ロンの一撃からジャンを庇ってスウグ瀕死。四幻将のくせに強く見えないのはどうなんだ。
 個人的にここ数話はゲキレンとの波長が合わないなぁ。

 EDはメレ様。
 期待に違わすいい歌でしたw


□ 仮面ライダー電王 第47話 「俺の最期にお前が泣いた」
 キンタロス…… ・゚・(ノД`)・゚・
 何気にOPやCMがキンタロス仕様だったりしたわけで、なんという優遇。

 正月なのでコタツに入って福笑い、と定番なデンライナーのみなさん。
 つかコタツまで備わってるのかこの列車は。食堂車のはずなのにw
 オーナーが駅長とのチャーハン対決のためにターミナルへ直行。「これを逃すと駅長としばらく会えなくなる」っていうのは、ウラも言っているようにターミナルが時の分岐点に現れることと関係が。
 分岐点を過ぎるとターミナルはなくなる(次の分岐点に移動する?)わけで、すなわち未来が決まる瞬間が近づいているということ。

 ひとりだけコタツに入らず書初めしているキンタロス。「新年の抱負」という名目で良太郎から願いを聞きだす策士ぶりに泣いた。
 どうやら「お前の望みを言え」というイマジンの発言の後に言ったことが契約と見なされるルールらしい。それをきちんと認識しておらず、あの状況で冗談交じりで言われたために良太郎もあっさり口にしてしまったと。
 最近のウラよりも釣り師に見えるぜ。ウラはこの時点でキンタの思惑を把握していたようですがね。

 オーナーと駅長のチャーハン対決の異様な空気は重い雰囲気の中では清涼剤ですなw
 前回の駅長が見せた「二刀流」をモノにしたオーナーだが、駅長はそのさらに上である「目隠し」を見せる。すべてにおいて一枚上手である駅長に、オーナーは勝利することができるのか……っ!
 正直どうでもいい(ぉ
 けどこれが何かしら話の根幹に関わりそうな気がしなくもないのが電王なわけですが。どんでん返しに一枚噛みそうなんだよなぁ。

 みんなで初詣。
 尾崎さんは紋付袴なのに三浦さんはいつもと変わらない格好なのは、普段が和服だからなのか正月のような縁起モノを三浦さんが気にしないのか、それともお金の問題で紋付袴をもっていないのかw 何となく三番目が理由のような気もする。
 二人とも中盤までは話に絡んできましたが、さすがに今は背景ですなw

 良太郎は両方の草鞋の紐が切れるという……。それにしても豪快に頭から砂に突っ込んだなぁw
 侑斗もinデネブ状態で初詣。揺らしすぎて鈴が落ちるんじゃないかと思った。しかも袴の丈が合ってない(苦笑)
 そんなにシイタケ嫌いなのか侑斗……。

 カイは無数のイマジンたちを引き連れて時間破壊。
 常時もっていたカレンダーノートは今回で破棄? いつになく荒れてます。
 イマジンたちの「お前がろくでもない特異点だから」って発言はどういう意味なんだろう。

 今回イマジンたちが暴れ回った6月16日(だったっけ)は適当に選んだ日付っぽい。
 カイが送り込んだんだろうから、カイと会っていない良太郎や侑斗はチケットを得ることができずただ破壊されていく様を見ることしかできない。
 ここでカイがチケットを与えたのは(しかも1枚だけ)その後のとおり、過去に行ったどちらかの足止め。
 ぶっちゃけ最初から数で攻めればけっこう簡単にいきそうなんだけど、今までやらなかったのはご都合なのか、やってたけど過去で桜井さんが八面六臂の大活躍してたのかも。
 モグラだけでなく、ブルーバードやクジラ、カニ、ハチ、劇場版のイマジンの姿も。
 つかハチってカニの改造じゃなかったっけ? 同時に存在するとは思わなかった。

 前回に引き続き、良太郎→ライナーへ直接変身。ちゃんとプラットを通してますな。
 基本的に一対一の戦いしかしたことがない良太郎なので複数との戦いは苦戦。さらに相手は「時間稼ぎ」なので余計に手間取る。
 リュウガン(初披露)である程度は撃破するけど、全然減らない。カイはいったい何十体送り込んだんだ。

 現代では愛理さんがやはり襲われる。守るために目の前で変身する侑斗だけど、この場にカイがいない&他にもイマジンがいるはずという状況で愛理だけ逃がすのは得策ではなかったなー。
 ゼロガッシャーで戦ってたからデネブが愛理さんを護衛するのかと思ったんだけどそんな様子もなかったし。つかデネブはどこへ行ったんですか。
 おかげで愛理さんはカイとタイマンでバックからブッスリ(ぉ

 苦戦する良太郎を助けたのは実体化したキンタロス。
 今年の抱負=契約。そして金太郎の置物・モモヒキ・カメゼリー・シャボン玉銃を自分たちに見立て、良太郎に渡して「いっしょに戦いたい=いっしょにいたい」を叶えたとして契約完了。
 なんという強引さ。しかし最初からわかっていたことだが、イマジンは契約完了させるために自分で強引に解釈するわけで。
 ただでさえキンタロスはいろんな言葉を「泣ける」にこじつけた経緯があるし。

 良太郎からベルトを奪って、変身。
 まさかキンタロスが直接アックスフォームになるとは思わなかったのでビックリですよ。
 でもベルトを返してもらうまで良太郎はデンライナーに戻れないというw まぁそこら辺はキンタロスの見せ場のためということで。
 実際、大立ち回りするアックスフォームと円を描くダイナミックチョップは異常にかっこよかった。あかん、装着変身買ってしまいそうや……。

 良太郎と繋がっていたからデンライナーに乗れたんであって、実体化して契約完了し繋がりが切れた状態ではチケットが無いのでデンライナーに乗車できないのか。
 ……ジークは乗ってたような。あれは赤ん坊と契約状態だったから特例なのかな。さすがに赤ん坊にまでチケットが必要とは言うまい。多分。

 デンライナーに残った良太郎のパスにチケットが残っていたから、契約したイマジン事体は生き残ってるのか。それともあの複数全員倒さないとチケット切れないのかな。
 まぁ最期といいつつもダメージひとつ負ってないまま戦いに赴いたわけだし、それに映画のことを思えばジークも存在しているはずだから、最終回にジークといっしょに駆けつけてくれると信じる。
 というか大晦日のクレしんスペシャルでジーク含めた5人全員勢ぞろいしてたしね(苦笑)。

 次回「ウラ腹な別れ」。
 ウラが最期にして最大の釣りを見せてくれるさ!

 んでもってCMではコンプリートボックス。
 イマジンクライマックスジャンプのPVがついてくるってのはすごい魅力だ。






最終更新日  2008.01.11 00:21:21
コメント(0) | コメントを書く
2008.01.09

 さぼって間が空いたので簡潔にその2w

□ 獣拳戦隊ゲキレンジャー 修行その43 「ハピハピ!メリークリスマス、押忍」
 ケンの女装がキモいw
 ジャンの苦悩と、それの決着の間に入る話なのにこのどうでもよさは異常。
 ケンがあっさりと過激気を習得したことで、レツとランの影はますます薄く。
 ゲキレン側は盛り下がっていくなぁ……。

□ 仮面ライダー電王 第46話 「今明かす愛と理」
 相変わらず題名が上手い……。このために愛理さんって名前だったりするんだろうか。

 分岐点の鍵は桜井侑斗ではなく野上愛理だった、という。
 今までの桜井さんはオトリだったわけですね。なんという策士。
 なんでカイが桜井さんを分岐点の鍵だと思ったのかはわからないけど、よほどそれっぽい仕草見せたり情報ちらつかせたりしたんだろうと予想。
 しかし今回それがバレてしまうわけで。
 こうなるとつくづく侑斗が桜井さんではなく良太郎を庇った行動がマズかったと思うw
 咄嗟に庇ってしまうほど侑斗が良太郎を仲間だと思っているってことで、デネブ感激だろうなー。

 過去に飛んだアルビノレオイマジンを追ってダブル変身。しかも良太郎は生身にデンカメンソード。
 それは最終回のお約束だーっw ここで使うとは。
 そして桜井さんキタ&ゼロノスに変身。まさかダブルゼロノスとはびっくりだ。装着変身で再現したくなるじゃまいか。
 スーツ残ってたのね。複数作ってあるうちのひとつだろうか。
 そしてデネブの出番がないんですが。デネビックバスターどうしたんだようw

 愛理さんはすべてを知っていたと。
 良太郎の記憶で再生した現在の愛理さんが何も知らないのは、ゼロノスカードの影響もあるんだろうけど一旦消滅したことも関係してるのかな。
 しかし普段ぽやぽやしてる印象ばっかりなのでこのシーンのキリッとした愛理さんにびっくりだ。

 今年も大量発生でございます。
 選ばれたのはモールイマジン。まぁこいつら3種いたし、腕のパーツ変えればいくらでも亜種にできるわけだからなぁw
 次回予告を見るとブルーバードとかの姿もあったような。モールが大多数で、それ以外にもほぼオールスターになるかもしれませんね。






最終更新日  2008.01.10 00:45:43
コメント(0) | コメントを書く
2008.01.08

 サボって時間が空いてしまったので簡潔に(苦笑)

□ 獣拳戦隊ゲキレンジャー 修行その42 「ワッシワッシで乗り越えろ!」
 すべてはロンの計略でした、が判明。
 前々回からジャンの話が続いてるんだけど、唐突感があって乗り切れないなぁ。
 あとジャンばっかり強くなるので他の4人が……。

 ドロウが「デリートしてやる!」と叫んだ場所はデカレンのラストバトル場所だったのはスタッフのお遊びだろうか。
 以前の恐竜屋のカレーだったりプレシャスだったり、こういう小ネタがあると嬉しくなる。


□ 仮面ライダー電王 第45話 「甦る空白の一日」
 正確には甦ったんではなくて空白の一日があることが判明したわけですが。

 クリスマス一色のデンライナー。ホントイベント好きだなキミらw
 でも短冊つるすのは違うぞw

 良太郎は覚えていないが、前に愛理さんといっしょに懐中時計を買った後、良太郎自身がもうひとつ買って8月に送ってもらうように手配したらしい。手違いで12月になったそうですが。
 ……いくらなんでも遅れすぎじゃねw? 時計屋の店主はきちんと謝罪すべきだと思う。

 桜井さんが消えたのは07年の1月10日。
 ……ハイ、私の誕生日です(関係ない)。
 桜井さんがゼロノスに変身してレオソルジャーと戦っていたけど敗北。そしてカイの手により時間改変。
 ――これは過去に実際にあったことらしいですね。
 公式の説明によれば、一度時間は改変されたけど、特異点である良太郎の記憶によって修復されたらしい。すごいな特異点。
 あくまで改変→修復が行われたのは07年の1月10日以降なので、それ以前にあった時計郵送のことは良太郎が覚えていなくても問題ないわけか。なるほど。






最終更新日  2008.01.08 23:25:09
コメント(0) | コメントを書く
2007.12.14
□ 獣拳戦隊ゲキレンジャー 修行その40 「頭、バカーン!衝撃の事実」
 ここ何話か連続してキャラの家族関係の話をしていたのはここに繋げるためだったのか。
 しかしそのせいで幻獣拳士が当て馬になってしまったのはもったいないなぁ。

 スウグがダンの激魂を宿しているのはいいとして、幻獣拳士って臨獣拳と同じく死者なのかな。
 マクがロンを知っていたところからしてもそれっぽくはある。

 しかし親子の証である痕とかってすごい取ってつけた感が否めないw
 それならレツとゴウのときにそういう描写をして欲しかったなぁ。狼男に触れたらレツの胸に、とか。
 そしてジャンとダンの関係に全然気づいてなかったシャーフー吹いた。
 お前双方の師匠なのに……。理央がすぐ気づいたってのに……。

□ 獣拳戦隊ゲキレンジャー 修行その41 「ズシズシ!もうやだ」
 絶望した! ジャンのヘタレっぷりに絶望した!

 宿命だとかなんとかで悩むのは解る。ショックだろう。
 だがそれでゲキレンジャーを辞めるってのはどういう了見だ。
 初めてゲキレッドに変身したとき、過激気を習得したとき。
 その両方とも、人々を守りたいという強い思いだったはず。
 それを全部無視して「頭バカーンだ! ズシズシだぁーっ! もうやめる!」とかどの口がほざくのかと。
 今まで戦いがワキワキだったぁ? 戦闘狂かお前は。
 過激気のときにやっと正義っぽい成長をしたと思ってたのにこれとは……。

 ジャンは基本自分の欲求で動くキャラだというのはわかっているんだけど、終盤になってこの展開は萎えました。
 私の目にはグダグダに見えてしまって、もう、ね。

 なぁなぁで諭そうとするシャーフーも見てられない。節穴の目をしたネコが今更何を。

 この不快な雰囲気を打破する復活劇を見せてくれるといいんだけど……難しいかな。


□ 仮面ライダー電王 第43話 「サムシング・ミッシング」
 黄金のスプーンセット……(苦笑)
 ちくしょう少しでも期待した私がバカだったさw
 それでもちゃんと情報をくれるので駅長はいいひと。というか今までの平成ライダーでは肩透かしのまま終わったフラグが多かったからなぁ。

 今までずっと目を背けていたというか先送りにしていた事実を突きつけられた形になって迷いまくる良太郎。
 いくらライナーフォームでも素手じゃ無理だわー。
 そしてアルマジロイマジン(CV.高木さん)は強い。チンピラっぽいのに強い。

 ゼロノスが桜井さんよりも良太郎を守ったのは……桜井さんが分岐点の鍵ではないってことか?
 桜井さんはイマジンたちの目を自分にひきつけて真実からそらすのが目的か。
 そう考えると分岐点の鍵って、良太郎か愛理さんってことになるかなぁ。

□ 仮面ライダー電王 第44話 「決意のシングルアクション」
 良太郎がモモタロスたちを戦わせたくないのは、自分たちが消えるかもしれない戦いを強いてしまうから。
 ……って、それって序盤でわかってたことだと思うんだけどなぁ。まぁその事実を真正面から突きつけられたのは初めてか。
 イマジンって元は(未来の)人間だったわけだから、カイはイマジン化しないで過去に来た未来人ってことなのかな。

 キングライナーというか、ターミナルの仕掛けはおもしろい。これなら外のロケでイマジンたちが動き回れるというわけですな。広さまで変わってそうだ。
 ウラとキンは覚悟決めてるのね。
 リュウも消えることは納得してるけど良太郎に拒絶されたのがショックなのか。なんだかんだで接点が多い侑斗と会話。これはいい雰囲気。駅長グッズ買いあさってる場合じゃないぞデネブw

 モモタロスが良太郎と肉体言語(違)してる間にアルマジロと戦うウラ・キン・リュウ。
 キンタロスは4人の中ではいちばん強いと思ってたけど、そう実力差はないっぽい。ということはアルマジロはやはりそれなりの強者だったか。

 外ロケで各イマジンが順次憑依→フォームチェンジしていく流れはイジメにも見えそうだけどそんなこと気にならないくらい燃えた。
 「ノリのいいほうが勝つんだよ!」は特撮ヒーローのお約束というか大原則w
 その回の役どころでも強さが上下する場合が多いですけどねw

 「俺たちの必殺技!」
 それなんて最終回w クライマックスフォームは使われ方が上手いなぁ。中間形態かつ最強フォームってのもいい感じだし。

 次回はついに良太郎の忘れた記憶について。
 桜井さんが消えた日って私の誕生日じゃないかー。






最終更新日  2007.12.15 00:35:05
コメント(0) | コメントを書く
2007.12.06

 ぼちぼちいろんなところで情報が出てきてますね。
 画像掲示板などではひと月くらい前から画像が出ていたような。
 毎回思うんだけどああいうのってやっぱり関係者が流してるんだろうか。
 ピントずれてたりしてるので隠し撮りなのかなぁ。


 戦隊のほうは「炎神戦隊ゴーオンジャー」
 車をモチーフにしたヒーローだそうです。エンジン戦隊だしね。
 でも動物の意匠も組み込まれている様子。見た感じ、レッドは鳥っぽい。
 頭部メットデザインしか見ていないですが、なんとなく懐かしい感じ。ターボレンジャーとかライブマンとかその辺りのデザインに近い気がする。
 詳細はまだ不明だけど、一応巨大ロボの画像も晒されてたり。3体合体らしいので序盤は3人で始まる?
 ――かと思ったら5人らしい。1号ロボが3体合体で、他2つのメカが換装用だとか。
 前半のうちにもうひとつメカが出てきて、他2つと合体して2号ロボだそうな。
 ……つーことはやっぱり序盤は2人応援組が出来るんだろうかw


 ライダーは「仮面ライダーキバ」
 こっちは鮮明なスーツ写真も出回ってます。
 これが案外かっこいい。今までの平成ライダーで奇抜なデザインに見慣れたせいか、あっさり受け入れることができました。
 ドラキュラとかヴァンパイアとか、西洋妖怪をモチーフにしているらしいです。
 洋館が基本舞台になるのかな。“ドラゴキャッスル”とかいう母艦(基地?)っぽいのもあるらしいですよ。
 “コウモリン”というマスコット的な雰囲気のあるモンスターに誤って噛まれたことで主人公が変身するとか。
 フォームチェンジは健在で、通常がヴァンパイア。他にフランケンと狼男があるらしい?
 ヴァンパイアフォームだと右足にコウモリの意匠があり、鎖で巻かれていて、キックするときにコウモリの羽が広がるようで。
 あと“召魔笛”というアイテムが必殺技に関係する様子。
 武器も“ガルルセイバー”という剣があるようです。


 仮面ライダーキバは1月、炎神戦隊ゴーオンジャーは2月に放映開始だそうで。
 電王とゲキレンももう少しですか……。寂しいような、新しい作品への期待が膨らむような。






最終更新日  2007.12.07 00:09:47
コメント(0) | コメントを書く

全40件 (40件中 1-10件目)

1 2 3 4 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.